2017 月曜更新第49回

月曜更新です。


ゲムマおつかれさまでしたー。
2日目出展ということで、
どうにも前評判が1日目に偏っていたので
いつもどおりとはいかないだろうな~と警戒してたんですが、
なんだかんだで完売できました。来てくれた方々ありがとうございます!!


急造で結局当日30部近く持って行ったけど、
午後にだいぶ動いて2時半頃完売。
その後も取置き待ち中に結構な人数が見てたので、
35~40はいけたのかもしれない。
これまで午前の勢いで完売にならなかったらゼツボー的と
いうのがゲムマのセオリーでしたが、
午後にだいぶ動くようになったのが印象的で、
2日目は待機列が無くなってフルオープンになった午後から
のんびり参加する人が多かったのではないか
というのが小生の分析するところであります。

2日目に参加して良かった点も意外とあり、
これまでじっくり話す機会が無かった出展側の人たちと
お話しする機会が多々ありました。
これまでで一番名詞を交換したゲムマになりました。

あとはウォーハンマー沼に飛び込む決心が付いた記念すべき回になり、
このあたりのよもやま話は、明日以降の更新で語っていこうかと
思う次第です。 みんなもやろうぜウォーハンマー!!


ゲムマで覗いたブースも紹介




まずは堀場さんの 堀場公房。

前回、独特なゆるふわコンポーネントで話題を呼んだ
みかんでキャットと筋肉猫の再販と書籍ゲーマー妻のユーウツ。
早朝一番で窺ったら猫のストラップいただいちゃいました!!
ありがどうございます><









うちの目の前で出展してたカンブリアゲームズ。
新作は推しCPメイキング。
総受けでお馴染みのドミ君によるゲーム説明を聞いちゃいました。
テーマで既に面白いのがズルイ!!
アクリルコマ詰め放題もやってた。
これ意外とコンポーネントに使えそうだったから、今更ながら1回やっとけばよかった><







EX1ST GAMESさん 海外からの出展?
めちゃくちゃ日本語が上手かった。
親子で海賊コスプレ、お子さんはアイパッチポーズで写真撮らせていただきました。
かわいー
そして、今回ここのゲームが一番気になった。
どれも面白そうな感じで、特にHAZE。
これも買っとけば良かったな~と後から後悔。




奉天Tシャツで大さんも登場!!
台座レリーフとシタデルカラー数本をお土産にいただいちゃいました><
この後ベースカラーセットだけウォーハンマーストアで買ったので、
お土産にあったシェイドとレイヤーが超役立ちました まぢありがとうございます><


更にカステラもいただき、こちらも翌日美味しく頂きました。
文明堂以外のカステラ食べたのはじめてかも?



そんな感じのゲムマでしたン。
年末はあそぶぞおお!!
30日からは予定入ったから、20~29あたり
誰かあそぼっぜーい。ウォーハンマー会したみ




[PR]
# by souka_t | 2017-12-11 09:08 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
NT2018年1月号 FSS感想

今月のFSSの感想いってみよう。
扉絵は剣聖ニキータ・オージェの大きくなった姿。
解説は特に無く、単行本14巻が2/10発売の記述のみ。

マシーンメイスアウゲそっくりのラウンドバインダーが描かれているけど、
前回オージェがマグナパレスに搭乗すると予告されていたので、
たぶんコレ、マグナパレスのインターフェースなんじゃないかな?
足元のシルエットはマグナパレスっぽい。


今回の本編はアクションメインなため、
伏線ほぼナシ、これと言った考察のし様もないんじゃないかな。
とりあえず感想


本編はジークが追っ手をかわすところから。
"無手"で追っ手をみねうちにして逃走。

拳で真空波を出す技?
以前リリも使ってた技と同じっぽく、
普通の手刀より射程範囲が長いらしい。
ジークが並々ならぬ騎士であることを表現したっぽいけど
相手がモブなので物足りないカンジ。



