<   2015年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
2015年 月曜更新第23回
月曜更新。


新作2作制作中。
そのうち1つがほぼほぼ完成し、もう1つは調整しながらアートワークを
こしらえてます。 来期はペンギンとウサギの新作になる予定なので
シリーズを遊んでいただいてる方々はお楽しみに!!
4人用の正体隠匿と2人用対戦ゲームになる予定です。

既に来年を見越した予定も立て始めてるんですが、
やっぱり次はヒストリカルなやつにしたいと思ってます。
テーマは何かの会戦か作戦レベルのやつになるかな。
またワーカープレイスメントに挑戦しようかなとも思ったけど、
そろそろ斬新なメカニクスを構築してみようかとも思ってます。



■暴力表現のお話

最近、親戚の子とアニメの話をしてた時、
らんま1/2が話題に上がりました。
親戚の子は

「らんま1/2の女性キャラが見せる暴力表現に私は耐えられない」

といきなり言い出し、私はちょっと驚き、
なぜと詳しく聞いてみると

「普通に殴ったり鼻血出したりは平気なの、でも倒れたり怯んだりしてる
男の人の頭を靴をはいた足で踏んづけたりするのはやりすぎだと思うの」

と意外な答え。
らんま1/2では確かにおふざけが過ぎる乱馬をあかねが足蹴りする
シーンが散見される。 けれど半分ギャグ漫画として見ているだけに
そこまでドギツイ表現に感じたことは無かった。
そこで、他の高橋留美子作品での女性の暴力表現との差異は何かも
聞いてみた。 すると・・・

「うる星やつらのラムちゃんの電撃は表現的にギャグとして捉えられるの、
だって女の子が電撃を出すなんて非現実的よ、ギャグでしかないわ。
でも、桜先生はちょっとコワイかも・・・」

「犬夜叉はだって犬だもん、おすわりしてもいいと思う、犬夜叉は
半妖だからファンタジーとして見れるの。犬夜叉自体そんなに見たことは無いけど」

こういった具合だった。
らんまは他作品と比べるとやや直接的なのはさておき、確かに言われてみると
高橋先生の作品は強い女性が男をぼこすかにしたり蹴ってピューっと飛ばしたり
する場面が多い。なにかしらの男嫌いが高じてか、はたまた
その当時の社会状況の反映か、ただ少年誌でそういう絵面がウケたのか、
少なくとも20年以上そういう作風なのだが、親戚に言われて
今更気になったってハナシ。コアなファンとかじゃそのあたりのワケは有名なんすかね。
[PR]
by souka_t | 2015-06-09 03:42 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
【PC98】キャロル クリア感想


PC98のRPGをじゃんじゃんクリアしていこう月間。
今回は超久しぶりに18禁ゲームです。

1990年リリースで、まだ16色グラフィックが
卓越していない頃のゲーム。8ビット時代の作画法がまだまだ
根付いてるというか、88やMSXに同時展開を見越して
低いスペックに合わせて作られてるといった感じでしょうか。



ゲームは横スクロールのRPG。
この当時の横スクロールといえばイースなどが有名ですが、
こちらは戦闘がエンカウントとコマンド方式です。
自分が一番最後にやった横スクロールといえば
サターン版ブルーブレイカーあたりでしょうか。
めずらしいようで意外と横スクロールRPGはあるもんです。

で、このキャロルはというと、
エロシーンをご褒美とするエロゲーなだけあって、
ゲーム部分は単調です。
レベル稼ぎ→先に進む→ステージのボスを倒す→エロシーン
この繰り返しです。 だいたい4~5ステージぐらいだったかな。
いぢわるな謎解きやいやらしい攻撃をする敵もほぼ無く、
クリアさせる気はちゃんとありそうなところが好印象といった感じでしょうか。
悪く言えばシンプル過ぎます。
ただ、前回ビザンティラをプレイしているので、
戦闘に「魔法」の要素があったり、敵が複数で襲ってきたりする点だけ
見ても、ちゃんと作ってるなと思ってしまうあたり自分もよくよく調教されている
気がしてきました。


これがラスボス・メタルサタン。
毎ステージのボスが色違いの使いまわしどころか、
毎ステージの雑魚キャラも3~4種類の色違い使い回しです。

そして、グラフィックはボスもザコも顔のドアップ。
なんだろう・・・ 前回もこのパターンだったよな・・・




エンディング。

ううむ
毎ステージ最後にボスが監禁していた女の子を助けて
エロシーン突入なんですが、会話時のグラフィックが
エロシーンの絵に一致していないのはもはやギャグなのだろうか。
画像は唯一一致したシーン。


