「ほっ」と。キャンペーン
<   2013年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧
イナズマイレブンGOストライカーズ2013 クリア感想

今年の夏頃に購入し、すこーしづつ進めていたとこ、
Wiiがぶっ壊れるというアクシデントを経て、数ヶ月休止。
最近になってWiiUを導入しようやく最後まで進めました。
Wii用ソフト・イナズマイレブンGOストライカーズ2013、
長いタイトルですね。

総プレイ時間は30時間以上。存分に楽しめました。
元々アニメこそは見ていたものの、ゲームは
DS版の初代イナイレをクリアして以来、
一切手を出してはいなかったので、久々のイナイレということになります。

DS版のように、やたらに必殺技が応酬する
激しいキャプテン翼(テクモ)かと思いきや、
意外なほどサッカーゲーム部分がしっかり造りこまれていて驚きました。
私のサッカーゲーム経験で語れば、サッカー部分は全体的に
Jリーグ・プライムゴール(SFC)ぐらいシンプルで遊び易く、
ディフェンスはスーパーフォーメーションサッカーぐらいザックリしてて
ボールが取り易い感じです。
必殺技関連は上手くDSの流れを踏襲しつつも、発動タイミングなどが
シビアになってたりと、様々な箇所がWii版ならではの造りになってます。

シングルモードのキャラバンは、シリーズのストーリー部分をダイジェスト的に
なぞって試合をこなしていくのですが、こちらは初めての人には分かり辛い内容で、
ほぼ話の背景が語られないのでストーリーモードとしては微妙な造りです。
無いよりはマシ程度。
けど、これが無いとゲーム目標が立たないので、結局中心になります。
一通りクリアすると使えるチームがアンロックして行き、
おびただしい数のキャラが扱えるようになります。
その多さたるや、昨今の物量ゲーム然とした量なので、
マイベストキャラ達でチームを編成するだけでも相当楽しめます。

イナイレの素晴らしいところはキャラクターデザインの個性です。
かっこいいのやかわいいものの他にもヘンなのや薄気味悪いのや強面なの
とバリエーション豊かです。 原作を知らなくてもそのシルエットの
多彩さから自分の好みに引っかかるキャラが必ずいることでしょう。
そういったものが山盛りになっている所から選ぶ楽しさと言うのは、
昨今の物量ゲームならではのものだと思います。
昔の遊びで例えるなら、カゴに山盛りに入ったキンケシとか、
アルバム数冊にも及ぶビックリマンシールとかでしょうか。

キャラクターのステータスを上げていく育成システムも、
ミニゲームとなっており、このあたりの造りも見事です。
サッカーチーム育成ゲームとしての体裁は完璧。

更に、対戦モードがやたらに充実しているのも良いです。
オンラインは既に過疎ってこそはいますが、
集まって遊ぶ分には至れり尽くせりな内容。
(個人的にはなんとなくぼーっ見守るだけの試合鑑賞モードが欲しかった)


総評するに、トンデモスポーツゲーム好きにはイチオシです。
原作への思い入れが無い方は初期チームに拘らず、パッと見で
スカウトした自分だけのキャラに愛を注げれるので、
むしろコレから始めるのもアリと思うほどです。
[PR]
by souka_t | 2013-11-30 23:13 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
ショーナンアートワーク2011~2013トランプ

