<   2015年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧
花見会と宅会で遊んだボドゲ
先週土曜日に決行したお花見会と
その後のお泊り宅会でプレイしたボドゲを紹介&感想。



■SUSHI GO!
花見の席でまずはコレ。ドラフトゲーム・スシゴー。
ルールは数枚一組のカード束を各人持ち、
1枚とって自分の前に置き、残った束を隣の人に渡す。
これをカードが無くなるまで繰り返すだけ、非常にシンプルなドラフトです。
寿司カードごとに多彩な得点方法があり、それらを
1枚づつ選択していくのが悩ましい。
「3枚以上ないと得点できないけど他の人も狙ってくるだろうか・・・」
「ここは1枚で小さな得点になるカードを無難に取るべきか・・・」
「いやいや序盤から最大値を確保した人だけが大量得点するカードを狙っていく!」
などなど、ドラフト時の他者との思惑の交差がヒジョーに楽しいです。
初心者でも2ゲーム目でほぼほぼ要領が掴めるシンプルさが素晴らしいっ!!
今回は3~4回繰り返して遊ばれました。出だしからかなり好評



■トルパドール
スシゴーで既にガチ気味で争っていたので、ちょっと箸休めに拙作のコレ。
3つのキャラクターカードと1つのイベントカード、そして1つのアイテムカードを
駆使して即興でお話を考えるゲームです。
本来は聞き手が複数人の話し手に同じお題を出して競わせるゲームですが、
今回は1つのお題をゆるーく雑談がてら物語る。
お題は
「職人」 「王子」 「妖精」  イベント「誘拐」  アイテム「つえ」

イベントとアイテムはどこで登場させても構いませんが、
キャラクターは順番に登場させるのが鉄則。
いきなり職人が登場することになるのですが、
それが主人公である必要はないのです。
この日、初手職人登場をモデルにして私がレクチャーした例を挙げます

・職人がクエストの依頼主である。 例えば職人がなんらかの被害者で
 なにかを職人から頼まれてお話が始まるパターン

・職人が犯人であるパターン。 職人がおぞましい道具を造り上げて
 国や街や村を恐怖に陥れるパターン。

・職人が主人公でももちろん構わない。絵柄はおっさんだが見目麗しい
 若者の職人主人公が伝説の宝具を作る話でもいいのです

このようにトルパドールは自由です。
みなさんはこのお題でどんなお話を考えますか?



■ワードバスケット
ちょっと前にジャニーズの人(?)がテレビで遊んで話題になったゲーム。
カードでしりとりをする国産ゲームです!
すんごい久々にやったけど、前より明らかに頭の回転が速くなってた。
以前は地蔵になってたからイヤでイヤでしかたなかったんですけど、
単語がぽんぽん頭に浮かぶとたのしいー。
しりとりっていう馴染み深い遊びが下地のゲームだから、
すんなり入り込めるのがいいね。国内じゃウノレベルに普及する
ポテンシャルがあると思います。
ちなみにテレビで話題になった時、自分が自作した
中2病ワーバスの記事アクセスが1日200ぐらいありました。 
いつもは1あるかないかなのに! テレビの力はまだまだ衰えきらないねー。



■ACHACO
花火職人をテーマにした、カラーおはじきを握りこむ
バッティングゲーム。
3人以上人が集まる場では最近定番になりつつあるゲームです。
やることは6色のおはじきのうち1つを握りこんで一斉に公開するだけ、
ちょーカンタン。
あらかじめ振っといた色ダイスと同じ数だけの合致した色のおはじきが
出揃えば、合致した人全員がその色ダイス数だけ得点するので、
3つぐらい同色の目が出るとザワつきます。
何人ぐらい欲を出して乗っかってくるのか・・・
はたまた自分だけ便乗から抜けて1点を確実に取りに行くか・・・
そんな賭博師めいた雰囲気が最大の魅力かもしれません。
インストもラクでおもしれーですこれ。



ここでスイーツタイム。
なにげにお当花見会ではスイーツが定番!!
毎年スイーツ係りだったあ~るさんが欠席のため、
今回はかつをさんが持参してくれました!



