<   2014年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧
メゾンドホームズ殺人事件

一昨日にプレイしたフリーソフト・メゾンドホームズ殺人事件が
かなり良かったので紹介です。

入手先はこちら さざさんとこ@マガサシステム

ウデッタで制作されたアドベンチャーゲームです。
主人公はアパートの家主ホームズ、
アパート内で突如として起こる殺人事件を
相棒のワトソンと共に解決させます。


これがメゾンドホームズ。
この上の3階まで存在し、12の部屋のうち1つ空き部屋で
11人の個性豊かな住人が住んでいます。


事件現場。 殺害されたタナカさん。
ここから事件がはじまります。


住人のおもち。
住人の中には人ならざるものも存在し、
卓越したテキストによりそのバックボーンが語られていきます。


のんだくれの住人。
空き瓶の散乱っぷりが物語る。


ロボット。
この絵調、レトロゲーム好きにはたまらない。


ナイフマニア。
個人的にお気に入りのキャラ。
狂気に満ちてる、昔マニ●ックマ●ションで見たような
イカレ住人っぷりがたまらない。


部屋を風呂に改造してしまった住人。
もうなんでもアリ。


アドベンチャーということで、長々と調査をしたり総当りをする
ゲームと思いきや、驚くほど手間が無くサクサク進む内容になってます。
だいたい30分ぐらいでクリア可能でしょうか。アニメ一本見るぐらいの
手軽さです。 ちょっとやってみようと思って最後までできちゃうので、
忙しい方でも充分楽しめます。一見レトロですが昨今のゲームらしい
短くインパクトのある内容となってます。
特筆すべきはテキストで、とにかくグダらず小刻み良く、
所々ユーモアに溢れてる。個性の強い住人キャラ達の事情が次々と
語られ、それがしっかり事件解決へと導いていく、まさに短時間で
古き良き探偵アドベンチャーを凝縮した感じになっています。

大変面白かったです。
レトロゲーム好きやアドベンチャー好きはもちろん、
短編の読み物が好きな方や三谷幸喜作品のようなシュールな台詞回しが
好きな方にもオススメです。 おもしれえです。
[PR]
by souka_t | 2014-12-30 06:05 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
月曜更新ラスト 2014年総括 
今年最後の月曜更新です。

今年もいろいろありました。頃合なので1つづつ振り返って行きましょう。
世間様を賑わせた出来事から行ってみますか。

なにやらワイドショーネタに事欠かなかった2014年ですが、
最も大きい話題はこれでしょう。
アスミン結婚
星ひなハードコアリスナーのショーナンさんを震撼させ
その心胆を寒からしめた怒涛のニュース第一位がこれですよ。
アスミスと言えばぼくらのの一番ロリな子からはじまって
ワーキングのぽぷらちゃんやらあの夏の裸族、ガルガンティアの
空飛んでた子、アマガミの妹。
数え切れないほど近年我らのアニメライフを彩ってきた声優さんであります。
無論アニラジも数え切れないほど出てるワケですが、
個人の冠番組である星空ひなたぼっこは、私の好きな声優ラジオの中でも屈指。
その素朴極まりない語り口やこっぱずかしくなってくるポエムなどなど
パーソナリズム溢れる内容は、"声優個人のラジオはこうあるべきだよ"
を体現した素晴らしき放送です。
結婚後ドウなってしまうのかと不安まじりに聞き続けていると、
これがまた結婚後のアスミンの方が明るく声に艶がある。
非常に良い、結婚と聞いたときはハードコアリスナーの私も相当憤ったり
しましたが、結果オーライなだけに複雑な想いで聞き続けてる次第であります。


ついでに2014年ベストラジオ放送も選別しちゃいますか。
今年は激戦でした。 「宮田幸季です。」が序盤抜きん出た面白さで、
宮田さんのスペックの高さに驚愕したほどでした。
基本的にCDアルバム販促番組だったのですが、それをも面白さに
消化していた感がありました。 機会があればまた宮田さんのソロ番組が
聞きたいぐらいです。
さて、声優ソロでの放送が好きと気づかされた昨今ですが、
中でもソロっぷりをいかんなく発揮していた良放送が多めの年でもありました。
「久保ユリカの胃痛ラジオ」 「津田のだぁー」 なんだかんだで面白い「儀武ゆう子SUN」。
逆に惜しくも終わってしまった「さとみ発見伝」 「小林ゆうの(仮)」。
今年は3~4年つづいたラジオをバッサリ終わらせてくるA&G大改編期だったように
思えます。「GT-R」がまさかの終了となった時は、一つの時代が終わったといっても
過言ではありませんでしたね。私の阿久津ちゃんどうなっちゃうんだろう。
そんなこんなで、そそくさと個人的な今年の一推しを上げますと
七瀬亜深の本気!アニラブ
これでしょう。 声優としてはまだよくわかんない人なんですが、
この方、ラジオはバツグンに面白いです。ハガキの無茶振りに対する
リアクションがわたしは大好きです。
レディゴー枠が安定しすぎた為昨今はマンネリ。その反面、アニラブ枠は
なにやらツブ揃いの新人を投入しています。中でもちょっと変なノリの七瀬さん最高です。
今後とも応援して行きたい。