続いてヨーンVSアーリィ。
これまた素手のソニックで牽制するヨーン。
スカートをめくらましに使い斬りつけるアーリィ。



なかなかスピーディーな騎士戦。
前回と違いヨーンにだいぶ余裕がある感じ。
前回のマウザーが強すぎたか。


巴直伝のどーーーしょもない技を繰り出すアーリィ。
しかし、これもヨーンは分身でかわす。





月明かりでヨーンの顔を見るアーリィ、
まさかの一目ぼれ展開。
恥ずかしくなって撤退。 


アーリィの名前くらい言えっに対して
フルネームで答えてしまうあたりピュアというか世間知らずというか。
まさかのバハトマ関連の人物とフラグを作ってしまったが、
これが今後どう関係してくるか。




ヨーンとジークが合流したのも束の間、
今度は謎の子供達とバトル。


ヨーンの名前を知ってるあたり、
前々回のヨーンを調べている一団の伏線っぽい。




突きのソニックブレード「フラッシュニードル」を使う謎の子供二人。
ジークはその正体を知っている。
そして次回につ続く。

とりあえず前回のアランリーは正解。
予定通り三色の娘・茄里登場で順当に話を消化してる感じ。
来月はジークと茄里の戦いが見れそう。
2月単行本ということは、2月にはまた休載になりそうだから、
ジークの出生の秘密について来月再来月で何かないと
数年後までおあずけになりそう。

ふと思ったんだけど、せっかくパルスエットの
元マスターと別れた地区に来たのに
オリバーメルシュの伏線回収する雰囲気まったくなくない?
すんげえアクロバティックにやるのか、はたまたこれまたおあずけか。

とりあえず来年の続きが待ち遠しい


おまけ


イスパハンついに食べました!!

そしてゲムマお疲れ様でしたー。
FSSファンの方も来て下さり大変楽しい出展となりました。
来年も出展するからまたきてねー!!







第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by souka_t | 2017-12-09 17:52 | 描きつくれば漫画系 | Comments(0)
アイアンスカルの野郎ども 塗装1

シェイドスパイア・エキスパンション アイアンスカルの野郎ども
の塗装を開始しました!!

この躍動感溢れる造形。たまらんです。
攻撃的なウォーバンドということで、ゲームで使用するのも楽しみ。



塗装はまずはこいつ、ハッカ。
左手に斧 右手にサーベル、見るからに戦闘狂。
鉄人28号みたいなアゴがウイークポイントかな。





ベース・レイヤー・シェイド・エッジを施して
ここまで塗った。
あとはベースをどう塗るか・・・

週末に仕上げたいところです。

つづく



[PR]
# by souka_t | 2017-12-09 09:15 | 定命なる趣味人ミニチュアゲーム | Comments(0)
ゲームマーケット2017秋レポート

ゲームマーケット2017秋に出展してしてきました。
早朝、路線に影響が出る人身事故が起きたため、
京浜東北線が牛歩運行になってかなり焦りましたが、
サークル入場時間には余裕で間に合いました。
なにごとも予定を前倒しして行動すると後悔は無いですネ。





早速ブースセッティング。
今回も立体ポップや大階段を新方先生が作ってくれました!!
今回は1作品のみなのでだいぶ凝ったディスプレイになりました。

かなり人がカメラで撮影していたので、
SNSや個人サイト各所でも載ってるかも。

それから開場して、
じわ売れして2時頃完売。
ブースG周辺は客足が絶えることはなかったが、
大きな波は一度も来なかった印象。だいぶ苦戦してたと思う。
以前は午前に売れなかったらゼツボー的だったのが
午後からでも結構売れたのが印象的。
朝一で来る気合の入ったギーグと逆の、
午後からふらりと来るカジュアル購買層が結構いた感じ。

とりあえず完売したものの、
新旧5作品も予約して取りにこれなかった方が1人いました。
一週間ほど待ちますので一報下さいませ。
連絡がない場合はしかるべき所にメアドを提出ということでひとつ。



そしてミニチュア系の展示を見学


フロストグレイブ






ウォーハンマー


1/1 黒スペースマリーンもいました。
随伴していた金髪のオネーさんが流暢な日本語で話してたのが印象的。



ゲームワークスのシタデルペイント体験もしてきました。


2~30分ほど談笑しながらペイントしました。
これは大変楽しい。
誘ってかなり面倒くさがっていたあ~るさんが
ペイント体験開始数分で、ここ十数年見たこと無い笑顔です。
ビリヤードスティックの次はシタデルセットで散在確定でしょう。


そして、帰りは完売祝勝会。
FSSでお馴染み
ピエール・エルメのイスパハンを伊勢丹で買って帰りました。



んまい!! 文で説明できない甘酸っぱさ。
濃厚かつ繊細。食ったことが無い味だ!!