ショーナントランプ試作が完成しました。
3年間アナログゲームのために作った
アートワークから厳選し、54枚に凝縮した一品です。



過半数がドット絵ですが、ほんのりデフォルメ絵も混ざってたり。
見るだけでこの3年間を振り返ることができます。
いやあ いろいろやったなあ・・・



作品の解説もみっちりテキストを新規に書き起こしています。
苦労話や趣味趣向の吐露、ゲームでは表現しきれなかった
キャラクターの裏設定も満載。



基本はトランプですが、カードの四方にアイコン満載。
いくつかの伝統ゲームを楽しむことが出来ます。


右上のコマはごいたに対応。


上部の役職アイコンは人狼に対応。


左の2つ合わせのダイス目はみんな大好き天九牌。


10~Kのカードにはウノ対応の特殊カードアイコン。






と言うわけで、3年間の区切りとして画集代わりの
ショーナントランプを作りました。

この3年は本当に大きく変わりました。
コミケを引退し、
浅草のゲームマーケットに初参戦して、
ボードゲームとボードゲーム制作を通し様々な人ととの出会いがあり、
そして、ビックサイトにゲームマーケットが移り、
今年の秋で自作品は20作に上りました。

来年から心機一転、
更なる自作品を通して新たな挑戦を繰り返していきます。
[PR]
by souka_t | 2013-11-28 20:22 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
鵠沼ゲーム会4 013/11/23
先週土曜も鵠沼会。
じゃんじゃん消化するよ じゃんじゃん!

と行くと思いきや、今回は重たいやつをぶん回してみる会。


戦の前に、まずは一献。
ゆずはちみつ茶です。



一服しながら、まずは軽いゲームで文字通り茶を濁す。
セッティング数秒、1ゲーム3分とその手軽さに
最近活躍の場が多いバンケット。


1戦目。羊が食われ羊コンボ瓦解し敗北。



2戦目。ニワトリにフクロウを交えたヒヨコ3匹にまで増やしたが、
ゾウ2体の強さに及ばず。敗北。


2人用のローテしやすいゲームということで
かなりお気に入りです。 なにげにカードの材質も良いですよねえ。




■タルギ
今回の目玉。2012年ドイツゲーム大賞上級ゲーム部門の候補作だった
2専用ゲーム、タルギ。



2時間半以上に上る激戦。
1手1手が悩ましく、互いの思惑がぶつかる事が多い。
第一プラン・第二プランと数々の妥協を繰り返し、
資源やカードを手にし、勝利ポイントを稼ぐ。


最後は盗賊コマが一周してタイムアウト。
ラマ商人の一列が揃いボーナス獲得。
長丁場を乗り越え勝利した。

タルギに関しては、別項を設けて感想を書きたいと思う。
個人的には2人用フェイバリットかもしれない。
[PR]
by souka_t | 2013-11-26 20:44 | ボードゲーム | Comments(0)
2013.moon_up_47
月曜です。
なんか物凄い風が吹いてるんですけど
どうなっちゃうんですかこの辺。

さて、先週はボド充でした。
一気にゲームを消化し、尚且つプレイ数も重ねることができました。
今週末もゲーム会があるので楽しみです。
これだけ短いスパンでゲームできるのは久しぶりかなー。
普段は月1回できるかできないかの頻度なんで、
テストプレイ環境は慢性的に不足がちでした。
来期はそのあたり少しは楽になるかな。
来月から開始する新コンポーネント開発も含めれば、
今年末にして大規模な刷新が行えそうです。

■ショーナン画集トランプ

こんな感じにトランプの絵面ができあがってきました。
先週集中的に作業したので、ダイヤ・ハート・スペードのスート分は完成。
今週にクローバー分と、ゲーム用アイコンを追加で試作完成の見込み。
トランプに加え人狼とごいたが遊べる仕様になる予定です。
[PR]
by souka_t | 2013-11-25 20:41 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
劇場版少女革命ウテナ


当時テレビ版を見てて、劇場版は結局見ずじまいだったが、
10年以上の間が空きようやく見た。

当時見た人は口を揃えて「凄いから見ろとしか言えない」と
ネタバレを極力避けていた風潮があったが、
なるほどなるほど。 これは確かに「見ろ」としか言えない。

テレビ版でも見せ付けた圧倒的なシュールな世界観は
そのまま。1カット1カットがスタイリッシュで、それが度を過ぎて
最後はぶっ飛び過ぎてた。場面場面でいろいろと意味合いが
ありそうではあるものの、ラストまで見ると、
いや、これは考えたら負けだわ って思うことウケアイ。
突き抜け過ぎてる。 続編とか上がってこないのは納得の突き抜けっぷり。
それが呆れたものかと言えば、そうでもなく。
なんとも清清しい。
[PR]
by souka_t | 2013-11-24 08:05 | ものぐるおしけれアニメ系 | Comments(0)
鵠沼ゲーム会3 013/11/21
昨日またもやE-taroさん宅でゲームしてきました。
鵠沼2人用ゲーム会3。 

