<   2012年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧
【同人制作】ウォーゲーム(仮)

秋の祭典に向けて品が揃いつつあります。
中でも今回のメイン…
少なくとも予てより自分のやりたかった事を形にした
という意味では活動のメインである
ウォーゲーム(仮)が量産体制に入りました。



これがマップボード。
マグネット仕様でクリアファイルに収納されています。
ゆくゆくは拡張することを前提にした挿げ替え可能な仕様です。


マップ上で使う建物や拡張地形。
これらはペーパークラフト仕様となっています。

地形はルールによって定められていませんが、
これらを使用し協議することによって
プレーヤーオリジナルの勝利条件や
地形ルールを設けることがでます。


これが今回の工夫の結晶であるユニットコマ。
こちらもマグネット仕様で、ボードにひっつきます。
ゲームではこれらを自分なりに編成することがメインになります。

物凄くライトなウォーゲームを目指すというテーマで、
基本ルールはフジテレビ深夜番組の「征服王」がベースになっています。

小規模戦・中規模戦・大規模戦とゲーム規模を決定してのプレイとなり、
小規模の場合は展開が早いため30分ほどで1ゲームが終わります。

また、ウォーゲームであるため、内容は直接的です。
ボードゲームのジレンマとは異なり、行くか待つかの
進退決断に大きなウエイトがあります。

編成大好き、ダイスでヒャッハーしたい、体は戦術シミュでできてる
っというマッチョ方に、是非お求め頂きたい!!

部数はこれまた超少ない予定です ごめんちゃい



********募集********

このゲームの名前が未だ決定していません。
実はゲームマーケットのサークルカット期限も迫ってきて
かなり焦ってます。なのでタイトル名募集します。
「○○○○○ 基本セット」か「○○○○○ 中世編」という具合になります。
○○○○○ の部分を考えて下さいませ。

投稿先はコメント蘭、通販のメール、ツイッターのダイレクトメッセージ、
お絵かきメッセンジャー、ミクシィ、フェイスブックなど。
参考にするためのゲーム内容への質問も受け付けます。

まぢお願いします。
採用者はマニュアルに制作者として記載&なにか粗品進呈。

*******************
[PR]
by souka_t | 2012-08-31 20:17 | 同人ゲーム制作 | Comments(3)
【文学】銀河帝国の興亡2

まだまだ続くよショーナン夏のSFフェア。

前回に引き続きアイザック・アシモフの傑作SFファウンデーションの2巻目。
タイトルが異なるのは、創元SF文庫版しか腰越図書館になかったから。
ぶっちゃけ早川版の方が会話のやりとりが分かりやすい訳になってる。
創元版はところどころイミフ。


今回も前巻に引き続き心理歴史学に基づく時代の変化が書かれている。
後半は一変して長編になっていて、いよいよ未知の敵が現れ、銀河系の星々が
戦う中、その未知の存在に対抗する手段と、「第二ファウンデーション」
という預言者の残した聖地を探す探索物語が展開される。

この後半の話はミステリ調になってたりで、なかなか凝ってはいるが、
今まで小刻み良い短編つづきだったためか中だるみは否めない。
個人的には未知の敵の正体のオチが早期に見えてしまったのが残念。
しかし、「第二ファウンデーション」のくだりは
良い具合にケレンミが効いてて先が楽しみで仕方が無くなった。
ついつい徹夜で読んでしまったほどだ。
この2巻目によって銀河は再編され、新たな舞台は整った。
第一部クライマックスの3巻目への期待は膨らむばかり。
ファウンデーションシリーズは面白いです。

明日から3巻読む予定。
[PR]
by souka_t | 2012-08-28 20:34 | 文学 | Comments(0)
2012年 月曜更新第三十五回
月曜です。
皆さん一週間いかがお過ごしでしたでしょうか。

先週は、夏バテ・寝違えたアゴ間接・口内炎からようやく回復し、
久々のゲーム会へ。ボドゲ成分を充分補給しました。


夏休み終盤のここにきて同人ソフトのDL販売も若干回りだし、
いつのまにかエクスリワードも第一目標の30超え。
ホントありがたいこってす。
琥珀色の動乱+エクスリワードは余程のことがなければ
あれ以上の規模で一次創作SRPGは出ないと胸を張っていえる作品なので、
充分お楽しみいただけるかと思います。
感想やクリア報告はショーナン公式サイトの掲示板でいつでもお待ちしてます。