そんなこんなでゲムマお疲れ様でした。
戦利品とか細かいエピソードなどは次の月曜更新や今月のFSSのコーナーで。





[PR]
# by souka_t | 2017-12-07 14:01 | ボードゲーム | Comments(0)
ゲームマーケット2017秋2日目(日曜)出展します

ついに明日です。
ゲームマーケット2017秋に出展します。

ブースは G017 ショーナンロケッテイアズ

出展物は
ウサギの火星劇団 1500円
だいたい当日分20個ぐらいです。
午前一杯は持つと思うのでちょい早でいらしてくださいませ。

翌日から通販も再開します。
注文メールは帰宅後12/6から返信しますので、
ゲムマに来れない方やお買い逃しの方はご利用くださいませ。


そいじゃ 現地でまってまーす。
差し入れやお土産も歓迎だぜ!!




[PR]
# by souka_t | 2017-12-02 21:22 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
シェイドスパイア 塗装
シェイドスパイアのミニチュア塗装完了。
はじめての塗装ですけど、
だいぶ楽しめました。 これはちょっと新しい趣味の扉を開いた感じ。



スティールハートの勇士たち。
シタデルでやってる皆さんと比べると恥ずかしくなっちゃうような
出来ですけど、自分では満足。
ベースカラーに黒を塗り、その上から銀・黄・金と
塗り重ねたので、面白い感じのゴールド表現になってます。
写真で見るのと実物とだいぶ違う!!
というか太陽光と照明じゃ塗料の見え方が全然違いますね。
(写真は太陽光)

台座は隊長だけ溶岩、隊員は草原。
それにしても台座のモデルめちゃくちやかっこいいな。



ガレクの略奪団。
ストームキャストより先に塗ったから、
こっちのブラッドリーヴァー達の方が思い入れがあるかも。
みなさんエネルギッシュな肉体美を強調されているので、
自分は薄気味悪さや不気味さを強調。
すみれ色をベースにあれやそれしてこうなった。

台座のガイコツも一応塗り分けてるが、もう一工夫欲しかったかな。


基本セットは塗り終わった。
これで同じウォーバンド対戦でも見分けが付く。

あーはやく 拡張のオルクとスケルトン塗りたーい。
店舗予約したのはやくこないかなー。




[PR]
# by souka_t | 2017-11-27 17:33 | 定命なる趣味人ミニチュアゲーム | Comments(0)
2017 月曜更新第48回
月曜更新です。

次の日曜がいよいよゲムマ。
みなさん 日曜G-17 です!!

既に準備も整い、なんだかんだで30個ぐらい予約頂いたので、
いつもどーりな具合です。 当日分はだいたい20個ぐらいなので、
当日分でお求めの方はお早めにいらしてくださいましっ!!


いやー ゲムマといえば、アークライトもSNEも
大きくコケちまったなあ。 サイスもタルギも先行販売ないじゃないのっ。
サイスは駿河屋で予約できてたんだけど、タルギ拡張はゲムマで
買おうと思ってたんだよね。 
今回それぐらいしか狙ってるの無かったから、
その分ウォーハンマー塗る道具揃えようか、はたまた
なにか1パケで遊べそうなミニチュアゲーム買うか。

そう、先週はミニチュア塗装に情熱を燃やしてたんだけど、
やべーね。作例がネットにたくさんあるから上を見るとキリが無い。
じっくりマイペースにやってるけど、それでもやっぱり
シタデルの塗料とか筆欲しくなるね。 そのうち買うっきゃない。

先週末、久しぶりに七里フリマも覗いてきました。



ゲーム出品してる人がいたので、1品救済。
ウィー最初のナルトゲー



のつもりが、何故か2作目が入ってた。
まあ、2なら2でもいいんだけど。
激忍対戦はGC版の3以来だ。 
対戦ゲームとしてエイティング独特のクセがあるけど
慣れると面白いんだよね。 エイティングはゾイドフルメタルクラッシュとかも好き。

先週の界隈話題とか特集いってみよう
今回はショーナンファン達が喜ぶ長文3本の豪華更新


■ハッピーセット現象

なんだろうなー、マックに人生ゲームのオマケが付くと、
みんな買っちゃうんだなー。 お徳感なのかな?
それともマクドナルドデザインなら欲しいと思っちゃう?

