<   2017年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
2017 月曜更新第34回

月曜更新です。


明日朝一で家を空けてしまうので、早目の更新でっす。
自前通販の方も4日後に対応になりますー。


先週は、だいたいの作業は片付けたので
前倒ししてゲムマ冬のサークルカット作成と
新作のウェブサイト構築。
量産もほんのり進んで、ウサギの本5の着手開始。
こりゃたぶん間に合うね。

だいぶ余裕ができたので、過去作の拡張を検討中。
煙血鋼撃の追加ユニットあたりやりてえなあとおもっとります。
テーマ的にあれで終わらすには惜しいし、編成部分で
もうちょっと何を使うか考えるゲームにしたいところデース。





以前作った白バーザムにデカールを張りました。
ゾイドのデカールなんですけど、
ゴテゴテにデコったら昭和の作例っぽくなって
わりとお気に入りに。プラモたのしいねえ。

平行してセル塗り(わかめじゃない)Vガンダムも作ってるので
それもそのうちアップ予定。



■俺の三つ 「女子の髪型」

第二回。
二回目にして結構悩ましいお題なので、一週間みっちり考えてしまった。
女子の髪型ってのは見た目の3~4割を占めるので
男子にとっちゃ結構重要な要素で、キャラクター造形なんかも髪型で
ある程度性格付けできちゃうぐらい大きい要素なんだよな。
シャレっ気のあるガールからすれば、髪型なんてウイッグで自由自在
なんだけど、男子ってのはそこんとこ単純。髪型が極端に変わると
それはもう別キャラ扱いだ。

今回の3つ上げる前に小話をすると、
俺らヲタには"どんな髪型だろうがカチューシャを付けると4割り増し
可愛く見える" まぢこれ!!
ちょっと昔のアニメや漫画って、だいたいメインヒロインは
カチューシャかヘアバンドしてるんだよ。
古くはマジンガーZのさやか、ダイモスのエリカ、ひみつのアッコちゃん、
やや新しいところでサイバーフォーミュラのあすか、ファティマエスト
最近どころでカノンのあゆ、ハルヒ。
こういった具合に、メインの女子キャラで話の上で優遇されていて
良く見え、だいたいカチューシャかヘアバンドをしてるもので、
そういった原則が長年にわたり染み付いたヲタ男子の脳は、
カチューシャを付けた女子は4割可愛く見えるようになってる。
今はだいぶ多様化が進んだので、さほどカチューシャの地位は
高くないとは思うが、我々にしてみればカチャーシャこそが
ヒロインたる記号であった。
じゃあカチューシャが似合う髪形が最強なのではないか?
いいえそんなことはありません!!
ここまでの小話は一切無駄です!!! では発表ー


まずは予選落ち組、
パーマやソバージュ・ジャギー系はババくさいので選考足切りでーす。
ポンパドールやロールなどゴージャス系も失格でーす、
男子からすればそんな手が込んだ髪型は見るだけで「うわこいつめんどくさそう」
と思っちゃいマース。自己満足の世界デース。
前髪パッツンは以前強髪型でしたが、昨今は「こいつは病んでそうだ」
という印象のが強そうなので問題外デース。メンヘラお断りでーす。
ツインテは飽和してるのでお帰りくださーい。
みつあみ選手は「赤毛のアン」のせいでキチガイの髪型という印象なので論外でーす。

ではベスト3


第3位 おさげ・ストレート2つ結び


結び系髪型というのは、様々なバリエーションがある。
ツインテ・サイドテ・ロリむすび・ポニテといった頭部上段に位置する
結びというのは活発性を表すことが多いが、
下段に結ぶおさげ系は、なんとも言えぬ清楚感に溢れている。
大人過ぎず、子供過ぎず。そして眼鏡も非常に似合う。
惜しむらくはヒロインポジションに少ないことぐらいか。
俺は大好き。



第2位 おだんご(上)


おだんごは月野うさぎやどれみのようなサイドだんごが
主流と言えるが、現実の髪型ではこの頂上だんごだろう。
学生時分、クラスにこの頂上だんごの女子がいたんすよ、
四家さんって言う名前なんすけど、
当時は面白いけどへんなやつだなーと思ってて、
今考えると結構かわいい。四家さんかわいい、
四家さんメールまってます!!!
頂上だんごの魅力は、行き過ぎてなさそうなサブカル感と
一定量の清楚感、ショートほど女を切り捨ててなくロングほど
メスくさくないといった奇妙なバランスでしようか。
僕は頂上だんごは道教的だと思います。 四家さんかわいい。