そのまま今年のマイベスト声優もいっときましょうか。
男性部門は明朗な声のフリーラジオとクールなボイスのフリー本編で
グッときた島崎信長君。
女性部門では、あれこれ比較して、変に闇が無く明朗活発で
やっぱりなんだかんだでいいよねと結論に至った
津田美波ちゃん
こんな具合になりました。
そういえば、今年を純粋に鑑みれば、次の声優アワードは戸松遥さんで間違いなしでしょうな。
プリキュア出演・妖怪ウォッチの主人公・ソードアートなどの深夜アニメ多数、
これほど揺ぎ無いだろうと確信させるものは近年ありませんでした。
戸松さん主演女優取らなかったらアワードは八百長確定ですわこれ。
声優ネタはそろそろこれぐらいにしておきましょう。


今年はそんなにゲームを消化しなかった年でした。
アナログ・電源問わず、かなり小食だったんじゃないかと思います。
今更モダンウォーフェア3をやってみてそのオフラインミッションの
ボリュームでだいぶ楽しんでいたのも記憶に新しい。
けれど全体で見れば、「ニンテンドーが結局おもしろいな」を実感した年
でもありました。 どう森・ニンテンランド・マリオカート8・スマブラU・ポケモンと
なにげにニンテンドーの話題作はそれなりに抑えてて、
どれも数年単位で楽しめる作品であり、それらを1年で数本も
リリースしてしまうのだから、やはり凄い。どれも甲乙付けがたく、
まだまだ評価を定めるまでに時間が掛かるので、
とりあえずサルのように現在進行形でハマってる1本をあげておきましょう。
ガチャレーシング
これがやばい。レトロゲーム好きホイホイで小粋なDLゲーム。
だって真上から見たドット絵のレースゲームなんてファミコン世代でしょう?
ファミリーサーキットとか、あんなノリ。 あれでカスタマイズ要素が楽しくて、
ガチャでアイテムを当ててドンドンチューンナップしていくのがやみつきになる。
改造が成長要素みたいで、どんどん自分のマシンが速くなったり曲がりやすくなったり
それを操作する自分の腕前が上がったりと、とにかく進歩を実感できる良いゲーム
なんですよね。 おもしろいですめちゃくちゃ。 ひととおりクリアしたら詳細なレビュー
を書く予定です。今年に間に合わんかったー。

次にアナログゲーム部門いきますか。
今年はそこそこしかやってない気がする。
バンケット・ロビンソン漂流記・ストーンエイジ・ヴァスコダガマ
あたりは抜きん出てた。トランプタウンなんかは自分も結構影響受けたほどだし、
ブラックストーリーズの手軽かつ盛り上がる内容もステキだった。
この前やったアチャコと海底探検も末永くゲーム会定番を張れるほどだったし、
重厚なところでは、ストラグルオブエンパイアと数エーカーはかなりマイヒット。
プレイ回数やテーマの好みでいくと
ヴォーパルスかな。
濃厚な4ラウンドで100年の戦いを演出する見事すぎるゲームだった。
次点でソロモンの王国。これもかなりやり込んだので、来年の一発目あたりの
単体レビューいっとくかも。

