NT2017年7月号 FSS感想


今月のFSS感想いってみよう。

まずインタビュー2ページあります。
本編が完全なギャグ回なので、どっちかというと重要なことはこっちに書いてあるかな。
物語ありきのFSSという話から、これから用意してあるハイライトはいつでも描ける!とか、
ナオは三女神級の重要キャラとか、そんな感じの内容。
物言いが昔より丸くなった?



本編はホントにまるまるギャグ回です



最初からツバンツヒが女子高生になってます。 あらびっくり!



以前からのアナウンス通り、女子高生になったわけですが、
徐々にオモシロに染められていくかと思いきや、
もう1コマでこんな調子です。 はいギャグ回です。






バナールとかキンキーとかメナーとかアイシャの親戚イーシールーマーに取り囲まれるツバンツヒ。


次世代レフト大集合。
以前のシルエットキャラクター群の一部がここに揃い踏みなのかな?

なにげにツバンツヒの履く下着がブラデリスと判明する。
雰囲気からするとエリータンガかエヴァショーツあたり?





レフトガールズに経緯を問い詰められて
ちょっと巻き戻しのフロートテンプルにきたときの話。
お出迎えはハインドとルン。


地上でスカウトされるミラージュはブラフォードの時に見たけど、
そのあとどうやって入城するのかが分かった。
これまたかなりギャグテイストだったけどっ





アマテラスとご対面。 早速高校生になってこいと言われる。



展開超マッハ。
アマテラス的にはオーハイネが欲しかっただけ
なのではという節があるのもオモシロ。
生成するのが難しい金髪ファティマだしね!!!




ツバンツヒがアマテラスに近づいた理由を聞いて唖然とする面々。



みんながみんなアマテラスの子種を狙ってるものの、
やはり一番トンデモナイラキシスには敵わないという認識。





そして当のラキシスはナカカラへ。


アマテラスは単身フローとテンプルに戻ったので、
ナカカラでのエピソードはラキシスとバイズビズとミス宇宙軍の3人で行動になるっぽい。
ミス宇宙軍もログナーから重要任務を受けているのも気になる。
ラキシス一行は次々回のショウメのエピソードに再登場とのことだけど、
このあとヨーンたちの話だから、たぶん休載を挟むんじゃないかなさすがに。
ショウメは早くて3年後といったところだろう。

で、エピローグが次回もあるみたいだけど、何やるんだろう。
「33年越しのあれが完全変形する」という予告も謎。
MK2のプローラーのことなら、ツバンツヒの続きの話だろう。
もしかするとMK2にクローソーの名が付くエピソードが盛り込まれるのかもしれない。
大穴でヌーベルディザードのことなら、
ルッセンフリードの赤いやつが該当する機体ってことで変形する?
オールスター宣言でクバルカンとトランはスルーだからありえるっちゃありえる。
ひさびさにものすげーーー未来の話を先だしして、MK2をクラウドスカッツに改装する話かもしれない。
なんにせよ楽しみだ。




おまけ

ここ読んでる方でゲムマのブースによってくれた方
ありがとうござまっす!!
冬も出展予定なので また見に来てやってくだせー!!




[PR]
# by souka_t | 2017-06-09 15:44 | 描きつくれば漫画系 | Comments(2)
ショーナンTシャツ2017年・夏コレリリース

今年も夏がやってきました。
サンサンと輝く真夏日の下、ビキニのチャンネーをパンナーするために、
メンズたちがショーナンTシャツを着るシーズン到来です!!!

さあ、今年の夏コレは以下のラインナップだ。
通販で買って、そこらのなんちゃってモテ男子を蹴散らしてやろうぜ!!!






[PR]
# by souka_t | 2017-06-09 12:08 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
ハムスター秘密基地

久々の単品レビューは
HABAの ハムスター秘密基地。

ネズミたちが地上に生える作物を秘密基地の貯蔵庫へと運ぶ
協力ゲームだ。
なんとソロプレイにも対応している。





ボード表面には凹凸があり、その1つ1つがマス目で
区画内を移動する乗り物は、ごっこ遊びを演出するギミックになってる。
中にはゲームとは関係ない区画もあったりする。
秘密基地全体は絶妙に文明の利器に埋もれたネズミたちの
生活が垣間見れるアートワークとなっている。凄く良い。


ゲームルールも至極簡単。
プレーヤーのネズミをダイスロールで進め、
地上3箇所から作物を取り、それぞれ専用の貯蔵庫へと持ち帰る。
バケツリレーの要領で効率よく作物を運ぶこともでき、協力要素ともなっている。


