「ほっ」と。キャンペーン
<   2013年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
【ゲーム】XBLA・ハッピーウォーズ 感想
XBOX360のゴールド会員限定の基本無料オンラインゲーム
ハッピーウォーズの感想。
ゲーム内容は、ファンタジー調の世界で、2頭身のキャラ達が
剣や魔法で戦ったりお互いの城を攻め落としたりする多人数対戦アクションゲーム。

結構前にゴールド開放期間があったので、その時に
ソロゲームクリアとオンラインも実績を半分以上解除するまでやり込んでみました。

オンオフ共にかなり面白かったです。
やや斜め上から見下ろすタイプのアクションゲームなのですが、
何度もリスボーンしたり戦線を維持するために立ち回ったりと、
なにかFPSやってるようなプレイ感でした。
アンロックタイプのスキル開放ではなく、シャドウランタイプの
クラスごとにある程度固定されたスキルを使用していくシステムが
自分好みで、サポートスキルが多いところもまたシャドウランを
髣髴とさせて良い。ある程度はじめから選択肢があるゲームは楽しいね。
経験値とかと連動して順次アンロックとかだと、もうめんどくさくなっちゃって、
オジサンには無理です。だからこういうのが好きです。

その逆に、そういった不毛な要素もしっかり内包しているのが
このゲームの凄いところで、それがアイテム収集と強化。
そっちの方は課金も関わるため、いろいろと面倒な(時間をかけるという意味で)
仕様になっています。 でも、やり込み派には好まれるでしょうね。
自分はクリアや実績解除に必要なだけアイテムを集めて合成した程度でおなかいっぱい。

クラスの傾向も脳筋な接近戦の戦士・支援攻撃の魔法使い・回復支援の僧侶
の3タイプもそれぞれに特色が出てました。どれを使用しても楽しめます。
自分は回復役とみせかけて自分を回復しまくって戦う脳筋僧侶スタイルを好んでやりました。

それにしても「戦争」って体は良いものですね。
クロムハウンズでもそうでしたが、「戦争」ってことなら
ある程度不公平でも納得がいきます。
このゲームも対戦では課金勢が強力な装備で身を固めているため、
廃人は通常の倍以上防御力や攻撃力が高いです。
しかし、スポーツではありませんから、突然精鋭が相手の軍に投入されても
納得というわけです。

という訳でハッピーウォーズはかなり楽しめました。
ゴールド会員は無料で遊べるので是非お試しあれ。
[PR]
by souka_t | 2013-10-31 22:30 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
【アニメ】私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 感想


とても酷くて、とても面白かった。

ド直球なまでに自虐アニメだね。
これはアザゼルさんとかとは別のベクトルでゴールデンに
流しちゃいけないアニメだ。 あまりに自虐過ぎる。

公称テーマは「喪女」なのだけど、
これは明らかに男性ヲタクでも刺さる内容だ。
しかも、今まで見た中でも特筆すべき鋭利さで刺さる。

主人公・黒木トモコが行動を起こそうとする瞬間に
もうオチが見えるんだよ。見え見えなんだよ。
だからもう 「いいっ やめろ もうなにもするな それは確実に不幸になる!」
って画面に叫びたくなるほどで、時にはホラーでもないのに目を覆いたくなる。
もはや怖いもの見たさに見る感覚だ。
この原作者はなんて悪趣味なのだろう。
的確に現代非リアのシーンを捉えているよ。

面白いんだけど、それだけいろいろ考えさせられる。
そもそも、俺らの世代ってリア充の概念が無かった。
もちろん喪女って言葉すらなければ、中二病なんて言葉も無い。
高校時代といえば、彼氏彼女なんてできなければできないなりに
面白楽しくやっていたし、悲観するという発想すらなかった。
確かに「モテる」「モテない」という言葉はあったが、
それほど人間性を決定付けるほどの要素ではなかっと思う。
だが現代中高生はどうだ。
ピグやらライブチャットやらで潜伏してストーカー
その実態を調査してきた俺になら分かる。
彼らは異常なまでにそれらの「言葉」に縛られている。
そして、ネットという同類の巣窟で自虐という傷の舐め合いをすると
見せかけて自虐という足枷を自慢しあう。
傍から見る大人達は誰しもが思うだろう「おまえらそれでいいのか」と。

なにが凄いかって、このアニメの最終回は
「それでいい」とアッサリ言い切ったところだ。
一見、なにも成し得ず、なにも収まらず、なにもなかったかのように
終わるあの最終回。かなり秀逸だと俺は思う。

本編で特に良かったのは
夏休みの過ごし方を模索する回と、従姉妹のきぃちゃんがやってくる回。
夏休みの回であまりに退屈してニコ生デビューしてしまうところなど
膨大な時間をもてあます現代非モテ高校生を的確に捉え過ぎていておぞましい物を感じたほどだ。
その後の声優握手会などもあるあるに満ちている。
きぃちゃん登場の回はぶっちゃけ笑えない。うちの姉もあれぐらい見栄っ張りだからだ。


