<   2012年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧
新説チャトランガ 第六回


チャトランガに関してウィキペディアでも参照されている
増川宏一先生の著書「将棋の起源」を図書館で発見。
内容は日本の将棋のルーツや伝来経路を探るのが主だが、
起源に関する項目では四人用チャトランガに関する
貴重な記述が多く、大変参考になりました。

特に気になった記述をまとめると

・当初、駒は戦車だけだった。駒が重なり戦いが生じ、
 1つを取り除いたら出発点に戻ったとされる。アウエルバッハ説
・当初、賭け金が設定されていたため、非常にギャンブル性の強いゲームだった。
 ・王が1つの升目を占め、他の王がその升目に来ると賭金を得た。
 ・その時対置された側の王を取れば二倍の賭金を得た。
 ・もし同盟者の賭金を得た時はその軍隊の指揮権も得る。
 ・駒それぞれに点数が設定されていて賭金に関わる。王が最高点。
・他の王駒を得て、自分の王が取られた時は手中の王を盤上に戻す。
・向かい合ったプレーヤー同士合意で同盟することができ、
 王をはじめの升目に復活させる。プリチャード説
・将棋は2人で指す物という先入観により、1970年代まで4人制の
 認識はほぼ無かった。4人制の研究は比較的新しい観点。
・アラビアに伝播して象が僧正になったのが象消失のゆえん。金田一説
・チャトランガに関する最古の文献「ハルシャチャリタ」「ラグナンダーナ」


これは面白い!
私が度重なるテストプレイで模索した結果の1つに、
「駒に点数があるのでは?」という疑問があったが、
まんま示唆されているではないか。
同盟関連の設定も、4人制から2人制に至るための過程であったのかもしれない
という説も面白く。そもそも4人用で同盟って必要か?という疑問と一致し
参考になった。

これらから再度考察すべき課題が増えた。
まず、ギャンブル性の高い内容だったとする説から、
盤・サイ・駒に加え「チップ」の要素を想定した
ゲーム性が必要なのではという課題。
次に、変に同盟を組むよりバトルロイヤルという体で
遊んだ方が盛り上がるとして一蹴した同盟ルールの再検証。
この2つは急務となった。

そして、自宅会で対人プレイを試行した結果。
プレイアビリティを高めるためロッドタイプの4面ダイスの
採用が必須と分かった。
こちらもいろいろ考えてはいるものの、意外な苦戦中。
四面鉛筆を使用する → 無地の四面鉛筆がなかなか売ってない
木材加工 → 加工スキル皆無、一からの修得が必要。
ペーパークラフト → 要検証
といずれも新しい加工法に挑まなくてはならない状況に追い込まれた。


本夏となり、新説チャトランガも正念場を迎える展開となった。
考古学と歴史学そして伝統遊戯を交えた今回の取り組みは
最高に刺激的だ。今年中の完成を目指したい。
[PR]
by souka_t | 2012-07-31 08:17 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
ボードゲームナビ2012-02に載った!

本当にびっくりした。
誰も教えてくれないもんだからガチなボッチっぷりを痛感したぞ。
じゃなくて!!
まったくノーチェックだったボードゲーム雑誌の
ボードゲームナビに、拙作の攻城ペンギンが載ってました。
発売日前後にツイッターで「同人ゲームでいっぱいだ」と話題になってたので、
公式サイト覗きに行ったら、あらびっくりですよ。

名だたる秀作同人ゲームが並ぶ中、
ジップロックに詰めた手作り全開なの俺だけやん!

そんな訳でアマゾンで取り寄せてみました。
ボードゲーム雑誌はじめて買ったかも。


雑誌の裏表紙。

ほらほらほら、一覧にあるっしょ。
あらびっくりですよ。
このびっくり加減をめぞん一刻で例えるなら、
若い頃の四谷さんぐらいびっくりですよ。
更にうる星やつらで例えるなら、
未来のさくら先生が響子さん激似ぐらいびっくりですよ。
一応らんま1/2でも例えると、
現実で九能の妹派に会うぐらいびっくりですよ。
駄目押しで犬夜叉でも例えておくと、
いつのまにか完結してたこと自体びっくりですよ。
境界のrinneはアニメ化待ちなんですが、まだですかね。

つか、なんで高橋留美子先生作品で例えてるんだよ。



そして、本当に載ってた。

いやもう、ホント、ありがとうございます
ありがとうございます、ありがとうございます。

過去3度ほど雑誌掲載はありましたが、
いずれも1/12ページぐらいの小枠にちょいコメ程度のもので、
1/2ページも割いての紹介なんて今回が初めてですよ!!
大好き抱いて!!



更に。
なんと、あの"忍者増田"が1コーナーやってた!

