<   2017年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
2017 月曜更新第44回
月曜更新です。

まずテンプレ。
ショーナンロケッティアズは日曜日G017です。
ゲムマ秋の各種予約受付中です。

ボドゲーマのショーナン作品 に感想とかリプレイの投稿
募集中です。プレイ写真うpだけでもOKです!!
まぢおなしゃす。


先週は、SRPGSTUDIOで作ってるゲームが
3ステージまで完成しました。途中公開しときます

ついったの方で既に公開してたので、感想やエラー報告
貰ってます、非常にありがたいことです。
ゲームをプレイした上でのご意見は大変参考になり
そして大変励みになる次第です。
なにはともあれ"ゲームはプレイしてこそ"という訳です。
ありがたやありがたや


そうこうしているうちに、
来月以降のボドゲリリースラインナップが充実し
気になるものが増えてきました。
昨今発売したものと年末までに出るもので欲しいゲームといえば
・あやつり人形新版
・バニーキングダム
・シェイドスパイア
・サイズ 大鎌戦役
このあたり。下にいくほど欲しい度高め。
ここ最近は散財が多かったため2つぐらいに厳選せにゃなりませんが、
サイズはぜってー欲しい。
ところでバニーキングダムって二人でやってもおもしろいですかね?



■特集「今っぽい」

今っぽい という言葉をよく使います。
ナチュラルに使ってたんで、最近気づいたんですが、
使う対象によってだいぶ意味合いが変わってくるんですね。
例えば、アニメを見て今っぽいと言えば、
大抵キャラクターの造形性格と、おおざっぱにセカイ系・なろう系などの
ジャンルを指して自分は使います。
「あーこの女子向けアニメ、オレサマキャラはいるし全体的にワチャワチャ日常系してて
今っぽいわー」
こうです。

ゲームの場合は主にインターフェースと作業量を指して自分は言います。
「プレイ時の行程や例外処理が少なくて遊び易い、その都度マニュアルを
確認せずともコンポーネントを見ればだいたい分かるのは今っぽい」
こんな感じ、
デジタルだと
「レベル稼ぎに時間を費やさなくて良いし、ガイドマーカーで
次いくべき場所が常に分かるのは今っぽい
こんな具合。
更に特殊なところで、ゲキカララーメンだと見た目や具材に目もくれず辛味
に焦点をしぼって
「トウガラシやハバネロのみに頼らず、山椒で食感からバーストをかけてくるのは今っぽい」
こんな具合になる。

それぞれ各人に、今っぽさポイントというものがあると思うんですよね。
それで最近思ったのが、その今っぽさポイントをどこに置くかで、
創作物の個性って出るのかなと。
今、俺の中でコレが新しい!!! って具合でモノを作るわけじゃないですかあ、
端から見て古めな作風でも、今でも俺の中ではコレが新しいんだ!!!
で作るとおもうんすよ。誰も好き好んで古臭いものは作らないし、
心のどっかで これは一周回って新しかろうゲヒヒ とか思ってるハズ。

自分の中の「今っぽさ」を大事にしたいものですね。







[PR]
by souka_t | 2017-10-30 08:03 | 日々よしなし事系 | Comments(2)
グラム氏による第30回埼玉ゲーム会の一言感想。
グラム氏による第30回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想です。



■ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン
話題のミニスーファミ。マリオRPG、ゴエモン、超魔界村、マリオカート、ストⅡなどをプレイ。シショーくんは初見。






■神倭のくに
植民地戦争+αさん、オータムフェスタの新作。日本神話の国造りワーカープレイスメント。101対99対97の僅差。






■TABLE HANABI~卓上のスターマイン~
39芸夢さん、2017春の新作。空中で棒を通す、高難度バランスゲーム。難しくてリタイア。





■キングオブトーキョー
怪獣バトルロイヤルゲーム。装甲+鎧+毒トゲのキャプテンフィッシュが完全破壊勝利。対戦相手は、子供と仲のいい双頭クラーケン、双頭でテレパス使いのシェリフ。





■禁断の砂漠
砂漠で伝説の飛行船を探す協力ゲーム。登山家が探検家を引き連れて砂山を登り、探検家の8方向デューンブラスターで一気に砂を除去するコンボが強力。無事にクリア。