いやはや、ちょっと見てみるつもりが、一気に見てしまったほどだ。
誰しもが思っているだろうことを最後にあえて突っ込むよ。
こいつアクティブだよな。
[PR]
by souka_t | 2013-10-30 21:05 | ものぐるおしけれアニメ系 | Comments(0)
2013.moon_up_43
月曜日です。
泣いても笑ってもあと一週間でゲームマーケットです。


既に人事は尽くしたので、
あとは当日に体調を壊さぬよう
食事と睡眠に気を遣うぐらいです。

出展品は結局のところ、予約分と当日分が
だいたい半々ぐらいで、全品合わすと初の100個超えの持込になります。
ものによっては6月あたりから手生産を始めていたとはいえ、
3桁数の品を手作りは、我ながらクレイジーです。

終わったあとのこともいろいろ考えてます。
新作、新技術、新体制、新展開、
11月~12月は水面下でいろいろと動くことになりそう。
エッセンで出展しちゃうよー!とか、新ブランド立てるよ! みたいな
ド派手な事とはまったく無縁ですが、
自分の作りたいモノの幅を一層広くしたり、
より試行錯誤が楽な環境を構築する下準備をする事になるでしょう。
その初手を、来週のゲームマーケット中に打つことになります。
ギャグ担当のゲットマンさん欠席の時ぐらいは
シリアスな展開を見せてご覧に入れますよ。

忘年会か年越し会の予定も立てたいな。
年越しはもちろんゲムマ品の消化メインでいきたい。
今から面子募集。 神奈川県内なら自分から行ってもいいな。



■自分用ゲムマ後の買い物メモ
・A3カッティングマット
・WiiU
・DSガールズモール
・RfGの拡張1とランカスタの拡張
・サザエさんサントラ
・バンドオブブラザーズDVDボックス
[PR]
by souka_t | 2013-10-28 22:30 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
ゲムマ読みカタログ配信
ゲームマーケットのカタログを読みながら
注目新作を語る配信を行います。

配信終了。
見に来てくれた方々 ありがとうございました!
ゲムマで会いましょう
[PR]
by souka_t | 2013-10-27 09:06 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
【PC98】機装神伝ゲンカイザー クリア感想

このゲームを買ったのは、確か高校生ぐらいの時だったかな。
ちょうどウインドウズ移行期ぐらいで、家庭用も32ビット機が定着し始め、
ドゥームが流行って日本でもコアゲーマーに洋ゲーが浸透してきたり、
電源ゲーム関連はどこを見ても活力がある時代だった。
それだけ賑やかだっただけに、この「ゲンカイザー」は、当時そこそこ遊んで
積んでしまった記憶がある。

今こそクリアまでやろうってことで、ここ最近1日1ステージぐらいの
スローテンポで攻略し、ようやくエンディングまで到達。
いやはや がんばった

このゲームは、ファーランドストーリーでPC・SRPG界の
一世を風靡したTGLが出したロボットアニメ風のSRPG。
オーソドックスな見下ろし型のスクエアマスでユニットを動かす
シミュレーションゲームだが、
すばやさ順に行動・一方的に攻撃で反撃無し・HP0になっても回復で復帰可
などなど、かなり他との差別化を図った箇所があり、ユニークな造りとなってる。




これがオープニング。
昔のPCゲームはタイトル画面の項目に「オープニング」があったりする。
ゲンカイザーもそういった任意で見るタイプ。

当時のものにしては結構アニメーションをするため、
気合の入った造り。一見の価値あり。



これが最終ステージ。

このゲームは基本的に力押しSRPGで、
ステージの地形を活かしたギミックや、敵の増援・奇襲などの
サプライズに乏しい。
で、ラストも力押しかと思いきや、ラストだけ敵の無限沸きギミック。
あまりにも全編変化に乏しかったため、軽く感動してしまうほど。
しかし、出現ポイントを簡単に埋められるため、そこまで難所でもないという・・・


後半突然に加わる最後の仲間にして
最強のメカ・ゼンカイザー。
ゲームのバランスブレイカーな存在で、
加入時からレベルマックスでハイスペック。



これが主人公のゲンカイザーとそのパイロット・ゲン。
ロボットアニメのお約束どおり、ゲーム後半からは
機体がパワーアップ。


これがラスボス。
必殺攻撃の台詞ウインドウで 「TGL」 と出るのはご愛嬌。





感動のエンディング。
人間界に帰り普通の暮らしに戻る主人公。
ド鉄板の王道展開だ。
エンディングクレジットには、後のリーフを起こす
水無月徹さんこと竹中崇も名を連ね、
パッケージデザインは90年代アニメファンなら
知らない人はいない中原れいさんも!!