アートもルールもほのぼのとした本作、
果たしてクリア難度はいかに。

以下、二人用でクリアするまでの記録



1回目。

作物2種類は運びきったものの、
3種類目の最後の1つが貯蔵庫に間に合わずタイムオーバー。
ゲーム上では1ターン過ぎるごとに木の葉が落ち、
冬眠しているハリネズミの元に溜まっていく。
ハリネズミが目覚めてしまったらゲームオーバー。
ハリネズミのコマもあったりこのあたりの設定も非常に凝ってる。





2回目。

またもや最後の1つが間に合わず。
ダイス運悪く、連携できそうな場面にもめぐまれず、
なかなか苦戦。 結構シビアだぞ





3回目。
またまたラスト1個を運搬中に終了。
これはなかなかギリギリの調整で作られてる。
わりと連携を取ったものの、わずかなダイス運でクリアならず。
HABAって意外とこういう調整するのかっ まぢ驚いた。


4~5回目は
ダイス目で1を連続で出したため協議終了。
このゲームのダイスは112334なのだが、
1を4~5回出したらクリアはゼツボー的になる。



6回目。

ダイス運が爆発し、4の目頻発。積極的にリレー連携も行い、
3ターンも余裕を残してクリア。
ダイス運が良い時に勢いに乗ればクリアできる。
逆にかなり乗れてないとクリアできない むずかしい!!



見た目から想像できないほどクリアするのは難しい。
たぶん、キッズがすぐにクリアして飽きさせないために
ややギリギリの難易度にしたんじゃないかなと思う。

が、しかし、マニュアルには
慣れてきたら制限時間である葉っぱタイルを減らして
プレイして下さい、とある。
通常ですらギリギリなのにこれは正気の沙汰じゃない。


細かいルールにやや曖昧な点があるので
今回クリアするにあたって以下の
ローカルルールを採用した。
・ニンジンは地上に出なくても真下の区画から取れる
・受け渡しは持ってない側からも取れる

これでもそーとーキビシかったので、
個人的にダイス目122334でプレイしても良いと思う。

自分も協力ゲームを制作したことがあるだけに、
キッズ向け協力ゲームの調整に関してすごく考えさせられるゲームだった。
海外ではどんな評判なんだろう? 気になる~ 
わりと根気強いのかしら海外のキッズ達。


ボードなどのコンポーネントは
もうHABAを具現化したような素晴らしいものになってるので
HABAコレクターは手元に置いときたい一品だ。
ソロプレイに対応してるのも良いね。




[PR]
# by souka_t | 2017-06-08 13:04 | ボードゲーム | Comments(0)
宇宙船ビーグル号

今年最初の一冊がこれ。船モノのSFですよ。

いろんな分野の学者を乗せて
未知の宇宙を探査する話で、地球の常識では計り知れない
とんでもない異星人と矢継ぎ早に遭遇しては、分析して作戦立てて、
撃退する、まさにSFな展開目白押しな一冊。

戦いの合間で船内派閥闘争もやるんだけど、
ことごとく主人公の統合科学スゲー!って感じの話になる。
昨今のラノベの主人公無双に通じるものがあるほどだ。
ほぼ完璧な存在として主人公が書かれている。

印象的だったのは、そんな主人公にして、
派閥争いの政敵であるケントの人気の理由がわからない
と言ってしまう場面。
「ケントは人間くさ過ぎるから人気」みたいな返答をもらうんだけど、
このあたり、人をまとめるのは知性的な優秀さのみにあらず的な
展開をみせるとおもいきや、
主人公が大暴走して、その挙句、艦内を掌握してしまうどころか、
エンディングではそのケントすらも屈服して
統合科学のノートを取ってしまうという幕引き。
ホント、徹頭徹尾完璧超人な主人公だったのが驚いた。

こりゃケント総受けですわ。






[PR]
# by souka_t | 2017-06-06 10:22 | 文学 | Comments(0)
2017 月曜更新第23回


月曜更新です。




物凄い急ピッチで次回作の作業進めとります。
あそびてえあそびてえ、デジタルもアナログも積みゲーが多いし、
プラモも作りたい、久々にキャラ絵描きてえ、近所の蕎麦屋・結にいきてえ、
イオンのラム肉くってみてえ、ダイソーのアイロンプリントためしてみてえ、
ラジコンヘリやってみてえ、
近年最大のやってみたいモノラッシュで、
まーー、とにかく、物事をカタして遊びてえすわーー。



