<   2016年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
5/29 川崎多摩市ゲーム会で遊んだゲーム感想

ひさびさのゲーム会参加。
ゲムマ後ということで話題の新作が多々持ち込まれてました。
その中で遊んできたものの感想をば。





■トラムバーン

ステキなアートワークで界隈がどよめいた2人用列車テーマのゲーム。
前日にルールを読み込み、サマリーまで作成して対人に挑戦。
手番中の行程がいくつかあるため、インストの上でもプレイの上でも
サマリーを作っておいたのは正解だった。




共通の場と自分の場にカードが並べられていくため
場所をかなり広く使う。
ゲーム自体はこれでもかというほど拡大再生産で、
自彼の利益を推し量りつつ小決算を繰り返す。
プレイ感は軽い。
これは非常に良い2人用。 
詳細な感想は別項でやりたいと思う。





■命の砂時計

余命わずかとなった病弱美少女の生死を駆けた、2陣営の戦い。
正体隠匿すごろく。まさしくそれ
ダイス振って並べられたカード道を進み、止まった場所を開いて
手札か開いたカードのいずれかを処理する。
これを繰り返すだけ。 非常にシンプルで分かりやすい。




これが陣営を示すカード。
治癒サイドと病魔サイドがあり、
双方の勝利条件を目指して駆け引きが行われる。



ゲーム時はこんなかんじにカードの道が形成されて
ダイスすごろくをする。




そして7ターンという時間制限。

今回2回ほどプレイして2度制限時間切れとなり病魔サイドの勝利となった。
感覚的に病魔カミングアウトで初期から結束すれば有利かなとも思ったが、
ダイスの出目や各陣営にとって有利に動くカードが前半に配置されているか後半まで
出ないかとか、いろいろと運の要素も絡むためそうとも言い切れない。
シンプルなルールで正体隠匿を楽しめるのが良い。なかなか面白かった。






■拙作の新作テストプレイ

今作ってる二人用協力ゲームをテスト回し。
既に何度もテストを繰り返しバージョン6となり、
難易度を高め過ぎて過度期となったため
一気に難易度低下調整。
実際やってみると今度は冗長的で簡単過ぎたため、
収束性と難易度を高める要素を追加。 たぶん仕様は固まった。
近日詳細公開!






■トゥエルブヒーローズ

ゲムマ春の話題作。
領土をめぐって軍隊を派遣し、メシを食わせながら戦わせるゲーム。
ミリタリテーマに転用したくなるほど魅力的なシステムで兵站を表現してる。




今回はインストのみで対戦を見学してみた。
序盤は食料がひじょーーにカツカツであるため、
やりくりが悩まし過ぎる。
戦線を維持するための運用を見ているだけで胃が痛くなってくる。
手札運任せや小手先より明らかに計画性がものを言いそうな感じがした。

面白そうだが難しそう。明らかに人を選ぶ。





■きのXたけ

きのこ陣営たけのこ陣営に分かれて
みんなでバトルラインするゲーム。
まず某駄菓子を模したパッケージが面白い。なかなかにしてキャッチーである。

何の因果か、イベントを同じくして某有名お菓子メーカーの
参戦があったことも印象深い。
アニメ「だがしかし」といい今年はお菓子ブームなのか?




今回4人でプレイ。
ルールの基本はバトルラインのように
それぞれの対峙する場でカードの色と数字で役を作る。
役が確定したところで強い役を作った陣営へ点数が入る。
そして陣営はいつでも鞍替えすることができる。

プレイ感はみんなで好き勝手に置くバトルラインだが、
陣営替えをするタイミングがキモで、
この要素が非常に面白く組み込まれてる。
面白かった。





■ブリックパーティー

設計士と建築士に分かれて、
レゴでいち早く目的の形を作り上げるペア対戦ゲーム。

ウボンゴ系と思ったか、そいつは違うぜー!
空前絶後のコミニュケーション早解きゲームだ!




設計士役は設計図を見て、
あらゆる手段を講じて建築家に組み立て方を伝える。
建築家は設計図を見ることが出来ない。
そして組み立て方には毎回ユーモラスな制限が加わる。




今回大人数でやってみたが、
良い意味でやばすぎる
これは盛り上がらないわけがない。
キャプテンリノ・ウッドマンにつづく一家に一台物件かも。
詳細な感想はもう一度ぐらいやって別項でまとめたい。




■エイジオブタタール

モンゴル騎馬民族が世界に侵略する時代をテーマとした、
リソースマネージメント。

手持ちの資源を費やして移動して取るをひたすら繰り返す。
ひたすら繰り返し他者より先に良い土地を取る!