自分は近場のマックが全滅したのと、
「言うても人生ゲームとUNOやろ」と斜に構えてたのだけど、
ツイッタで普段ユーロづいてる人も結構買ってて、
ちょっとびっくりしちゃった。

3つ買ったらユーロゲー1小箱って思っちゃうと
どうしても手が出ない。
それは自分が、まだ未体験のものを求めているからに
他ならないんだけど、世の中というのはことのほか
知っているモノに弱い。
見て分かるものに飛びつき易い。
これぞ摂理。
誰でも知ってるマクドナルドのキャラが描かれてる、
誰でもわかる人生ゲームやUNOというゲームアイテム。

知ってる と 分かる は強いんだよね。

知らなくて分からないものを開拓するって
普通ならかなりのエネルギーを要するんだ。
ハッピーセット現象はホントその逆をよく表していたと思う。



■ゲーセン文化とボドゲ

今年の中頃にときどの本読んで、その時から漠然と考えてた事を
書くかー。 何の話かと言えば「ゲーセン文化」な。
どっかの店に人が集まってワイワイゲームで対戦して、
次第に常連化して、コミニティが形成されて、
店内で優劣つけて、店舗の代表になって、全国で優劣つけて、
最終的には一番強い奴を決めようっていう一連の流れの
アレやソレ。
これってTCGの分野では結構歴史のトレースが進んでる
気がするんですけど、じゃあボドゲではどうよ?という話よ。
カタン・カルカソンヌ・ドミニオンとか超ビックタイトルだと
わりと近い感じの文化が育まれてる感じがするんだけど、
でも、なんか違う。 もっとこう野性味っていうんですか、
野良活動がひしめきあって、次第に大きな渦になって
ヒーローが生まれる!!みたいなさ。
クニチアのゲームが好き過ぎてミスタークニチアはいるけど、
全国ゲーム会行脚してどこでもセブンワンダーをプレイして
誰とやっても強いセブンワンダーの鬼とかいないわけじゃん。
そこまではせずとも、狭い地域のエンターテナーを盛り立てる
ような活動ってもっとあってもいいんじゃないかなって。
何が言いたいのかというと、
個人の裁量でできる小さな大会をもっとやっても
いいんじやないかと思うんだ。

なんかマイナーゲームの大会開こうぜ。
来年の目標の1つにしたい。



■ビエネッタ

今年の夏、どうしてもビエネッタが食いたくて、
いろんなコンビニとかイオンスーパーとか回ったんよ。
そしたら、どこにも売って無くてさ、
この世からビエネッタが消えちまったのかと錯覚しちまったよ。
9月の誕生日は、もうぜったいビエネッタを食うって意気込んでて、
これ食わなかったら誕生日終わらない 11日過ぎてもノーカン!!!
ってぐらいのビエネッタウェルカムな体勢なのに見つからず。
んでんで、最近スーパーでふつーに売ってて拍子抜け。
なんなんだよー!!
夏は超絶売れてるから見かけなかったのか?
冷え込んできたら余裕で見かけるようになったぞ。
そんで、あまりにも待ちに待ったビエネッタだったので、
今流行の1カップのやつじゃなくて、1箱タイプのやつ
ほぼ丸ごと全部食った。
やっぱりアイス系最強だろうビエネッタ。
年中くいてえ。

とまあ、いきなりのビエネッタ愛を語ったけど、
最近気づいたことは、自分は物凄くアイスが好きだということ。
氷タイプではなくアイスケーキタイプとパフェタイプ。
近所のローカルスーパーだとパフェタイプのカップが
売ってるには売ってるんだけど、鳥のフンかよってぐらい小さい。
イオン系列で売ってる 200円ぐらいのどっさり入ったカップの奴
あるじゃん、あれまぢ神、ゴッド、元始天尊。
あれを知っちまうとコンビニでアイス買えなくなるよなー。
なんでこんなちっこいのに250円もするんじゃいって。
潰れろよファミリーマートって。

いやでも、スリーエフ・サンクスと立て続けにまぢで潰れたから
ファミマ潰れると印刷で困る。



と言うわけで、みなさまゲムマでお会いしましょー




[PR]
# by souka_t | 2017-11-27 16:54 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
グラム氏による自宅で遊んだゲームの一言感想