■ウサギのロストレガシー:聖杯探索
今回ラジオ収録も行った、2017秋予定の新作。1プレイして黄色ウサギのシナリオを達成。
アートワークで参加・ショーナン



プレイ評/グラム





[PR]
by souka_t | 2017-10-30 06:37 | ボードゲーム | Comments(0)
10/21 多摩市民館ゲーム会の感想

台風が近づく中、久々にゲーム会行って来ました。

会場は公民館なだけあってか、ちょうど選挙前日で
期日前投票の長蛇列、エレベーターに乗るのも一苦労です。
11階に投票所があるってどーいうこと?





■E電7

到着すると早速1ゲーム。まずは鉄チャン御用達の
首都圏路線ゲー・E電7。
カードにはそれぞれ駅名が書かれていて、
7種類のゲームができるとのこと。
今回はウノ的なゲームと7並べ的なやつをプレイ。


ゲーム自体は普通なのだけど、
駅名という馴染みがあるフレーバーはかなり強力。
首都圏で日々交通手段として使っているからというのもあって、
ネタとしてかなりインパクトがある。
遠足とか修学旅行にもっていくとウケるタイプだ。



今回のスイーツ宮島ビスケット。





■ビックチーズ

久しぶりにプレイ。傑作競りゲーム・ビックチーズ。
プリントアンドプレイ版で何度も遊んでいるけど、
やっぱり点数トラックと多面ダイスがある製品版は良いね。
今見ると点数部分に運要素を仕込むとか、かなり大胆な
ゲームデザインだ。
このおかげでガチガチし過ぎないカジュアルな競りゲーに
なっているもんだから、個人的にメディチやラーより
初心者にはこれをオススメしたい。テーマもかわいいしね。





■テストゲーム 名称未定

テーマアート・システム・数字的な細かい調整が終わり、
あとはタイトル名だけというところまできました。
早いね、これ来年用のゲームよ。
2人用なので3人で入れ替わりにプレイしてもらって
ほぼほぼ想定どおりに仕上がってた。
が、しかし
色弱対策でひっかかった。 むむむ、なかなか完璧とはいかない。




■マハラジャの遺産

最近のシャハティなゲーム。
ひたすら買う・お金取るの二択を繰り返すだけなのだけど、
ところどころ決断に迫まれて悩ましい。
今回は3人でプレイしたけど、じわじわと差が出てくるところが渋い。
2人用のバリアントでやった時は場札を一掃する効果で
だいぶゲーム展開が早かったので、多人数だともう少しまったりした感じ。
個人的には2人用バリアントの早さがお気に入り。
それにしても品物ごとに値段が決まってなくて
場のコインの数で全ての値段が決まるという部分はさすがドイツゲーム。
おもいつかねーよこんなの。




■ドラゴンイヤー17

今回の重ゲー枠。いよいよ拙作サマリーの一般デビュー。
フェルトお得意の選択肢満載多様な得点源の傑作ドラゴンイヤー。
不吉な出来事が多い辰年の12ヶ月をやり過ごしながら点数を稼ぐゲーム。
始まってしまうと運要素がほぼ無いので緻密な計画性が問われる。




後半に運営が安定してきたところから、学者を雇い
学者点ラッシュでかなりいいところまで攻めたものの、
その後の人材を取らなくなったせいか、最終決算で伸びず大敗。
人材1人2点は大きい



勝利したミノタケさんの恐るべき建設ラッシュ。
人材もほぼほぼ生存させたため最終決算でのボーナスも大きい。

得点トラック一周してた。 一周するんだなこのゲーム!!!




■ロールプレイヤー

隣の卓でやってました。




■ジュブロック

ここからジュブロックの陣取りルール。
ブロックスを二段でやる感じ。



空間を2段使うので、上下いずれかが空いていれば、
そこから進入して相手陣地に根を下ろすこともできる。
手持ちのブロックを置けなくなったら負けなんだけど、
これがまた結構置ける。なかなか面白い!



