HPリニューアル


http://www.karakuri-box.com/~wind/om/

ホームページを改装しました。
取り扱う作品が多くなってごちゃついてきたので、
心機一転でTOP一新です。

各コーナーの中身は暫定的に
骨組のみですが、こちらも追々いぢっていく予定です。

いやー 結構サッパリしたっしょー!

[PR]
# by souka_t | 2017-07-07 19:15 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
2017 月曜更新第27回

月曜更新です。


クーラー炊かないとまぢ暑いです!!!
きちゃいましたなながつです!!!!

先週は今作ってるゲームがひととおり完成。
実物を1つ刷って作ったので、今月中にどこかに回しに行く予定。
いやはやものすげーーーーーーーーーー文章書いた。
更にウサギの本も用意しようかと思ったけど、
それは一考かもしれない。
次回作はゲムマ出展確実になったら発表する予定なので
もうちょっとおまちくださいネ。

通販の注文もちょいちょいいただいております。ありがたいことです。
まだまだ注文受付けてます。
作るのが面倒な品はある日突然絶版になるのでお早く!!!




先週はテストモデルも好調。
ランニングしてたらパッとおもいついたゲームを土日で
形にしてみたところ、わりと良い感じになった。
最近5個ぐらいテストモデル作ってはイマイチで捨ててを
繰り返していたから、枯れちまったかなと思ったけど、
まあ、降ってくる時には降って来るね。
今度もまた数字が動く系のゲームでアートワークも
今からやりや余裕で間に合うんすけど、
テーマが決まらない。 ペンギンにするにはガチ過ぎるし、
ウサギはやるし、こりゃ来年に持ち越しかなってカンジ。
こいつも実地テストでどっかに回しに行く予定。
こじんまりとしたテスト会でもやるか。





江ノ島西海岸にマクロス海の家ができたそうなので見てきました。












まだ7月序盤だから海自体にそこまで観光客がいない。
本番はグッズ販売が始まる今週末ぐらいから?
とりあえず
マクロスデルタみなくっちゃ!と思った。




今週はウェブサイトのリニューアルに着手する予定。
もう数年見送ってた大改装だ。 スマホでも見やすくするし
何を取り扱ってるか分かりやすく配置するゾ。

あとは溜めてるアニメを見よう週間です。




[PR]
# by souka_t | 2017-07-03 19:29 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
【GB】カーブノア

知る人ぞ知るゲームボーイの傑作ソフト・カーブノアを
最初のエンディングが見れるオールレベル7までクリア。

たぶんもっと上まで進めれば真エンディングとかありそうだけど、
ここまででだいぶ満足したので感想。


いわゆるローグ系なんですけど、めちゃくちゃよく出来てた。
特徴としては4種類のダンジョンそれぞれに異なったクリア目標が
設定されてて、その目標がレベルごとに量が変わるとこ。
モンスターをひたすら倒すとかカギを探して妖精を助けるとか、
同じようなダンジョンに毎回潜っても目的が違うだけで
こうも体感的に変わってくるのか、と。ホント、目から鱗。
個人的にはトルネコやシレンよりこっちのが好きかもってぐらい
気に入りました。







大抵、ローグものって下の階層に降りれば降りるほど
敵が強くなって苦しくなるんだけど、
このゲームはそんなに変わらなかったりする。
なので、最大の攻略法は"やばいのと戦わなくちゃいけないぐらいなら降りる"
だと思う。 序盤に骸骨とか騎士に塞がれたらとりあえず退くね。
逃げの姿勢こそ大事。

モンスター討伐のダンジョン以外は、モンスターを倒すメリットが
薄いというのもある。 モンスターにはほぼ動きのパターンがあるから、
それを覚えこんでできうる限り戦わないようにするゲームとも言える。
それゆえに、ダンジョンの区画間を移動したときいきなりモンスターとご対面
なんていう事故が、よくあるローグ的なドラマにもなるわけだ。
対処法はいくらでもあるものの、やっぱりどこかで事故ることもある、みたいな。
従来のローグらしい部分だ。