ざっくばらんに最近見たこと聞いたこと思ったこと


最近一番のマイトピックは
「ショーナン氏いよいよ動画鑑賞習慣が付く」

俺は親をニコニコに殺されてるからニコニコとか大嫌いなんだけど、
最近ようやく動画を見るっていう行為を能動的にするようになったのヨー。
なんだと思う? なんの動画だと思う?
なんとなんと
"プラモデルのテクニック講座"

これが、べらぼうに面白くて、
何が面白いかって、 映像で実践するから分かりやすい、それが面白い。
見て実際やってみたくなるんだよね。
途中途中ではいる配信者の小話はくそつまんないんだけど、
ほら、ユーチューブてインジケーターで部分的にらくらくとばせるじゃん。
んでテク部分だけじっくり見て、後で自分でもやってみよーってなるわけよ。
最近のマイプラモブームの起点が実はそれでさ、
ここまでで真似てやってみたのが、
流し込み墨入れ・接着剤合わせ目消し・蛍光塗料をブラックライトで光らせるテク・
釣具でビームサーベルを光らせるテク。このあたり。
今度はウェザリングとかジオラマとか学んで、スケールモデル作りたいっす。
いやー 動画ってすげえわー たのしーー!!!

そんな感じで、動画から学んで試すことでよく分かったんだけど、
いずれ学校って無くなるよな。


そうそう、昨日、NHKスペシャルで子供の貧困についてテレビ討論してたんだけど、
いやー、なんつうか、何一つ革新性の無い議論だったよね。
凡人が何人そろっても所詮は凡人の浅知恵と思った。
いろんなバケツに入ったお金っていう限りある水を、どーやって
貧困層っていうバケツに分けてやるって話だったと思うのよ。
それどころか、未来の国力アップを見越して未就学児童の教育を厚くするとか言い出してさ、
今そこにある貧困から目をそむけてどーすんのよっていうピントがずれた
議論だったよ、ショーナンちゃんびっくり。
ツイッター見てもさ、誰それがいいこと言ってる、誰それは老害とか、
ぜーんぜん実のある言がなくてさ、やっぱりSNSは凡人の集まりだよね。

俺は、いっそ学校教育をサラ地にして、社会をデザインしなおして
ゆくゆくはバケツと水の再発見をしなくちゃいけねーと思うんだけど
どうだろう。


そうそう、デザインといえばゲームデザインよ。
俺は最近なくしちまいてえなあって思ってる要素がいくつかあってさ、
その1つがシャッフルなんだよね。
もう1つが手番。
前者はわりと実行段階に移せてるんだけど、後者は同時プロットで
実現しているとはいえ、まだまだエレガントにやれることがありそう。
日々研究ですわ。




業務スーパーの冷やし中華用の生麺買って作りました!!
めちゃくちゃうめえっ!!!!
冷やし中華ってあんまし好きじゃなくて、
どの店で食っても一度たりとも美味いと思ったことが無いんすよー。
だからいっそ自分で作ってみてはどうかって、
試してみたら、ゲキ美味なのなッ!!
デスソース入れたんだけどッ


他にも牛乳パックのチョコババロアも試したんだけど、
やばいぐらいに甘ったるい。 甘党まぢおすすめ。



アマゾンでかなり安かったのでサンクトペテルブルク2版買いましたーっ
翌日駿河屋でもっと安くなってた時はちょっと憤慨したけどねっ!!!

これも今週末あたりに遊べるといいなー。
ポートロイヤルの拡張もやりてーし、サントドミンゴもあと40回はやりたい。
やりたいたいたい、やりたいことおおすぎ。



えー、今週は読書1つ終えたので、明日はその感想。
水曜以降は久々のゲーム単品レビューと、
夏らしくなってきたのでTシャツ作りたい。
あとは200万ヒットイラストそろそろかきたいね。



[PR]
# by souka_t | 2017-06-05 22:20 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
グラム氏による3Dプリンタでゲーム駒の制作体験&ゲーム会で遊んだゲームの一言感想
グラム氏による3Dプリンタでゲーム駒の制作体験&ゲーム会で遊んだゲームの一言感想です。





■伝説のダイストレイを探せ
GAME JAMBOREE5号の付録、ロストレガシーライセンス作品。スタンプラリー特典の伝説のダイストレイをトークンとして使用しながら、関係者も一緒にプレイという豪華仕様。
ゲーム内容としては、脱落がありつつ過半数は探索勝負まで行けるような、おとなしめのロストレガシーでした。