・総評

当時積んだ理由も納得のマンネリシステム。
いろいろ、こう、差別化や簡略化を狙った結果、
面倒くささだけが残ってしまったという感が否めない。
いろんなところから少しづつ文法を失敬して、
何者にもなれなかったゲームシステムだ。
例えば、敵にしかいない飛行ユニットに対して
主人公側は少数の対空能力があるユニットでしか攻撃できない、
こういった部分は、ウォーシミュレーションのアンチ兵器的な発想だが、
こちらでその対策に割くリソースを調整すべく編成の要素が
皆無であるため、強いられてる感が強い。
敵飛行ユニットが4機に対して対空能力がある自軍ユニット2機で
対処する場面などが多く、それらが1~2撃で落ちるような耐久度でない
硬い数値設定なのも後押しし、とんでもないイラつきを覚えさせられる。
それが1~2ステージだけのジレンマなら納得するが、
中盤以降ほぼ全てのステージがこんな具合だ。
なるほど、当時の自分もこれは積む。
しかしながら、それ以外はかなり緩いルール満載。
ユニットの状態が正常と大破の2種類があるが
大破しても通常の回復で復帰する。実質HP0の状態の
リスクは1ユニット行動をスキップされるだけなので、
さほど恐れるほどでもない。壁役がぶっ壊れそうになったら
回復ではなく、ぶっ壊れたら回復でも良いぐらいなのだ。
壁役ユニットがぶっ壊れても残骸が残るため、
壁であり続けるという部分も特筆モノ。
しかもアイテムによる回復は敵ユニット行動中以外は
いつでも何個でも使えるため、物量押しもかなり有効とくる。緩い!
そんな具合に、シビアな対空ルールとゆるゆるの他いろいろで
相殺されて、面倒くささだけが残ってしまったという訳だ。
本編やキャラメカデザインは、ワタル・グランゾート・ラムネ・リューナイト世代には
ドストライクなのに惜しい。惜しすぎる。今やってもかなり苦行のゲームです。
[PR]
by souka_t | 2013-10-27 08:59 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
注目の45作のトップを飾る!
NAVERまとめ ゲームマーケット2013秋で注目の45作
うちの戦列ペンギンが載りました!

ブース番号順の関係で、上手いことトップを飾ってます。
今回は島の番号の中でも超序盤。企業出展でもなければ
今後これ以上若い番号は取れないんじゃないかってぐらいです。
(位置的には良いところかはわかんない)

で、まとめは毎度取り上げられてるので、
今回実はそれだけじゃなくて、
なんと自分がアートワーク素材を提供した
机上の貴族さんところのウサギの一撃も載ってます。
1ページにショーナンキャラが2つも載ってる大快挙!

いやはや、思わぬ追い風を感じる展開です。
ゲームマーケットまで残り2週間を切りましたが、
ぎりぎりまで当日分の量産に取り組みたいと思います。


ショーナンロケッティアズ広報部ことショーナンゲッペルスが誇る
謎のマスコットキャラクター、ショーナンちゃんが熱烈アナウンスする
戦列ペンギンのCMもよろしく! 
[PR]
by souka_t | 2013-10-24 21:39 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
深海のイール(上) 感想

500ページ以上の長編はひっさしぶり。
毎日ちょっとづつ読んだり、気になるところ読み返したりで、ようやく上巻読了。


海洋系のノベルってなにげに初だったかも。
洋上プラントとか、ユニットとか、メタンハイドレートの性質とか
いろいろ新鮮な用語や知識が出てきたけど、
本編上でかなり丁寧に解説があるのでとても分かりやすかった。
それゆえにこのページ量になったのかもしれないな!

中盤までパニック映画のノリで、どえらい事が世界中で起こって、
その1つ1つがすっごい意味深で、話がミステリアスな方向に
どんどん盛り上がっていくんだけど、全然その結末になるであろう原因の
予想がつかない。 最序盤に発見される新種のゴカイですら
完全に解明されてない状態で上巻が終わり、その他にも
異常な現象が山盛り課題になってて、ホントにコレ点と点がつながるのか?
ってぐらい、いろんなことが上巻で起きた。
たぶん、中巻以降でその実態が解明されていくんだと思うんだけど、
上巻の風呂敷の広げようが凄かったので、先が楽しみでならない。

登場人物が結構いて、視点がどんどん変わって話が進むので、
そのエピソードで主役の人物が異常の原因に1歩近づくと
すーぐ視点が変わるのがホンッッットいやらしい。
おいおいおい その先を言わせてから変われ!!って具合に、
連続ドラマの上手い引きと同等の歯がゆさがある。
あと、登場人物が多くてその身分も様々なので、たまに
名前と肩書きと今までどのエピソードでなにやった人だったかという
一致がなかなか取れないときがあるため、表紙にある人物一覧に
何度お世話になったか分からない。
微妙に人間関係のドラマも見せてくるんだけど、
もう異常事態の原因が気になって気になって、ドラマが煩わしいほど。
でも、無いとそれはそれで味気無いんだけど。

上巻ですこぶる盛り上がってきたので、
早速明日から中巻に取り掛かる!