次にバランスゲーム。
ダイスで置くブロックを決める。
ダイス目に該当するブロックが無い場合は、1ブロック分だけ
外側にはみ出して配置しなくてはいけない。
このルールのおかげで、かなり奇妙な形に積まれていく。
更に、色濃いブロックと普通の木のブロックで重さが違うのが
ポイントで、重量のある色濃いブロックで足場を固めたりすることもできる。
ジュブロックすげえ




■皇帝なき帝国

かなり前、浅草時代末期ぐらいの話題作だったかな。
当時から結構気になってたけど始めてプレイ。
いやはや、見た目のわりにプレイ感は意外とアッサリ。
コマの個数と数字のマジョリティと陣取りなんだけど、
なかなか小奇麗にルールがまとめられてて遊びやすい。
なんとなくナゲッツに似てるというか、あれよりもっと手軽。
良くできてる。あの当時より今のほうがこういうゲームって
トレンドじゃない?



そんな具合で久々のゲーム会でした。
いやー やっぱりゲーム楽しい。
面倒なこと抜きにしてもっともっと一日中ゲームしてえなああ。
重たいユーロをばんばんやりたいすわー





[PR]
by souka_t | 2017-10-24 20:47 | ボードゲーム | Comments(0)
2017 月曜更新第43回

月曜更新です。

ゲムマ配置が発表されました。
ショーナンロケッティアズは日曜日G017です。
ゲムマ秋の各種予約受付中です。

そして今回も。
ボドゲーマのショーナン作品 に感想とかリプレイ書けたら
投稿してやってくださいまし。プレイ写真うpだけでもOKです!!
まぢお願いしますー!!

なにげにボドゲーマで火星劇団更新したとき1日だけアクセスランクイン
して2~300PVあったから、なんだかんだで過度期ではないゲムマの公式
ぐらいに宣伝効果がありそう。
なにより投稿する際にやり方が分かり易いのが良いね。
今後一番伸びるレビューサイトなのは間違いない。


先週は久々にゲーム会に参加してきました。
その模様は明日あたり更新予定。

ひさびさにボドゲやったら、やっぱ楽しいねぇ。
どっか出かける際は、ついでにボドゲやる機会を作らないと
ちょっと損した気分になるほどで、やっぱりゲーマーにとって
ゲームができるっていうのは正義。遊ぶ相手いてこそ。
そうなるとゲームはやってこそで、ゲーム配信やら実況を
見てるだけじゃ全然楽しくない、時間の無駄。
でも、そういう視聴ゲーム界隈も年々大きくなってるのも確かなんだよなー。
アナログとデジタルの二極化の本質って俺はそこにあると思う。
今後その二極化はより広がる。

なんでそんな視聴ゲーム界隈の話が出るかと言えば、
今作ってるデジタルゲームをどういうコンセプトで調整するか
いささか自分の中で揺れてるからだ。
ゲーム配信を考慮し、不慮の事故やラッキー要素な偶然性を取り入れて
見てる側も沸くような感じにするか、
はたまた、
ガッチリ数字的に詰めてお話を見せる方向で堅実な作りで行くか。
悩ましいね。でも、ゲーム配信とかそもそもあんまし好きじゃないから
後者かな。配信ウケってお金にならないからなー。

あと、ゲムマ2日体制に対してかなり懸念があって、
ヘタするとデジゲーでコミケ出展出戻りにシフトの線はある。
あくまでこれは俺の最悪を想定した予測なんだけど、
2日開催にあたって、2日とも出展がたぶん正解だったと思うんだ。
2日開催で一般参加者は確実に土日いずれかに偏って分かれる、
するとハズレ日だったらたぶん売り上げの3割以上は落ちると見てる。
両日出展なんてンな体力あるかーいっ。
しかも来年も2日やるみたいだし、マヂかよ・・・って感じだ。
かといって、ゲムマの代替イベントになりそうなのも無いしねえ。
今年は全体的に篩いにかけられる年なんじゃないかなと思う。


SRPG制作は順当に2ステージ目が完成し、
現在3ステージ目の素材も半分終わったので、早ければ今週中に
成果をお見せできるかも?