■ウサギの聖杯探索
調整中の拙作のテスト。探索の道中、黄の騎士と赤の騎士が友情を結ぶシナリオを達成。想定より深刻にプレイされてしまったので、全体的な雰囲気をもっとゆるくしてもいいかも。





■TEXTILE
(株)KITERETSUさんの、2017春の新作。初出展作。カルカソンヌの都市を抜き出したような、シンプルな2人対戦。狭く閉じるか広く狙うかジレンマがわかりやすく、終局の見た目も良いです。





■ブラ・アウリア1356
ショーナンロケッティアズ、2017春の新作。貴族の信任を得て神聖ローマ皇帝を目指す2人対戦。互いに特権を活かして接戦。





■キングオブトーキョー+クトゥルフ
怪獣がトーキョーで名声を得ることを目指すダイスゲーム。拡張カード、クトゥルフ、狂信者ルールを採用。
純粋攻撃力では火を噴くサイバーバニーが押すものの、多数の狂信者を集めながら順当に成長したクトゥルフが、精神探査持ちのキングのSAN値を下げ、「完全破壊」でクリア。





■らくがき工場+らくがきポートレイト
YACOさんのリメイク作。作られた新語をイラストで表現する協力ゲーム。お試しで2ラウンドプレイ。






■時代劇3600秒
King's Courtさんの、伝説の同人ゲーム。今回は各番組とも登場人物敗北が多く、メンバーの入れ替わりが激しい展開に。唯一2人生存した番組名は「イモ越前」。






■横暴編集長+ニンジャ記念日
ジャンクションさんの、バカ受けタイトルを作るゲーム。時間の問題で1ラウンドのみプレイ。「仁義なきババア」のインパクトの勝利。






イベントの趣旨、3Dプリンタで出力した駒はこちら(右端は「ウサギのすもう」に付属するレジン駒)。時間の都合で出力できなかった黄ウサギと緑ウサギは後日受け取りに行く予定です。



プレイ評/グラム





[PR]
# by souka_t | 2017-06-04 21:30 | ボードゲーム | Comments(0)
【ゲーム】ゼノブレイドクロス クリア感想&考察

130時間ぐらいやってようやくクリアしました。
今年はじめから暇を見てプレイしてたから、だいたい半年ぐらいやってたかな。
とにかく探索することが楽しいゲームだった。
本筋シナリオとサブシナリオはおまけで、データプローブを立てていくのが主体かな。
そのついででクエストを受け持って、ちょっとした短編をいくつも
楽しんでいると、あれよあれよと時間泥棒。
そのボリュームたるや海外ゲームと比べても遜色なく、
和製のオープンワールドもすげーなーと思わせる一作でした。

WiiUもってて異星探索モノのSFが好きならマストバイ。
前作ゼノブレイドからガラっと変わってSF色全快になってるので、
本来のゼノシリーズの雰囲気になってた感じ。


さて、ゲームはすこぶる面白かったのですが、
エンディングが物凄く謎な内容になってます。
人によっては「なんじゃそりゃー ふざけんなー今までやってきたことはなんだったんだー」
と憤怒する方もいそうですが、
自分はそれがなぜなのか考察したいと思ったので、
ちゃぶ台をひっくり返しはしたけど、終わったあとも考えさせられる
良いエンディングだったと思います。



-------以下ネタバレ含む考察---------












まず、自分は副読本やインタビューの類はノーチェックで
本作のみを判断材料としてます。
SF作品と思っているのでオカルトの類は考察材料にしてません。


主な未回収伏線とエンディングの謎をまとめると


・ミラで言語が共通の謎
・ライフが壊れていたのにBBが動いている謎
・ミラとはそもそもなんなのかの謎
・記憶喪失の主人公の謎
・あのお方の謎


順番にバッサリ行きます。



・ミラで言語が共通の謎
異星人と話せるのに、原生生物と話せないのはおかしい。
なので原生生物と人類・異星人類の間になんらかの決定的な性質の違いがある
と思われる。人類は既に肉体を失い意識はデータ化している。
グロウスも人工生命体なのでその性質は近い。
その他の異星人もなんらかの理由で実体を失い、同じ場所で意識が管理されてる
とも思ったが、実は完全なデータ上の存在でBBの五感を処理してる部分に
割り込ませて一部の異星人は虚像説。
どいつもこいつも都合よく直立二足歩行してるのも妙だし、
元住んでいた故郷の星についてあまり細部が語られないのも妙。
一部虚像とみるのが自然。