第1位 内巻きセミロング



ただのセミロンでなくちょっとシャレっ気のあるセミロン。
なんとなく昨今モブに多そうな雰囲気。
俺は常々、女子高校生の内巻きセミロングの
内巻き部分に住んで余生を過ごしたいと思ってるので、
これこそが人生の最後に至る究極の女子の髪型。
この内巻きの中にミープルとかダイスとか小箱ゲームとか
仕込んでる女子が主人公のボードゲーム漫画が見たいですネ。
内巻きセミロング最強っすわー。




次回は 「パン」





明日からフリートコマンダー会戦週間です。
たくさん戦って帰ってきます!!





[PR]
by souka_t | 2017-08-20 09:45 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
グラム氏による第28回埼玉ゲーム会一言感想

グラム氏による第28回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想です。





■ウサギのロストレガシー:聖杯探索
拙作の最終テスト。マニュアルが理解できるか、チェックしてもらいました。







■マルポ航路
ワンドローさん、東京ボードゲームコレクションの新作。航路カードを配置し、自分側の大陸から遠い島に繋げるほど高得点。航路の俯瞰図ができ良いです。






■みかんdeキャッと!
堀場工房さんの2017春作品、東京ボードゲームコレクションで入手。みかんを積み上げるアクションゲーム。手作りコンポーネントのゆるさの反面、積み上げる難度は高め。







■サクラハント
JUGAME STUDIOさん、東京ボードゲームコレクションの新作。桜の名所4箇所で、満開を狙って花見。「チップを置いた場所にカードを置けない」記述がないですがそういうルールで遊びました。








■LastSevenDays
ManifestDestinyさん、2015秋のループアドベンチャーソリティア。以前から気になっていたという事で、ルールを解説しながら試しプレイ。続編NextSevenDaysも紹介しました。







■SAINO-MEN
TRYGOODさんの2015秋作品。4人のヒーローがサイ1つで侵略者から街を守る。侵略者は全滅させたものの、余波で街に少し被害。







■Alicematic探偵世界
ManifestDestinyさん、2013春のソリティア。驚異の引き運でスピード解決、今回の犯人は歌姫アリス。







■ロストレガシー:最終決戦
ワンドローさん2014秋のロストレガシーレジェンドから、2人対戦のカードセット。旧作のレガシー総登場で豪華。壮絶な打ち合いの末、本人不在にも関わらずカナイさんの勝ち(探索失敗すると「両者敗北でカナイセイジの勝ち」とマニュアルに書いてある)。




■ロストレガシー:星を渡る船
最後のロストレガシーからの流れで、一番最初のロストレガシー。2013春。「襲撃」を「待ち伏せ」され、見本のような敗北。





■ロストレガシー:空中庭園
最初のロストレガシー、もう1セットの方。「呪い」の的中勝ち。






■ロストレガシー:けものばけもの
ロストレガシーライセンス祭2017で配布された、中村誠さんの協力ロストレガシー。サーバル、ライオン、トキの活躍でばけものを3体とも封じ込めてクリア。





■ロストレガシー:不思議な箱
ゲームマーケット2014秋で配布されたロストレガシー。ダンジョン奥の箱を取ってくるソリティア。早々に地雷の罠で探索失敗。





プレイ評/グラム



[PR]
by souka_t | 2017-08-20 05:39 | ボードゲーム | Comments(0)
東大卒プロゲーマー

偶然にも、図書館に通って
ときどの本をちょっとづつ読んでる間に
EVOで優勝してた。 
なので旬の本の感想ってうちじゃ初なんじゃないかな。


この本のタイトルからして、一番気になるのは
なぜ東大出てプロゲーマーになったんだ?って部分だけど、
その辺り本書では事細かに書かれてて、
読んで納得といった感じ。