今回ゲーム会終盤からはじめたため
途中で協議終了となったが、ゲームはすこぶる好感触。
いかに効率よく動くかの駆け引きが熱い。




ここからマックで二次会。



トゥエルブヒーローズ2回目。
今度は自分がプレイ。

前半食料を蓄えこんでドラゴンを召集し猛攻撃をくわえたものの
中盤から息切れして逆に大軍勢で押し切られてしまった。
むずかしい 実にむずかしい。
どのカードにもシナジーを感じるけど上手く扱えず、
ただただ研究不足を実感する。
基本は同等の戦力をあてがっての睨み合い
なので長期戦になりがち。上手く勝つには熟練度を用するゲームだ。

ドローがあるので引き運も必ずあるにはあるのだが、
ことのほか食料のコントロールに決断場面が多いため、
負けたときは負けるべくして負けた感がある。
プレイ感はTCGでも勝敗はアブストラクト系のガチさがある。
面白い。
自分に向いた面白さかどうかはあと数戦やってみないとなんとも言えない。




■いも焼き(仮)

あ~るさんの試作。
とんでもない火力でガンガンいもを焦がして行くゲーム。
非常にテーマのつけ方が上手い。既にネタゲーの体をなしてる。
プレイ感はなんというかループ的で、みんなで縄跳びしてる感じだった。





■関ヶ原(仮)

エヌ氏の試作。 調略と合戦の二部形式による関ヶ原ゲーム。
今のところ前々作のかる艦システムを継承した造りになってるっぽい。
前半はだいぶ固まって、後半はどうまとめるかなといった感じだった。





という具合で久々にゲーム三昧でした。
ボドゲーやっはたのしいすねー
6月もなにかしら機会作ってやりたいですねー。






[PR]
by souka_t | 2016-05-31 17:35 | ボードゲーム | Comments(0)
【湘南グルメ】シュクリア

駅周りの開発が進む藤沢。
メインストリートには数々の飲食店が立ち並び、
平日休日問わずの賑わいをみせます。
その少し外れたヨドバシの裏あたりにある商店街の一角に、
カレー通を唸らす名店があります。





湘南FMの正面、電工掲示が目立つ店がその名店
シュクリアです。




とても小さな店舗なので、足早に散策すると通り過ぎてしまうほどです。


メニューはビーフ・チキン・ポークの三種が基本で、
トッピングにより数々のバリエーションがあります。
そして最大の特徴は辛さを1~10段階で決められること。
最大1000ぐらいまで指定できます。
また、ライスの盛りも普通・中盛・大盛ができ、
その量は普通でもかなり多く、
小食な常連客があえて普通の半分をオーダーすることも散見するほどです。



ゲキカラフリークの自分は辛さ1000の中盛りに挑戦。

美味い 美味過ぎる!!
暴力的な辛さなれど濃密なルーの味わいが
ライスに乗って口内へと広がる。
辛い 美味い 辛い 美味い 辛い 美味い 辛い 美味い。
無限ループに感じる至福の時間。
素晴らしい 間違いなく藤沢随一のカレースポット。


店内は狭く、談笑したりくつろいぐという目的には
お世辞にも向いてないスポットですが、
ただ美味いカレーを食うというストイックな目的には
確実に応えるインパクトがあるカレーです。

古くからある藤沢名店の1つと言えるでしょう。






[PR]
by souka_t | 2016-05-31 08:47 | 湘南グルメ | Comments(0)
2016年 月曜更新第22回

月曜更新



先週は超久々にボドゲ会へ行ってきました。
しばらく溜め込んだ積みゲーをだいぶ消化し、
話題の新作もいくつか遊んできました。
その詳細は別項で。


新作のアートワークもほぼほぼ完成しました。
ゲムマ後だいぶ急ぎ足で作ってきたので、
全く遊べてない。
なので今週は積極的に遊んで行きたいと思います。
まずは積みゲー崩して アニメ見るかあ!


先週と言えば、
これまた久々にガスト行ったんですよガスト。
数年いかない間にだいぶ変わりましたねー。
山盛りポテトフライにバリエーションができたり
ドリンクバーが液晶パネルになってにミックス機能までついてたり、
ちょっとした浦島太郎気分でしたよ。 日々進化してるなー。



上の写真はガストで食ったパフェ。
思ったより小さかった。




それと久々にマック行きましたマック。
江ノ島店閉店とともに近所のマック全滅してしまったんで、
かなり久々のマックですよマック。


期間限定の夏みかんシェイク、やっぱりマックといったらシェイク。
これほどジャンクな飲み物はそうはないですよ。
そしてマックフライポテト!! マックで一番美味いメニューは過去もこれからもポテトだろ!!