■オウガボウガ
記憶&発声ゲーム。
ハイテンションで部族の一員になってワードを叫ぶゲーム。
叫んだ後で次の人を指名し、前の人のワードに加えて新たなワードを
付け加えて叫ぶ。どんどんワードが増えるので記憶力が必要になってくる。
やや事故気味で中断。
これは全員アルコール入らないとキツイです。
ゲーム自体はかなりバカゲーなので楽しいです。



■みーときゃっち

同人バッティングゲームの傑作。
ハゲタカのえじきライクの数字カード比べで
得点となる肉カードを取り合うゲームです。
ものすごくスマートなゲームデザインであるため
非常に習うところが多いゲームです。
ルール自体も簡単なため、バッティングゲーム入門にも
最適であったり、バッティングゲームフリークだからこその
相場感覚とパワー配分で読み合いどころが面白い一作だったりします。
一家に1つ!!



■どうながねこぞくのたたかい

テキスト効果系2人用対戦ゲーム。
今回観戦してました。
あれやこれやでダメージを無効化したり、カウンター入れたり、
即死っぽいのがあったり、死んでたら生き返ったり、
いろいろ目まぐるしい効果が飛び交ってて面白そうでした。
ひととおり効果覚えてから本番かなっ!



■ワンナイト人狼アプリ

スマホを使ったワンナイト人狼をやってみました。
1台ふれば複数人で遊べるのが便利でいいですね。
個人的には目をつぶって机叩いて儀式的にやる方が雰囲気あって
好きですが、これならある程度場所を選ばないという利点が大きいと
感じました。 例えばファミレスや電車の中でやっても
スマホ覗きあってるだけに見えるのでそんなに煙たがれなさそー
なのが良いです。机無くてもできるのが最大の利点かなー。



ここで一度解散。

以下は宅会




■戦列ペンギン

拙作の2人用対戦ゲーム。
手前みそながら、このゲームの美しさはゲーム行程が
戦争視点の拡大となっている部分。
カードを並べてアクションプロットしてお互い叩き合うところは
戦場の兵隊単位の視点。
結果により陣容間での激戦箇所が変わるところは
指揮官どうしの戦術視点。
更に軍隊の進行の押し引きや要塞戦処理は
戦争全体の状況を表す戦略視点。

うつくしいっ なんとうつくしいことかっ!!
戦闘をテーマにした自作品の1つの到達点とも言える傑作。



■この町は2-4人のボクらにも狭すぎる

西部の荒野で繰り広げられるテリトリー争い。
ひたすらタイルを置いていくだけでやることはカルカソンヌのように
単純明快なルールですが、その1手ごとが入念にならざるを得ないほど
自彼の勢力配分を推し量るゲームです。
下位の分の勢力分が点数化するので、上手いこと1つ下の順位の
勢力を太らせてから刈り取りたいところですが、それが邪魔されたりで
なかなかままならない、さりとて1点だけを確実に取っていっても伸び悩む。
なやましい 非常に なやましい。 



■それは俺の魚だ!

魚が描かれた地面タイルの上をペンギンコマが行き交い、
どんどん足場の地面が無くなっていくゲーム。
3点魚を取るための位置取りも重要ながら、
それ以上に相手のコマを封じ込めるためのハメが重要。
牧歌的なゲームと思いきや、かなり攻撃的と言ってもいいほど。
今回序盤で失策し早々に1匹ハメ殺されたが、
序盤から高得点狙いで3点地面を確保したのでそこまで
点差が開かず終わった。
セッティングがちょこっと手がかかるものの、
ゲーム展開は分かりやすく短時間でサクサク進むので楽しいです。
以前3人で遊び、今回2人で遊びましたが
プレイ感はそんなに大差なかったかな、何人で遊んでも
安定して面白い気がします。おすすめ



■ナッシュ

シャハトがSD戦国伝カードゲームからインスパイアして
制作したと言われてる城取りダイスゲーム。嘘です。
ダイスでゾロ目を作って場のカードとパワー比べして
勝ったら獲得するゲームです。
ドイツゲームでよくある一斉にたくさん振って確保して
もいちど振りなおして確保してまた振りなおす請願的なアレです。
勝利条件の設定が上手く、ほどよく盛り上がったところで
終わるのがドイツゲームならではのサジ加減。
今回もついつい2連戦やりました。 ダイス運がからきしだったけど!



