「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧
マイルドカフェオーレ
デジタル



コレクションフィギュアDX 宇宙船サジタリウス Part.1

俺も自他認める二次元狂だけどさ、
アン教授とハドソン夫人とペネロペは別格だと思うんだ。
ケモナー?違うんだよ、ケモナーっ気もあるけどさ、
人外ってところが萌えるんだよ。
いずれはオリジナル絵本を作りたいと思ってるんだが、
主役は人外しかないだろう。人間が出てくる絵本とか邪道の極み。
最近の絵本マニアはそれがわかってねえ。100まんかいいきたねこを
100まんかい読み直すべきだろう。

ところで、サジタリウスといえば、
当時うちの地域ではドリモグとブッキングした時間帯に放送してたんだが、
アニメ視聴に於いて究極の選択と言っても過言ではないほどにどちらを
視聴するか子供心ながら迷ったものだ。
どちらが好きかと言われればドリモグなのだが、
恐らくあの大脱出丸パクリのメロディがキャッチーだったのだろう。
未だに独りで歌う時がある。
歴史好きになったのもドリモグの影響が大きいな。
あれはヨーロッパメインでカール大帝とか劇中に出てきたはず。
幼い頃にSFか歴史かという重大な選択をしたって訳だな。
サジタリウスが星雲賞を取ってるのに対してドリモグは文部省推奨
ってところがその関係を如実に表してるだろ?

またドリモグ見てえなあ。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ショーナンロケッティアズブログは架空の湘南住まいヲタが更新している
チラ裏日記です。政治団体・宗教団体・人外フェチとは無関係です。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



皆さん、ガーリック!!
一週間いかがお過ごしでしたでしょうか?

先週は、思いつきで1つの簡易アナログゲームを
仕上げました。詳細は明日。
今年最後のアナログゲーム大勝負をやるぜ!!

それと年末・来年以降に向けて
ボードゲームの会参加者募集中です。
神奈川県南部に気楽に来れる方、是非ご一報下さい。
コメントでも360メッセでもツイットでも構いません。
ボードゲーム初めての人でも構いません、
むしろその方がプレイする側としても新鮮味があるので歓迎です。


■今週のガレージ大作戦の会

第十一回ノールの女王(テリトリー戦)


衝撃的な価値観と遭遇しました。
日頃から趣味趣向がちょっと変わってるというか、
どうにもこだわり部分にブレとテキトーさを併せ持ち、
ちょっと理解し難い大先生。
一番理解し難かったのはコミケでの本の購入傾向です。
ブリーチ・ナルト・リボーンと少年誌系が趣味なのは
日頃から見ていれば分かりますが、どうにも買い方がおかしい。
女性向け一般を好んで買うというより専門です女性向け一般専。
自分ぐらいになると剣八攻めとかガチなやおいに手を出しますが、
大先生はあくまで"一般向け"です。

それって別に男性向け一般向け少年誌ジャンルでもよくね?

という質問をぶつけてみました。
そうすると、あまりに衝撃的な答えが返ってきたのです。
敢えてそれについての自分の見解は書かない事にします。
大先生の答えとは-

「女の子が描いてる一般向けの少年誌系がいいんだよ」
「女の子が描いてるってところがいいんだよ」
「キモヲタ(男)が描いてるじゃだめなんだよ」
「女の子が描いてる絵ってかわいいだろ」


この答えについて、自分はガチで一晩悩んだんですが、
もしよろしければ皆さんのご意見お願いします。


はい、前置き長すぎです。
ガレージ大作戦の会の詳細行ってみましょう。



第十一回の参戦者紹介



■Aristell
龍馬伝最終回に焦りの色が隠せない。
石川県を代表するガレージ大作戦の申し子。
ギアーズ1をいっしょにプレイするフレがいなくて放置中!!
いっしょにやってあげて>< 
今回は今までの中では比較的シンプルな"俺がサーキット"に搭乗し参戦。