[PR]
by souka_t | 2017-10-23 21:01 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
グラム氏による第29回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想

グラム氏による第29回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想です。



■キュウレンジャー星座当てクイズ
今週13号ロボのミニプラが発売されたので、ロボからモチーフを当てるクイズ。13号ロボは特徴的な星の並びが決め手。イエローや劇場限定は知名度が低い。



■ウサギのロストレガシー:聖杯探索
今週現物が届いた拙作。2017秋予定の新作。手作り試作の頃からテストしてもらっていたので、ちゃんと絵の入った製品版で1プレイ。探索は成功したものの物語は進まなかった。



■ロストレガシー:青の匣
ウサロスの製作が終わり、ロストレガシー脳が抜けきらない時に勝手に作った第1弾。システムとカード効果が合っていると好評。製品化の予定なし。



■ロストレガシー:寄生木の夜
同じく第2弾。5ではなく犯人を当てる特別ルールで、ミステリー的謎解きを再現できているとのこと。原作者さんに怒られなくてよかった。製品化の予定なし。



■なぞときブック悪魔の手形
おいしいたにしさんの、2017秋予定の新作。出題役と解答役で行うパズルゲームブック。簡単に調整したそうで、遊ばせてもらって躓いた部分等を報告しました。



■TABLE HANABI~卓上のスターマイン~
39芸夢さん、2017春の新作。空中で棒を通す、高難度バランスゲーム。特に序盤は、世界一難しいと言われるアクションゲーム「日本の城」を超えているかも。




■つみきメイズ
39芸夢さん、木のおもちゃ入賞作。自分の駒を高く登らせるアクションゲーム。小さく軽い木材が滑り落ちてしまい終了。



■神倭のくに
植民地戦争+αさん、オータムフェスタの新作。日本神話の国造りワーカープレイスメント。神を集めて天降りで住居を増やした天照に対し、ダイス目が偏り高床式住居を独占できた大国主の勝利。



■禁断の砂漠
2013年の、不時着した砂漠で伝説の飛行船を探す協力ゲーム。今回は水筒係と気象学者で、砂嵐の成長を抑えて脱出成功。3連続の灼熱に耐える名シーンも。



■乾隆後宮
ショーナンロケッティアズ、2013春の作品。許可を得て自作したもの。ショーナン風味のワーカープレイスメントということでプレイ。軽くてわかりやすいと好評。



プレイ評/グラム



[PR]
by souka_t | 2017-10-22 07:29 | ボードゲーム | Comments(0)
2017 月曜更新第42回

月曜更新です。

ゲムマ秋の各種予約受付中です。

さすがに2日間開催でどっち参加するか判断つかない状態なせいか
そんなに予約が進んでないかな。カタログ出るまで膠着しそう。
とりあえず+500円の送料で事前販売もやってますんで、
メール件名「事前販売希望」で送信してくれれば対応します~。

先週に続いてショーナンさんから皆さんにお願い。

ボドゲーマのショーナン作品 に感想とかリプレイ書けたら
投稿してやってくださいまし。プレイ写真うpだけでもOKです!!
まぢお願いしますー!!


先週もSRPGSTUDIOに夢中でした。
ツールは覚え始めて勢いが乗ったときがサイコーに楽しいよね。
ドラクエ11や積んでる大綱立志伝や神宮寺ほったらかして無我夢中で
製作してます。手足のように動かせると楽しい。創作は楽しい。

創作に関してぶっちゃけ前々から思ってるのは、
自分の作品に取りのかかってるときに、市販品や他所様の作品に
気が行ってしまう人って、もうその時点で負けてるんだよね。
それは市販品や他所様の作品に負けてるって意味ももちろんだけど、
それ以上に、自分に負けてる。
自分が作り出す自分が思う自分の最高のモノを作ろうってんだから、
余所見しちまったらその時点で、自分の想い描くソレじゃあないって
ことなんだよ。
この話を更に突き詰めると結局のところ時間の話になる。
自分にとって最高のものを作ろうってのに、誰にでも有限で平等で最重要な
時間をソレにつぎ込まなくてどーすんのよって。
ぜってー鳥山明って精神と時の部屋をその発想で作ったよなー。