一重に情熱の成せる業で、
情熱を失ってしまうところで大きく挫折してしまう様が
なかなか生々しく書かれてて良かった。

一度生を受けたからには、
やりたいことやって一花咲かせるっていうのはホントに
良い生き方だと思うし、そうありたいと常々思う。
逆にやりたいこともできなくて、やりたいこともなく
ただ生きてるって人もそれはそれで凄いんだよな、
全く羨ましくないけど。

俺も情熱を燃やせることには
許す限りの時間を費やし、無限に手を動かすから
本書に書かれてることはホントよくわかる。

たまに、やりたいことをやってる人で
手を動かすのに集中できなかったり、
休み休みやって全く時間を費やせない人がいるけど、
それって、自身が思い込んでるだけで本当に情熱が燃やせる
ことをやってるんじゃあないと思うんだよな。
ときどの本に書かれてる情熱とは全く異なる。
やりつづけることができるものってのは
自然に努力できるものなんだよな。

やってて疑問に思ったり気が向かない手に付かないは
ニセモノの情熱だよ。



あと、やっぱりウメハラすげーと思いました。
なかな良書です。





[PR]
by souka_t | 2017-08-18 08:15 | 文学 | Comments(0)
8/11 大船ボードゲーム夜会


半年に1度のエクスタシー!!!
やってきました大船最大のボードゲームイベント!!!
大船ボードゲーム夜会  ででーん!!


今回はコミケ初日と盆に被るということで
当初参加者が集まらないのでは!? という懸念がありましたが、
5人もの参加者が集まってくれましたー!!! 感謝雨アラレ。


いつもどおり2時間早く現地入りし、
ブックオフ大船店を視察してきました。
いやはや、どでかいですねあそこは。
ハードオフかホビーオフかってぐらい、玩具が充実してて驚きました。
ここ数年の戦隊やライダーのアイテムが多くキッズ客が
明らかに通常のブックオフより多いのが特徴的でした。
反面、ゲームソフトの揃えはまちまちだったかな、
ヤフオク出品中の張り紙が多かった。
大船に来たら、また寄ってみたいでぇす。


30分前に現地到着。
集会室でボドゲを並べて準備していると、
隣の集会室利用者でメンツ待ちしてるご老人が
室内に入ってきたーーーっ!!!

「これはなにすんの?」

というドストレートな質問に

「これボードゲームなんですよー マージャンみたいな、
大人でも楽しめる海外のゲームなんっすよー」

あれ・・・ この展開、以前にも・・・う・・・眩暈が。

よく見ると前回(半年前)に全く同じ質問をしてきたご老人じゃんかー!!!

「あんた、はじめてだね? いつも見ないし」

忘れてるーー!!! ご老人、半年前にボードゲームについて熱弁した
俺のこと、さっぱり真っ白に忘れてるーーーっ!!!!


再び海外ゲームのことや、最近流行りだしてることや、
テレビゲームとの違いなどなど散々語ったところで、
ご老人は感銘を受けて隣の集まりに帰っていった。

その後、プランE氏到着。
何からはじめか話していると・・・

「こんにちわー はじめましてー 遊びに来ました、
ボードゲームはじめてやります~」

今回の紅一点・ゆうもんさんが来た。
なんでも初めてボドゲをやるらしく、
この大船会が初のボドゲ会参加。






■キャプテンリノ

はじめてのボドゲと言ったらHABAでしょう。
そんなワケで定番のキャプテンリノ。
プランE氏もなにげに初リノだったらしく3人で大いに盛り上がる。

キャキャムフフと遊んでいると、
あ~るさんと、これまた初参加の木葉さん到着。
そのまま2回目のリノ。

バランスゲームは目に見えて楽しさが分かりやすく、
盛り上がりやすい。 ボドゲの入り口としてはかなり優秀な一品だ!!