という訳で、今週の夜はたっぷり遊ぶのダ。





[PR]
by souka_t | 2016-05-30 16:19 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
グラム氏による植民地ゲーム会と、イエサブ体験会で遊んだゲームの一言感想
グラム氏による植民地戦争+αゲーム会と、イエローサブマリンゲーム体験会で遊んだゲームの一言感想です。



■くるりん動物園
PURPURINさんの、2016春新作。究極の神経衰弱。めくる前の絵柄を覚えておく習慣がないので、そこが難しいようです。慣れると覚えられるように。






■猫Get
堀場工房さんの開発中新作。猫を集めるゲーム。根本ルールから調整中のようで、いろいろなルールでテストしました。






■トーテムのこころ
ジャンクションさんの、2016春新作。軽く簡単で好評。






■あーるさんの試作
ちょうどいい火力で芋を焼く、カウントアップの坊主めくり。運要素がかなり高いものの、ちゃんとゲームになっているという評価。





■∞怪談
おいしいたにしさんの、2016春新作。試しプレイという事で怪談を1つずつ作ってもらいました。突如惨殺された河童という不条理シーンを「次はお前だ」で一気にホラーに変えるファインプレー。






■ヴァノスギア、ヴァノスギアドラゴンスレイヤーズ
オズプランニングさんの2015春作品、1年振りに拡張1。カード1枚+トランプ1セットを1キャラとした簡単超能力バトル。今回の拡張は正当進化といった感じで、竜王以外はあまり癖の強い能力はまだ出ていないようです。





プレイ評/グラム






[PR]
by souka_t | 2016-05-30 06:29 | ボードゲーム | Comments(0)
藤沢ホビーオフ

藤沢にホビーオフがオープンしたと聞き、
開店2日目に行ってきました。

場所は藤沢駅から徒歩2~3分ぐらい、
店舗自体もかなり大きいです。




なんとボードゲームの取り扱いもありました!

メインは流石にTCGですが、
棚1つ分のスペースは確保されてます。
棚5段のうち下2段がファミリー向けや玩具系、
その上の3段はドイツゲーム満載。

数こそはまだまだ多いとは言えないぐらいですが、
新旧珍しいものがいくつか。
輸入物を売り払った人が多いのか、
翻訳マニュアルが付属していないものも結構ありました。
値札に注意書きがあるので購入の際は参考に。

藤沢近辺はコアなボドゲプレーヤーが多いので、
そのうち買取利用者も増え品も充実するかな。
とりあえず専用棚があるのは心強いです。


プラモコーナーは定番な品揃えでしたが、
組み立て済み完成品が売られていたのが印象深く、
あれって要するに、組み立て済みも買取してくれるってことですかね?
物が透明ビニールで見えるのでパーツ取りにも良いと感じました。
あとは、ゾイドの取り扱いもそこそこあって、
キングゴジュラスとウルトラザウルスがプレ値で売ってました。


リボルテック・フィグマ・ねんどろいども定番が多かったかな。
これからいろいろ流れ着いてくるのが楽しみといったところでしょうか。



藤沢界隈は、ビックカメラを軸として
ゲームのシータ、アニメグッズのアニメイト、
マニアグッズのブックサーカス(最近閉店して似たような店が開店)
その近くのブックオフがショッピングルートでした。
それでもボードゲームを購入する場所が無く、
ボドゲ会はお盛んなれど購入不毛の地であったところに
ようやく購入できる場所ができたのが大きい!
ホビーオフ巡回ルートに追加です。

TCG関係はデュエルスペースがいくつかあるほど
既に場が形成されているので、
まずはその半分ぐらい浸透してくれるとイイなと思います。

ボドゲカフェもできねーかなー





[PR]
by souka_t | 2016-05-24 09:46 | ボードゲーム | Comments(0)
【湘南グルメ】ふぁーむこーしん

活気のある商店街には必ず1つは肉屋があるもんで、
夕飯時ともなると、主婦が惣菜や材料を買い付けに
足を運び、にわかに賑わいをみせるものです。

そう、長谷にもそういった小粋な店があります。




長谷商店街のど真中に店を構える
ふぁーむこーしん です。

主にコロッケを売りにしている店ですが、
肉パンや生ソフトクリームなどユニークなメニュー満載。
テイクアウトもイートインもできる、
さながら揚げ物ファーストフード店として地元でも有名な店です。