自分、パソコン雑誌のログインが大好きだったので、
このタイトルとレイアウトはめちゃくちゃ馴染みがあるんですよね。
巻末の田中としひさ先生の漫画の中には、寺島玲子先生まで
出てるじゃないですか、本編でもチラッと墜落ネタかましてるしっ。

もうこれはログインでしょう。
ログインに作品が載ったってことでいいよね。
今年のショーナンは大快挙ですよホントに。


非電源界隈に来て2年、
これ以上なにを求めることができようか。
我が将星は輝き、身体は気に満ち、
勢いたるや破竹。
只管に産み落とすを良しとし、
只管に手と頭を動かしてきた。
刃と物差を友とし、
紙と袋と戯れて、
まだ見ぬ創作を夢見た。
まこと、これ以上なにを求めることができようか。
[PR]
by souka_t | 2012-07-30 20:45 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
えのでんはうす・青い花展

先月の釣り球展に続き、今回は青い花展。
最近のえのでんはうすはこういうのにやる気を見せる姿勢で嬉しい。
なんと言ってもウチから超近所だ。

















原作原画からコピック(水彩絵の具?)塗りのイラストまで、
小さなスペースいっぱいに展示されてました。

いや~ん フミちゃんかわいい。
メガネかわいい。
百合かわいい。





グッズもいろいろ売ってました。
トートバックや缶バッチやレターセットがありましたが、
その中からクリアファイルをセレクト。
いや~ん フミちゃんかわいい。

アニメ版しか見てないニワカ信者ですまぬ。

まだ続いてるから、ファンの諸兄は江ノ電江ノ島駅へGOだ。
[PR]
by souka_t | 2012-07-30 19:14 | 描きつくれば漫画系 | Comments(0)
2012年 月曜更新第三十一回
月曜です。
皆さん一週間いかがお過ごしでしたでしょうか。

先週は、同人関連でびっくり仰天なことがあったり、
えのでんはうす・青い花展に行って来たりと
大小イベントを挟みながら、夏風邪にやられてダウンしてました。

いやはや暑い。
この時期は何をするにも億劫で、例年に習って
6~7月中に活動大方針を決して作業を前倒ししておいて大正解。
以前なら、このコミケ進行の時期こそ一番ドタバタな様相でしたが、
湘南の蒸し暑さは年々シャレにならないことになってまして、
本当にグッタリな具合です。

目下11月のイベントに合わせて2作品制作中で、
今月中にそのうち1品は準備完了。
もう1品の仕様をどうするか8月中にゆるやかに決めつつ
夏イベントを堪能する方針。読書は海外SFと久々のラノベいっときたいね。

積みボドゲの消化も面々の協力あって一段落したものの、
まだ未対人が2つあるので、これらも近々やっときたい。
重めのハードローテとかやってみたいので2~3人ほど募りたいね。
湘南鎌倉まで来れるナイスガイは一報下さい。
もちろんニューカマーでもOKだ。コミケシーズンだし、
コミケ前夜でも後でもどんと来い。
創作系のナイスガイなら試作品のテストプレイを一晩中とかでもいいんだぜっ!!


■夏のツイッター強化週間
http://twitter.com/#!/hypnoss
フォローしてメッセージで「大好き抱いて(////」と送信してくれたら
確実にフォロー返す。まぢで。
遠慮なくやってくれ!


■月曜のお食事

以前きむぺさんからいただいたタコスライスの素をパスタに使用してみた。
これがなかなかカラ美味い。夏にカラい物でかく汗は最高だ。
[PR]
by souka_t | 2012-07-30 09:04 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
【ボードゲーム】ビブリオス

日本語版にあらず。たぶん今出回ってる日本語版と内容は同じ。
購入当初は稼働率がそれほどでもなかったが、
今年に入ってから結構な数を回してる。
今回の湘重ボを合わせて少なくとも6プレイはこなし、
手持ちのゲームでは割とお気に入りになりつつある。
そんなビブリオスの感想まとめ。


ビブリオスは二部構成になっていて、
前半は山札から引いてひたすら自分と競り場と他プレイヤーに分配する。
後半は競り場に置かれたカードを1枚づつ競り落とす。
そして、カードの記号に該当するダイスを取り合い、得点を集計する。

ユニークな行程を踏むため、ルールを誤解する人が多くて
なかなかこのゲーム自体がブレイクしないのでは?
と勘ぐってしまうほど個人的にはドストライクなのだが。
日本語版の同発組では人気が一歩劣る印象なのが残念だ。

ゲーム自体はひたすら自分で安全圏を設定してカードを確保するだけ。
その過程で、どの記号を集めるか、損切りするか、のジレンマがあり、
シンプルなようで所々の決断は重く熱い。