■ザ・ゲーム

ショーナンが盛り上げたのなら、この俺もっと言わんばかりに
プランE氏が協力ゲームの傑作ザ・ゲームを取り出す。

2~99の手札カードを1と100の初期カードに昇順降順にひたすら並べていくゲームだ。
全員が一致協力して手札を出し切らなくてはならない。

「へえ~ こういうのもあるんですね~」

協力ゲーム初体験にゆうもんさんがひとしきり感銘を受けていた。




ルールはシンプルながら、出し切るとなると難しい。
今回はゲームオーバー。
かなり念密に話し合って出さないとクリアは難しそう。
結構良いゲームだった。
これまた初心者でも遊べる傑作だ。






■ブクブク

3ゲーム目はあ~るさんの持ち込みブクブク。
ルールはそこまで複雑ではないのだが、
ここ半年で3回遊んでるのに毎回ルールどんなだっけ? となる。

ゲーム自体は2枚オープンされた推移カードの押し付け合い。
手札を1枚づつ一斉に出し、数字が1番多い人が先に1枚取り、
2番手が次に取る。 ようするに2位になってはいけないゲームだ。





ターンごとに一番大きい推移カード所持者のライフが1つづつ減る。
このデスゲーム感はなかなかで、各人の思う勝負どころが相場値となる。
思惑が重なれば、僅差で2位を掴まされ、思惑の外に争点を置くと
ラクラク抜ける。 そういったプレイ感はハゲタカの餌食に似てる。

ラウンドポイント制で勝敗を決するため、人数分のラウンドをこなさなくてはならない。
今回は、12枚を出すx5ラウンド もやったのでちょっと冗長に感じた。





■お邪魔者

続いて正体隠匿ゲーム・お邪魔者。
5人プレイなのでお邪魔者は2人。

今絶賛世界大会国内予選中なので、旬に乗ってプレイしてみた。
通常の3ラウンドプレイで3回とも金鉱堀りチームの勝ち。

お邪魔者側も結構妨害して暴れてたけど、
今一歩。 ひさしぶりにやると結構お邪魔者側は難しく感じた。
ひとしきり金塊分配の勝利点システムに難癖をつけるあ~るさんが印象深い。
こまけぇこと気にするとモテないぜっ!!







■TIEFE TASCHEN

ここから4人になり、交渉ゲーム。
タイトルがなんて読むのかよくわからない。
だが今日一のゲームは間違いなくコレ。

プランE氏が海外から密輸してきたゲームで、国内では発売してない。

内容は、手番プレーヤが大統領となり、
プレイ人数分のマネーカードを引き、それの分配案を提示する。
他のプレーヤはそのマネー分配に賛成か反対かを話し合って決める。
その際に賄賂を提示したりできる。




これはすこぶる面白い!!
日本語版とか和訳付きで発売されたら欲しいかも。

交渉で反対しろとか賛成しろとか言い合うだけじゃなくて、
実際にその行動をしたら賄賂を受け取れるようになってるのが凄い。
イントリーゲから1歩進み出た感じすらした。
交渉がやや長引くのがネックだが、その交渉が楽しいんだから仕方がない。
ここ最近遊んだゲームの中では頭一つ抜けたおもしろさだった。 傑作

賄賂で票をコントロールするため悩ましく立ち回る木葉大統領が印象深かった!




■そっとおやすみ

お肉先生からお借りしたゲーム。
同じ帽子のカード4枚を集めて上がり。
誰かが上がったら他の人も早い者勝ちで上がれる。
最後に残った人が負け。
それだけ。
マニュアルで読むと、「んん?」という感じだが、
これがまた、プレイする様がコントのようで楽しい。
初プレイで見事に上がり損ねたオイシイ役をやってしまった。

慣れてくると場全体に気を張るので、一挙一動に敏感になる。
錬度が上がれば上がるほど最後の一人がわからないぐらい同時になる。
その様はかなりユカイ。 3人からっていうのが個人的にネックだが、
3人集まったらやっときたいゲームの1つになった。 これまた傑作だ。




そんなこんなで大船会でしたー。
参加してくれた方々ありがとうございます!!

次回はフリートコマンダー会です!!




[PR]
by souka_t | 2017-08-14 18:20 | ボードゲーム | Comments(0)
2017 月曜更新第33回

月曜更新です。



暑くなったり涼しくなったり天候が忙しい昨今です。

先週は、大船ゲーム夜会をやってきました。
会の話は別項で更新するとして、
先週のトップ話題と言えば、コミケでしょう。
そう、叶姉妹!!