マイブームの話。

既に11月に向けての作業が始まっているので、
基本的に手を動かしながら消化できる趣味に傾倒。
アニメも終わった1クールモノを一気に見るスタイルが
画一されたので、みなさんの話題とは1~2クールずれてます。
ラジオは昨今のフェイバリットだった「じゅうはちキン」終了決定となり、
意気消沈中。楽しみが4ゲーマーラジオとGT-R阿久津ちゃん回ぐらい。
現在のマイブームをまとめると

・海外SF本
・アニメ アマガミSS
・azusa
・小見川千明
・DOSゲームBGM
・スパゲティに何をかけたら食えるかギリギリのライン模索 第4期
・水筒ペプシ


■今週のゲットマン画伯





熱く最近のアイドル界隈を語るが、
秋の新作の話は一切無し。
果たしてサークルカットに間に合うのか!?


■月曜のお菓子

・ケンタッキー クラッシャーズマンゴー
ケンタッキーにクラッシャーズだけ買いに行くこともあるほど
クラッシャーズ好き。マンゴーは初めてでしたが、これまた美味い。
果肉がまた美味しい美味しい。9点
[PR]
by souka_t | 2012-08-27 07:03 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
第二回イリクンデパーティー行ってきました。


むかしむかし、はるかむかし。
仙界で2人の仙人が
夜な夜な
数字を並べ道を繋げる陣地遊びに興じておったそうな。

ある日、
関東王の段位を賭け、
勝負に及ぶと、
二仙の一人、いお仙人が勝ち、
祝賀の大遊戯宴を催すことになった。

「8の月、25の日に貴殿も来られたし」

関東王戦に大敗した
えーおー仙人の元にも招待状が届いた。

えーおー仙人は雪辱を大宴で晴らさんがため、
六芸に秀でた湘南四鬼を招集し、
大宴に乗り込み、混沌の渦に沈めようと画策した。


湘南四鬼・リア充王アモンド王子に書状を送ると
「は? 彼女とキャキャムフフすっから興味ねっす(^∞^)」
と返信があり、
えーおー仙人は静かに湘南四鬼から彼を除名した。

湘南三鬼・アイドル大好きゲットマンに書状を送ると
「アイドリングあついっす!」
などと供述しており、
えーおー仙人は一応それを了承と受け取った。

湘南三鬼・UFOキャッチャー先生あ~るに書状を送ると
「暇だから行く」
という、ようやくまとめな返答をいただき、
えーおー仙人は安堵した。



大宴当日。
人界に降り立ち、
約束の地・調布を目指した。
その途上、ゲットマンより電信

「インド人を右に」

湘南三鬼暗号コード135に該当する
「今日やっぱ無理」の意だった。

唐突な戦力ダウンを強いるが、
そもそも千葉県民のゲットマンを
湘南三鬼にカウントすんのおかしくね?
という身も蓋もない話で、
四人いた鬼も今や二人に事業仕分けされる。
世知辛い世の中を風刺した一件であった。

いいかげんゲーム会本編に話を進めたいと思う。



会場にて、人数が揃うまでHABAを嗜もうぜ
ということで、ショーナンさんがなんとなく持参した
キャプテン・リノをプレイ。


インスト2分で超簡単、5人まで遊べるという
高いパーティーゲームスペックを誇るリノではあるが、
意外と1対1の真剣勝負も熱い。
あと、個人的に好きなポイントは
HABAがどこまで本気なのか分からない
スペック表の「対応年齢5-99」
99がカンストなのか、はたまたあるいは・・・

なんとなく朝方に気が向いたので持っていった一品ですが、
結構回ってました。なんかもうすげえ遊んでもらっちゃって
ありがとうございます。買う決断を下してよかった。



集結し、朝礼後、
最初はカップルのように2人用ゲームでキャキャムフフしようぜ。
ということで、「ローゼンケーニッヒ」


キャキャムフフと序盤にどえらい詰まり手をくらいつつ流れを把握。

コレは面白い!

