「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧
【ボードゲーム】10/27ボ宅会


久々の自宅でボ会。
「とりあえずボードゲームといえば鍋しかないだろ」
ということで、恒例のヤマカストアで材料を調達。
今回はむぎん氏の魚リクエストにより初の魚鍋に挑戦し、
前回のトリガラ鍋以上にヘルシーな鍋となりました。

秋冬は魚が美味い。
16歳ともなると胃に優しい魚の良さが身に染みる。
大根と白菜に豆腐とシメジ、具のいずれも秋冬らしい
淡い色をしているではありませんか。
嵐のGM前に風流な食卓が演じられました。

以下プレイしたゲーム。




■キャッシュ&ガンズ 潜入捜査官ルール

5人とか集まる機会がなかなか無いため、
1年ぶりぐらいに回した! 久々の潜入捜査官ルールです。
今回も樹脂製の銃からエアガンに持ち替えての悪乗りプレイ。
プレイヤーは弾カードを決めて他プレーヤーに銃口を向けるだけ
とい単純明快なプレイングながら、この比類なきゴッコ感。
元生を囲ってピストルが交差するというこの絵面はなかなかありません。
ショーナンイチオシのバカゲーです!
りっちゃんのリクエストにより2プレイも回りました!


■アンダーカバー2

ゲットマン持参の正体隠匿ゲーム。
常にお互いのコマ操作を観察し、ゲーム終盤に
誰が何色のコマを勝たせようとしているのかを推理する。
最終的に誰かが規定数以上の点を獲得したら勝利となる。
はじめは雲を掴む感じですが、次第に各々のクセが見えてきたり、
マイナスマスを使った晒し上げ方法などで可能性が絞られてきます。
基本ルール1回とカードを加えたルールの2回プレイしましたが、
これはなかなかどうして、一挙一動が見逃せない常に熱いゲームでした。
ザ・心理戦って感じですね。
ルールも簡単で初心者にも安心して出せる一品ながら、
ドイツ辺りでこういうのを喜々としてキッズ達も遊んでると思うと、
なんとも末恐ろしい。いやがおうにも勘の鋭い人間になりますわ。

むぎん氏いわく「君は二つ目で動かすクセがある」



■イントリーゲ

キングレオ・ごきぶりポーカーに続くショーナン会三大恒例ゲームに
数えるかどうか絶賛審議中の一品。
それぞれ給料が異なる4つの施設を持ち、自分の学者達を
他の施設に就職させるゲーム。交渉は自由で最終的にお金が一番多い人が勝利。
今までに
「こちらでも破格の待遇をご用意しましょう」
「手付金として一枚・・・」
「何も言わず察していただきたい」
など数々の名言が生まれてはプレイングの際に交渉テンプレ化したが、
今回はえーおーあいの初期に5千円をバラ撒き独特の交渉足掛かりとする
戦法を、いお氏が「五千円おじさん」と命名。
なにか犯罪臭を漂わせながらお年玉をくれるあやしいおじさんを
ほうふつとさせるネーミングセンスは、さくらももこ先生に通じるものがあります!



■ウッドマン

夜通しプレイする中、精神力を使うゲームが続いたため軽く
お疲れモード。ここはひとつ何も考えずバトルアクスをぶんまわす
ドワーフになって朝を迎えるか、ということでバランスゲームの
傑作ウッドマン。


あまりの上手さゆえにイエサブで密かに開かれる闇のウッドマン会
で出禁を食らったと噂されるゲットマンは相変わらず容赦のない叩きっぷり。
ゲットマンはウッドマンやるために生まれてきたんじゃないかな。


ベスト記録は5個の丸太を残して終了。
途中から何点取るよりもいくつ丸太を残して丸裸にするかという
ゲームになってたりなかったり。



会解散後、
テストプレイで出たカードレイアウトの課題をいち早く消化する中、
横でゲットマン爆睡。 午後になって起きたので
レースフォーザギャラクシーを3回す。
今一歩このSF感の魅力は伝わらなかったが、初のインストで
ゲームルールの8割は伝わって満足。 ちょっとインスト慣れてきたよ!