各メディア・各参加者絶賛のご様子だけど、
俺はなんか違うと思うんだよな。
古い人間だからそう感じるのかもしれないけど、
やっぱり芸能人には芸能人のフィールドってもんが
あると思うんだよな。
声ヲタがさ、芸能人が声優やると叩くじゃん、
叶姉妹に関してはよほど上手くやったのか
そういった叩きってものを全く見ないんだよな。
俺は別に叩くつもりはないんだが、上手くやり過ぎてる様
だけを聞くと、薄気味悪いモノを感じるんだ。出来過ぎてる。
俺は出展側目線でこの現象をネットで傍観してるワケだけど、
もしも、この叶姉妹現象のノウハウが他の芸能人に
フィードバックされて、第二第三の芸能人の名声を使った
出展者が増えるとすると、限りある出展席を圧迫するワケだよ。
従来の出展者側はそれでいいの?
俺はどうも前回今回と"上手くやり過ぎた"という印象で、
好意的には捉えられないな。


つづいて
マイブームの話。


最近オレシカやってるんスよ。 オレシカ。
「俺の屍を乗り越えて行け」

おもしれーなこれ。 
ショーナンさんはゲームを最高難易度からやらないと
死ぬ呪いにかかってるから、平均100時間かかるとかいうモード
で遊んでるんよー。 いやはやチマチマと数字を積み上げていかないと
いけなくて大変大変。 だが、それがいい。
それで先週オレシカをアナログゲームにするとしたらどうするかって
話題でハニーと盛り上がったんだけど、よくよく思い返すと
奥義伝承がまんまそれだな。 二次創作とか地べたを這いずる
虫ケラ程度にしか見てないショーナンさんだから、
太陽が活動停止してもやらんけど、奥義伝承自体は今でもウケが
良いのでテーマ変えて改良作はありうる。
さておき、オレシカは最近ドツボってぐらいハマってて、
ようやく各所1匹目のボスを倒し、選考試合で優勝できる
ぐらいまで進んだ。
2匹目以降のボスって全体術攻撃してくるんだよな。
土属性を上げれば凌げそうだけど、アイテムじゃ限界あるし、
交配を繰り返すぐらいしか手がない。
なんか良い術を覚えないかなあーあ。




新コーナー 俺の3つ


最近月曜更新が淡白じゃありませんか?
と女子高校生ファン達からお叱りを受けたので、
ついに始まりました!!! 新コーナー 「俺の3つ」です。
毎週毎週1つの分野で自分だけのベスト3と考察
を語るコーナーです。


第1回「味噌汁の具」


うちのオカンは世間で言うところのメシマズ妻ってやつで、
健在な頃はほぼほぼ冷凍食品に頼りきりで調理というものを
ほとんどしないというなかなかにして、モダンレイデイでした。
いやはや、苦労を続けると便利なものに出会った時
一気に傾倒してしまう、わかる。
便利過ぎると逆に面倒手間隙が恋しくなる。
これを私は 過ぎたるものの反動現象 と呼んでます。
さて、そんな冷凍食品愛好家のオカンでしたが、
稀に作る味噌汁にだけは変なこだわりがありました。
それが 具2品制限。
味噌汁に具を3つ以上は絶対に入れないというこだわりです。
その理由はいくつかあり、
1つ、に具を多くすると個々の具の味がそれぞれの味が引き立たない。
2つ、2品までならカッティングの手間がかからない。
4つ、ちょっとした節約になる。

3つ目は忘れました。
といった具合に、妙なこだわりの上でショーナン家では
その日の味噌汁の具というものは、おかずと同等かそれ以上に
重要な要素でした。

そんなショーナンさんの味噌汁の具ベスト3語りがはじまります!!


・第3位 大根

豆腐と僅差で大根がランクインです。
大根はおでんや雑煮の具としても好物であり、
煮込んで柔らかくなった大根の歯ざわりと
汁を吸って染みた味の上品なところが最高にマスト。
豆腐と3位を争ったのは「無限に食えるか否か」という論点で、
豆腐もその軽さから、無尽蔵に摂取可能ではあるものの、
大根より飽きが早いという結論で敗北。
扇状に切った大根さいこうだわー


・第2位 なめこ

ショタだった頃、はじめてなめこ入りの味噌汁を食った時の
衝撃が忘れられず堂々2位にランクイン。
あの どろりとした食感。一瞬、これは身体に害はないのか?
という不安がよぎりながら、飲み込んだ後にはただただ
喉元をつるりと過ぎていく安堵感。 
なにより当時スーパーマリオが大好きだったショーナン少年は
キノコとなめこは同じものと思っていたので、なんとなく
ドット二倍サイズにパワーアップできると思っていた。