■男前マウントポジション
マッチョなヒヨコと狼がドタバタと格闘するゲーム。
ダッシュ・休憩・襲うの3アクション3すくみを使った
読み合いのゲームで、相手を捕らえてマウントを取ったところで
更に3アクションから2つを選んで読み合う。
そんなかんじに取っ組み合ってはお互いのライフを削りあう。
なんともマッシブ、なんとも脳筋、なんとも男前なゲーム!
フィールドをぐるぐる回る様はなにかコミカルながら、
マウントを取った時の緊迫感はなかなかのもの。



■ローゼンケーニッヒ
2人用ゲームの傑作。カードで指定された方向へマーカーを動かし、
動いた先に自分のコマが陣取る。前後左右にコマが繋がっていれば
最終的にボーナス点。それを互いに繰り返すゲーム。
現手持ちのカードで指定された範囲でしかコマが置けないので、
そこまで多くの考え所はなく、スムーズにゲームが動くところが良いです。
相手のコマを自分のコマに変える騎士カードもゲーム中4回だけしか
使えないという制限も面白い。毎回どの局面で使うか悩ましいところです。
あまりもったいぶると使いきれず終わってしまうこともあったり、
使うのが早すぎると後半に伸びた相手の陣地を潰せなくなったり、
非常に悩ましい。 2人用鉄板です。



■ロストレガシー ゲームマーケット2014
去年のスタンプラリーで配布されたゲーム。
手持ちのカード2枚のうち1つを使い、場にカードを置いたり
置かれたカードの内容を確認したり、カードをすり替えたりする
2015春バージョンはゆったり宝探しを楽しむ感じ。
冬バージョンは即死カードがいくつか加わりスリリングになってます。
個人的には即死多めのロスレガが好きですね。



■OKIYA
絵柄合わせパズルと4目並べが組み合わさった
感じのゲーム。これまた本来配置の自由さで長考しがちな
盤面ゲームにあえて制限を加えて考え所を狭めることで
小刻み良いゲーム進行を実現している。
1つ前のローゼンケーニッヒに通じるものがあります。
選択肢が多いゲームは良いゲームと思われがちですが、
大抵そういうのはやり込むこと前提だったり、実力差が開きやすい
要素になりうると思うんですよね。
こうやってあえて狭めて分かりやすくするというのは、
幅広い層に楽しんでもらうものを作る際には大事な発想だと思います。
良いゲームですオキヤ。



■OSU
猫・獅子・ネズミの三すくみとサルとのダイス勝負から成る
押し相撲盤上将棋。 今回2人でプレイ。
中央のワープゾーンがクセモノで、ここを利用したトリッキーな
小競り合いの後、いずれかの陣内に切り込むのがよくある流れ。
がっちり向き合って同種動物で拮抗し、そこから思い切りよく
ダイス勝負に持ち込むためにサルで博打を打つ。
やはりサルダイスの要素が良く、ここぞという見せ場でダイスロールは
盛り上がる。それで押し出したなら爽快。 良いゲームですOSU。



■タルギ
2人専用ワーカープレイスメント。
ワーカー配置が独特で、カードで形成されてるマスの外周に
ワーカーを置き合い、その効果と共に更に自ワーカーの対角線上の
物品や獲得や建物を建てる権利を得る。
取られたカードは次々と刷新していくので、非常にランダム性が
強いながらも、その都度展開される欲しいものの取り合いがほどよく楽しい。
やや重いゲームだが、2人用フリーク的にはマストバイな一品!



■PENG!
風船を抱えたネズミが互いの風船を割合ながらゴールを
目指すレースゲーム。
本来、割って割られを繰り返し、ちょっとした賽の河原の石積みを味わう
ゲームなのですが、今回は補給カードがざくざく出てしまったのですんなりゴール。
3~4でやるほうがトップ叩きが頻繁で面白いかもです。
インストクソカンタンでルールも少ないので小さいお子さんとも安心して遊べます!
さすがハバ!!