と言うわけで1ステージでけたので、3ステージぐらいでけたら
一端経過報告的なテスト版を公開しようとおもいまーす。



先日、小麦粉が大量に余ったので手打ちうどんに挑戦しました。
その模様を写真で掲載。



まずはボールに小麦粉をぶちまけて
卵を落とす



塩水をちょっとづつ加えてこねまくる。




ひたすらこねまくる。ここが一番手間。

小麦粉が手にめちゃくちゃ付くんすけど、これってなんか良い対策
ないんですかね? 油ぬったらいけるかなーと思ったけど
手がテカテカに鳴っただけでしたうへー


そして塊を30分冷蔵して



麺棒でひたすら伸ばす ひたすら引き伸ばす。
これが失敗だった、台所狭いので引き伸ばすスペースが足りなかった。

3玉ぐらいに分けて引き伸ばすべきやった。




そんなわけでカッティング、かなり太い。

太めのが歯ごたえあってうまいんじゃないの?
だいじょーぶっしょー っと思ったこの油断が今回最大の失敗。




ごんぶと。 この時はまで食えるだろうと思ってた。



ゆでる ひたすらゆでる 20分



うひー ものすげー膨れ上がった。
どんぶり一杯分にはなるかと思ったてたが・・・




どんぶりからあふれんばかり。
そして実食。


硬いっ かたあああい 小麦粉の塊や、
すいとんみたいな味や、うどんじゃないぜこれ。




しかたなく再加熱 更に15分




少し醤油を加えて濃厚うどんスープに。
麺の固さもまだちょっとあやしいが、まあそういう料理と思えばレベル。




太い。

やたら腹にたまった。
味は ちょっと罰ゲームだったけど、何がいけなかったかはちゃんと分かった。
次は絶対上手くやる、上手くやれる自信がある。

と言うわけで本番は来週の合宿で披露する!!





[PR]
by souka_t | 2017-10-16 19:51 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
NT2017年11月号 FSS感想

はい、今月のFSS感想です。



扉の解説は今回ナシ。
ゴティックメード再上映の告知。

あっちこっちで再上映してたから、さほど驚きはないですか、
舞台挨拶に御大ご登場となると、ほんのり惹かれる。





バッハトマの会議から始るとおもいきや、
今月は既に会議が終わったところから開始。
ベール会長とボスヤスフォードの会話で、
次の戦の火種がアドラー星へ移ると予告。
マウザー教授もほんのり登場。


リッターピクトでの解説通り
第7話以降の伏線を仕込んできた感じ。
コーネラ王国もいよいよ動くということで、
カン改めGTMデモールやマヨールの登場も目前?
大戦の舞台は南部へ。



ツバンツヒ探索に出ていたカリギュラのD-D6とEV7。
消滅と判断し探索打ち切り。





が、目の前で実はじょしこーこーせーをしていた。

更にレンダウドもミラージュ加入。
じょししょーがくせー となっていた。


これはかなり強引に端折った。
ツラック隊の後、スコーパー能力を使ったことで
アマテラスに察知されて、なんやかんやでミラージュ入り
したとのことだが、台詞の中で消化されたーっ!!
ロリ極まるレンダウドの勇姿は本誌でチェックだ。



ヨーンもつつがなく任務を終え一段落のところ、
唐突にジーク再登場。

初登場時のジークはママのキョーレツなキャラで
若干霞んでしまったが、今回はジークがわりと強烈。
そしてヨーンとジークのノリは軽い、まさに学生。



ヨーンがファティマを取ったことを茶化しまくるジーク。
ジークは、ヨーンと似たもの同士てあったがファティマを
取ってしまって同じではなくなったとボヤく。

二人のキャキャムフフが今回のメインと言わんばかり。
これは薄い本まったなし。



お互いにちゃあに告れと言い合うが、
ジークには夢で見た謎の少女が気になる様子。

謎の少女のの声が響く中、クリスティンに出撃を命じる
イメージが入って 今月終了。


三角関係と思いきや急展開だー。
ジークが語る
ちゃあに近い変わった目をした少女と綺麗な声の女性
とは一体誰なのか? ものすごーーく思わせぶって
ぶつ切りで終わってしまったああ。
すぐ来月に答え分かりそうだけど、予想としては
謎の少女はマグダルかな。声の綺麗な方はわからん、
マグダルを守護する歴代の詩女?
最後のページはデザインズとかで予告があった
クリスティンとセントリーの出撃シーンっぽい。
でも、声の主がマグダルだとして、なぜジークに助けを求める?
そこはやはりジークの出生に秘密があるのではなかろーか。