第1位 ジャガイモ

毎日1種類の具しか味噌汁に入れてはダメと言われたら
迷わずジャガイモを選ぶだろう。
ジャガイモというのは剥く手間・煮込む手間と
なかなかにして味噌汁向きでない一品であるものの、
味噌汁に溶けかかったジャガイモは最高の一品であり、
これだけで米3杯はいけるほど。
ジャガイモが溶けてドロドロになった味噌汁も絶品で、
味噌汁がジャガイモに、ジャガイモが味噌汁に
相互に良き影響を与えているといえる。
ジャガイモこそが、味噌汁の具の王者と言えよう!!


番外 インスタントの納豆味噌汁

これ、最近スーパーで見なくない?
すんごーいちっちゃいつぶ納豆がはいってるやつ。
これさ、自作しようとするとなぜかこうはいかないんだよな。
インスタントの納豆味噌汁は異常に美味く、異常に味噌汁と
マッチした納豆具が入ってるんだよな。
ちょっとなんか硬めっていうの? すんごくちっちゃくて硬い。
あの独特な味はインスタント味噌汁の中では最高。
でも最近みないんだよなー。 すっげー飲みたい。
毎朝飲みたい。



そんな具合で第1回は味噌汁の具でした。
コメント欄でみなさんのお好きな味噌汁の具の報告
お待ちしています。

来週は 「女子の髪型」 の予定






[PR]
by souka_t | 2017-08-14 16:11 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
奉天1905 ロロステに委託開始



ロールアンドロールステーション秋葉原店で
奉天1905 の委託を開始しました。

ロロステ通販でも購入できます。



奉天1905は、ショーナン作品の中で
長らく改良を重ねてきたプロット式対戦ゲームの最新作です。
短時間で攻守の決断を下す、悩ましくも、エキサイティングなゲームです。
ルールは例外処理がほとんど無く簡素で遊び易さを追求した造りとなっています。
アナログゲーム初心者にもオススメの一品です。
日露戦争好きはマストです!!!







全カードラミネート使用。 カードスリーブ不要です。

プレイにはトークンをいくつかご用意いただくことになります。
ダイソーのインテリアコーナーあたりにあるグラスタイルがオススメです。




[PR]
by souka_t | 2017-08-09 17:38 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
NT2017年9月号 FSS感想


今月のFSS感想行ってみよう。

扉での解説は今回無し。
予定通り トラフィックス3 パルスエット 開始。



ミラージュに雇われたヨーン。
デコースを追うが、ノウラン戦以降表に出てきていないので遭遇できず終い。
そうこう活動しているうちに、パートナーのパルスエットの服が
ずっと変わってないことに気づく。


ちょっと痛んできたパルスエットの服が、
以前のバーシャのエピソードを髣髴させる。
今回はもうずっとそんな感じ。





そして唐突に入るランドスキッパーの解説。
移動手段であって家であって店舗にもなる、
ジョーカー星団ではポピュラーな乗り物らしい。





どうしても騎士に借りを作りたくないヨーンは、
ミラージュを頼らず、なんとか自力でファティマ服をゲットしようと試みる。


ここも以前の展開と被る。
バーシャの時はお金持ちっぽい家に忍び込んで服をゲットしたが、
今回はまっとうな方法でお買い物。
服を買ってもらえることにドキドキするパルスエットが可愛すぎる。
パルスエットとのこういう展開待ってましたっ!!!て感じ。




騎士の力を持つのに騎士とは無縁の生活を送ってきたヨーンに、
ファティマ服のことなど分かるはずも無く。
ただただ その高額っぷりにうろたえるばかり。
それを見かねてパルスエットが自ら選んでくることに・・・