あと、このゲームのユニークなところに、
何一つヒネりがないアイテムネーミングというものがある。
例えば 「とぶ」 例えば 「おりる」 
字面だけで効果が分かるという徹底した親切設計とも言える。



とにかくよく死んだが、執着してオール7までクリアするほどハマった。
今やっても面白いというか、ローグが溢れた今だからこそ
ここまでシンプルかつ斬新設計なものが楽しめるのかもしれない。
ウィキペディアによると当時のファミ通では平凡な点数だったみたいで、
驚いた。 たしかに、あの頃はムダに凝ってて太く長く遊ばせる
ゲームのがウケてたからなあ。時代ってやっぱりあると思う。


そんな具合でカーブノアでした。 傑作です。





[PR]
# by souka_t | 2017-07-02 05:33 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
ホラふきキング

集めたくなるゲームといえば、HABAもその1つだろう。
どんなシーンにでも持ち込めて、軽快に遊び、それなりの満足感がある。
それがHABAだ。

お気に入りのHABAを語るとなると、ボドゲ好きには十人十色の想いが
あることだろう。
今回はそんなお気に入りHABAの紹介だ。

その名を ホラふきキング 






コンポーネントはカードと7つのチップ、これだけだ。

カード枚数もそこそこ、一見小ぶりなゲームだが、
ゲーム内容はかなりパリピ。







カードにはHABAらしい擬人化された動物が9種類、1~3匹描かれている。
ゲーム上この種類と序列が重要であるため、
カード右側に参照一覧がついているのが親切デザインだ。見習いたい。




ワイルドカード的なハチ。これがくるとひとまず安心。



ゲームは手札から1枚裏向きに出して山札から1枚引いてを繰り返していくだけ。
カードを出す際に、前に出した人より序列が上の動物かあるいは
描かれている数が多いカードを宣言して出さなくてはいけない。
ハチだけ序列を無視して宣言しても良い。

宣言は嘘であっても良い。
ただし、次の手番の人にそれが嘘だとバレるとペナルティを受ける
ここがミソ。

2枚の手札しかないため、すぐに嘘を付かなくてはいけない瞬間が訪れる。
一番序列が上の牛を宣言されてしまったら、
次の人はより多い 牛2匹 牛3匹 あるいは序列を無視できるハチを
宣言しなくてはならない。
ここで一瞬どうするか考えてしまうと、
「あやしい、おまえ嘘付いてるな?」
という感じになる。 これがブラフゲームの醍醐味だ。

慣れてくると、序列が低いカードしか持ってなくても、
ガンガン序列が高いブタや牛を宣言しムダに吊り上げて
他者を追い詰める。 こうなってくるともうパリピで最高のゲームだ。

このゲームがブラフゲームとして上質なのは、
嘘を付かなくてはいけない瞬間がすぐに訪れるところと、
あえて宣言は「鳴き声」で表現しなくてはいけないという
キッズ大喜びのなりきり遊びの要素だ。
嘘と動物で悪ガキ大興奮。

こういうちょいワルな嘘つき体験ってのは大変楽しいもので、
同類のゴキブリポーカーやファブフィブも大好きだが、
ホラふきキングはもっとも洗練されていると個人的に思う。


ただ、やっはり苦手な人もいる。
いろんなところで出して遊んでみたが、
どうしても手札に正直になってしまうという人が
だいぶいて、ブラフゲームはやっぱり慣れもあるなと思った。
ホラふきキングは大変楽しいパリピゲームだが、
少しだけ出しどころも考えたい一品だ。
ブラフゲーム大好き野郎やキッズ達ならマストバイだ。
超オススメ