一重にひどい出来だったが、この当時アダルトゲームってだけで
8000円とかふつーだったから、ちょっとしたロープレ要素があるだけで
良心的だった気がします。今となっては絵が現代風になっても
ダウンロードソフトで500~1000円でギリ納得ぐらいでしようか。
ぜいたくな時代になったもんです。 うんうん。
[PR]
by souka_t | 2015-06-07 15:51 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
【PC98】暁のビザンティラ クリア感想


今年はじめからちょこっとづつ進めてた
PC98用ゲーム・暁のビザンティラをクリアをクリア。
そのプレイ感想です。

常に戦闘員が1人のみという超オールドスタイルなRPGでした。
なんというか、力の入れ所が10あったとしたらこのゲームは、
テキスト6 音楽2 グラフィック1 システム1 
あまりにテキストへ振り過ぎてる。
ほっとんど重要なイベントは文面上で終了する。
せめてフィールドキャラで人形劇をしても良いんじゃないってぐらい、
なにもかもが文面上で終了する。気の利いた演出やエフェクトなど無い。
ただ、その物語は原作有りなだけにかなり面白い。
ゲームはオマケを地で行くファンアイテム仕様である。

イベントがはじまると恐ろしくテキストが長く、
ノベルから丸コピしたのではと疑惑が沸くほどで、
それを読むうちに、わりと小説としては面白いんじゃないか
と思えてくるほど。繰り返すがゲームとしてはかなりヤバイ。



ラスボス。
見よ、この会話中の顔グラフィックをそのまま戦闘グラフィックに
転用するというやる気の無さ!! 雑魚モンスターは気合入った全身絵が
描かれているが、中ボスなどの重要イベントでのハイライトシーンでは
常にこの調子。

更に、
このゲームの戦闘は常に1対1。
物語上仲間を引き連れているのだが、戦うのは主役のビザンティラのみ。
ファンタジックないでたちから、魔法が飛び交うようなものを連想したが、
全然全く悉く須らくそんなことは無く、常に物理攻撃のパワー押し。
物理で殴るを素で行く仕様である。魔法など無い。
だからレベル上げでぐんぐんステータスを上げていくものかと思いきや、
レベルが上がってもぜんぜん強くならない。5レベルぐらいあがって
ちょっと強くなったことを実感できるかどうかぐらい。
このゲームの戦闘は非常に乱数が激しく、序盤5~10の振れ幅や
後半15~30の振れ幅のダメージはあたりまえ。安定しない。
なので多少ステータスが上がろうが成長を実感することは無い。

その分、武器や防具は絶対的で、
新しい町で新しい武具を買い揃えるために
いかに町周辺でお金稼ぎするかがこのゲームの攻略そのものとなってる。
この異常なまでの物理主義はある種のこだわりにも感じ、
複雑怪奇となった現代の電源ロールプレイングにはない
潔さやシンプルさを感じる。 悪く言えばザックリ荒々しい造り。


エンディング。
なにげに最後は凄いどんでん返しというか衝撃な結末が待ってる。
「うん、話だけは面白かった。 原作超気になるね」が総括である。

ちなみに本編で複雑な設定が語られるハイライトシーンでは
こういった半画面のビジュアルが表示される。
そのあたりは非常に美しく、物語に華を添えているのだが、
それでゲームが面白くなるかといえばちっともまったくぜんぜんである。



クリアすると音楽鑑賞モードが出現。
凝るところはそこじゃねえだろおっ

でも音楽もわりといいんだよなあ・・・


最後に、このゲームの最大の見所である「設定」についても追記。
このゲームの世界では、人間は元々女だけの種族で、
交配を繰り返しているうちに突然変異の病気として男が生まれる
といった種の起源設定がある。
このあたり非常によくできていてファンタジックで良い。
そしてところどころキャッチーな用語があって、
根源である純潔の女が「あまつおとめ」、
のちに獣と合成することで力を得る人間種族を「メブ」
などと本編で呼称される。なんとなく使ってみたくなる響きなのがやばい。
わりとセンスがあると思う。 きっと原作はかなり面白い。


というわけで久々の98レビューでした。
今年は後3本ぐらいやりたい
[PR]
by souka_t | 2015-06-05 08:12 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
グラム氏による第7回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの感想
グラム氏による第7回埼玉ゲーム会で
遊んだゲームの感想を掲載。