■オキヤ

先週ソロで回して紹介したお手軽ミニアブストラクト、早くも対人戦。
黒が先手でスタート。



黒:ショーナン 赤:E-taroさん
1戦目は互いに念入りに先を読み合った末、
四角の陣地を確保しE-taroさん勝利



黒:E-taroさん 赤:ショーナン
2戦目は4目並びや四角配置を警戒し尽し、
引き分け。



黒:ショーナン 赤:E-taroさん
3戦目は互いに四角配置でのリーチを掛け合いながら、
慎重に打ち合い、配置の地の利を活かしショーナン勝利。


・対人感想
ソロで回した時に感じた手軽さはそのまま。
例外処理が一手目だけなのでインストも楽。
これならどこに行っても出せそう。
繰り返しプレイがありがちっぽいので、
はじめからポイント制でプレイ推奨かな。
特価500円だったので良い買い物をした。


■ボタンアップ

こちらもミニアブストラクト。
コンポーネントはボタンというオサレっぷりも注目。



黒:ショーナン 赤:E-taroさん
1戦目は頂上を黒が押さえたものの、
中間に多く飛び込ませた赤の勝利点が上回る。




担当色はそのまま。
2戦目。見事なまでに頂上ワン・ツーフィニッシュを決め
E-taroさん大勝。


・対人感想
こちらも同じく手軽にはじめられるが、
若干重ねるルールが独特なのでインスト注意。
ボタン回しのコツも若干見えてきたが、
手数が少ないだけに定石が固まるのが早そう
と思うけどどうだろう。

■休憩

劇場版ウテナ鑑賞。
感想は別項で。


■バンケット

ゲームマーケットの新作。
動物ごとに特殊能力をもつドラフトゲーム。


1戦目
E-taroさん(上):ネコを放ったらニワトリがやってきてヒヨココンボが完成し勝利。
ショーナン(下):ドラフトで方針が定まらず敗退。


2戦目
E-taroさん(上):ヒツジ・ヒヨコニワトリの両面作戦が決まり安定した得点。勝利
ショーナン(下):ニワトリヒヨコにフクロウで追加点を狙うも届かず。敗北


3戦目
E-taroさん(上):ゾウを運用しつつニワトリヒヨコで点を稼ぐが、ネズミを動かされ失点。敗北
ショーナン(下):同じくゾウを運用しニワトリヒヨコを狙う。放たれた猫をもらい受けた分で勝利


・対人感想
何回かやった感じだと、ドラフト一手目のウエイトがかなり重い。
まさに計画性が大事なゲームで、ドラフトでブレたら確実に負ける。
鉄の意志とちょっとした手札を切る読みが必須。
それにしても猫のルールが面白いね。気まぐれさが良く現れてる。
ゲーム自体もローテしやすく、数分で1ゲーム楽しめるのが良い。
私が学生だったら、休み時間はこれで遊ぶだろう。



■ライトウォーズ

拙作のウォーゲーム。
そろそろ拡張2を想定したプレイをと、久々の御登板。
中規模ゲームのコスト30ポイントマッチ+拡張重装歩兵入り。

赤・ショーナン軍
重装歩兵を中心に槍兵・歩兵を取り揃えた、攻撃力重視編成。

青・E-taro軍
軽装騎兵を中核とした槍兵・歩兵のバランス編成。


これがゲーム開始の布陣した状態。


第1ターン
赤軍・間合いを詰めるようにラインを組んで戦線を詰め上がる。
青軍・軽装騎兵が赤軍ラインのウイークポイントである歩兵部分に穴を開ける。


第2ターン
赤軍・接敵してる部隊を左翼から順に打ち破り、敵兵力の半数に上る戦果を挙げるも、
    調子に乗って戦線投入した王が、まさかの軽騎兵との戦闘に破れゲームセット。