[PR]
# by souka_t | 2017-06-29 12:55 | ボードゲーム | Comments(0)
2017 月曜更新第26回

月曜更新です。



新作の制作がかなり佳境になり、来月中には
量産開始できるかってとこまできました。
ゲーム部分はだいぶ前に出来てて、
アートワークもインターフェースに支障が無ければOKって
ところまできたので9割方完成、
あとはフレーバーです。
今回、ウサギの本1.5冊分ぐらいのフレーバーテキストを
ゲームに投じるので、ここ数日ひたすら文章打ってます。
かなり遅筆なので、もう、大変大変。
どういう形でそんな大量の文章をゲームに投入しているかは、
お楽しみに。 
文章考えながら更に来年用のテストモデルを作ってて、
それがまた難航。2人用拡大再生産の路線で
これまでもよくそういうの作ったけど、今度はもっとこう
ドハドバお金使ってジャハジャバお金が入ってくるやつ。
パリピ拡大再生産とでももうしましょーか、楽しいやつです。
こいつは来年にお見せできるかなー。
ウォーテイストのやつもまたやりたいと思ってて、
あれこれ考えているんだけど、こっちは進展ナシ。
ナポレオニックあたりやってみたいとは思ってる。

ボドゲといえば
最近は王と枢機卿とサンクトペテルブルク2版を買って
だいたい現段階で欲しいものは揃った。
後はフリートコマンダーとポケットバトルズの南北戦争のやつぐらいで
後者はHJが再販してくれるとウレシーんすが、まあ、ないかなー。
手元に置きたいゲームの条件は二人プレイで面白いことと
SFか歴史モノだから、今後またよさげなの出るだろう。

手元に置きたいとはまだ思わないが気になっててやってみたいのが
トワイライトストラグルとウィーンとリベルテ
ハチエンダとラインレンダーとロストシティとロールフォーザギャラクシー。
このあたり上手い事大船会でやれないものか、
と思って7月会企画しようとしてたら施設の部屋ほとんど借りられてたギャン。
なんかゲームやる機会つくるかー。

そうそう、前もどっかで書いたけど、
やりたいゲームと手元に置きたいゲームって違うんだよね。
手元に置きたいゲームっていうのがマストバイなゲームで
そうじゃないのはノットフォーミーなゲームって分類で言葉を使い分けてるんだけど、
ゲームがおもしろけりゃマストバイってワケでも、
つまらなけりゃノットフォーミーってワケでも
ないんだよなー。
まあ マストバイの範囲ってどんどん狭くなっていくよね。
そりゃあ部屋が圧迫されるんだからしかたがない。
面積を圧迫してでも置きたいゲームってやっぱりよっぽどだよ。
どんどん全体的に選り好みのグルメさんになっていくんだろうなあ
とか、モウソウしちゃうワケです!!
ちなみに全く回す機会が訪れないだろうけどいつまでも手元において置きたい
マイベスト5は

・ストラグルオブエンパイア
・チグリスユーフラテス
・数エーカーの雪
・ギャラクシートラッカー
・皇帝の影



今週はボドゲ単品レビューをいくつかやる予定!!



[PR]
# by souka_t | 2017-06-26 13:32 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
【3DS】ファイアーエムブレム覚醒

3DSのファイアーエムブレム覚醒をクリアしました。


これ以前のFEに比べると、すこぶる遊び易くなってた。
FEの"育てゲーム"という側面に全振りするとこうなるって感じで、
とにかく育てるのが楽しい。今までで一番育てるのが楽しいFEは間違いなくこれ。

ステージの難易度は格段に落ちて、だいたい平均10ターンに収まる程度で終わり、
世界マップ上に雑魚敵が湧くようになったのでレベル稼ぎし易くなった。
前者は劣化というより先鋭化・近代化といっても良い方向性で、
だだっ広い戦術マップをズルズルと移動してチクチク攻撃するといった
今となっては面倒なだけの作業を全て削り落とした形となっている。
後者はFE外伝から要素復活といった感じで、そもそも闘技場という
暗黙の了解的に存在した経験値稼ぎシステムは分かる人のためだけ
の不親切仕様であり、本作の雑魚湧きの方が万人に分かりやすい
仕様だ。
すなわち、全体的に 
"面倒さがない" "遊びやすい" "分かりやすい"
の三拍子で近代化している。