■エルタイルズ
エル字のカラータイルを並べて行き、自分の色の繋がりを
伸ばしていくゲーム。 いろんな得点方があるため、
多角面から状況を見て自陣の伸びを調整したり、相手を妨害したり
と考えどころは満載。 けれど視認性が良いので考えやすくそこまで重くない
のが良い。点数チップも良く、決算がやりやすいのも良し。
実に手が行き届いたゲームです。




■ウサギのすもう
拙作の2人用ワーカープレイスメント。
久々にプレイしましたが、我ながら決まり手が順じオープンしていく
ランダム要素は良いね。傑作ワープレのヴァスコダガマから習って
毎ターンちょっぴりランダム要素入れようと思って組み込んだシステム
で、前作の乾隆後宮のカード要素よりエレンガントに作用してると自分で思います。
またワープレ制作やるならこういった要素を組み込むかなー。



■アサンテ
2人用アクションポイントゲーム。
タイトルの出典やカード絵柄から、アフリカンなケモゲーと
信じてやまなかったのですが、実際はとことんなまでの物品コントロールを
行う商人ゲーでした。超ハンザ系の匂いがする商人ゲーライクなシステム。
カードはテキスト効果ギッシリなのでぶっちゃけ取っ付きはかなり悪いです。
けど、2プレイぐらいするとトリッキーなアクションポイントの使い方で
アクロバティックなプレイがバシバシ決まると分かり、大変良く出来た
効果ゲーである事が分かります。場や手札といろんなところから効果を
引き出すことができるのですが、不思議と見通しは悪くなく、
大変遊びやすい。セッティングもラクという点ではタルギよりも手軽で勝る。
これまた2人用フリーク的には手元に置いておきたい一品でした。
コスモスのゲームは面白いの多いなー



■ロボダイス
初代ハガキゲームにしてダイスソロゲームの傑作。
今回は何度か失敗。 1ロールをできるだけ早い段階で消化するのが
カギだよなー。



■ウッドマン
詰まれた丸太の皮だけを切り落とす
パワー調整型のダルマ落しゲーム。
というかダルマの胴体部分は落としちゃいけないゲーム。
何も考えず力加減を要する手先の器用さだけで遊べるので
重いゲームの後などにも気軽に遊べるスグレモノ。
今回も一眠りする前に10回ぐらいリトライした。
超オススメバランスゲーム!!



■あーすぱわーカードゲーム
寝起きの朝にあーすぱわーで対戦。
盤面を使うタイプの対戦型デッキゲーム。
カードには戦闘や移動に関する効果とアシストに
回った時の効果の2つが設定されている。
これらを吟味してあらかじめデッキを用意する形となる。
1戦目は規定のカード数に合わせてなんとなく
2色を選択してデッキ構築。
なんとか戦いを演じられたものの、相手の効率的なデッキに歯が立たず。
2戦目は反省を生かし吟味して2色デッキを構築。
物凄く相手の陣営まで押し込んだものの、
大将戦でまさかの大番狂わせで逆転負け。
いやはや、面白かった。最初はどの効果が有用か皆目見当がつかないが、
1戦やってみるといろいろ方向性を模索できるぐらいにはなる。
それと、はじめはガンガン召還していたが、アシスト手札を残す方で
プレイのサジ加減を計ると、味わい深い手札駆け引きになる。
よくできますわー。



最後はグラム氏に仮面ライダーグッズを進呈。
だいぶ押し入れで眠らせていた品なので、
現役フリークの手に渡るのは玩具としては大変好ましいことです。
埼玉会ではみなさんグラム氏に「変身してー」とリクエストしてあげてください。



いやー たくさんプレイしたわー、
おつかれさんでしたー。
次回は第二回・重ゲーハードコア会の予定。
ソロモンの王国とランカスター拡張入り回したいねえ。
[PR]
by souka_t | 2015-03-30 22:15 | ボードゲーム | Comments(2)
2015年 月曜更新第13回


月曜更新。

先週は目白山下花見会を決行しました。
満開というほど咲いてはいませんでしたが、
このスポットもちょっとは知れ渡るようになったのか、
老若男女の花見団体客がいくつも陣取ってました。

今回は今までにないほどボドゲが遊べた花見になり、
解散後は宅会にも流れて凄い量のゲームを消化しました。
その感想は今晩辺りの更新で。

それにしても花見で印象的だったのが、
ボドゲ中に横を通りかかった、そこそこ高齢の団体の中の人に
「カタン? カタン?」
と聞かれたことでした。
人狼・枯山水・ワーバスと世間では話題に上る昨今ですが
なかなかドイツゲーム自体も浸透しているようです。