・感想戦
「君子危うきに近寄らず」
ダイス目3以上の差がありほぼ勝利間違いなしと思ったのは過信だった。
ダイスは恐ろしい。 本日一番お間抜けな1コマでした。


■新簡戦

新しく簡単な戦争ゲームを作ってみた。略して新簡戦。
2人ですがいよいよ対人プレイ。

・赤:ショーナン 初期地 関東
・青:E-taro 初期地 東海


序盤~中盤と甲州・東海でいくどもの戦闘を繰り広げ、
東海は引き分けてどちらの土地でもなくなってしまう。
後半、赤軍は重要拠点である京都を固め、
青軍はポイント的に窮地に追い詰められつつも制海権を確保。
最終ラウンドでは、赤軍が重要拠点を守りきり勝利。

訂正:ルール上土地が中立に戻ることは無い。


・対人感想
ソロで回してたとき、中立地帯での戦闘の処理を勘違いしてた。
中立地帯は次のプレーヤがコマを設定するんだね。
とりあえず2人プレイで基本的な回し方はマスターした。
実際やってみると、引き分けた時に占領タイルの引き上げと防兵の破棄
でタイルの選択も充分アリっていうのが分かった。
今回の最終局面がまさにそれで、ポイントの低い領地を破棄して
ポイントの高い領地に援軍を向かわすという戦略的撤退を演じた。
それと、京都の重要拠点っぷりはいいね。
これは信玄も今川も上京したくもなる(笑)
良い再現度だと思う。

訂正:正しくは、引き分けになった地域に兵力コマがなければ攻撃側の領地になるでした
[PR]
by souka_t | 2013-11-22 21:14 | ボードゲーム | Comments(3)
【漫画】ゴブリン公爵


腰越図書館の漫画コーナーにドッサリとマイナーな
手塚作品が入ってたので、なんとなくコレを手にとってみた。

2巻でまとめてしまって終盤急ぎ足気味だったが充分面白かった。
これは結構晩年の作品なのかな。
手塚作品にしてはコマ割りや構図が新らし目というか、
少年漫画然としているというか。 少年漫画たくさん描いてるんだから
少年漫画然っていうのもちょっとおかしな事だけど、妙に今っぽい。

内容も結構欲張りだった。
古代遺跡に巨大ロボット、サイキックパワーにボーイミーツガール。
なんかこう、すごいがむしゃらさを感じた。
それでも1つ1つはしっかりネタを暖めているようで、
古代遺跡にしても兵馬稜やら饕餮文やら、サイキックにしても
各国のサイキッカー養成機関やその訓練方法など、
これからでっけえウソ付くけどちゃんと調べてっからな!的な
下地の強固さはさすがの一言。

2巻にこれらをまとめたってのも相当凄いことなのだけど、
いろいろと期待を煽って消化し切れなかったところもあった。
例えば、途中からやっと現れる主人公の成長要素。
気持ちの上では巨人を運用することを通して成長してるんだけど、
あれだけ解説にページを割いたサイキックの修行がなし崩しになり
結局泳ぎが得意な少年止まりだったのが惜しい。
ゴブリンが次々と憑依しつづけて10巻ぐらい続いたら、
少しづつ力をつけた主人公とようやくまともなサイキック戦が
展開されるとか、ついつい妄想してしまう。
あとは、プラットホームの責任者の娘さんとか
愛愛と三角関係を展開するに充分のポジションを確保
できそうだったのに、いかんせん登場が遅かった。
こんな具合に惜しいと思いつつも、こうすりゃよかったのにじゃなくて、
こうもできたね、って逆に余韻が残るところが良かったのかもしれないな。