・ライフが壊れていたのにBBが動いている謎
壊れていたなら、バックアップが存在して、破損時に切り替わった。
そのバックアップはミラの地下中心部あたりにあるんじゃないかな。
ゼノクロスは全編ミラの表面を旅したけど、内部はほとんど未開拓なのが
その根拠。じゃあ、なぜライフのバックアップがミラにあったかは
次に続く。



・ミラとはそもそもなんなのかの謎
ズバリ、地球そのものだと思う
星間戦争に巻き込まれて地球は消滅した、
と語られているが、恐らく真実は消滅ではなく転移。
物凄い距離を移動した説。
ゆえに航路にないところに存在したミラが移動した地球。
2年間光の速さで航行した白鯨は
ウラシマ効果で地球はン千ン万年進んで、
地殻変動が進み現在の形と原生生物が生息する星となりましたとさ。
地球側の政府の真のシナリオは
あるかもしれない住める星へ移住ではなく、
一端やり過ごして、ほとぼりがさめたころに戻るだった説。
その時のために、ライフオリジナルを地球地下深くに備えておき、
白鯨の方が実はバックアップ。白鯨での2年間は辻褄合わせの記憶が造られてる。
ルーの存在は生体コンピュータかなにかで、
地球に居残ってずっと管理する役目が課せられていたのではなかろうか。
ルーの種族が他に存在しない理由がそれだ。



・記憶喪失の主人公の謎
BBの記憶は別の場所にあるから記憶の欠損というのはありえない。
元から無かったと考える。
仮説として、ゼノクロスが当初18~20章ぐらいからなるゲームだったとして、
最後のテーマが主人公が何者なのかという話だったのではなかろうか。
終章1つか2つ前になんだかんだで皆実体化する中、主人公だけ
実体化できない、なぜだ、魂とはなんなのかみたいな
テーマにもっていったのではないか説。
で、実はライフのバックアップを管理していたルーが細工して、
君は神の器だみたいな展開があったのではなかろうか。


・あのお方の謎
本来のラスボスだったのではなかろうか。
正体は人類側の人物で、じつは異星人。
みなが実体化したあたりで移民計画の真相を知り
黒幕として正体を現わす予定だった。
ヴァンダムだっりしてな!!


どーだろうか。


とりあえずゼノブレイドクロスは忘れられない名作だった。









[PR]
# by souka_t | 2017-05-31 10:26 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
2017 月曜更新第22回

月曜更新です。



先週はだいぶ更新がんばったんで、今週はまったり更新です。

新作の制作に着手したり、委託用に増産したりで
だいぶ忙しくなってきました。
ゲムマで少し余ったブラアウリアと増産分の奉天を足して、
イエサブなんば店に委託を予定してます。
関西の方でゲムマに来れなかったりお買い逃しの方は是非ご利用くださいませ。

新作の方は、システムはほぼほぼ決定稿で、
現在資料と格闘しながらアートワークをガリガリ進めてます。
なんかもうゲムマ前より忙しい~。

気温がだいぶ暑くなったこともあり、だいぶダレてきました。
本夏が訪れるまえになんとかいろんなことに決着をつけたいところです。








七里フリマ行ってきました。
久々にゲーム大量出展してる人を発見し3本ほどゲット。

ゲームだいぶ積んだので、
いまの作業がおわったらおもいきりゲームがしてえ~。







[PR]
# by souka_t | 2017-05-29 20:02 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
5/21 多摩市民館ゲーム会の感想

ボドゲ感想ウイークラストは、
先週参加した植民地会のゲーム感想です。

ゲムマ後なので新作多数!!





■ジャンドウィッチ
写真取り忘れ。
ちょうどゲーム開始するところに到着。そのまま参加。
パンと具材のカードでマージャン的なことをするゲームで、
かなりマージャン。
なかなか展開が早く軽快。




■ペチャリブレ

自分のキャラクターが最強であることを
2つのアイテムを使用して証明するゲーム。
すなわちオオギリ。





マイキャラはランダムで決まる。
今回は「ユーチューバー」となった。
しかも優勝!!