お次は今回のテストプレイ。
こっちがメイン


かえるくん(仮) 作/いお

かえるが池を一周するまでに、カードバッティングによる
仁義なきシマ争いが展開されるゲーム。
ダイスを転がしカードを出し合いチップが点数マスに置かれる、
こいつぁギャンブルのニオイがプンプンするぜッ という意見も
納得のゲーム展開。
しかし、和テイストな画が入れば松尾芭蕉の句が合うぐらいの
小粋なものになりそう。
こう何と言うか、かえるが池を一周する短い間に
世の中ではあちこちで争いが起きているんだな、と。
世俗に関しないかえるにしてみればそれも池を飛び回る
ことのようなものなのです。

思惑が超重なってほぼ全編に渡ってバッティングしてワロタ。
面白い!



やどかり(仮) 作/いお

円陣に並べられたヤドカリの宿に、
12面体のダイスのヤドカリが住み着くゲーム。
成長するダイスヤドカリが次々と身の丈に合う宿に移動するため、
自分の物件をズラしたり他と交換したり点化したりと
場をいぢくりまわすトリッキーな展開が面白い。
点数の天井設定も上手く、長過ぎず短過ぎず1ゲームが終わるため、
リプレイ性も高い。星型チップもファンシーで、完成後には
よりカワイイゲームになってるのでは予感させます。



SPECIES-jungle- 作/むぎん

裏返しのカードをジャングルと見立て、
そこへ密猟バギーのコマが縦横無尽に突っ走り、
新種の動物を次々に発見していくゲーム。
基本は神経衰弱であるものの、カード配置記憶の他にも
相手の動向にも気を配らなくてはならないため、
勝つとなると難しい。相当な記憶力と集中力を要する。
めくるためのバギー移動もほんのりダイスが絡み
ままならないところもイヤラシイッ。
この模索感はまさにジャングル探検隊でした。



他、私のウサギの儀式もテストプレイしていただきました。
本当にありがとうございました!
[PR]
by souka_t | 2012-10-31 21:39 | ボードゲーム | Comments(2)
2012年 月曜更新第四十四回
月曜です。
皆さん一週間いかがお過ごしでしたでしょうか。

さて、先週の五千円おじさんは
・江ノ島の散策
・魚鍋
・夜通しのボードゲーム
の3本です。 んまんぐぐ。

と言う訳で、ひさびさの宅会。
今回は近場の面々が用事ブッキングする中、
比較的遠方よりお集まりいただきました。
参加は
いつものゲットマン、りっちゃん、
とイリクンデのお2人 むぎんさん と いおさん。

まずは江ノ島観光。


弁天橋、商店街と突っ切って、神社を2つ抜けた先の
頂上エリアにて 大道芸人のパフォーマンスに遭遇。


サムエルコッキング苑に入場し、展望台を目指すと
市民団体によるダンスコンサートにも遭遇。



そして展望台。









展望台屋上からの眺め。

ついダイブしたくなるほどのイイ眺め。
今年はなにかと江ノ島に来ていますが、
展望台に入ったのは前世紀ぶりでした。

この後に宅でいろいろボドゲった内容は明日別項の更新で。


今回の夜通しのテストプレイにお付き合いいただき
無事"ウサギの儀式"出展決定になりました。
その用意のためちょっとドタバタしてます><
[PR]
by souka_t | 2012-10-30 00:08 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
【ボードゲーム】5人ゲー

明日は久々にボドゲる。
ということでみなぎってきた!

5人用のゲームのストックを確認してみたら、
意外と小箱モノが多かった。

今までプレイ回数が最多なのは明らかにキングレオ、続いてお邪魔者。
絶賛積みゲ中なのがレジスタンスとランカスター、
あと写真に映ってないけどバロンポテト。
お気に入りはキャシュアンドガンズとイントリーゲ。

この中から2つぐらい回したいねえ。
あと、手持ちのゲームでMAX4人までのゲームが
事の外多かった。
[PR]
by souka_t | 2012-10-26 22:42 | ボードゲーム | Comments(0)
コアラのマーチ ペイクドチーズケーキ

GM新作の取り置き好調につき、
ライトウォーズに続いて再販分の攻城ペンギンも
ストックわずかとなり、受付一時停止となりました。

想定通り増産フェイズに移行し、
近場のローソンへカラー印刷をしに行くと、
まどかマギカフェア中だったので、
ついついクリアファイルを貰うために、
お菓子を2個ほど購入。