カードゲームより盤ゲーが好きな私にはマスト。
一見キツキツのアブストラクトっぽい物に見えるが、
その実たるや、超単純で超軽い。
予想以上にサクサクしたゲーム展開で楽しい。
かといって考えどころは多分にあり、
カードによる配置位置移動は目を見張るようなアイディアだった。
時間が許すならば、もう4~5回ローテも辞さなかっただろう。

うちにも1ケーニッヒ置きたいですね。
一家に1ケーニッヒ時代や
ケーニッヒ系男子流行がきますね。



全星系28億3000人と58匹のダイスファンが認めた
傑作ダイスゲーム「ギガンテン」
邦題「天空の巨人」

「ボードゲームは使うダイスの数で面白さが決まる」
と言ってはばからないショーナンさん。
もうクォーリアーズでも買ってろよおまえという
周囲の視線もなんのその。


「右上の白衣の老紳士は医者です」
と言う、どうながねこ族関係者・ザキ氏の発言が物議を催す。

「いや、技師だろ」

「VP付きはノーベル賞取った博士だろ」

「しかしだね、飛行機械にドクターは付きものでござんしょ」

「それより、このマーカーはルアーじゃね?」



ドイツの科学力は世界一。
やたらにプロイセンがチャレンジに勝ち圧勝の図。



パスタを焼き過ぎたショーナンさんの
イタリア飛行雑技団はわずか5点。
ダイス愛振るわず。

ギガンテン、傑作です。



今回のハイライト「エルグランデ」
ついに回る。

スペインの覇権を賭けて、
集結した軍勢は

北の地に覇を唱えるイリクンデ・タロア先生ことむぎん氏(青)
北東の最果てを根城とするUFOキャッチャー大好きあ~る氏(茶)
南部左側を縄張りとするイリクンデ・みんなの工作眼鏡紳士クムラ氏(黄)
南部隣の右側がこの私、ショーナン(緑)。

序盤戦、
動員に力を注ぎ、中央を軸に上手く兵力を散らすショーナン軍。
臨時決算などを駆使して手早く得点を入れていくクムラ軍。
最果てから中央に着々と兵団を送り込むあ~る軍。
派手に動かず、着実に仕込みに入るむぎん軍が後に続く。

中盤戦、
点数の上で爆走していたクムラ軍が
ショーナン軍の首都グラナダを攻略するため軍勢を派遣。
グラナダ大炎上。
業を煮やしたショーナン軍、塔の中の精鋭を
グラナダ守兵として増員。
世に言うグラナダ会戦のはじまりである。

一方、アクションの効果により中央の地の地価は激変。
全軍が睨みを利かし、小競り合いを展開していた
盛り上がり場であったが、地価下落により
二勢力が撤退。トレンドはその隣接地へと移った。

北部地域ではあ~る軍とむぎん軍がしなやかな
戦いをみせつつ、中央部やや南の地で
むぎん軍とクムラ軍第二師団との戦端が切り開かれた。

後半戦、
華麗なキングさばきで、むぎん軍東部を独占。
更に中央戦線においてもクムラ軍第二師団を圧倒し、
あ~る遠征軍と五分の戦いを演じ、
飛躍的な得点の伸びを見せる。

そして、地価変動が再び起こり、
ほぼ放置気味であった北東の果ての地が沸騰。
思わぬゴールドラッシュか、
あ~る軍が獲得に乗り出す。

時を同じくして、
ショーナン軍はクムラ軍に壊滅的な打撃を与えるため
クムラ軍の首都へ攻略部隊を派遣。
スペイン南部はいよいよ火の海となった。


クムラ軍、満を辞して大公の直営大隊をグラナダに着陣。
上の写真の状況である。

有史以来、これほどにグラナダが燃え上がったことがあるだろうか。
宇宙世紀ですらティターンズとエゥーゴでちょっとしたドンパチが
あったぐらいである。

この一件により大いに共倒れ。


最終決算でまさにコノザマだよ状態。
見てくれ、疲弊して共に仲良く同点ドンケツという結果を


ゴールドラッシュでまさかのクムラ軍第三師団と
引分けという劇的な押さえをくらったあ~る軍(最初の写真の図)。
それらを冷静に回避し、中央の覇権と東部の独占で
一気に逆転勝利をおさめたのは、むぎん軍でした!