あと、アウトドアな会合でボドゲっていう組み合わせは
いいものです。
青空の下インストを聞き、一斉にそのゲームを理解し、
よ~いドンではじめ、キャキャムフフとプレイして、
盛り上がったら、まだ空は明るいからもっとやろうぜ、と。
たいへん楽しい、それでいて開放的。

天気やら風の強さなどコンディションでできるゲームも制限されますが、
公園や野外カフェやらで小粋に軽いゲームっていうのも絵になるもんで、
室内でつつましげに遊ぶのも無論良しですが、こういった日常背景への
浸透が大事だと、私は思いますね。



ゲームマーケット2015春
ショーナン新作予約受付中。 再販分は4月20日あたりに締め切る予定です。
[PR]
by souka_t | 2015-03-30 09:16 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
花見会
毎年恒例だけど去年は天候に恵まれず見送られた「お花見会」
今週土曜に急遽決行します!!

山の公園に陣取って食い物もちよってくっちゃべるだけの会です!
集まる人数によってはボドゲったりします。


3/28 12時 湘南モノレール目白山下駅前 集合
持ち物 なにかしらの食い物(目安で4~5人分)
雨天中止で当日朝告知

だいたい毎年身内3~4人+ニューカマー1~2人来る感じっす。
今年も来れるぞ行ってやるぞって方ゆるく募集しやす。
金曜夜7時あたりが締め切りっす。
ブログ読者・キャス視聴者・らいつべ視聴者・ゲーム購入者・
ただボドゲりたい人・とりあえず近所の人などなど
ウェルカムです。 会費とかねっす。食い物もってこい でっす。
こぞって参加おまちしてるっす。
表明はここのコメント欄かツイッターかメールでどぞどぞ



現在
5人確定

募集終了
雨天の場合は告知しますー


ちょっち曇ってますが決行です。
[PR]
by souka_t | 2015-03-25 02:43 | 日々よしなし事系 | Comments(2)
第4回埼玉ゲーム会でプレイしたゲーム
グラム氏による第4回埼玉ゲーム会でプレイした
ゲームの感想を掲載です。




■キャプテン・リノ
積み上げアクションゲーム。軽く一戦。季節的に冷暖房なしで締め切って遊べて、結構高く積み上がりました。




■あやつり人形
定番の正体隠匿ゲーム。暗殺が怖くて商人を取れません。手札と所持金が多くて建築家が欲しいからこそ奇術師、という手に今回ようやく気付きました。




■ヘックメック
名作ダイスゲーム。ルールは知っていましたが初プレイ。失敗するとタイルが減っていくので収束性が高く、軽くて良いゲームでした。




■シークレットムーン
カナイ製作所の正体隠匿ゲーム。ラブレターの続編。公式では喋るのは禁止だそうですが、今回はゆるく遊びました。3連戦して、毎回劇的な展開でした。




■ディクシットオデッセイ
ディクシットシリーズの3作目。プレイヤーの感性に依存するタイプのゲームはほとんど持っていないので、新鮮で楽しいです。体育座りの絵に「ミラーナイト」と命名、分かる人は分かるはず。




■傾いてる、傾いてるよオイ!
傾く船に積荷を載せていくバランスゲーム。ネジを使用する、珍しいコンポーネントが魅力の一つ。最後の1個で惜しくも崩れてしまいました。




■MOW
数字の大小を合わせてカードを出し、出せるカードがなかったらマイナス点を引き取るゲーム。箱は開けると鳴き声を上げる、という噂は聞いていました。大量失点で圧倒的に敗北。




■キングレオ
ドラクエのカードゲーム。基本UNOです。メダパニもキングレオも使われることなく。ドラゴンライダーのカードなど、何枚か無くなってました。




■伝説のかけら
遊宝堂さんのカードゲーム。本来は6人までですが7人で。2戦。繰り返し遊んで得点を重ねるタイプなので、手札によってはすぐ終わります。「王」を出したのは初めてかも。