基本は1対1の口プロレスなのだけど、
戦って勝てるトンデモ理論を考えるのに
アイテム2つとマイキャラの特徴という
オオギリの手がかりが比較的多いため、遊びやすいとは思う。
周りを見た感じでは、得意・不得意が完璧に分かれるゲームでした。





■ビックアイディア

6枚のカードで発明品を考える。
これまたオオギリゲーム。
カードの種類が物凄く多いため、組み合わせは無尽蔵で
発想が組み合わさって無限大。
しかし、発想のウエイトも意外と高いため、
自分の発想に合ったアイテムを引き当てるカード運を強く感じもする。
うまいこと言わねばというオオギリならでは強迫観念があると
なかなかまとまらない。そういう点では意外と難しく感じた。
なんの役に立たない発明を生み出してやるぐらいの気軽さでやるゲームやね。









■ダンジョンオブマンダムエイト

1はさておき2から7はどうしたの?と思った突然のエイト。
面白さは相変わらず。
ゴーレムを黙々と握りつぶしたわたしが単身ダンジョンにもぐり単独勝利。





■サントドミンゴ

毎ラウンドプールされていく物資と点を
カードバッティングで取り合うゲーム。
各々が持つ8枚のカードの効果をタイミングよく使用することが肝。






初プレイMAX6人でやってみたが、
これはすこぶる面白い。
タイミングやカード効果がおもしろく噛み合ってて、
タイミングが合うと大く物や点数を獲得できるところに爽快感がある。
もちろんタイミングが微妙なときは牛歩になったりお預け食らったり
する訳だけど、その起伏が良い。 波があるゲームは楽しいね。






■タイニーパーク

最近よく回すドシンプルなダイスマイボードゲーム。
今回4人で遊んだが、さすがに4人いると枯渇するタイルも出てくる。
それでもゆるーい感じなので、多少縛りを入れても良いかもと思った。






■マギアルマ

キューブで武器の形を組み立てて、完成した人からボスを叩いていくゲーム。
みんなでボスを倒そうという体だが、与えたダメージが多い人や
トドメを食らわせた人にボーナスが入って、そのポイントで競う。

小さなキューブで立体物を組み立てるのは
ちょっと無茶がないか?と当初思ったが、やってみるとなかなか出来る。
ゲーム中は自分の武器を組み立てるのに夢中なので、
組立てた隣の人の完成チェックとか若干おざなりになりがちとか
細かい難点も気になるが、それでも余りあるほど武器の組立て競争が
パリピで楽しい。





■ひとしずくのせかい

みんなですこしづつ大地創造していくゲーム。
それぞれに勝利点となる定型の地形があるため、
それをめざして大地を造り上げていく。

基本点が早取りだったり、意外と個別目標が
タイルの枚数が少なめで達成困難だったりする。
スマート過ぎるがゆえに、計画性が求められる。
なかなか渋いゲームだ。 コンポーネントも凄い。





■ロイヤルズ

久しぶりに回す。
序盤は各地をじわじわと取って行き、
次第に一国を制することをめざし、
最後は直接的な取り合いがはじまる。
競うマジョリティに段階があり、それが自然と
時を経て深層へと進んでいくところがすごく美しい。

今回時間切れで最後まで出来なかったが、
やっぱりこのゲームおもしろい。
個人的にベスト3に入る。




というわけで先週はいっぱいゲームしました。
さー ゲームつくろう!!




[PR]
# by souka_t | 2017-05-28 21:40 | ボードゲーム | Comments(0)
【ガンプラ】HGUCバーザム



界隈騒然の念願キット、HGUCバーザムを組み立てました。


いやはや、まさかのバーザムですね。

塗装はミラージュマシンっぽくしようとしたんですが、
黒鉄色が思った以上に黒でした。




昨今のガンプラの例に漏れず、物凄い可動域。
その構造も凄く、変形MSのような
妙に凝った造りになってます。











ミライトで作った光るビームサーベルもたせました。







メインウエポンのビームライフル。
装着すると、腕の可動が多少制限されるものの、
ないとさみしい。





モノアイは蛍光グリーンで塗ったので、ブラックライトを当てると光ります。
バーザムのキットはなにげに元から赤蛍光が塗られているので、
そのまま作っても赤く光ります。




バーザムでした。

やや地味なウエポンセットながら、
可動域は最新技術の塊でブンドドプレイアビリティはかなり高く、
個人的にはもう1体買ってブンドド用に素組みしたいぐらい気に入りました。
まごうことなき良キットです。





[PR]
# by souka_t | 2017-05-27 17:52 | いと模型もおかし | Comments(0)