■猫と缶詰とお皿
3~5人用の、正式ルールにてプレイ。バッティング+アクション。フェルトの土台にボタン電池で適度に積みづらく、短時間で終わり軽く遊べます。




■dishes
Spieldisorderさんのポストカードゲーム。コイントスをはがきで受け取るアクションゲーム。内容は説明から想像される通りで、練習すれば上手くできそうです。





■ヴィラネックス~合併競議会~
こげこげ堂本舗さんの1ラウンドスピード決着ゲーム。基本セットで1戦。速く決着がついて軽く遊べます。慣れるまでは得点計算がちょっと難しいようです。





■量子カノジョ
JCクリエイツさんの春の新作。不確定なカノジョを確定させるゲーム。プレイヤーは見えている相手のカノジョの妨害に走るので、属性に関係ない幼馴染が強いのかも。





■よこにならぶ日
GODICE GAMESさんの、今年大阪の新作。早抜けの並べ替えで、高得点を見込めるので、待機列が3枚になる前の獲得が頻繁に起こりました。




■ウサギの試作(仮)
ショーナンロケッティアズの開発中2人用ゲームを、時間の都合もあり半分まで。遊べる形にはなっていました。





■東京フレンドパークⅡ フレンドパークへあそびにいこう!
エポック社のテレビゲーム。本日のアトラクションはウォールクラッシュ、ニューブロードウェイジョー、フラッシュザウルス、ボディ&ブレイン、ハイパーホッケー。ダーツ3回で旅行を獲得。





■悪魔城の馬車
2陣営に分かれる正体隠匿。5人で。覗き見、交換、決闘(という名の陣営覗き見)を繰り返して、勝利条件カードと味方を言い当てます。小競り合いで全員が全員の陣営を把握した末に決着。




■ペンギンのスパイゲーム(仮)
正体隠匿繋がりで、ショーナンロケッティアズ開発中の4人専用。悩ましいけど面白いと好評でした。





■クー
持っていない役職の能力も使っていいブラフゲーム。運よく狙われなかったので、一度も嘘をつかずに配られた船長2人で勝てました。






■知ったか映画研究家
映画でっちあげ評論ゲーム。2回プレイ。
「アルゴ探検隊のメリークリスマス」。アメリカの若者たちが車で旅をして、神の軍勢と対決して黄金の羊の毛を手にする冒険アクション。変装したサンタが紛れ込んでいたとは。モチーフとしてタイトルになっているものの、アルゴ探検隊も船すらも出ない。
「カリブのすべて」海賊だけじゃない、マフィアが牛耳るカリブの闇に鋭く切り込む記者のドキュメンタリー。現地で知り合ったケビンが大活躍。ラストはまさかの夢オチ。





■シークレットムーン
カナイ製作所さんの正体隠匿ゲーム。ラブレターの物語上の続編。4回繰り返し遊び、喋らない公式ルールでもプレイできました。





■シャドウハンターズ
国産、名作正体隠匿ゲーム。ハンター勢、チャールズ、ダニエルの同時勝利。埼玉ゲーム会ではおそらく初めてのアンノウン登場でしたが、うまく立ち回れなかったような。




■ワンナイト人狼
アプリで6,7回続けて遊びました。印象的だったのは、占い師不在で人狼2匹が結託して占い師を名乗ったところ、狙った相手が革なめし職人(処刑されたら勝ち)、という一戦。





■Pittile
三賢者屋さんの、2014秋の作品。目的カードをドラフトして、それぞれの形を目指す、易しめのタイル配置ゲーム。5つ入っている、木製タイルスタンドも魅力です。




■BLIGHTEN THE LIFE
生き物を最高に輝かせるゲーム。自分の担当生物を進化、増殖、捕食させるバトルロイヤル。重めですが独特の楽しさがあります。このゲームプレイ中に例の地震が発生。





■ぞゆかな?
テレキネシスゲームズさんの作品。ぞゆに触られると満足して帰る、ぞゆを見つけ出すと満足して幸せ、というほんわかした正体隠匿ゲーム。4文字縛りで、投票に入るのが難しかったです。





■ひつじがいっぴき
株式会社グランディングのシンプルなカードゲーム。1ラウンドだけプレイして、あとは並べ替えて物語を推測して遊びました。



プレイ評/グラム
[PR]
by souka_t | 2015-06-03 07:20 | ボードゲーム | Comments(0)
5/31 川崎多摩市ゲーム会
川崎多摩市ゲーム会とその後に寄った
りっちゃん宅二次会で遊んだゲームの感想をまとめて掲載。