このどこかヘタレてしまうヨーン君がさいっっっこうに良い。
ファティマ服の解説もあり、通常のデカタンで1000万、アシリアで1億とのこと。
もはや兵器の値段




パルスエットを待つ間、ヨーンはバーシャの教えを回想する。


きたきたきたーーーーって感じ。





バーシャが語るのは、カイエンとダイグ・ジークの決闘。
クラーケンベールが少し語ったあの決闘の真相が今明かされる。



まさか、あの決闘の詳細をここで挟んでくるとは!!
立会いにロードスドラグーンとエストとは以前語られていたけど、
リリとエナと関係ファティマまで立ち会ってた。




余りの速さにスローモーションに見えるカイエンのカルバリーブレード。
その2連撃を凌ぐ幼い二人。


決闘の後にカイエンは素性を明かし、
「おまえたちが戦うのはもっと大きなもの」
と言うが、もっと大きなものとはなんだろう? 
フィルモア帝国上層部のことだろうか?
はたまた、ショウメ争奪戦あたりを暗示しているのか?

それにしても今回バリバリエスト時の記憶の話ししてるけど
バーシャってエストの時のことどれぐらい覚えてるのか疑問。
記憶の中ではエストではなくバーシャとしてそこにいるという体なのだろーか。

それとゴティックメードのラストシーンで回想が終わる構成、
最高過ぎる。


一見弱くて遅く見える騎士には気をつけろ
というバーシャの言葉を活かせなかったことを悔いるヨーン。
ここで次回に続く。


いやはや、今回のエピソードは期待ドストレートにはじまった。
リッターピクトによると、パルスエットはデカタンとアシリアの特性を併せ持つ
物凄い服をゲットする予定なので、この後なにかしら騒動があるのかも。
シアンあたり再登場ありえる?

ヨーンも今回の回想で、とんでもなくヤバイ奴と正面から
やりあってはいけないという教訓を活かすだろうから、
この後遭遇が予定されてるフ・リエとの戦いは、
さすがに逃げるんじやないかな。今回はその振りだと思う。

ダイグを「兄様」と呼ぶところから、やっぱりジークとダイグは兄弟
なのだろーか。この辺りは次の「ブラックプリンス」で明かされそう。

次回が待ち遠しい!!





[PR]
by souka_t | 2017-08-09 14:25 | 描きつくれば漫画系 | Comments(0)
2017 月曜更新第32回


月曜更新です。


まずは告知。



今週金曜日 8/11 
大船ボードゲーム夜会 やります!
場所は生涯学習センター・第2集会室
時間帯は 18:00~22:00 
途中参加途中退室OK
飲食禁止

会費500円

まだまだ参加者募集してまっす。

イベント詳細ツイップルはこちら
現在4人
当日飛び込みでも構いませんが事前表明があると
もっていくゲームが選別できてたすかりまっす。

初心者の方も手ぶらで参加歓迎です。
人狼やTRPGから入ったけどボドゲもちょっとやってみたい
って方も是非。 
なんかよくわからないけど新しい趣味にできたらしたい
って方もじゃんじゃんいらして下さい。
妻子持ちのイケメンと独りで都内を食べ歩くストイックな男と
超絶美少女とみんなだいすきこのオレが手とり足とり腰とり
親切に教えちゃうぜ!!




告知その2

ロロステに作品登録したらいきなり15部発注がきたので、
先週急ピッチで量産し、今週というか今日発送して納品する予定です。
というワケで、
近日中 奉天1905 がロールアンドロールステーション秋葉原店で
購入できるようになります!! 買ってネ!!





先日はめちゃくちゃ近所の龍ノ口竹灯篭を見てきました。





今年は映画「君の声をとどけたい」のプロモで、
腰越商店街も竹灯篭で飾られてました。

最近は夜遅くまでやってる店が多く元々街燈も多い。
そのせいか、ライティング負けというか、
そこまでキレイじゃなかったかな。
もっと真っ暗闇でやったらキレイだったんだろうけど、
商店街も商売があるからね。
もっと腰越が廃れていればキレイだったかもなー。