■名探偵の勘
メサイアワークスさんの1人用ゲームを7人プレイ。名探偵が七重人格になった結果、惜しくも迷宮入り。イージーモード(簡単な事件)なら解決できてました。




■ファウナ
動物の生息域、体重、体長、全長、体高、尾の長さ等を当てるゲーム。ヤマアラシやビーバーが意外に大きいという無駄知識を披露できました。他にジャングルキャット、エゾシマリス、ワニガメ等が出題されたような。





■シャドウハンターズ
正体隠匿ゲームの名作。最初にオババカードを左隣に使用するルールで2戦。どちらも死ねなかったダニエルが味方についたハンター側の勝利となりました。未知なるものが入っていなかったので、人数が揃ったらまたやりたいです。



ゲームプレイ評/グラム
[PR]
by souka_t | 2015-03-24 07:58 | ボードゲーム | Comments(0)
小さなろばのグリゼラ


朗読2冊目を読了。
今回は海外児童文学、デンネボルク作・小さなろばのグリゼラです。

あるおばあさんから譲り受けたロバといっしょに
少年があっちこっち冒険するお話です。

イントロダクションが牧歌的な内容だったので、
中世ぐらいが舞台のお話かと思いきや、
いきなの神父様がオートバイに乗り出して吹きました。
そのあと客船に乗ったり、空港に行ったりで
かなり近代のお話と分かるんだけど、
車が行き交う都会にロバと少年というミスマッチ
がまた良いんですよこれ。
そしてところどころで出会う登場人物も味がある。
時には少年の前に立ちふさがり、時にはロバと少年を引き離し、
時には少年の助けになってくれる、まさに冒険の醍醐味たる出会い。
なかなか王道的な要素満載な作品でした。
[PR]
by souka_t | 2015-03-24 03:24 | 文学 | Comments(0)
2015年 月曜更新第12回
月曜更新。

花粉で目がショボショボして、ノドもやられる始末です。
杉の木なんぞ燃やしてしまえばいいのです!!
もはやこの時期の決まり文句ですねッ


先週はGM新作の取置き開始
既に数人のご予約いただいております。
スコアボードのかずがたいぶ減ってきたので、
お求めの方はちょっちお急ぎ下さい。
タロットもそこそこ在庫が減ってきました。
シラストピアは多めに用意しましたので
まだまだ予約ばっちこーいです。 どんどん予約してね!
ちなみに今回はこれ以上出展物は増えませんっ!


他、ウサギの本2の作業も先ほど終わり、
残すはチェックのみとなりました。


今回もブッ飛んだ内容になってます。
妄想という妄想を詰め込みました。
シリーズを追ってきた方は是非こちらもお求め下さい!!

制作作業一段落して、今週からは予約の様子見ながら増産作業に
シフトです。 ゲームマーケットまで50日を切りましたので
ちょいちょい宣伝に力を入れて行きたいかと思います。

今週もはりきっていこー
[PR]
by souka_t | 2015-03-23 20:18 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
ゲムマ2015春 予約開始
ゲームマーケット2015春の新作の取り置きを開始しました。
詳細はこちらです。

過去作の再販は予約分のみとなりますので、
再販品をご希望の方は必ずご予約くださいっ
[PR]
by souka_t | 2015-03-19 19:42 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
シラストピア 制作4
シラストピアのアートワーク編その3
今回はアイコンや模様類の紹介。

シラストピアでのビジュアルを構築する上で、
多くの小物を作りました。
これらはフルデジタル、図形や変形を駆使した
ベクターデータで作成されています。

まずは模様類。


・しらすちゃんマーク
プレーヤーが演じるしらすちゃんに関係するカードの背景に
使用されています。 シラスの形をした単純なマークですが、
非常に汎用性が高く、カラーをいぢってゲームの随所に使用されている
どころか、ゲーム外の販促絵やウェブサイトのアイコンや背景などにも
使用されています。


・ウサギマーク
プレーヤーが演じるぴあたんのシンボルマーク。
ぴあたんがなぜ御馴染みのウサギに関係するのか?
それは製品版のマニュアルですぐさま明らかになることでしょう。
驚天動地のシラストピアエピソードをおたのしみに!
このマークも非常に汎用性が高く随所で取り扱われています。


以下はステータスシンボルの紹介。


・学力アイコン
今回のベストアイコンとも言うべき学力アイコン。
本編では勉強をして学力を磨く際にこのアイコン関連のカードで
お目見えします。ジャポニカノートとモノケシゴムが馴染みあるかつ
ひと目で学習を髣髴とさせる、我ながら見事なアイコンです。自画自賛


・オシャレアイコン
オシャレを磨く際にお目見えするアイコン。
本編ではお買い物アクションでお洋服を買い込み
オシャレ度が向上します。
アイコン自体は見る人が見ると分かるナガノ立ち。
オシャレ→ファッショナブル→ブランド品→FSS
わかるかーいそんなもーん!