主軸となるカップリングシステムとそこからの子供参戦は
聖戦の系譜でやったことを再表現しようとする試みに見えた。
しかもそれは半ば強引な物語上の設定で運用しながらも
大いに成功している。 なんといっても
くっつけるのが楽しい、強力な子供の参戦でそれを育てるのも楽しい。
しかも聖戦の系譜より格段に手軽にそれを楽しめるという点が重要で、
ここまで育てゲームに振り切った調整は見事としか言いようがない。

カンタンになり過ぎたと難癖付ける古参ファンも確実にいそうではあるが、
それは真の古参とは言えない。
なぜならば、カンタンならば弱いキャラを使う縛りや
強制的にスタメンを総入れ替えする縛りをすれば良いだけだからだ。
そういった遊びの幅をも残していることも実に素晴らしい出来と言える。

FE覚醒は傑作でした。 




[PR]
# by souka_t | 2017-06-25 06:55 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
グラム氏による第25回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想

グラム氏による第25回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想です。





■スタスト/CONSTELLATION CONSTRUCTION
BENDBARさんの星座作成ゲーム。今までに作ってもらったカードも全部入りでプレイ。運の要素が強いものの、全星座のユニークカードはやはり魅力。





■らくがき工場+らくがきポートレイト
YACOさんの新作。2枚のカードを組み合わせて新しいキャラクターを作成。今回の出題は「13を探せ」と「美少女宅急便」。「美少女」と「かわいい」が揃っていてやや迷いました。





■ウサギのロストレガシー:聖杯探索
開発中の拙作。最終章の開示に必要な条件を満たせるか、テストしてもらいました。





■おうちで謎解きキット
マガジェットさんの謎解きゲーム。出題のためのダミー文字列も文章になっていて芸が細かい、という評。








■レッド・ノベンバーを救え!
2008年頃の協力ゲーム。ノームの潜水艦が故障、救助が来るまでの60分耐える。あえて浸水を広げて火事を防ぎ、最終的に船尾に3人集合して耐えきりました。







■酒魅人大喜利
スーパーナンバーワンゲームズさんの、2017春新作。名前を作って笑いを取った方の勝ち、非公式大喜利ルールで。明らかに裏がありそうな「不正」の優勝。






■シラストピア
ショーナンロケッティアズ、2015春作品。参加者がシラストピアのコースターを常用しているという事で、ゲームプレイもと。クールビューティーしらすちゃんの勝利。






■グースカパースカ
すごろくやさんのオリジナルゲーム。勝つとコインを獲得、負けた側はカードを獲得。あまり頭を使わず軽く遊べました。






■バハムートゲート
かぼへるさんの、2016春作品。大型モンスターを囲んで戦う協力ゲーム。
ノーマルモードでケルベロスをクリア。エルフと巨人と騎士で挑戦、騎士が何度も倒されるも巨大化魔法でリベンジ。
基本セットのラスボスにイージーモードで挑戦、HP2まで減らしたものの敗北。







■ハイロークエスト
サイコロ結社さんの、2015春作品。ハイアンドローでダンジョン探索。クリアしたダンジョンの内容が後半でのヒントになり、適度な運要素になっていて良いです。もっと頭が回るゲーム会序盤なら最後のダンジョンもクリアできたかも。





■ひらがなトランプ
ブランクカードに書き込んで作った、ひらがなのトランプ。いろいろ遊べそうですが、今回は配った手札で協力しながらいろは歌を作成。
「ひれ伏せ 空盗む 熱ゐ梅を横へ 中も白 君は寝落ちゆゑに負けん 悟りたる やわい手の絵 久保」




プレイ評/グラム



[PR]
# by souka_t | 2017-06-25 06:10 | ボードゲーム | Comments(0)
Wii ノーモアヒーローズ

ウィー版・ノーモアヒーローズをクリア。


なかなか面白かった。 徹頭徹尾おバカなのが最高に良かった。
なんでもハイクオリティにすればいいってもんじゃなくて、
そんなものはいくらでもセンスでカバーできるってことを再認識した。
これはホント、所々チープな造りじゃないと味わえないものだった。
それはもうゲーム上多義に渡る。
バイトミニゲームはチープで大味な造りながら
ブラックユーモアに富んだ内容と適度な必要作業量というサジ加減で
ほどよく楽しいうちに終わるし、
オープンワールド風のマップ移動は前世紀ゲームのような
乗り物の挙動と薄いテクスチャ、のっぺりした町並みだが、
殺し屋というテーマに妙にマッチした無機質さに感じた。