それにしても今月はちょっと急ぎ過ぎで半端に詰め込んだ
展開に見えた。予想してたところがおもいきり端折られてたから
余計早く感じる。でもこの先の話が早く見たい!!!






[PR]
by souka_t | 2017-10-10 15:12 | 描きつくれば漫画系 | Comments(0)
グラム氏による春ゲムマ以降自宅で遊んだゲームの一言感想
グラム氏による春のゲームマーケット以降、自宅で遊んだゲームの一言感想です。



■TOKYO HIGHWAY
ITTENさんの話題作。オンリーワンの道路建設アクションゲーム。2版。一定のルールに従って、自分の車を置き切った方の勝ち。勝敗が決したので、他で見れないような角度に挑戦。





■トランプウォール
芸無工房さん、2017神戸の作品。大統領と不法入国者の、トランプを使った陣取り。時事的なテーマはともかく、ドイツゲーム的システムで普通に面白い。
本来はコピーした紙に支配地域を記入するのが推奨されていますが、手元にあったAlicematic英傑伝のトランプ兵と帽子屋の駒を使用しました。





■黄昏の辻
やづ屋さんの、2017春の新作。手札の能力を使いながらの数字当て。正直ビジュアル買いでしたが、能力を使うことが相手へのヒントにもなっていて、悩ましい駆け引きのある鋭い良作でした。





■スプラッシュ!
積み上げアクションゲーム。色か形の合ったブロックを次プレイヤーに渡して積ませ、3回崩させたら勝ち。シンプル。







■Yomi
2ndキャラから、グウェンvsペルセフォネ。ペルセフォネ優勢だったものの、グウェンの超必投げドレッドランズポータルが当たり流れが変わった。
チルベインで凍結させた直後の、回避からの超必打撃ダッシュゴーガーを当ててグウェン勝利。ウチのペルセフォネ全敗は続く。





■禁断の砂漠
2013年の協力ゲーム。以前から気になっていて、放課後さいころ倶楽部10巻で取り上げられたのを機に入手。考古学者と水筒係で、伝説の飛行船の復元に成功。






■TABLE HANABI~卓上のスターマイン~
39芸夢さん、2017春の新作。空中で棒を通す、高難度バランスゲーム。序盤を乗り越えると棒同士が摩擦でひっかかり安定してくるようです。





■つみきメイズ
39芸夢さん、木のおもちゃ入賞作。自分の駒を高く登らせるアクションゲーム。軽くて崩れやすく難しめ。





■神倭のくに
植民地戦争+αさん、オータムフェスタの新作。日本神話の国造り。多くの神を派遣して土地を広げた天照に、高床式住居で文化レベルを上げた大国主が勝利。




プレイ評/グラム




[PR]
by souka_t | 2017-10-10 05:07 | ボードゲーム | Comments(0)
ウサギの火星劇団 デザイナーズノート1



ウサギシリーズもだいぶ長いことやってきました。
初代は連続予約特典として作ったウサギ決死隊、
次に500円ゲームズとして世に出たウサギの儀式、
それから、れーすふぉー、ウサペン、カレーときて、
成熟期に達した、すもう、都市計画、黄金時代、
去年に出たショーナン作品異色の協力ゲーム・ウサギの政略結婚。
密かに小数部出たウサギの権謀術数。
ここまででシリーズ10作。

これらは全て、人類がいなくなった地球上で
繁栄していくウサギ族物語のゲーム化でした。
今回の第11作目「ウサギの火星劇団」では、
いよいよその先のエピソードに突入します。
ウサギ宇宙編です。宇宙に進出します。