■すきもの

2年ぐらい前に話題になった同人ゲーム。
当時は価格に驚いたけど、今となってはそこそこ見る価格帯になった。
ここ数年で同人ボドゲってだいぶ変わったよねー。


はじめてすきものやってみたけど、めっさアクション的だった。
8個の山札をそれぞれ取って、よーいドンで中身を吟味して
買い物をして早いもの順に手番マーカーを得るんだけど、
これが激しい。なんとも激しい。
即断即決して早めの手番を得ないと売値が高いうちに売却できない。
先に売値が高いうちに売られて、その後は価値下降していくしくみ。
のんびりなんてやってらんないっ バーゲンセールとか築地の朝市競りの
ような忙しさ。 今回4人ぐらいで盛り上がりました。




■ウサギのゲームテスト(仮)
自分の新たな2人用試作。
初の対人テストだったが、想定通り以上に回る。
ことによっては引き運で一方的な展開になると想定していたが、
押し引きがあり濃厚な30分になっていたように見えた。




■あてっこついたて

質問にイエス・ノー・わからん で返答してもらい、隣の人が設定した
ワードを当てるゲーム。
いわゆる「20の扉」形式で進行するコミニュケーションゲームだが、
ついたてを利用して隣の人の考えたワードをインディアンポーカー
のように表示して他者には答えが分かる体で進行するところが新しい。

余談ではあるが、「20の扉」はNHKラジオ放送でやってたクイズ番組が
語源といわれている。



やってみた感じでは、プレイヤーのサジ加減が大事というか、
奇抜すぎるワードだと全くわからない雲をつかむような状態に陥りやすい。
設問はホントよおく協議するか、没個性に徹したほうが良い感じかな。
プレイ自体はかなり楽しかったです。



■3秒ルール

以前、。正月の会で超盛り上がった3秒ルールが
リニューアルしたというので、見せてもらいました。


リニューアル版最大の特徴はココ。
以前は玉がそのまま落ちて3秒終了を示したが、
新版では最後に強力な磁石が玉をキャッチします。
これで終了が分かりやすく、玉の回収も容易でプレイテンポアップ!
ひとじゃらし脅威の技術力!!



■あ~るさんの試作お絵かきゲーム(仮)

カードでお題を決めて、それをお絵描きして
1人が絵を見て当てるゲーム。
ポイント周りなどはまだ未完成でゆるくお絵かきを楽しみました。
ホワイトボードが自作なのが凄い!!
ミニサイズのお題用のホワイトボード、これ制作者みんなほしいやつや。




■パレットどうぶつえん

ゲームマーケット2015春の話題作。
動物園をテーマにしたマイボードに資源やタイルを集めていくタイプの
ワーカープレイスメント。 ボードやコイン・タイルは厚みが良い
安心の萬印堂クオリティ。


ゲーム自体はどうぶつタイルの効果からお金と資源をかき集めて
それを勝利点化していく系。資源を取る際に相手から取れる能力もあるため、
良い具合に接触もあり、完全に筋道立てて計画が通るようにはなってない、
狙ってる資源が分かり安すぎるため取り合いがかなりガチ。
タイル効果間の 集める→変換→点化 のコンボで おおっ となるような
組み合わせがいくつか披露されてました。 決まるとグンと点数伸びて、
行き当たりばったりでタイルと資源集めてるとぜんぜん伸びないあたり
難しく悩ましいゲーマーズゲームという感じでした。
今回4人でプレイした感じだと、欲しいタイルが手番回るまでに
お買い上げされてることが多々あったり、もっと効率の良いタイル運用法
があったのではというプレイ上の反省点満載だったため、
次やるとよりガチになりそう。かなり面白かったです。



■ゴーダッ・チーズ

最近持ち歩いてるので定番になりつつある一作。
円状に並ぶチーズへ選んだ起点から時計回りに3枚づつ
カードを配置していくゲーム。


ゲーム自体の分かりやすさと結果発表のワクワク感は
やはりどこへ持っていっても楽しんでもらえそうという安心感がある。

問題は結構スペースが要るところ。
横に並べてもいいんだけど、やっぱりこのゲーム円状に並べてやりたい。



■原始人の晩餐

バッティングで勝負して、勝ったら肉資源や勝利点になる動物カードや
消費物の果物カードを獲得していくゲーム。
バッティングのパワーカードに1ラウンド終了後にリサイクルするタイプと
ゲーム上アクションで山から引いて補充できる消費タイプがあるのが特徴。