・関係マーク
しらすちゃんとぴあたんが取り合う男の子、
ユウスケ君との関係にまつわるアイコン。
やっぱり小学生と言えばアイアイガサでしょー。
というわけでただのハートじゃつまらーん程度のヒネリ。


・ラインマーク
あのライン。 シラストピアの小学生達も
放課後はラインでお友達同士でやりとりをするのだ。
スマホのコミニュケーションツールは低年齢にも
爆発的に浸透しているっ!! そういった現代シーンも
ゲーム上で演出されている。



最後にロゴの紹介。


シラストピアロゴ。
はっちゃけた感じに字をいぢくった。
主人公2人をそれぞれ象徴したカラーと模様、そして形になっている。
文字内に多くのキャラクター要素が詰め込んであるのがお分かりだろうか。


さて、アートワーク編3はこれでおしまい。
次回はアートワーク編4、いよいよ目玉のイケてる存在カードを紹介。
[PR]
by souka_t | 2015-03-19 03:24 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
2015年 月曜更新第11回
月曜更新です。

先週は、リトルプリンセスの朗読をやり遂げ、
ゲムマで配布するしおりも量産。
ウサギの本2の原稿はちょっと悪ノリし過ぎて内容が密となり
予定より遅れ気味、逆に変に完成度が高まってるので
早期予約者は期待しまくっててください。


さて、今回の月曜更新は
「みんなのしらすちゃんイラスト」投稿コーナー






与作さんからツイッター&ツイキャス繋がりで頂きました!!
ありがとうございますっ><
よりまるっこくなっててかわゆくなってます!
目もまんまるぱっちりで小5の幼さが出ててイイ感じですっ




ケイちゃんから頂きました!
先週からはじまったケイちゃんの方の朗読キャスで
使われてる放送画像だそうです!


お二方ともしらすちゃんイラストありがとうございましたーっ!!
まだまだ投稿受付中です!!
ツイッタやブログコメント欄やメールでみんなもお絵描き!!
[PR]
by souka_t | 2015-03-16 19:02 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
リトルプリンセス


小公女セーラで御馴染みの原作、バーネット著・リトルプリンセス。
全編朗読しながら読了。

世界名作劇場のアニメ版はライブ・再放送合わせて
4~5回通して視聴してるほどで、この原作版にははじめて
触れました。
セーラ(セアラ)もミンチン先生もアーメンガードもベッキーも
アニメのイメージまんま。あの声で脳内再生余裕で、
読み進めるごとにアニメでの各エピソードが頭に浮かびます。
逆にセルアニメでよくよく知ってる分、
挿絵の絵は生々しくてところどころぎょっとします。
アニメーションのビジュアルがとてもソフトな造りであることを
実感しました。

本書本編において印象的なのは、ところどころで行う
セアラの「ふりごっこ」。
特別寄宿生時代はなんとも妄想深いオモシロな要素だったのに、
小間使い時代は飢えを紛らわす遊びになってるのがひじょーに
切なく健気。芯の強いセアラという人物をよく表してたように思えます。

原作を読み、アニメ版の再限度が大変高いと感じる一方、ラストは
大掛かりなアレンジになってたことに驚きました。
大雨の日のパン屋のエピソードから最後のセアラの計画に
繋がる話は大変良く、アレンジされたアニメ版のクラスメートと
別れを惜しむ内容もまた良い、あっちはあっちでラビニアらしい
小生意気なものいいがたまらない。
原作とアニメともども名作でした。
児童文学なので文体もやわらかくて読みやすいのもいいですね。
[PR]
by souka_t | 2015-03-15 07:57 | 文学 | Comments(0)