映画では腰越商店街どんな感じなんだろう。







龍口寺の竹灯篭は相変わらず幻想的でキレイ。
今回は複数の竹灯篭を並べて絵になるやつとかあって、
ちょっと工夫が見られた。

竹灯篭は以前ご自由にお持ち帰りくださいだったけど、
今年は小奇麗なやつを寺の入り口で有料で売ってた。
龍口寺も商売上手くなったな。




フリートコマンダーの拡張が届きました。

これで基本・ゲートを越えて・アヴァター・サルヴェイション
まで揃えた。





ミニチュアくっそかっこいいです!!!
塗装しよう思ってたけど、エンブレムが印刷されているので、
これを塗りつぶすのがなんだか勿体無くなってきた。




次の会戦に備えて、プレイサマリーも作成しました。

基本ルールはめちやくちゃシンプルなのだけど、
特殊兵装や特殊スペースはコンポーネントを見て
効果が全く分からない部分だけ超不親切。
一種のマニュアルプロテクトなんじゃないか?と思うほどで、
ここをペラ1枚で参照できるだけでプレイアビリティは段違い。



拡張に至ってはかなり細かいルールが加わるし、
準備段階でそのたくさんの中から選択する作業があるので、
ここもサマリー必須。
だいぶ準備は整った。 あとは司令官の能力をテキストごとカード化。

8月後半はフリートコマンダー会やるしかない!!







[PR]
by souka_t | 2017-08-07 06:22 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
グラム氏によるテレキネシス七夕会で遊んだゲームの一言感想

グラム氏によるテレキネシス七夕会で遊んだゲームの一言感想です。





■SET
1991年のドイツゲーム。4つの要素について一致か異なる3枚セットを探す。シンプルに難しい。







■あぶはち
有限浪漫さんの2012年作品。マスとの色の関係で、一定のルールに従い1手番に複数の駒を動かせる三目並べ。お互い手探りで、何とか一手差で達成。








■SPACEMEN COME!
YbYGamesさんの2015年作品。スペースメンの襲来に、地球人がドリョックを積み重ねて対応する。速攻クリアしてしまいましたが、使わなかったカード効果には席替えや切腹など妙なものが。







■アメコミコレクション
狂道化さんの2014年作品。公開されるアメコミに対して競り、同シリーズを多く集めると大幅ボーナス。素直な競りゲーでした。






■あやつりキングダム
ワンドローさんの2012年作品。あやつり人形的な役職ドラフト。今回は奇襲の象で先行して凱旋門で稼ぐ方針で進みましたが、王宮を建てたプレイヤーに届かず。




プレイ評価/グラム







[PR]
by souka_t | 2017-08-07 04:41 | ボードゲーム | Comments(0)
【ボドゲ】思うにブタは2歩進む!

すごろくやさんで売ってたHABAの新作・思うにブタは2歩進む!の感想でっす。


タイトルからしてかなりキャッチーなゲームで、
ゲーム内容もかなりシンプル。
ブラフゲームのようなとにかく性格が如実に出るゲームです!




コンポーネントはこんな感じ。
競争するコースになってるボード、1~6の数字タイルと
木製コマ、そして点数になるりんごチップ。

セット内容からして非常にHABAい。





ゲームは、自分のコマを進ませてコース両端に詰まれた
りんごチップを4つ取ったら勝ち。

手番の人は1~6のタイルの1つを出して
隣の人に予想させる。
予想を外したら、予想した数だけ進める。
相手の予想が当たれば、相手がその数分進み手番も終了する。
5枚まで望む枚数予想させることができるが、
無論、多く予想させるほど的中率が上がる。
当てる方も、予想した分だけ相手を進めてしまうので、
安易に大きな数字を宣言できない。

シンプルながらこのジレンマはなかなかよくできている!



結構ハイテンポで進行するので
4~5回つづけてプレイしてみた。

当てる側が悩ましい。 自分の最終的な結論としては、
初手・二手目は1で様子見して確率を上げた3手目4手目で勝負に出る。
この方針でやると、相手は序盤に23あたりを切ってくる。
1を刻むから安易に1を出してこない。
すると、2を当てたくなってくる。
思うにブタは2を出してくる!!

やり込んでタイトルの意味がよおく分かりました。 傑作です。



青ブタコマの背中に顔がうっすら映ってる!
他コマが重なって移っちゃったのかな?と思ったけど、
この顔は青ブタの顔、すなわちコマの表面。
なので重なりようがない。 ネタなのか はたまた印刷関連でトラぶったのか
謎が謎を呼ぶ顔面背後霊。








[PR]
by souka_t | 2017-08-02 18:00 | ボードゲーム | Comments(0)