次は読書部門。
今年は少ないね~、後半は変なことにばかり時間を取られたから
本読む暇がほとんど無かったです。
というか、全集から短編をつまみ食いばかりしていたので
あんまり読書欲を満たした感じにならなかったのかも。
今年はロシア文学にちょっと手を出した年だったかな、
チェーホフの短編をいくつか読んだ感じ。
なんとなく世情や風刺が効き過ぎてるせいか、人に勧めるのも難しく、
ツールとして使うにはちょっと不便な印象。
逆に戯曲は面白かった。来年はちょくちょく戯曲を消化しようと思ったほど。
さてはて、メインの古典SFはというと、
「幼年期の終わり」は文句なしの面白さ。アーサーCクラークマヂ天才。
コレをベストに上げてもべつに構わないんだけど、あんまり完璧過ぎるものを
上げても面白くないでしょうよう。
今年読んだエンダーのゲームを上げるのか?と思いきや、
これもちょっとなあ、上巻の訓練シーンわかりづらすぎないかあれ。
下巻のメイザーラッカム登場からやっとギアが入った感じ。
そうなってくると、やっぱり上げたいのは
時間衝突
これですよ、めっちゃ面白かった。 面白いけどもちろん欠点もある、
解決の仕方が強引過ぎる、この一点だけ。
それを補って余りあるほどのトンデモっぷりが最高だった。
すさまじい創造力の前では自然物理学など無力も当然と
思わせられたほどの傑作。自分も創作物はこうありたいと思った。

アニメ部門。
最盛期と比べるとだいぶ見る数も減ってるので、
皆さんとはややブームにズレがあるかと思います。
まずはファンタジスタドールでしょうか。 表現抑えれば土曜朝の女児アニメで
通用するんじゃないかってぐらい設定が良かったです。
ガルガンティアも今年始めに見たんですが、これも良かった。
しゃべる巨大ロボはズルイですね、チェインバーがキット化したら
お値段次第でちょっと欲しいと思ったほどです。
ハイキューも話題に乗るために見ましたが、これもすこぶる面白かった。
昨今ちゃんとした青春スポーツアニメって逆に珍しいんじゃないですかね、
そーでもない? はい、あとは凪の明日から。これもOPテーマが変わった
後半からの盛り上がりは個人的にグッときた。
で、結局ベストになにを上げるかと言うとー
黒子のバスケ第二期
元々そのスポーツに愛着のかけらも無いせいか、純粋に
スキル対決モノとして楽しめるどころかドハマりしました。
新キャラの花宮・紫原がもうぜんぜんはじめはいけ好かなくって、
どうしたものかなと見てましたが、最終回の紫原はホントにグッときて
ウルっともきましたよ。氷室君もセットであの二人さいこーです。
花宮は最後までその魅力が伝わらなかったなあ、あれでも人気投票
わりと上の方と聞いて驚いた。 ともかく第三期も楽しみですね。

漫画部門は連載再開してまた休載したFSS。
書くまでも無いなー、来年再開したらまた上げるだけの作業。
漫画はFSSだけあればいいや状態。
ああ~ FSS好きのお友達がほしいよおう~。


そんな具合の2014でした。
来年も月曜更新続けますんで、どうかよろしくお願いしまする~。
[PR]
by souka_t | 2014-12-29 04:23 | そして まとめへ… | Comments(0)
博士からの贈り物

テレキネシスゲームズのタカダ博士から贈り物が届いた!!



カードゲーム(なかなかおもしろい)

内容物の記述がちょっとおもしろい!!


中身はこんな感じ。
アッセンブルシリーズ3種に青い町さんの新作、
トランスフォーマー食玩のプラモにオーズメダル!!
内容いっぱいいっぱいっ!!


オーズメダル。
絵柄からすると・・・ サソリ、かな。
通常のメダルより一回り大きくずっしり重い。



食玩のトランスフォーマープラモを早速組み立てる。



箱の浦にマニュアルがぎっしりと印刷されている。
トランスフォーマーだけあって、その半分は変形の解説。
プラモ自体はパーツ数そこそこですぐに組みあがる。



完成。
戦闘機形態の可変翼がかっくいい。



人型に変形。
なにげに余剰パーツが1つも無いところが凄い。
色分けもそれなりに成されていて、一昔前にあったトランスフォーマーと
並べても遜色ない出来。最近の食玩プラモのクオリティは凄いですっ!!

博士あざっすあざっす!!
[PR]
by souka_t | 2014-12-27 19:59 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
オリエンタルマースカレー

ゲムマの時あらかたさんからお土産でいただいた
オリエンタルマースカレーを食べました!

この昭和を感じる独特のパッケージ。
果たしてどのようなカレーなのかっ


チャツネ付??