超面白かったです。

苦渋を飲まされたクムラ氏には鎌倉ランカスターの会での決戦を所望したい。
シュッ~@(手袋)


「新説チャトランガ」いよいよ4人でテストプレイ。

1人で4役を繰り返してたときは
4P盤上ゲームにしてはやたらに決着が早いゲームになったと感じた。
で、実際4人でやってみると。
やはり速攻決着が付いた。

長考上等のチェス将棋の先祖にあたるチャトランガを模した
このゲームにおけるこのギャップを是とするか非とするか。
はてさてどうしたものか。



今回テストプレイラッシュ。
ワーカープレスメント系ゲーム。

結構小奇麗にまとまったゲームでした。
良い具合に勝利点だけ追って
運良く獲得チャンスにめぐまれ勝っちゃいました。 てへぺろ。



一方、リノの猛特訓をはじめていたイリクンデ・いお仙人。



ゲームマーケットで超少数部出展された
「秘密の貿易船」


これがまた、とんでもない吊るし上げゲーム。
役割カードと2種類のコインだけで
かなりワーキャーできることに驚き。
人狼・レジスタンス・お邪魔者といろいろやってはきたけど、
これはそれらと並ぶね。
ドミニオンのサプライのように、ゲームに混ぜる役割カードによって
ゲーム展開が激変するのも素晴らしい。
1ゲーム30分もかからず終わるので、リプレイ性も高い。

先行版とは絵柄が違う完成版がゲームマーケット秋ぐらいに出るそうです。
吊るし上げるのが三度の飯より好きな人には超オススメ。



最後は、いお仙人渾身の一作「しまんちゅ」のテストプレイ。

ポイントを消費して
土地の拡張・資源の獲得・品物の生産を行い、
お客に売って得点するゲーム。

資源を物に変換するってだけで おっ!キタキタ となって、
最大5ラウンドとか言われたら これはなかなかドイツゲームだねぇ と。
ちょい重めの見事なゲーマーズゲームになってた。

また、自由奔放なまでにいろんな要素が詰め込んであるのに、
ちゃんとまとまってるのが凄い。ぎゅっと締まってるのよコレが。
切り捨てず肯定して組み込んであるところに人柄を感じる
ゲームデザインに仕上がってると思った。

ゲーム自体も、いろいろ生産方法があるだけに、
何度も違う手を試してみたくなるから、
1ゲームしかテストプレイできなかったのは惜しまれる。
もっと回してみたいなしまんちゅのこと ぺろぺろ

秋に出るかも?とのことで、これは注目作になりそう。


と言う訳で第二回イリクンデパーティー行って来たの巻でした。
[PR]
by souka_t | 2012-08-26 11:25 | ボードゲーム | Comments(0)
【同人制作】ウサギ決死隊 その1

ショーナンロケッティアズマスコットキャラ・PIAの
ゲームついに登場!!

今回はまだ試作段階で、あらゆる要素を省き
根となる部分だけ形にした物。


コンポーネントはカードとメダル


カードの裏絵。
フラッシュアニメっぽくね?


今回の主人公達。

彼らにとんでもない運命が待ち受ける!!
[PR]
by souka_t | 2012-08-24 23:21 | 同人ゲーム制作 | Comments(2)
【文学】ファウンデーション1


ショーナン夏の大SFフェア実施中。
今回は海外SF作家御三家の一人、アイザックアシモフ氏の
ファウンデーション。

副タイトルに銀河帝国興亡史とあるから、
銀英的なアレやソレなのかと思いきや、全然違い、
50~100年区切りで人の移り変わりを書いたガチな歴史物でした。
これがまた猛烈に面白かった。間違いなく傑作。

生活の基盤というのは大事なSF要素な訳ですよ。
この作品は、1人の預言者的な人物の言葉を軸に、
その基盤の移り変わりを上手く書いてる。
存亡の危機を乗り切るために統治体系を変化させ
難局を回避するアクロバットな展開の連続で、
その1つ1つがショートストーリーのような話にまとめられている。
それらは話が進むごとに年代が一気に飛び、
一躍英雄になった人物がいたと思ったら突然に過去の人物になっているため、
人物の入れ替わりが一気に来る。なので、登場人物に愛着が沸いて来た
タイミングで新キャラに全入れ替えなんてこともあり、
キャラクター小説としては不完全燃焼かもしれないが、
それを補って余りあるほどの壮大な流れと壮大なハッタリで全編読める。

なんと言っても序章の掴みが上手かった。
心理歴史学というなんともうさんくさい設定があるのだが、
この権威である人物、前述した預言者的な人物。
彼がはじめに読み手へ叩きつける壮大なハッタリで一気に話にハマる。
もうね、序章の後は彼に関する話題が出る度にニヤニヤが止まらんのですよ。
時代を経て語り継がれる彼の話だけで白米が食える。

これが戦前~戦中あたりから書かれたっていうんだから、
海外のSF作家の想像力たるやポテンシャルインフィニット過ぎる。
そういったちょっとした時代背景も考慮して読むと更に味わい深い。
また、原子力が問題視されている昨今にこれを読むのも乙なもので、
原子力を失って食い物にされる文明も書かれてたりする。