店舗の非常にカジュアルな雰囲気もあってか、
学生が帰り道に立ち寄り、店前でコロッケをパクつく
ほのぼのとした光景がよく見受けられます。






個人的にはこのカレーパンが好き。
お値段も200円とリーズナブルで、
サックサックに揚げられた表面が最高の食感です。
めっっちゃサックサク。


鎌倉散策の際に食べ歩きの1スポットに良し、
お夕飯のおかずを買い付けるに良し、
小腹が空いたらちょっと腹に入れるおやつに良し、
意外と待ち合わせにも良し、

観光客にも地元民にも御用達の名店でございます。










[PR]
by souka_t | 2016-05-23 07:57 | 湘南グルメ | Comments(0)
2016年 月曜更新第21回

月曜更新です。


告知

次の日曜日、5月29日 に多摩市民会館で植民地会があります。
詳細はこちらをご確認下さい。

自分も今やってる作業の進展次第で参加予定です。
ゲムマ終わってからというもの、まだボドゲで遊べてないので
はやく遊びたいっす。



そんな具合で、未プレイゲームがどんどん詰まれてるので、
第二回大船会もそろそろ予定立てていこうとおもっとります。
ボドゲがしたいんじゃあ~。


そー、ボドゲといえば
藤沢ホビーオフがオープンしたので、見てきました。
これについは別項で。
別項で特集するネタが溜まりに溜まって、
ちょっとペース上げてブログを更新していきたいところです。



あとあと、先日フリマでたこやき器買ってきましたー!
今度誰か俺とたこパしましょう。 
サイズはそこそこコンパクトなのでたこ器の持ち運びも余裕でできるよ!





最近の料理ネタ

ツイッターで流れてきた、タマネギをくり抜いて肉を詰める料理が
気になったので真似してやってみた。



まずは新タマの頭を切り、中をスプーンでくりぬく。




中に解体したブリの照り焼きを詰め込み、
バターとデスソースを注ぐ。




タマネギにフタをし、コンソメスープの素を入れた湯で20分煮込む。
とうがらしとくり抜いたタマネギの残骸やブリの余りをスープの具に投入。
とにかくグツグツ煮込む。




完成。





中身はホクホク。 
デスソースが混ざりきってなかったので意外と浸水がなく
密閉されていた模様。

見てくれは雑炊だが、なかなか美味い。
挽肉が無かったから即席で魚にしてみたものの、
なかなかこざっぱりしてて良い。
そのうち挽肉でもやってみたい。







[PR]
by souka_t | 2016-05-23 07:16 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
【湘南グルメ】MELTING POT oishii
長谷駅から歩いて数分、
商店街の端の方にあるカフェ・メルティングポット
に行って来ました。






一見ガレージのような外装が隠れ家的雰囲気を醸し出し、
外にはメニュー看板が立ち並ぶ。英語併記もアリ。
海外からの観光客も安心だ。

メニューはスープ類とビスケット類がメイン。
テイクアウトも可。





店内は木目が美しいくつろぎ空間。
外のテラス席も夏場にはちょうどいい日陰。
ペット連れ用のお席もありました。






各種ビスケットをテイクアウト。

ビスケットは
プレーン・レーズン・アップルシナモン・ひまわりとかぼちゃのシード
の4種類。

どれもパンケーキのようにふんわりしてて美味しいです。
中でも、ひまわりとかぼちゃのシードは
ナッツ状のカツカツした食感がクセになりお気に入り。
ハムスターになった気分だ ヘケッ。


長谷に名店が多い中、
こういった特徴的なメニューに特化したカフェは面白いです。
歩き回る場所が多い鎌倉散策の、
一休みスポットとしてイチオシです。




[PR]
by souka_t | 2016-05-20 06:10 | 湘南グルメ | Comments(0)
長谷の市2016

鎌倉市の中でも特にスポットと名店が多い長谷。
その中心である長谷寺と長谷商店街が催す
長谷の市に行ってきました。




若干観光シーズンに近づいてか、
駅前はかなりの人混み。
外国人の観光客も多々見受けられます。


長谷の市は駅周辺の飲食店と仏閣を中心に行われるイベントです。
まずは一番遠いい位置で行われてるフリーマーケットへ。





ファミリーマートの駐車場を開放して行われている
市民フリマです。
今回初の試みらしく、やや小規模でこじんまりとした感じ。
その割には結構な人だかりでしたが、
ほぼほぼご近所さんたちの立ち話スペースといった感じでしょうか。
今後に期待。