ところが、「火星」には宇宙感あるのに
「劇団」にはものすごく地球圏の文化感があります。
文字通り、今回のウサギ達は火星で劇の公演をするのですが、
これは火星に降り立ったウサギたちが火星人社会に
受け入れられるため、あらゆる試行錯誤を重ねた結果、
宝塚歌劇団のようなものを火星で始めたという
バックストーリーに起因します。


一昨年ぐらいから、私は宝塚歌劇団に興味を持ち、
いくつかの書籍と、ユーチューブにある昔の演目(モンパリとか)
を見漁り、いずれ宝塚歌劇団をアナログゲーム化しようと
目論んでいました。その時いろいろ見たもの知ったものの中で
一番気を引いたのが、宝塚の誕生秘話と音楽学校から入団を経て
退団までの堅牢なシステムと伝統。
1演目をゲーム化するのは容易だけど、深く学んだ自分の中で
それはちょっと安直過ぎるのでやりたくはなかったのです。
これは落語テーマのゲームを作ろうと思った時も同じで、
書から学んでいるうちに一席より落語小屋という文化自体に
興味をもってしまったからできず終いでいます。
文化は実に面白い。演劇文化の中で取り分け宝塚が異色である
理由や外国でも人気を博してるなど書で学んでいると、
これは異星人に見せてもなんらかの感情を
沸き起こさせるんじゃないかなと、そんな発想から生まれたのが、
ウサギの火星劇団という新エピソードです。

今回はゲーム自体もかなりストイックな出来なのですが、
それと同じぐらい、オマケ要素のQRコード読み込みによる
ウサギ団員エピソードが凝ってます。
過去作の奥義伝承や攻城ペンギン・国連ペンギンでやった
フレーバーテキストのスペース制限をどうにか拡張できないか
という試行錯誤から生まれた膨大なオマケとなっています。

とことんまでにこだわった二人用システム、
ドットとベクターを使用したアートワーク、
育て上げたテーマたるウサギユニバース、
そして最大級のフレーバー・オマケ要素。
まさにショーナン集大成と言っても過言ではない内容と
なったのではないでしょうか。

第一回の挨拶はこれぐらいにして、
次回はアートワーク編です。





[PR]
by souka_t | 2017-10-09 18:43 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
【ボードゲーム】フリートコマンダー その4

フリートコマンダー 第四回は
シナリオ:回収作戦

中央に散らばるコンテナを自陣へと運び、
運んだ数の多さを競うシナリオ。
6個のコンテナを運んだら即勝利。
撃破スコアは無いため、8クラス分失ってもゲームは続く。

そして今回もブラックホールが配置された。



フェーベ軍(手前)

巡洋艦x2  駆逐艦x1 小型艦x4

広く展開しコンテナを一気に持ち去る方向で4隊編成。


アミクリィ軍(奥)

戦艦x1 巡洋艦x1 駆逐艦x1 小型艦x3

コンテナよりも相手の艦隊殲滅を重視した構え。





序盤、フェーベ軍予定通り左右に展開し大量のコンテナを
自陣側へと引き寄せる。
アミクリィ軍は戦艦と小型艦部隊で攻撃を仕掛けるが、
フェーベ軍の早い切り替えにより猛反撃を受け、戦艦轟沈。




中盤以降はなし崩しに殲滅戦に発展。
生き残った艦がコンテナを運べる権利を得る!!
と言わんばかりの砲撃戦。
なにげにブラックホールもあと一歩というところまで活性化。
一時期はブラックホールが発動すればフェーベ軍全滅という
状況だったが、そこは天運で回避。




結局、両軍生き残った1艦同士が1コンテナを運び
引き分けに。





撃破された艦は今回が最多。
スコア制限が無いとここまでハデにやり合うことになる。

通常のスコア戦よりちょっと考えどころがあって
更にハデに撃ち合う可能性も高いため
結構エキサイティングなシナリオです。
コンテナを運んだ艦は戦線離脱してしまうのも悩ましい。
勝利条件のコンテナ6個運ぶはよほどのことがないと
達成されないかも。
このシナリオは15クラス編成の方が良いかもしれない。



[PR]
by souka_t | 2017-10-09 16:07 | 日々よしなし事系 | Comments(0)