そして、なんともゲーム的に感じるんだよね。
SFゲーム作るならファウンデーションを参考にしたいなあ。
パンデミック的に銀河辺境に危機が迫ってきて、
それをいろんな統治スタイルに切り替えて乗り切りつつ、
他の辺境勢力のプレーヤーを経済的に圧迫させ、時には武力にて蹴落とす。
最終的に危機を産み続ける中央の帝国を打倒する。みたいなね。

とりあえずその前にレースフォーザギャラクシーがめさくさやりたくなってきたわ。
鎌倉・藤沢近辺で一晩中ぶっ倒れるまでボドゲ出来るSF好きを緩く募集><
あと誰かレースフォー安く譲ってくれ~。

ファウンデーション2は現在読書中。
[PR]
by souka_t | 2012-08-23 07:12 | 文学 | Comments(0)
江ノ島花火大会2012

夏といえば花火。
今年は逗子の花火が前倒しになり、
江ノ島の花火は去年の自粛により2年ぶりの実施。













写真は一風堂の前から撮ったもの。

この納涼花火は20分間のショートバージョンですが、
今年は10月に本番の花火大会があります。
[PR]
by souka_t | 2012-08-22 07:52 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
【ゲーム】モンキーターンVクリア感想


夏やし、どうせなら涼しいゲームがやりたいな。
ということで、PS2版モンキーターンVをクリアしてみました。

このゲームは同名アニメのゲーム化。
意外と数少ない競艇ゲームでもあるため、
このジャンルとしても希有。廉価版なども存在する。


慣れるまでかなり苦戦するが、慣れた後も常勝無双って訳でもなく、
常に緊迫感があるのはいいねえ。
逆に、キャラクターゲームをここまでガチガチな内容にするのは
どうかなって思ったけど、そのおかげで攻略のし甲斐があった。

何がガチガチだったかと言えば、
このゲームは基本的に"3位を取るゲーム"なんだ。
もちろん後半にマイキャラが成長して道具も一通り揃えれば
1位の壁を越えれるようになるんだけど、
それまでに多くの下積みを要するゲームなんだ。
ここで「気持ちよく勝たせろよ!1位取らせろよ」なんて駄々をこねちゃう
おこちゃま気質にはこのゲームはオススメできない。
「どうすりゃ勝てんだよ」っていろいろ模索するタイプならマストバイ。
競艇もモンキーターンも知らなくてもハマると思うね。
現に自分はそこまで両方とも詳しくないがハマった。


競艇独特のペラいぢりも再現されている。
これがまた、今やってみるとソーシャルゲームの課金システムに
酷似していて、変な笑みが込み上げてくる。
以下てきとうにまとめたら見てくれ

・0ポイントの無料ペラ
上限はたかが知れてる。がんばっても序盤の3位に食い込める程度。
加工中に一定確率で壊れる。最大使用回数5回で壊れる。

・5ポイントの有料ペラ
スペックの上限が倍以上上がる。上手く加工すれば気合で1位。
加工中に一定の確立で壊れる。最大使用回数5回で壊れる。

・50ポイントのハンマー
ペラ加工中に壊れる可能性を少し下げる。でも4~5回に1回ぐらい壊れる。

比較:前半のレースで3位にはいるとだいたい10ポイントぐらい入る。


ライバル選手からペラを奪うという要素もあるにはあるんだけど、
容易に勝てる選手はだいたいゴミペラなので、よほど上手く勝ち繋がない
限りは自分のオリジナルペラを加工する事になる。
そして、傑作ペラを自分で作り上げたとしても、5ある耐久度のうち
加工で3~4は消費するため、実質1~2回のレースにしか使えない。
先のステージに行くとなると、無料ペラをいくらいぢっても勝てなくなるため、
何度も何度も有料ペラを購入しては壊したり使い切ったりを繰り返す。
正直、このペラいぢりこそがこのゲームのプレイ時間伸ばしに貢献している
と言っても良い。まさにソーシャルゲームの課金アイテム攻略のそれだ。
特に使用限度回数が設定されてるあたりがMMORPGじゃなくて
ソーシャルゲームっぽいだろう? 今やってみると うわあ・・・ って感じだ。
是非廉価版か何かを購入してこの感じを味わって欲しいね。