ここでスタンプラリーの用紙を確保。






次に光則寺の朝市。
長谷で展開する様々な飲食店がこぞって出展。
スイーツ・パン・野菜・おそうざい、
多義にわたる長谷の名物勢ぞろい。
こちらもだいぶ賑わってました。






最後にイベントの中心地・長谷寺。




寺としても鎌倉市の中では屈指の規模。
入り口からすぐの庭園は非常に美しく、
麓からの鎌倉市の眺めは最高。




御堂周辺ではイベントスペースと出展スペース。
ここも観光客と地元民が入り交え、
大変にぎわってました。




出展スペースの中にひょっこり最後のスタンプ場。
かなり人だかりがあったので分かり難く、
辺りをうろうろしてようやく発見。

ちなみにスタンプは5つ押すポイントがあり、
3つはイベント内で無料、2つは長谷の市に加盟する
飲食店にて買い物すると押せます。
今回自分は揚げ物屋でカレーパンと
セブンイレブンでジュースを買いスタンプを押してます。
前者のカレーパンについては別項で詳しく取り扱う予定。





長谷寺の出口の引換所でスタンプと賞品の引き換え。
当たったのは Melting Pot のビスケット。

駅への帰り道沿いにあるお店かなと思いきや、
駅から間逆の海側の方にあるスポットでした。
Melting Potについても別項で詳しく取り扱う予定です。



長谷の市に初参加してみた感想は、
なかなか良い催しでした。
長谷商店街の士気の高さを感じます。
普段そこまで意識していなかった長谷の飲食店の多さも
実感しました。
今回はやや急ぎで回ってしまったので、
来年は余裕を持って回りたいと思います。





[PR]
by souka_t | 2016-05-19 08:04 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
第7回 腰越・津落語会in宝善院

地元で落語会があると聞きつけ、
参加してきました。初落語ライブです!

場所は宝善院、
境内に動物霊園があることで地元でも有名な
お寺の1つです。
落語のほかにも写経会なども催されています。





宝善院入り口。







住宅ひしめく腰越・津の街、
その一角にこのような整ったお寺があります。
写真に入りきらなかった左側の建物が会場です。




会場ではまず先払いを済ましチラシを頂きました。
東京都の王子方面のイベントを主に告知しています。




初の寄席に立ち入り、興奮してきました。
写真は本番5分前ぐらいの高座。

本番が近づくと、地元のお客が集まってきます。
会場はだいたい30人収容可能ぐらいでしょうか、
地元から20人ぐらいが参加してました。


出演は
春風亭 昇乃進
瀧川 鯉橋

まずは春風亭昇乃進師匠から
古典落語の道灌。
戦国武将・太田道灌にまつわる逸話を
ネタにした笑い話。 
落語の技術についての枕を含めて大変良かった。




次に瀧川鯉橋師匠による
古典落語・鹿政談。
人情要素溢れる内容であったため、
途中まで人情落語と思いきや、
サゲが落語然としててなかなか面白かった。
枕も大きさ比べをしにきたクジラと奈良の大仏の対決の話
というコミカルな内容で、これまた趣があり良い導入でした。


ここで一休みおいて後半開始。

後半は瀧川鯉橋師匠による古典落語・真田小僧。
ちょうど大河ドラマで真田丸が放映中なので、
時期に合わせてでしょうか。
小遣いをせびる小賢しい小僧の話で
これまたなかなか小粋な噺でした。


最後に春風亭昇乃進師匠による・・・
タイトルなんだっけ、たぶん新落語。
洒落が分からない男が洒落を習いに来て
悪戦苦闘するお噺。
これが非常に勢いがあって良かった。
だんだん落語を理解して行く男の様子が楽しい。



という訳で、初の落語でしたが
大変楽しめました。
やはりCDで聞くのとは全く違いますね。
その大きな違いについてちょうど昇乃進師匠が
枕で解説してくれたのですが、
まず大きな違いは視線ですね。
会場全体に視線を投げるので、
つい目が合うと食いるように聞き込んでしまう。
声色での登場人物分けはCDでも充分
分かりますが、これまた視線移動での人物分けは
より一層演じ分けの幅を感じられます。
実際に演者のしぐさも見てこその落語と実感しました。

また寄席いきたいな~ すげえよかった。





[PR]
by souka_t | 2016-05-18 08:11 | 落語 | Comments(0)