読了記念イラスト。

アナワクって外見に関する記述が少なかった気がする。
グレイウルフは登場した瞬間からばりばり外見に関する記述だらけだったのに。
デラウェアがアナワクに「マカ族なの?」って聞いちゃうぐらいだから少し
濃い顔だと思うんだけどどうだろう。
デラウェアはどう読んでもこざかしい小娘って感じで間違いないだろう うむ。
[PR]
by souka_t | 2013-10-22 21:14 | 文学 | Comments(0)
2013.moon_up_42
月曜日です。

ゲームマーケットまであと2週間!
皆さんカタログのチェックは進んでますか?
それとも今日からエッセンですか?
何にしてもボードゲーマーの年末進行が始まりました。
今年も大団円で締めくくりたいですなあ。



そんなこんなで、GMの準備もこれでラスト。
予約分の品を仕分けしました。

今回は過去最大の予約量なので、
本番で手早く受け渡せるようにと
あいうえ順に分けました。
がんばってもって行きます!



それと先日、
腰越図書館の古文書展を見てきました。





これは、宝永噴火の時
腰越の津村と片瀬村が飢饉に陥り、
助成金を嘆願するためにしたためた書状とのことです。

宝永噴火は富士山の噴火ですが、
記録によると100~300年スパンで噴火して
宝永の1707からは不穏な動きをするだけで噴火に至ってないんですよね。
そろそろヤバイ感じです。
展示された古文書によると、この辺りも噴火後の灰で空が覆われ、
2日間太陽が見えなかったとも書いてありました。おっかねえ話です。
[PR]
by souka_t | 2013-10-21 20:03 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
江ノ島花火大会 秋
近所の花火大会行ってきました。

夏に前座、秋に本番という年2回構成の江ノ島花火。
今年も大盛況でした。





















秋花火の1コーナーであるメッセージ花火は、今回ネタ少な目。
ミュージック花火の選曲も当たり障りなく、去年のタリタリほどの
インパクトはありませんでした。
しかし、花火自体のクオリティは増してます。
今回目立ったのは、物凄い傾斜角で打ち出す花火。
立ち入り禁止地区とはいえ、火の粉が地上に届くほどの
低空爆散はなかなか見物。
前回試験的でショボ目だった絵花火もバリエーションが増えてました。
あとは、糸状の垂れ下がる花火を大量に打ち上げ、空にカーテンを作る様は圧巻。
花火会の業も天井知らずですなあ。

今年も充分堪能しました。
[PR]
by souka_t | 2013-10-20 16:42 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
鵠沼ゲーム会 013/10/14
近くに住んでるE-taroさん宅でボドゲしてきました。
今回は2人なのでマイブームな2人用ゲームをセレクツ。


■ローゼンケーニッヒ

去年の秋ゲムマで買ったので、もうすぐ1周年ぐらい。
今年に入ってかなり稼働率が高く、ここ最近になって
2人用ゲームの価値が自分の中で高まり、再度評価が上がってきた一作。

今回は互いに騎士カードを積極的に使用し、
序盤から激しい連結切断合戦を演じた。
最後は両者カードが出せなくなり終了。



■戦列ペンギン

ショーナン新作。運の要素は要塞戦のみで、ひたすら読み合いに従事する
読み合いゲー。 読み切られると10分ぐらいでアッサリ終わる場合があるが、
今回は思惑が重なり過ぎて、20分ぐらいの比較的長期戦となった。
激しく戦線は動いたものの、最終的には士気の高さで決着。

だいたいゲームのキモとなる6枚のアクション効果を覚えるだけで
初回でも充分駆け引きのコツが掴め、インストも楽な一作です。
みんな次のゲムマで買ってネ。



■ナッシュ

最近のお気に入り。6つのダイスを振ってひたすらゾロ目を作る
超オーソドックスなドイツゲームライクなダイスゲーム。

今回はダイス追加カードが終盤まで出なかったので、
良い具合に小競り合いが続いた。
城を攻め、決闘を開き、相手の城を攻め、
おおよそナッシュの醍醐味を消化した一戦であった。
今後もこのゲームを推して行きたい。


2人から対応のゲームがマイブームなので、
次回のゲムマでは2人用をメインに発掘していきたいと思う。
[PR]
by souka_t | 2013-10-15 22:40 | ボードゲーム | Comments(0)