■Shinone
大河ドラマって何?美味しいの?
おっと出ました、スポーツ特にサッカーにしか興味が無い
ボールが友達のこの男!!RUSE飽きたなら俺に下さい!!
ガレージ界の暴れん坊天狗・Shinoneここに見参。
今回はライティングがまぶしい"デキタテくん"で勝負。



■hyppnoss えーおーあい
やりたいことは何 そう聞かれるたびに 青い空を見上げた
答えは常に「ONLY MY HART」!!
出ました幻の大技を引っさげてやってきたこの男。
カレイドステージは拍手喝さいだ!!
今回はスモークが煙い"黄忠MK-1"を駆ります。


●本戦

円状の動くゾーンを長く制したものが勝利。
いわゆる一つのテリトリー戦。
大先生に合わせたレギュレーションなのに、
大先生不参加と言うトンデモ事態にガレージガチ組3人が困惑。
ギミックの少ない地味な戦いが展開された!!


第一戦結果

1位 えーおーあい
2位 Shinone
  Aristell


第ニ戦結果

1位 Aristell
2位 えーおーあい
3位 Shinone


第三戦結果

1位 えーおーあい
2位 Aristell
3位 Shinone



今回の試合を制したのはえーおーあい。
ここ最近は絶好調です!!
さあ来週は今年最後の試合だ!!




●今回の名シーン



地味ながら乱戦。



次回はトライアスロンをやります!!
3回戦勝負の予定です。
偶数人揃えばチーム戦です。
新規参加者もまだまだ募集中!!
君も日曜夜の1時間を熱く過ごしてみないか!!
参加申し込みはhyppnossのタグまで。
初心者歓迎


次回レギュレーション

・動力は中エンジン1つ+小エンジン2つまで
・特殊燃料、特殊弾薬、特殊ボディの禁止
・種目はトライアスロン





■月曜のお菓子

・マイルドカフェオーレ
甘い、甘過ぎる、品が無くド甘いというべきか、ヴァンホーテンとは
違ったとろっとろっな甘味だ 7点
[PR]
by souka_t | 2010-11-29 18:51 | 日々よしなし事系 | Comments(5)
綾辻行人・殺人方程式&緋色の囁き 感想


綾辻作品を初めて読みました。
評判の良い館シリーズじゃないの?と思われるかもしれませんが、
図書館にあったのがこの二冊だったのでこれに。

二冊とも、日を置いてに3~50Pづつ読み進めて、
合間に自分なりの考察を入れて犯人を予想しましたが、
見事に外れました。いやはや、二作とも想定外の結末。

共通して"動機"に振り回された感がありますね。
登場人物の背景を順々に見せられて、
理由がある人物達に釘付けにされ、終盤の消去法の段階に至っても
犯人はノーマークでした。
判明した瞬間は「え!?おまえかよ」と思いましたが、
殺人方程式では種明かしをされて割と納得。
緋色の囁きはそんな伏線分かんねーよって感じでした。

殺人方程式は大仕掛けとまさかの結末、
緋色の囁きは女学院のサイコホラーとトンデモ結末、
両作とも大変読みやすく、秋の夜に読むミステリとして最適でした。




ー以下ネタバレ感想ー








■殺人方程式
トリックがこれぞトリックって感じの大仕掛け。
古めかしくもあり、王道的でもあり、考えながら読むのが
大変楽しかったです。
正直、終盤まで犯人は 岬 映美 かと思ってました。
トリック上マンションと教団本部の構図を熟知してる必要があったし、
現場のマンションに通っていて仕掛けを用意できる人物って彼女ぐらいしか
いないかなあと。光彦君に接触したのもこのためで、響の前彼女という設定も
意味があってそうなるのかなあと。 全然違ったね。くやしいっ


■緋色の囁き
サイコホラーな連続殺人で、どうにも犯人は"殺し慣れ過ぎてる"と思った。
とりあえず華奢な女生徒と、いかにも怪しい校長は目星から外して
中盤~終盤と読み進めたけど、見事に犯人も目星から外れてた。
保険室の先生や藤原刑事ですら視野に入れてたのに、ホントくやしいっ。