写真は終了時。見事に私が3個取りを果たした瞬間。

このゲームはカタンや王への請願同様に"ダイスとの付き合い方"を
考えさせられるゲームだ。
なぜならば程よいサイズで質感も色合いも良いダイスが5つもあるのに、
"一切振らない"からだ。ダイスを点数表示の機能として使用するなんて、
ダイスの神あるいは変数の神が許すのだろうか。
なんと罰当たりなゲームなのだろうか。
なんとダイスに対して向こう見ずなゲームなのだろうか。
パッケージには厳格そうな修道士が描かれているが、
私のようなダイス教徒からすれば、もはやギャグ。

許されざるゲームだ。
ビブリオスは絶対に許さない。絶対にだ。
大好きだ。メディチぐらい好きだ。
[PR]
by souka_t | 2012-07-29 16:58 | ボードゲーム | Comments(0)
【ボードゲーム】エルサレム

これまた1年間の積み込みでようやく
対人プレイ実現と相成った一品。
大箱ボードゲーム・エルサレム。

今回は3人でプレイ。
ルール解読しながらの進行となった。


エルサレムはエリアマジョリティと呼ばれる
地域の支配権を争うゲーム。
プレーヤーはエルサレム内の勢力の1つとなり、
自らの従者を区画に送り込み支配力を高める。
次第に高まる名声ポイントを消費して塔を建て、
その塔の高さによって勝敗を決める。


写真は終了時。

ルール把握の1ラウンド目は軽視していた
ダビデの塔区画が、2ラウンド目から小競り合いの場に。
この区画の支配者は全員が従者配置終了時に1従者を
好きなところに飛ばせるため、この区画効果による
牽制が効き、他の区画を支配するには実質2個以上多めに
配置しなくてはならなくなった。
前半から中盤にかけて各人とも力を注ぎこむ区画と
つまみ食う区画とで微妙な均衡を保っていたが、
災害イベントにより均衡が一気に崩れる。
この進退交代劇は見事なもので、最後の王様ボーナスまで
油断ならない状況が続いた。

一度のプレイからでは、結局何に力を注ぐべきかの
最適解は見えてこず。
競り・配置・建築と考えどころが多いだけに
もっといろいろな戦法を試してみたくなる。

かなり場所を取って内容も重めだが、
アートワークはべらぼうに美しく、
プレイ後の満足度も高い。
物凄く良いゲームだと思う。
[PR]
by souka_t | 2012-07-29 07:00 | ボードゲーム | Comments(0)
【ボードゲーム】イントリーゲ

去年末あたりに購入して寝かせておいた
イントリーゲをようやく対人プレイ。
湘重ボで3人プレイと相成った。

イントリーゲは一部で「酷いゲーム」と評される一方、
もっともシンプルでもっとも自由な交渉ゲームという
高い評価を得ている一作。

ルールは、
4種x2の計8個づつ配られた駒を
他者の機関に2個づつ配し、
交渉により高いポストに入れさせてもらう。
その際に同種の駒2個は機関に入れないため、
もし駒の種類が被った時は機関側の裁量で
既に居る駒を島流しにするか、来た駒を門前払い
にして島流しにするかの決断に迫まれる。
これが全4ラウンド+収入のみのラストラウンド
で進行し、最終的に資金の多さで勝敗を決する。



プレイ開始時。
手前の4つの建物が描かれたカードが自分の機関。
8つの小さな駒が相手送り込む自国の要人。

積んでおいて半年以上、ずっとプレイを妄想していたが、
こりゃあヤバイ。
確かにカウンティングの要素こそはあるが、
印象の与え合いが重きを占め、
時としてそれが過剰な競り合いにもなる。
シンプル過ぎるイス取りゲームのくせに、
あまりにも人の意思が介在する余地があり過ぎるため、
プレイ感は凄まじく重い。たった5ラウンドが
進めば進むほど重くなって行く。



決算。

交渉に継ぐ交渉。
飛び交う賄賂。
謀略により島流しにされた駒の数々。

いやあ、最高に面白い!
ルールによって守られている事が余りに少ないがゆえに、
人を選ぶし、対する人によっては息苦しいだけだろう。
だが、この全くの運の要素が無いシステムや
ここまでゲームを人の意思に委ねることができるという
残酷なまでな斬新さがたまらない。大好きだ。
そのうちまたやりたい。
[PR]
by souka_t | 2012-07-28 07:28 | ボードゲーム | Comments(0)
【ボードゲーム】キャプテン・リノ



夏はHABAりたい
と思い、HABAの傑作バランスゲーム・キャプテンリノを
すごろくやさんから購入。



中身のセットはこんな感じ。
土台カード、壁カード、床カード
そして、リノフィギュア。


キャプテンリノは手番順に壁と床を置いていくだけの
超シンプルなゲーム。
床カードに様々な効果が書かれていて。
次の人が1回休みだったり1枚ドローだったり
リノのフィギュアを現在の階層に移すアクションが追加されたりする。