辛党ライクな対象商品が無かったため、
十数年ぶりぐらいのコアラのマーチ購入となりました。



新味・・・なのかな?
ペイクドチーズケーキ味と言われても、
ペイクドチーズケーキと普通のチーズケーキの違いも分らない
甘味初心者でありますが、食べてみるとマイルドな甘味でした。
通常のコアラのマーチはもっと甘さがクドかったような
そうでもないような。

できれば辛党にも優しくカラムーチョなども対象商品にしていただきたい。
[PR]
by souka_t | 2012-10-26 08:36 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
【ゲーム】初音ミク project DIVA extend クリア感想


年始から開始し、パスタを茹でる時間に
ちょくちょく進めてようやくクリア。
曲数が多いのかパスタを食い過ぎたのか、
パスタの年間消費量の単位を1DIVAにするのはどうか、
という冗談のような本気な提案はさておき。

このゲームは音楽に合わせてボタンを押すリズムゲーム。
人気は止まる事を知らない初音ミクや
他のボーカロイド達が歌ったり踊ったり着飾ったりする。

リズムゲームの難易度普通をなんとかクリアし、
エンディングを迎えた。
いわゆる音ゲーで、記号が重なるタイミングで
ボタンを押すことに従事するのだが、
曲のメロディとしっかり密接となっているため、
不得意な自分でも繰り返して曲を覚えることで
タイミングを掴み、所々激しく速い曲に苦戦しつつも
最後までクリアすることができた。
その後に現れた難易度ハードは使うボタンが二倍となるため、
AボタンBボタン信仰の強いファミコン世代の自分には
いささかキツイ。本当にハードコアな人のためのモードだ。
逆を言えばそんなファミコン世代な自分でも
難易度普通はクリアできる。
なんとも幅広い範囲を押さえた調整と感じた。
曲クリア後のアイテムアンロックも頻繁で、最後まで飽きさせない。
また、このテのゲームにはめずらしく救済アイテムが用意されている。

音ゲー+ファッションと言えば
真っ先に女児向けゲームを発想するが、
このゲームにも数多くのお洋服が用意されている。
それらを曲クリア後のアンロックで入手したり、
ゲーム内の獲得ポイントと引き換えに購入したりするのだが、
それらが上手くモチベーションの維持に繋がっている。
お洋服は1アイテムが全身であるため、
コーディネートするというよりコレクトする感じになっている。
中にはセガなだけに、ソニックやチャンネル5の服などネタが
多く盛り込まれていて、服だけでなく髪型など雰囲気がガラリと
変わる物が多く、服というよりかはフィギュアを集める感覚に近い。
他にも部屋の小物やキャラクター達へのプレゼントなど、
コレクト品はかなりの数で、昨今らしい豊かな造り。

リズムゲーム+コレクトと手堅いゲーム内容に、
豊かな物資を投入した印象だが、間口は広く、キャラクターの魅力
を充分に引き出したものになっている。


一番驚愕したのはエデイットモード。
自分でステージを作ると言えば、昨今記憶に新しいのは
アイドルマスターL4Uだが、なにを狂ったか本作に搭載
されているエデイットモードのエディット範囲はあまりにも広い。
ゲームハードのエディッタでは、歌と踊りとカメラワークのテンプレを
組み合わせるのが関の山と思っていたが、このエディッタでは
100以上あるモーションからコンマ数秒を切り貼りし、
カメラワークは座標単位で動かしてステージを映す。
もちろん曲は自分で用意したMP3を使用でき、歌詞も書いて
表示することもできるし、少し口パクも付けたりできるんだ。
ちょっとしたP気分を味わえるものになってる。
古い例えで言えば3Dムービーメイカーが収録されているようなもの。
無論、ゲームハードなだけにインターフェース的な不便さはあるものの、
ここまでのものを搭載するのは異例ではないかと思う。
ゲーム機用ソフトのエディッタで驚いたのはFPSのファークライ2以来だ。