内容物。
カレールゥのかたまりではなく、粉末状のカレーパウダー、
そして謎の調味料が付属。



どうやらこれがチャツネらしい。
果物とか豆を熟成させたものらしい。


調理方法は通常のルゥカレーと変わらない。
湯を沸騰させたら一度火を止め、
ルゥに該当するパウダーを湯に溶かす。
そして再加熱するのだが・・・
なんと、このパウダー凄いことに
再加熱する前に少し書き混ぜるだけでとろみが生じてしまうほど
濃厚なのだっ!! なにが入ってるんだっ?!
炒めた具財を混ぜて再加熱すると
みるみるうちにドロドロとカレー然とした様に!
付属のチャツネも混ぜてだいたい5分もしない間に
いい具合にほぐれ、ライスといっしょに盛り合す。



1食目 イモ・ネギ・からあげのカレー。



数日明けて残ったパウダーとチャツネで2食目、
多目に水を使ってもとろみが速攻出て、謎パウダーの凄さを再認識。
今度はナンも添えてみた。


食べてみた感想は、とにかく濃厚!
チャツネの上品な甘味が利いて濃厚かつまろやかに!
いつもどおり辛味調味料もぶっこんでいるのに
ほのかに甘いんですよ、なんかこう隠し味みたいに。
チャツネすげえって感じ。
ルーの色合いもちょっと黄身がかってて、
濃厚な匂いと相まって食欲をそそる。
いやー こんなのはじめてですわー、すんげえうまかったっでっす!!
[PR]
by souka_t | 2014-12-25 07:55 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
長谷編
江ノ島・鎌倉案内の続き。



江ノ島駅近くのすばな通りにある
江ノ電グッズ専門店「えのでんはうす」。
今回はなにかしらのコラボ期間ではなかったため、
江ノ電プラレールやら撮影台がメインでした。
だいたい夏ぐらいにアニメとコラボして原画やらパネルが
飾られたりします。



えのでんはうすのすぐそばにあるLEGO専門店。
なんでこんなところにレゴ専門店が?という地元民も混乱する
ショップ配置はさておき、写真は拙作のミカゲロボ。



こちらはしぐれ先生の傑作フランスパン号(仮)



江ノ電・江ノ島駅




江ノ島腰越間は街の真っ只中を突っ切ります。
路面電車!!



以下、鎌倉高校前周辺の写真














どれもハナヤマタで使われた背景!!
学校周辺の背景はだいたい鎌倉高校前ですっ





長谷駅で降りて、長谷寺にむかう途中にある呉服店。
着物の鮮やかな色合いが曇り空でもまぶしい。


そこから更に近く、長谷寺の前にある
洋館風のショップに入ると・・・
















なんとこれらは全てオルゴールなのです!!
そう、こここそが長谷の名物スポット、オルゴール館。

小さな置物からぬいぐるみ、漆塗りの絢爛豪華なものまで
だいたいすべてことごとくがオルゴール!!
一面がオルゴールだらけという圧巻の光景が見れるので
長谷ではイチオシスポットでっす。



長谷寺に到着。
長谷寺は有料コンテンツなので拝観料がちょっぴりかかりますが、
それに見合うだけの内容充実した寺です。
以下、長谷寺の各スポットの写真。

























美しい庭園からはじまり、山なりに沿って地蔵堂や観音堂があり、
山道からは鎌倉の街並を一望できます。
そして、紅葉も鮮やかで、今回のような雨天でも大変綺麗でした。


長谷寺おまけ1 意味深過ぎる絵馬。



長谷寺おまけ2 ヤケにご当地キャラっぽい地蔵。


長谷寺を後にし、次は鎌倉最大のインパクトを誇るスポット
山海堂です。




壁一面に物騒なものが飾られてます!!


アルーーー!!!


なだたる作家陣の色紙群。


勇者しぐれ先生が王者の剣を抜く!!


ゼルダの伝説のマスターソードまであります。


この他にも銘柄別のこだわに満ちた日本刀や
お土産に最適な手裏剣くないなども取り揃えてます。
私的には鎌倉最大のスポットです。


駅に戻る途中で紫イモコロッケ。
紫イモシリーズはこの他にもアイスクリームなどがあります。


長谷駅近くのオサレなお店。


なぜか祀られてるガチャピン。



そんなこんなで長谷編でした。
鎌倉観光のうち本編である鎌倉駅周辺以外でも
この充実した内容です。 みなさんもぜひ江ノ島&鎌倉へおこしくださいまし。
[PR]
by souka_t | 2014-12-24 03:01 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
年越しゲーム会告知
月曜更新のおまけ。

年末大晦日31日~1日に年越し会やりまっす。
宮崎台駅10時集合で夜までor夜通しボドゲやりまっす。
既に5~6人確定してるので、あと数名参加できる人を募集中す。
イベントやゲーム会で過去に会ったことある、またはブログ読者から
募集でっす。 来れる方は今週中を目安に一報くださいー。
[PR]
by souka_t | 2014-12-23 01:49 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
2014年 月曜更新 第51回
月曜です。

先週はしぐれ先生鎌倉来訪に合わせて
江ノ島・長谷を案内してきました。

その写真を掲載!