グラム氏による自宅で遊んだゲームの一言感想です。



■禁断の砂漠
2013年の協力ゲーム。禁断の砂漠で伝説の飛行船を探す。今回は気象学者と探検家で、砂嵐を抑えて危なげなくクリア。




■文絵のために
カナイセイジさんの新作、2017春のベータ版。2017秋の製品版を入手する前にプレイ。何度かの挑戦の後、なんとか死の運命を回避。




■時代劇3600秒
近未来時代劇を作る、伝説の同人ゲーム。「金さん先生捕物帳」「来航 仮面ライダーにゃんまげ」「エレキ桃太郎八百八円月殺法」「大黄門の軍団」「暴れん坊」の5番組。
早々に魔界転生の天草四郎が出現、ペリーの艦砲射撃も効かず風車の弥七や柳生十兵衛も倒され、沖田総司が病に倒れたり、中村主水が切腹したりと今回も珍事連発。
順調に事件を解決し反響もよかった「エレキ桃太郎~」が42%の高視聴率。





■キャプテン・リノ
HABAの積み上げドイツゲーム。初級と上級で1回ずつプレイ、どちらもあまり積み上がらず。





■超高校級の人狼
ダンガンロンパをモチーフにした人狼。最低人数だったのでワンナイト勝負に。占い師の江ノ島さんがジャスティスロボに守られていて、不二咲のクロ発覚。




■∞怪談+万怪談
おいしいたにしさんの怪談作成ゲーム、今回のお題は「幽霊を見た話」。
霊感のある隣のTさんがその時ばかりは見えなかった話や、手足のない霊が木に吸い込まれて消えた話、うっかり返事をしてしまってどこへ行くにも人形が見える話、などが完成。




■マジカルアスリート
グランペールさんの、特殊能力すごろく。サイレンと同じレースに出たキューピッドが独走したり、悪魔・死霊使い・商人で全体的に失速したり。




■キングオブトーキョー
IELLO社の、怪獣がトーキョーの支配を目指すゲーム。5人戦なのでトーキョー湾も使用。街喰らいと毒吐きを習得したコングが、5ダメージのレッドスターミサイルから流れをつかんで勝利。




プレイ評/グラム




[PR]
# by souka_t | 2017-11-27 15:02 | ボードゲーム | Comments(0)
ウサギの火星劇団 デザイナーズノート2

第二回はアートワークについて。

ウサギの火星劇団の火星劇団は
もちろん 宝塚歌劇団 からもじってる。
火星劇団 略して 火劇団 だ。

無論、アートワークも全て宝塚に因んだ物となっている。



まず、これがゲームの中核を成す団員カードだ。
団員カードに限らず背景やフレームには
薄紫を採用している。 これは宝塚のイメージカラーの紫だ。





団員カードの背景には大階段が描かれている。
これは合計26段あるのだ。
これもまた宝塚公演で使われるステージ大階段が
26段あることににちなんでいる。

余談ではあるが、宝塚の大階段は当初16段で、
現在にまで改築やらなにやらあって26段になった。




次にステージと観客席の間に注目していこう。
ここには楽団が描かれている。
カードごとに楽器が違うので、これは是非とも製品版で確認
してみてほしい。 実際に宝塚歌劇団の楽団が使用している
楽器が描かれている。

余談ではあるが、宝塚歌劇団の楽団と
宝塚市交響楽団 は別物である。
前者は演者より狭き門、
後者はしないで活躍する割と老舗な楽団である。



そして、団員のドット絵。
オールユニークであり、ダンサー以外は同じ固体は描かれていない。

宝塚演目というものは、西洋モノ・中国モノ・和モノ・ファンタジー
と、多種多様である。その多様性を表現するために、
できるだけお衣装が被らない演目をモデルとしたドットウサギが
描かれている。宝塚演目に詳しい方は、ああアレか と
思ってくれることだろう。




最後にロゴ。
まさに珠玉の出来である。
宝塚の組ロゴを分析して、ゲーム上で登場する
餅組・耳組のロゴとして消化している。
3度クリンナップした甲斐があり、
これだけで宝塚モノだと分かるほどのものとなった。
我ながら良い仕事である 天才的。


最後に、オマケのQRコードについて。
これはかなりのテキスト量を投入し、これだけで
設定資料1冊分の内容となっている。
これだけでも充分団員のエピソードを楽しめるが、
ウサギシリーズとしての全体像は別冊のウサギの本5
で更に詳細かつ明確に記述されている。
ウサギシリーズファンは是非とも本といっしょにゲットしていただきたい。

2017年 11月 ショーナン


予約は明日まで!!