手塚作品はおもしれっす
[PR]
by souka_t | 2013-11-21 21:56 | 描きつくれば漫画系 | Comments(0)
鵠沼ゲーム会2 013/11/17
一昨日の日曜にE-taroさん宅でゲームしてきました。
鵠沼2人用ゲーム会2。 



■ゲシュンク

手始めにゲシュンク。
予てより小箱系の傑作と聞き及んでいたカードゲーム。
今回は"コインがあったら絶対使う"設定のNPCを入れてプレイ。


1戦目。
初のプレイでいろいろ試してみた結果、
必要以上にカードを引き取りコインでは補え切れない大きなマイナス。
なんとなくセオリーが分かってくる。


2戦目。
山盛りされたコインに惑わされず、出来うる限り
カード引取りを避け、自分以外取らないカードの泳がせ方を少し覚え、
それらが功を奏して勝利。

ゲシュンク、噂に違わぬ傑作でした。
思惑で引き取る流すの駆け引きと、積まれたコインの取り時を
伺う独特の相場感覚が面白いです。



■とらんぷくえすと+

いよいよ対人。先週あれだけソロで回したのに結構勘違いしてた箇所が
あったのはご愛嬌。チュートリアルの半ラウンド回しでルールを確認し
本番スタート。


一戦目。
とりあえずどのジョブスキルがイケてるか判断がまだついてないので、
お互いパッと見使いやすそうなのをセレクトしてスタート。

最序盤はどうしても引き運になり、前半から勇者が連続で4ラウンドを取り、
後半で魔王側の猛攻がはじまるも、勝利点で勇者が勝利となった。
1~12をカバーできるジョブをとりあえず出しておき、
引いた高い数字を出す機会を逃さなかったのが大きかったかも。


二戦目。
なんとなく使い勝手の良いスキルが分かってきたので、
お互いジョブ選択から入念になる。

頻繁に使われたのは、3枚引いて1枚残して捨てるスキルや、
相手に3枚引かせて2枚捨てさせて1枚戻すスキル。
後、手札から無条件で場に出せたり、捨て札から1枚持ってきたりするのとか。
トリッキーなニンジャのスキルはシチュエーション的に今一歩活かせなかった。


2戦目は引き分け。
3ラウンドづつ取ったら そうなるわなー。


今回は2戦だけでしたが、まだまだジョブスキルに関する研究で楽しめそう。
時間があればもう3~4ローテはいけそうな感じだった。



締めに、片腕ドラゴンの続編、空とぶギロチンを鑑賞。
奇天烈なノリと早い展開で全編飽きない古き良きカンフー映画でした。
大陸映画好きにはたまらんね。

最近は香港も北京も大真面目なのしか制作してないのかしらン。
シャウシンチーも少林以降は大作っぽい作りになったし、
今年こっちに入ってきたのはグランド・マスターぐらいしか聞いてないけど、
あれもガッチガチの大作志向だしなー。
連続ドラマとなると結構豊富で、今現在も新笑傲が面白いけど、
武侠っぽさが薄まった感は否めない。再放送中のひょう行天下のが
雰囲気は好き。 それよりやっぱり短編映画が見たい。
ドラゴン・イン とか龍虎門とかあれぐらいでいいんだよ あれぐらいで。
ワンスアポン一挙余裕で見逃したからまた年末やってくれようneco。
ゴーストストーリーはもういいですおなかいっぱいです。
[PR]
by souka_t | 2013-11-19 23:36 | ボードゲーム | Comments(0)
2013.moon_up_46
月曜です。
一気に冬の気温になって末端冷え性にはつらい時機到来です。