ハゲタカもここまできたか・・・
としみじみ思うほどゴッテゴテのバッティングゲームでした。
今回は5人でプレイし、序盤激しくバッティングに巻き込まれ
獲得競争で大きく後れを取るも、中盤からだいぶ取れるようになり
食いついていけた感じでした。なかなか面白い。



■水族館のダイスゲーム(仮)

千夜さんの試作。
一気に人数分x2のダイスを振り、順番にダイスを取って、
ダイスの組み合わせごとに指定された海の生物を取っていき、
得点していくゲーム。

獲得した生物のレートや組み合わせによって点数化するので、
なにを優先的に取っていくかの判断が悩ましい。
そして最終的なボーナスにダイスロールで得点が加わるため、
どこまで点数が伸びるか分からないので最後まで楽しめる感じでした。


ここで解散。
今回は7サークル集合という、ゲムマ後のゲーム会としては
かなり密度の濃い会になってたっぽい。 すげーっ





それから比較的近くのりっちゃん宅に移動して二次会。



■かたろーぐ
界隈で去年あたりからずっと話題になってたゲームをようやくプレイ。
カタログをひろげて、それにアイコンが入ったタイルを置き、
吟味役が同じアイコンが描かれたカードを好みの順に並べるゲーム。



界隈でたくさんの自作カタログが作られてるのを見てきたが、
なるほどなるほど、確かにマニヤックな自作カタログとか
のが盛り上がる。 ゲーム自体の汎用性が極めて高い。
発明の粋だと思う。 こりゃすごい!!


ここであ~るさんの試作お絵かきゲーム博覧会













■ヴォーパルス

もはや鉄板中の鉄板のヴォーパルス。
初プレイの2~3 経験者2ぐらいでプレイした。
1ラウンドだけチュートリアルで回しただけで
だいたい要領を掴んで各人一進一退の時代を演出。
やっぱり何度やってもいいゲームですねこれは。



■集団面接

最後はひとじゃらしさんがリニューアル版を来期に出す
集団面接をプレイ。
プレイヤーが面接官と応募者を演じて得点していくゲーム。
演じるとはゲームのテーマ上そういう体で遊ぶというより、
その場で面接を演じる。面接官プレーヤの裁量にもよるが、
マジものの面接というより即興コントに近い。
何の面接か発表された瞬間に自分がどんな応募者か
キャラを造り、演じなくてはいけない、しかも全身で!!
前作3秒ルールでも容赦なく動作を要求してきた
あの無茶振りな感じがこの集団面接にもよく活かされてるというか、
もう最大級に悪ノリ絶好調な感じ。

今回は キャバクラ・ホストの面接 ウサギカフェの面接 
きぐるみアクター面接 スパイの面接 NHK体操のお兄さんお姉さんの面接
を展開。 どれもかなりオバカな絵面になってました。とんでもないゲームだ。
芸人志望・役者志望の人集めてぜひともPVを制作していただきたい。


今回もいろいろやりました。
今日一はパレットどうぶつえんか集団面接かで迷う。
どっちもまったく違うベクトルで、ガチならパレット
オバカなら過去ぶっちぎりの集団面接って感じでした。


ゲームプレイ評/ショーナン
[PR]
by souka_t | 2015-06-02 03:48 | ボードゲーム | Comments(0)
2015年 月曜更新第22回
月曜更新。

まず告知。

ゲムマ2015春で出展した
ウサギのタロットとシラストピアを
ラウンドテーブルさんに委託しました。
会場に来れなかった方々はぜひご利用ください。


昨日もゲーム会行ってきました。
3週連続ボド充で、それぞれ大変楽しい会でした。
しばらくはボドゲ分が欠乏しなくて済みそうです。
遊んだゲームの感想は夜掲載予定。


新作ゲーム制作も順調、かなりハイペースで進んでます。
四人用のペンギンのゲームはアートワークも9割方仕上がってて、
冬の出展はほぼほぼ確実。
二人用のウサギのゲーム(仮)は先週から試作をはじめたものの、
既に3度のアップデートを繰り返し、当初想定した30分手札こねくり回し
ゲームにはなった。もう一度全カードの評価を精査し、ややハデ目
の調整で行く予定。攻撃要素を手札崩しに絞ったのはかなり良い
結果になった。 テーマ決めてくかー。

夏本番になる前に攻めの姿勢で取り組みたい。
[PR]
by souka_t | 2015-06-01 08:43 | 日々よしなし事系 | Comments(0)