難易度は足場の壁2つからはじまるイージーと
足場1つからはじまるハードが用意されてる。

写真では足場2つからはじまるイージーで組んでるところだが、
これがかなり高く積めるので、見た目的にもかなり面白いことになる。



崩れた瞬間。
バランスゲームの醍醐味とも言える崩壊。
ウッドマンもそうとうなものだったが、これもなかなか。
バランスゲームを楽しむ時は、この崩れた瞬間を笑い合える人でありたい。
スティッキーといいHABAはこういうことをよく分かってる。
素晴らしいゲーム会社だと思う。


湘重ボ会でも投入。
写真はゲーム後半、タワーが伸びて座りながらでは
セットができず、全員が立ちだした時。
立つ=マヂになる
的な雰囲気がちょっと可笑しかった。
リノは楽しいねえ 楽しいねえ


途中の階層から覗くリノ。
このゆるいキャラがなんともボードゲームらしい。
萌え萌えも嫌いじゃあないが、
私の中のボードゲームはこういうのだなあ。

ずっとHABAが楽しめる大人でありたい。
[PR]
by souka_t | 2012-07-27 08:38 | ボードゲーム | Comments(0)
【同人制作】ダイソー・100均のりスプレー

100円均一のダイソーで「のりスプレー」を買ってみました。

文房具屋や専門店ではだいたい500円以上するものが
主流なので、この100均のが実用に耐えれば
かなりのコストダウンに繋がります。



実際使用してみた感想。

文具店とかに流通してるものに比べると
段違いに粘着力が弱い。
接着する物によってはいささか心許無いが、
ちょっとした紙を貼り付ける分には充分。
接着位置を間違えた場合も容易に剥がせるので、
用途によってはかなり使えそうではある。

今回はボードゲーム制作のチップコンポーネントに
絵柄を印刷した紙を貼り付けるのに使ってみたが、
悪くないと思う。一晩経ってもしっかり粘着しているところから
特に問題は無い。うちでは採用かな。
[PR]
by souka_t | 2012-07-26 19:08 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
【ボードゲーム】パンデミック 難易度ノーマル2人感想

以前、テストプレイ程度に回したパンデミックでしたが、
今回は宅会にて難易度ノーマル・2人でプレイ。
自分はシステム側の進行役をやりました。

パンデミックは協力ゲームです。
プレーヤー達は感染症撲滅のエキスパートとなり、
お互い連携し合って世界中の感染を防ぎ、
最終的にはワクチンを作り病原体を根絶することを目指します。

「未曾有の病害から世界を救う」という時点で
シチュエーション的に満点。パニック映画の主人公や
科学特捜班をロールプレイする訳ですから、燃えない訳が無い。

ルールも簡単で、プレーヤーはひたすら8つの中から4アクションを
こなして行けばよいだけ。
ただ、インストの時点で気をつけることは多く、
勝利条件と敗北条件の明確な説明と
手札の制限や受け渡し時の制限をしっかり説明しておく必要がある。

プレイ。
今回は世界を滅ぼすシステム役でプレーヤー2人の
プレイを見てきましたが、初回プレイだというのに
なんとも連携が密で手際が良い。
あっという間に黄色のワクチンが完成し、
結局ゲーム中に黄色の地域であるアフリカと南米では
一度たりとも病原体が置かれる事はありませんでした。
発展途上国だけ発生しないウィルス騒ぎって何?
化学実験の失敗で起きたバイオテロ?
といった具合に、妙な設定を匂わす展開は面白かったです。
ゲーム中たった1度しかアウトブレイクが起きず、
病原体が世界を覆っていくというこのゲーム独特の恐怖感
は無かったものの、最終的に山札が尽きかけて
ラスト2~3枚のところでゲームクリアという
ギリギリの勝利を演出していました。



これが勝利時の記念写真。
約束の地・東京で最後のワクチンが完成した瞬間。
ゲーム展開では、北米・西欧諸国・アジアと病原体を各固撃破して行き、
最終的に東の最果てである東京で決着が付くという綺麗な展開でした。

2人用を観察しての感想。
悩ましさ凄まじく、全編に渡ってお互いに協議していたのが印象的。
2人ゆえに、まとまるものがまとまり易かったとする見方もあり、
エキスパートの能力も全くの無駄が無く運用できていたようにも見えました。
前半の手札調整で多くのカードを破棄していたことで、
終盤では山札から赤のカードが出るか出ないかで勝敗を分ける
状況になったところから見ると、少人数でのプレイで手札7枚制限は
かなり利いている様子でした。いやはやよくできてますね。

次回プレイする時は3人で最高難易度に挑戦したい。
[PR]
by souka_t | 2012-07-25 07:07 | ボードゲーム | Comments(0)