これをプレイしているうちにいろいろミクゲームが出ちゃってはいるけど、
音ゲー好きにもボカロ好きにもPになってみたい人にも満足な一本
じゃないかな。 名前の後ろにPだよ!? すごくね
[PR]
by souka_t | 2012-10-25 08:17 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
【ラノベ】楽園島からの脱出 後編


前編に続き後編も読了。

殺戮ゲームの館の清涼感と
扉の外の予感を併せ持ったラストだった。

本編では濃厚な愛憎劇や、権力の移り変わりを
書いていて、それはもうせわしく、
思えば二転三転と大いに楽しませてもらいました。

それにしても女の憎悪の書き方が凄い。
それに伴なう男の弱さの書き方が巧い。
文節の所々に何気なく折り込まれた
「女ってのはこういうときこうだ」的な内容は
ついつい「だなー」って一人で読みながら本に
相槌してしまうほどで、そういう部分がなんとも面白く、
その面白さの性質がラノベらしくない。
だからこの方の作品が好きなんだろうな、と
読後妙に納得してしまう。

集団が没落して、また新たな集団が台頭する様も
妙に説得力のあり、初期作の扉の外での集団の書き方より
一層進化したように感じた。

舞台のゲームや仕掛けも
それほど穴があったようには見えなかった。
本編で再三に渡り書かれた「ルールの範疇」
という言葉どおり、各自がルール内で行動し、
次第に沸騰し抗争を展開するという様は、
MMORPGやソーシャルゲームの縮図のようでもあった。


実際に作中のゲームイベントがあったとして、
自分ならどうしてただろう? と読後に大半の人は考えると思うけど、
自分なら他が脱出を目指してる中ではじめからタイムオーバー覚悟で
リゾート満喫モードに入って、同じような目的の子と
ペア交換してもらった上でコテージかホテルの一室に篭って
ゲーム中にゲーム作ってるね。さすがに紙とペンぐらいあるだろうし。

ナビの女神像無しで脱出とか無理ゲーだよなー、
あれ実質最重要アイテムだと思うね。


と言う訳で超面白かったです。オススメ
[PR]
by souka_t | 2012-10-22 21:07 | ノベル | Comments(0)
2012年 月曜更新第四十三回
月曜です。
皆さん一週間いかがお過ごしでしたでしょうか。


先週は、江ノ島秋祭りということで、
その催しの中の1つドラゴンボートレースを観賞。
そして腰中で演奏会とローカルイベントを堪能しました。

GMの新作予約の方も徐々に増え、
在庫半数に達したライトウォーズが停止となりました。
ありがとうございます!!
新説チャトランガもじわじわと動き、この分なら本番までに停止。
再販の攻城ペンギンは予想以上に希望者が多く、更に増産を検討中。
奥義伝承は元々多めに作ってあるのでしばらく安心。
そんな具合であります。


今週末はひさびさのボドゲ会
りっちゃんを囲んで湘南でボードゲームをやろうぜの会
RSBを開催。
集合日時場所は 13:00に小田急線・片瀬江ノ島駅 改札前
(片瀬江ノ島改札1つしかないのですぐ分ります!)
参加者各位には今夜メッセージ飛ばします。


部屋片付けないとなー
寒くなってきたしやっぱ今回は鍋かー
久しぶりにガンズの潜入捜査官もやりてぇ~
5人対応のゲームそんなに数無いから
各自あったら持参してね><
ゲットマンいるからテストプレイはとことん回すよ!
[PR]
by souka_t | 2012-10-22 08:00 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
江ノ島ドラゴンボートレース2012 フリーの部

行ってきました。
2日目も盛況の江ノ島ドラゴンボートレース。



会場の端、選手の控え場。



実況者&スタッフの設営場。
レースの実況はここのアナウンサーの声が
会場の四方に設置されたスピーカーから流れます。

これがまた名調子。
各チームの紹介コメントがそれぞれのレースで
アナウンスされるんですが、それが面白く、
ついレースよりこっちを聞くのが楽しみになっちゃうほど。



会場は江ノ島と弁天橋を隔ててすぐの場所。
奥の山が江ノ島です。


逆側、向かって江ノ島駅の図。


橋の上から会場を見た図。







レース自体も1回1分半とショートレースながら、
先マイによるコーナーでの逆転や、行き帰りの体力配分による伸び縮みなど
最後まで勝敗が分らない名勝負満載です。

天候に大きく左右する大会であるため、
前年度の中止で2年ぶりのレース参加というチームも多々ありました。
来年も晴れて欲しいですね!
[PR]
by souka_t | 2012-10-21 18:45 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
腰越中学吹奏楽部演奏会


