<   2015年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
自作マヨネーズ


今週頭に図書館でマヨネーズの本を借りてきので、
早速見よう見まねでマヨネーズを自作することにした。

マヨネーズは基本的に油と卵と塩があれば作れる。
完成後のマヨネーズの用途が多い割りにその必須材料は
日常よくありふれたものばかりだ。

そこで、今回の材料は家にあった
卵・サラダ油・味の素
更に、とうがらし・ジョロキュア系ペッパー2種・ポッカレモン。


めざすはゲキカラマヨネーズ!!








卵の白身と黄身を分離し、黄身だけを取り出して
それを器に移し、油を同量ぐらい加えて攪拌。
ひたすら掻き回す。 ひたすら ぐうるぐる。








更に油を注ぎ、味の素とポッカレモンを混ぜる。
更に攪拌。 ぐうるぐる ぐうるぐる。
じゃんじゃん掻き回す。








もうちょい油を加えて、とうがらし類を投入。
更に攪拌するものの、イマイチ粘度が出ない。
卵ぐらいのゆるゆる粘度だ。
色もイマイチマヨってない
このままではただのカラい卵じゃねーかっ









横着はイカンということで、機材を替えることに。
小さな器から 大き目のボウルに移し、
掻き回し棒(なんて名前だっけ?)も投入。

更に駄目押しでアグレッシブに油を足して
攪拌に励むと・・・

おお おお おおーっ!!
見る見る粘度が付いてきた、見る見る色が薄くなってきた。
油少な目の方が混ざりやすく濃密で粘度が出ると思ってたら、
逆逆、油ものっそ入れないと粘度が出ない。
油って不思議だなーおい





最終的にサラダドレッシングばりの粘度になり、一応の完成。


ミニトマトで試食してみました。
んー、悪くない。 材料のわりにかなりお上品な味わいになったと思う。
マヨネーズ独特の酸味が全然足りないので、酢は必要だったかも。
ポッカレモンじゃ酸味が弱過ぎた。
投じたカラ味調味料は、じわじわとくる感じ。
食べて直にカラいわけでなく、喉を伝った後にピリピリくる感じ。
もうちょいインパクト欲しかったからとうがらし2本入れても良かったかも。

結果、マヨネーズというよりフレンチドレッシングぽいのができてしまった。


いやはや、マヨネーズ作り。
なかなか面白い体験をしました。
ものっそカンタンな材料で出来て、かつ要領よくやれば
わずか15分ぐらいで準備から作り終えるところまでいくので、
変わった事をすぐさま手軽にやりたい方にオススメです。
マヨネーズはホントにカンタンに作れますっ!!











[PR]
by souka_t | 2015-09-04 01:53 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
朝日名人会ライヴシリーズ19 五街道雲助1

忠臣蔵の歌舞伎を題材とした「淀五郎」と
三遊亭圓朝原作の 長編序章「名人長二 仏壇叩き」 を収録。

どちらも良かった。


「淀五郎」は、歌舞伎の定番演目「忠臣蔵」の序章で
腹を切らされる塩治判官の大役を新人演者に突然演じさせるという話で、
その新人がタイトルの「淀五郎」
彼が右往左往してどうすれば塩治判官の切腹を上手く演じるかを
模索するのが主な内容なのですが、その際に先輩方から教わる
演者の心構えなどが興味深かった。

長編の序章「名人長二 仏壇叩き」は
作品背景から非常に面白く、落語にしてはかなりしっかりとし過ぎた話。
人情落語って分類をはじめて知りました。
この一編だけでも主人公長二の魅力を伝えるに充分だったため
続きが気になります。 そのうつ何かで続きを聞きたい。






[PR]
by souka_t | 2015-09-02 08:24 | 落語 | Comments(0)
僕たちのゲーム史

スーパーマリオのようなゲームはなぜ出なくなった?
という疑問から端を発し、過去から現在までの
主に国内のデジタルゲーム史を追う一冊。

大変面白かったです。
いままでいろいろ言われていた言説を
時代背景と著名人の発言を拾って検証していくスタイルが、
堅実というか、ガッチリした説得力があって良かったです。

ファミコン直撃世代なので、なんとなく 
ああそんなこと言われてたし自分も言ってたなー 
ということが走馬灯のように回想できる内容でした。
振り返ると、こんなもの流行るわけねーだろってものが
次の時代の主流になってきたかことが実感できます。

特に自分はデジタルシミュレーション大好き人間だったので、
元々というか今なお「できるかぎり史実の状況を再現できる」
にこだわる派で本書でも「史実派」に分類される人です。
たしかに武将の能力や機体の性能にこだわる「データ派」も
いたし、そんなんどうでもいいから気持ちよく遊ばせろという
「ゲーム派」もいて、いまやゲーム派が主流といっても良い
現状であります。
当時は、そんなに史実から逸脱したかったら歴史モノや
現代戦争モノじゃないファンタジー(非現実)を舞台とする前提でやれ
っていうのが我々の言い分で、ガチャポン戦士やファイヤーエムブレム
などは、その範疇であったために史実派でありながらもすんなり
楽しめたという過去を、本書に振り返らせられました。

自分の中の「そんなもん流行るわけねー」の最初は
本書でも任天堂側が主張してた  光学メディアのローデイングの遅さ 
でした。 自分はディスクシステム・PCエンジンロムロムと思い切りその
茨の道を歩んできたので、結局このローデイングはねーなーと思い、
処理速度の速いパソコンゲームにシフトして、32ビットゲーム機戦争は
はじめ傍観決め込んでいました。

次の「そんなもん流行るわけねー」は音ゲーでした。
自分はビートマニアの3ステージぐらいしかまともにクリアで
きなかったので、こんなピアノばりに指をせわしく動かすゲームなんざ
多くの人間ができるわけねーと思いました。

更に次は、無双ゲーム。
こんなもん史実派もデータ派も絶対に認めちゃならねえっ
とすら思ってました。ぶっちゃけ今も半分おもっとります。
でもゼルダ無双とかナインティナインナイツとかは範疇的にアリ。

で、割と最近がダウンロードコンテンツとダウンロードゲーム。
これは手元に実物が無いものを多くの人がほしがるわけねーだろ
と思ってましたが、デジタルネイティブ世代にはそんなもんカンケーねえ
って感じになってきました。

直近では課金ゲームなんですが、
そのうち課金を逆手に取ったとんでもない楽しみ方を提供する
ゲームが登場するんじゃないかなと思ってます。


いやー おもしろい本でした。
ゲームってほんと楽しいですね









[PR]
by souka_t | 2015-09-02 06:44 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)