江ノ島弁天橋前。
今回はあいにくの雨天


江ノ島商店街を抜けてちょっと階段を登るとある
比較的新しい石像。



もうちょい登ったところにある手洗い場。
丁寧に図入りで使用方法が書かれたパネルがある。



更にわずかに登ると江ノ島最初の神社。
この周辺で節分に豆まきが行われたりする。


江ノ島絶好のビューポイント。
雨天ながら、江ノ島のヨットハーバーを一望できる。


江ノ島第二の神社。
建物の赤色がまぶしい。


断崖絶壁のビューポイント。
谷間から海が広がる


江ノ島第三の神社。
おみくじ関連の神社だ


その近くにある龍神を祭るほこら。


ずーーーっと江ノ島をのぼっておりるて
江ノ島の裏側の奥に行くとある洞窟。
昔はもっと穴ぐらって感じだったが、現在はだいぶ観光地化。


穴の横に下りると浅瀬の岩場。
地面はわかめやらでぬるぬるしてます。
雨天でも釣り人が何組かいました。


甘味処。 ブラックボードになにか描いてあった!
ここまで歩き詰めでかなり足と腰にキたので、
まだまだ元気なしぐれ先生に頼み込みここで小休止を取ることに。
体力の違いが浮き彫り!!



シンプルなメニュー。
おすすめの4品の中から抹茶アイスと
寒天が入ったやつをチョイス。


キター、 抹茶キター
小休止がてら記念ペンイラスト交換。






ぬこ
江ノ島のネコは人が近づいても逃げない!



商店街のおみやげ屋をよおく見ると、
妖怪ウォッチが! 人気すな~


こんな感じに江ノ島コースを周りました。
長谷編は明日!
[PR]
by souka_t | 2014-12-23 01:38 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
同人ボドゲラジオ 123回
同人ボドゲラジオ 123回

またまたエヌ氏ゲストの123回。
今回はボドゲ界で知る人ぞ知る傑作アクションゲーム
ウッドマンがお題です。 いいゲームなんですよーこれがっ


■今回扱われたゲーム


[PR]
by souka_t | 2014-12-18 20:46 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
デマエラーメン


ゲムマの差し入れでふうかさんからいただきました!
海外版出前一丁こと「デマエラーメン」のスパイシー味です!

前回いただいたデマエラーメンの別種かな。
海外のデマエシリーズってこんなに種類あるんですね~。



中身。
前回が海鮮スープでたぶん今回は
辛味特特化のスープ、だと思う。
赤い辛味調味料が辛さを底上げします!



ネギ・キャベツの辛味を殺さぬ具財を足していざ食し。

あ~ やっぱりいいですわ~
つるつるちぢれ系のドライメンと辛味スープの組み合わせは無敵。
普段スーパーの三食麺ばかり食してるので、
たまにドライメンを食すと物凄く美味く感じるんですが、
特にこのつるつるちぢれ系のドライメンは至高。
いくらでも腹に入りそう。


スープ。

赤い、非常に赤みがかかっていてそそる色。
替え玉の買い置きがなかったので、今回は白米を入れ
辛味雑炊として最後まで楽しみました。
カラうめえっす。
[PR]
by souka_t | 2014-12-17 08:55 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
JACk激辛焼きそば

七里フリマで食品業者から半額以下で3つ購入した
ジャック激辛焼きそばを食してみました。


中身。
ニッシンらしい具と一体のドライメン仕様に、
やきそばソースとゲキカラパウダーの調味料セット。


慢心知らずのニッシン式湯ギリ口。



いろいろ混ぜて、いざ食し。


美味い。
パウダーを開封した時、むせかえるほどの刺激がありましたが、
その期待に比べ、やや押さえ気味の辛さに感じます。
しかし、80円で購入したのもあり、それでこのぐらいの辛さを
堪能できるならオトク感があります。 ハバネロスナックを買うなら
こっちでしょう。 デスレインとならどっこいどっこいかな。
ゲキカラ系やきそばとしては赤ペヤングよりやや好きな辛さに
近いってところですね。 なかなかいいですこれ。
[PR]
by souka_t | 2014-12-17 08:09 | 日々よしなし事系 | Comments(0)