総評するに、今やってみると意外と面白い。オススメしたい
[PR]
by souka_t | 2012-08-21 05:49 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
2012年 月曜更新第三十四回
月曜です。
皆さん一週間いかがお過ごしでしたでしょうか。

先週というか昨日は腰越自治会祭。











天王祭と何が違うの?
と言われるとちょっと困るんだが、
こっちは的屋が出ない。ややこじんまりしてるお祭りだ。

次の地元祭りは、9月11日。
このわたしの誕生日と同じ日に行われる龍口寺の祭りだ!!
[PR]
by souka_t | 2012-08-20 08:11 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
ピザを作る日 7

今までテキトウにピザにこじ付けていたが、
ありゃあ全部ウソだ。
ここを読むナイスガイとディアなガールが、その日ドヤ顔で同僚やら友人に
「今日はピザに関連がある日なんだぜ」
なんて言い出さないように、微妙に記事の日とずらしてある。
ピザなんてもんは食いたい日に食えばいいんだ。


事の始まりは、スーパーに盆の花セットを買いに行った時、
ついでにジャンク菓子を補充しようかと思ったところ、
それじゃ芸が無いということで、強力粉を選んだことに始まる。

えのでんはうすの青い花展やら、タリタリのスタンプラリーやら、
書いたら削除要請がきた江ノ●コミ●ンやら、
たいていの夏のイベントは終わり、イベントネタは尽きた。
ならば、ネタは自分で作る。
この基本中の基本に立ち返り、奇抜な更新をやってみたくなった。

今まで多くの日記書きやブロガーの駆け出しを見てきたが、
たいていネタが無いから更新が止まり、永遠放置となるパターンが多い。
更新なんてものはね、なんだっていいんだよ。
とにかく続けて、1年後に書き溜めたものを自分で読み返して
ニヤニヤする。この気恥ずかしいまでの面白さを味わって欲しいんだよ。
なので、「ブログやりた~い」と言う駆け出しちゃんには
必ずといっていいほど見せるサイトがある。

それがコレだ。

永遠と毎日1枚づつ自動販売機の写真を載せる。
ただそれだけのブログだ。
まずその発想が凄い。
それは、誰でも出来て、誰でも手間を掛けず、誰でも続けられる。
もはや空気を吸うがごとしのなんらかのリズムだ。
くだらないことでも、ここまで続ければ
もはやかっこいいんだよ。

なにか凄いことをやってやろうという
高い志は大切なものだが、
残念な事にそれは続かない。
それは同人ゲームも同じで、
空気を吸うように生活に溶け込ますことが最大の完成の秘訣だ。
たいそうなワークショップも良いが、
俺はこういう基本精神を培うことの方が大事だと思うんだ。
できる人には方法論が必要だが、大多数には教義が必要だと思うんだ。
思うんだ!



至った形はサンド型。
パン粉を使うのだから、パンの基本型に至るのも納得だろう。
ロール型も良かったが、最後はこの可能性を模索したい。

模索といえば、東側の面々でも
おもしろいことを模索したいよな。
やっぱりシーンは西側にあると俺も思うんよ。
ツイッター見ても西の面々は繋がりが強いなあと思う訳よ。
何の話か分からないって?
分かる同士で土曜を楽しみにしようじゃないか。な



オーブンにイン。
固めの10分。

そう言えば、
SAKUSAKUの新MCは久々にオーラを感じるな。
カエラ以来だ。かなりマブイというか
SAKUSAKUの破天荒さに見合う娘だなと思う訳よ。
SAKUSAKU→もこずキッチン→ハートキャッチプリキュア
が朝の鉄板。その後は家出て先マイで。



こんがりだ。
真中がぽってりしてるが、
からあげを解体して包めば、もっとスリムになっただろう。

スリムに、生まれ変わったらレゴブロックになりてえ。


試食。

パン皮はサックリ、中はジューシー、
サクジュー、俺は非リアジュー、ヘイ、チェケラ。
俺も侮ってた。リア充は信用しちゃいけねえ。忘れていた事を思い知った。
じゃなくて、
やはり狙いどおりだった。
サンド型もロール型同様にピザ具と相性が良い。
ピザというより、もはやパンだが、
これはこれでいいんじゃないかな。
85点だ。

みんなも夏はピザを焼こうぜ。
無心で生地をこねくり回し、
キャキャムフフと具をトッピングし、
海外SFを読みながら発酵や焼き上がりを待つってのも乙なもんだ。
[PR]
by souka_t | 2012-08-20 07:46 | 日々よしなし事系 | Comments(0)