[PR]
# by souka_t | 2017-11-26 18:43 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
シェイドスパイア

今話題のミニチュアゲーム・シェイドスパイアで遊んでみました!

シェイドスパイアとは、
ウォーハンマーという最大手ミニチュアゲームシリーズの1つ。
本来ゲームをするためにいろいろと用意しなくていけない
ミニチュアゲームであるが、
1パッケージで対戦可能で広いフィールドも不要で、
ボード上で遊ぶ設計となっている。
そして、カードプレイを主としたゲームシステムが特徴的。

言うなれば、ミニチュアゲームでありながらも、
そのシステムはユーロ系のボードゲームのようであり、
カードプレイに用いるデッキの構築はTCGの如く、
それでいて、ダイスロールの醍醐味も充分の造り。

すなわち、
ミニチュアゲーム・ボードゲーム・TCG
の良いところ取りという1パッケージだ。





これがミニチュア。かなり精巧にできている。
重装甲のストームキャスト3体、
暴徒のブラッドリーヴァー5体 付属されている。

このいずれかの1チームと1デッキをセットにして
対戦ゲームが展開される。

また、拡張は1チーム分(4~7体)のミニチュアと
1デッキ分60枚のカードが付属する。




これがダイス。
全面専用アイコンが描かれていて、数字要素は無い。
これらは攻撃成功判定に使用する。

戦闘の処理はこのダイスロールで一括処理するが、
ゲームに勝利するためには戦闘だけ行い戦闘だけに勝てば
良いというものではなく、あくまで戦闘は1つの手段でしかない。
それがシェイドスパイアの面白い点の1つでもある。





ゲームではこのように
ボードとボードを繋げて、フィールドを形成する。

1ボードが自分の陣地で、
お互いの陣地に目標物と呼ばれるタイルが配置されている。
これらは勝利点を得るためにミニチュアを動かし
確保する要素でもある。
シェイドスパイアではさまざまな得点源があるが、
カードで指示された目標物を確保し点数化するというのが
わりとありがちな得点法である。

目標カードで様々なアクションを指示される
部分が非常にボードゲームっぽい。
ボードゲーマーならばグッとくる部分である。





ゲーム自体は1アクション交代でターンを進め、
4アクションづつ行ったら1フェイズ終了し、少決算が行われる。
これを3フェイズ分、合計12アクションづつプレイしたら終わる。
おおよそ30分で終わるこの収束性もボードゲームっぽい。
大変小ざっぱりしたルールながら、
その合間に繰り広げられるカードプレイ戦は非常にアツイ。




基本デッキで数回プレイしてみたが、
これはすこぶるよくできてる。 
というか、ほぼほぼボードゲームといっても良いほどのプレイ感。
基本デッキの他にも構築用の追加カードが付属されているので、
このパッケージだけでもだいぶ遊べる。
どちらのチームでも使える共通カードをドラフトして
即興構築で遊んでも面白いかもしれない。



そして、ミニチュア塗装もやってみた。
元のモデルが凄まじい精巧さなので、塗らなくても全く問題無いぐらい
かっこいいのだが、簡易的に塗装してもだいぶ映える。
ミニチュアモデルの出来が異常に良いのもシェイドスパイアの特徴
かもしれない。


基本セットだけで物凄く満足だが、
満足したがゆえに、更なる可能性を多く感じる。
たぶん、これを買って遊んだほとんどの人は拡張の
新チームセットに手を出すんじゃないかな。
2パッケージ分のボードがあれば最大4人で遊べるというのも
ポイントで、絶対に陣営が多い方が盛り上がる。

今年一番のアナログゲームはおそらくこれになりそう。
イチオシです。 持ってる方いましたら遊びましょう!!



[PR]
# by souka_t | 2017-11-24 19:06 | ボードゲーム | Comments(0)