祝・東日本学校吹奏学部 金賞
地元の腰越中学が大快挙ということで、
急遽地元で演奏会が開かれました。

キャパの問題もあるし御父兄しか観賞できないのかなと思いきや、
誰でもウェルカムだったので観賞してきました。




久しぶりに母校の体育館に入りましたが、
近年新築されたのか、全く以前の面影がない綺麗な
体育館に生まれ変わってました。
なんでも体育館ではなく腰中アリーナと呼ぶのだとか。
時代は進みましたな



一週間で用意した小イベントながら、
このようにしっかりとしたパンフレットまで。
大会での選曲に関するエピソードなどが書かれていました。


座席はほぼ埋まり、目算150~200人ぐらいは集まってました。



この前のみなと祭に引き続き鎌倉市長の顔出し。



指揮は、その筋で有名な浅野先生。
彼女の指導の下、腰越中学吹奏楽部の躍進が始まったとされます。




最初の曲は、大会で演奏し高い評価を受けた
「ポーロヴェツ人の踊り」

初めからクライマックス過ぎ。
曲自体がもう壮大で、これでもかという各ソロパートの
音が際立つ際立つ。素人ながらこれは高い練度を要する曲と感じました。
知る限りでは海上自衛隊の楽隊と比べても劣らないほど。
東日本金賞のレベルは半端無いもので、この一曲目から度肝を抜かれました。

次に
「となりのトトロ」

イントロは風の丘から入り、歩こうマーチへと続き
劇中BGMをメドレーして、また最後に歩こうマーチへと戻る。
久石愛に満ちた素晴らしいメドレーでした。

そして
「銀河鉄道999 宇宙戦艦ヤマト」

ゴダイゴの映画曲からテレビ版OPへ流れて最高潮になったところで
ヤマトに切り替え。松本零士好きの私としては大いにツボ。
思えばガンダム好きルパン好き高橋留美子作品好きと
自分の世代はごった煮なアニメ時代でございました。
その中でも銀河鉄道999をして零士派だった自分にとって
このメドレーは震えます。まさかこのようなところで
零士ニズムを補充するとは思いませんでした。
来年は零士ニズムを発揮したSF作品に挑みたいです。


ラストは
「ユーロビートディズニーメドレー」

ミッキーマウスを中核としたメドレー。
最後にミッキーマウスといえば、フルメタルジャケット。
あの映画を語るに、鬼軍曹を持ち上げるニワカにどれほど
うんざりしたことか。違うだろ、と。
フルメタルジャケットは屈強な軍人が死地でミッキーマウスを
大合唱するという狂気に満ちたラストシーンこそが至高なのです。
なので、安易にキューブリック的演出を持ち込んだ
エヴァ破の参号機暴走シーンは大嫌いです。そうじゃないだろ、と。
ところがどうでしょう。ラストにミッキー、そうきたかと。
今回はどうにも私のツボを刺激する演奏会のようで、
聞いている内につい笑みがこぼれるほどでした。

MCを挟んで
アンコールは
「宝島」

これも賑やかな曲でした。
ファイナルをしめくくるのに相応しい大団円っぷり。
突発的でしたが本当に素晴らしい演奏会でした。


3年生メインなため、同じ編成で聞く機会もなかなか無さそうですが、
これからも腰越中学吹奏楽部を注目していきたいです。
来年のみなと祭では是非とも七里中や鎌高と対バンして欲しいです。
[PR]
by souka_t | 2012-10-20 19:12 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
江ノ島ドラゴンボートレース2012 男女混合の部

































初日混合の部は初観戦。
選手も観戦も男女半々ぐらいの層で、
河川沿いの場はレジャーシートで埋まるほど。

参加選手団も地元のマリンスポーツ集団から
海上警視隊までと幅広く、大変盛り上がってました。

明日はフリーの部です!
[PR]
by souka_t | 2012-10-20 18:02 | 日々よしなし事系 | Comments(0)