反してアクション部分はかなり出来がよく、すこぶる爽快。
ボス戦のバラエティーに富み、道中の無双とボス戦の緊迫は
ゲームとして大変楽しかった。

なにより、おバカなストーリーが個人的には最高に良かったです。
こういうクールとバカに全振りした内容はなかなかないもので、
まったくもってセンスの塊だったと思います。 傑作








[PR]
# by souka_t | 2017-06-19 16:46 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
2017 月曜更新第25回

月曜更新です。



夏です、もうクーラーをガン炊きです。
いつのまにやら6月も後半なんですけど、ぜんぜんゲムマ出展前後の
気分が抜けてません。 なのにゲムマアンケートとかもう締め切りなんでしょー?
はやいねえ はやいはやい、月日の流れは速い。
なんだかんだで応募もしてないのに年末のゲムマ冬の準備もはじめちゃってるし、
ここ数年は1年があっという間ですわ。

先週は自前通販の注文をいっぱいいただきましたー。
まぢありがとうございます!!! ゲムマ前後は通販増えるね!!
過去作をちょっとづつ絶版にしていくので、気になった作品は
今のうち注文推奨です!! 通販はしばらく受付けてます。


昨今の話といえば、
体力の衰え問題が深刻です。
シャレになってないぐらい体力が落ちてるので、
まぢでウィーフィット買おうかと思った。
一応図書館に行く時とかランニングとダッシュをしているものの、
そこまで効果が実感できない。 いやはやもうちょい激しめな
運動せにゃならんね。 体力の衰えでだいぶ作業に支障を感じてきたんで、
こいつは急務っすよう。 あかほりさとるとかが筋トレにハマる理由が
よくわかった気がするわー。 というわけで今週は運動週間だ。


積みゲーもちょいちょい増えてきたので、
そろそろ大船ゲーム会の実施を検討していこうかとおもっとります。
今度は休みに昼から夜までやりたいかも。
学習センターの開き次第だけど、今夜あたりから動いていきたい。






■ブルダック炒め麺

韓国輸入雑貨&八百屋で見かけた、
一風変わった袋麺をいただきました。
パッケージのコミカルなキャラが既におもしろ

お店では、キムチの20倍の辛さ!! 自己責任で食べてください!
などのそそる煽り文句満載。 これは食うしかない。



炒め麺なので、麺を茹でた後にちょっと炒めます。
それってやきそばじゃないの? という疑問もなんのその、
なんとも独特な出来上がり具合。 写真ではフライドポテトとシーチキンを添えています。

味は、麺料理としてはかなり美味い。
辛さは、言うほどではないけど、確かな辛さはある。
暴君ハバネロよりは辛く、デスソースにはまだまだ及ばないぐらい。
ゲキカラ党初級ぐらいにちょうどいいかも。





[PR]
# by souka_t | 2017-06-19 11:23 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
グラム氏によるMDテスト会で遊んだゲームの一言感想です。

■最新作テスト
ショーナンロケッティアズ最新作のテスト。ロンデルシステム。少ないカード枚数でよくできているという評。






■シムノベル
ManifestDestinyさんの開発中作品。相関図を作るゲーム。出来上がりの面白さはかなりのもの。






■Boys, be ambitious
ManifestDestinyさんの秋完成予定作品。明治頃の北海道を開拓。今回はクラーク博士担当。アイヌに近づき、室蘭に学校を作った後、各地でモニュメントを建てて回った。僅差の2位。






■ウサギのロストレガシー:聖杯探索
開発中拙作のテスト。竪琴の騎士が聖杯の騎士と友情を結ぶシナリオを達成。初見でクリアできて、油断するとたまに負ける程度の難度に調整したいところ。



プレイ評/グラム




[PR]
# by souka_t | 2017-06-18 06:02 | ボードゲーム | Comments(0)