■告知

第6回「イリクンデパーティ」のお知らせ
12/1 調布 13時

ボドゲ初心者からボドゲ製作者までバッチこい!
一足早いクリスマスボドゲ会に彼氏同伴でいかがすか。
ソロ界のやわらかいトランセルことショーナンさんも参加するゾ!
ゲットだろ


■ウィーユーの話
タブコンすげー この一言に尽きる。
グーグルクロームがフラッシュ以外だいたいそのまんま動くので、
ユーチューブやエロサイトなどの動画鑑賞とツイッター・ミクシィ・サイトのチェックや巡回、
テキストだけならブログの更新などができる。
おおよそ自分の思う「ネットでそれだけできりゃいいや」が容易にできるため、
PCの方を作業に従事させられるようになった。
あと、テレビに映したり、タブコンだけに映したり、と切り替えもボタンでできるため、
タブコンがほぼサブモニターとして機能してる。
昨今、お外にいる時ぐらい機械は持ち歩かない主義に転向した自分としては
スマホなどはいらない機能満載なので、ちょうどいい室内動画再生機を手にした感じ。
それと、テレビ番組欄にコメントやイラストを投稿するやつがいいね。
まだ利用者がそこまで多くないけど、先週はイナイレとダンボールの時間帯に
リアルタイムでコメントが増えていくのを見てて面白かった。


■自前通販終了
GM後に多くの方にご利用いただきました。
作り置いたものは全て卸したので一旦終了です。
カレー以外は秋葉原ロール&ロールステーションで
一応購入できますが、卸した数が少ないため売り切れの
場合もあります。 その際はメールやコメントあるいはツイッターで
一報いただければ対応しますので遠慮なくどうぞ。


■鉄片の記憶
素材作り再開しました。それに伴いサイトも更新中。
今週は人物設定と背景素材の一部を更新予定。
こうやって宣言すれば自分を追い込める!!

■ショーナントランプ
先週にどの絵をどのスートと数字に使うか決めた。
今週から作業開始
[PR]
by souka_t | 2013-11-18 08:13 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
ボタンアップ ソロ回し感想

ゲームマーケット2013秋にてテンデイズブースで購入。

オキヤと箱もジャンルも同じくするアブストラクトゲーム「ボタンアップ」。


コンポーネントはこんな感じ。
大きいボタンと小さなボタン、四角と丸のタイルが付属してます。

■プレイ

丸いタイルの戦場の周りに大きなボタンを1つづつ
円を描くように並べます。

そして手番がきたら、白いボタンを掴み
時計回りに隣りのボタンへ積んで行きます。

これをひたすら交互にやっていくだけで、
積み込み方や連続で動かせる細かいルールが若干ある。


ゲーム終盤の図。
こんな感じにボタンタワーができあがっていく。


1ラウンド終了した状態。
1つの塔となったら得点計算。

一番上9段目が9点
8段目が8点
7段目が7点
・・・
と段数によって獲得できる点数が変わる。
これにより、より高い位置を巡って自分の色のボタンを
積み込むことがこのゲームの目的となる。
最終的な得点は互いの点数の差分のみ。
これを数ラウンド続け15点獲得したほうが勝ちとなる。

このラウンドは赤が制した。



2ラウンド目。
今度は黒も奮戦して上を取るが、
間に多くの赤が入り、決算では赤に及ばず。

2ラウンド目も赤の得点となった。



ステッカーがオマケについてた。


■総評
オキヤは平面的で先を読みやすかったのに対し、
この、回した先の形を読むのは慣れが必要なのだけど、
オシャレでユニークなのはこっちかな。
オキヤとボタンアップの差はホントに好みとしか言いようがない。
たまたま最初に出会ったのがオキヤだったから
オキヤのがちょっとだけ好き。こう、なんというか
幼馴染キャラがメインヒロインになっちゃうみたいな?
セッティングの時点で定石が変わるミニアブストラクトっていいですねえ。
[PR]
by souka_t | 2013-11-17 21:13 | ボードゲーム | Comments(0)