今更お恥ずかしい読中の予想だけど、
実行犯は委津子で黒幕は俊記かと思ってた。
俊記は最初に死んだ妹とマメに連絡を取り合っていたし、
死亡した晩も電話していたよね。これが大きな伏線かと思ってたんだよなー。
電話で裁判委員4人と綾さまのことを実は知ってて、
妹を殺したのは5人のうち誰かというところまで目星が付いてた。
そして、なんらかの方法で委津子を脅して内部実行犯に仕立て上げた。
委津子は他の女学生と比べて体格が良いという描写が何度もあったから、
絶対そういう伏線かと思ってたんだよー。見事に全部違ったね。くやしいっ。
穴は最後の解決編で埋めてくれるだろうと思って、割と良い予想だと思ってたんだよね。
いやはや、「誰かに似てる」って伏線は普通に血筋の同じ校長に似てることを
指してるかと思って完全スルーだったわ。夢の描写も全部が冴子のものではないとか
気づかないだろー普通。 いやーしてやられたけど面白かったよマジで。
また綾辻先生の作品を読みたいと思いました。
[PR]
by souka_t | 2010-11-26 17:59 | ノベル | Comments(0)
広町収穫祭に行ってきました
鎌倉市内のご近所、広町の収穫祭に行き、実態調査をしてきたので
その写真を交えた感想です。




朝10:30にモノレール西鎌倉駅に集合。
大先生も時間通りチャリで登場。
写真に写る白く眩しいマシンが大先生の始解した斬魄刀【変身・仮面幼女】。
走破系最強と謳われたソウルソサイティ最弱の一振り。
今回の実態調査団唯一の隊員にして余り頼れない男です。


行き道の険しい坂を行軍する大先生の勇姿。
果たして収穫祭とはいかなるイベントか、
予想談義をしつつ、西鎌倉駅で手に入れた地図を頼りに進みます。


到着。
2005年から始まり、今年で5年目だそうです。
まだまだ若いイベントでありながら、前回のデータよると
この片田舎で500人もの集客に成功したとかしないとか。
その実態はいかに?


会場に着くと、既に弱冠の賑わいを見せている。
10代以下のキッズとアラフォー以上の年配という
両極端に分かれた層が印象的。
大先生が大好きな小学生女子や
私が大好きな中学生男子もいっぱいです。



参加受付場。

ここで著名します。前回の人数データもこれによるものでしょうか。
この時、小学高学年~中学生ぐらいの女子が受付番をしていたのが印象的
でしたが、このイベント全体がキッズ&年配による文化祭的なノリです。
とりあえず署名。


園児ぐらいのキッズが大量にキャッキャッムフフしながらマラカスにカラーリングしていて、
大先生が参加したそうな視線で見つめながら周囲をうろうろしていましたが、
御用になりそうなので必死に止めておきました。
しかし、折角なので無料配布していたひょうたんのたねをゲット。


1品100円で振舞っているお食事コーナー。



我々実態調査団が検証したのはこの三品目。

どれも新鮮な材料と濃い目の味付けで美味しかったです。
量的に100円と見るかどうかは賛否が分かれますが、質はかなり高めです。

イベント告知では、おわんを持参してくれと書かれてましたが、
おわんを使うのは実質芋煮汁だけでした。
写真の3品目以外にも焼き芋ときな粉餅がありました。
割と想定以上の盛況だったのか、調理が間に合っていない場面もちらほら。
その一方、お米は用意万全だったようで供給過多になった品を
キッズが声を上げて売り歩く姿が見れました。


スタッフの代表やNPOの方々の訓示。

マイクのスイッチ付け忘れてしゃべりはじめたりと、
アマチュアな手作り感満載のイベントです。
だがそれがいい。


大先生たっての願いで撮った一枚。
シートの上で大勢のキッズたちが遊んでいました。


大先生が異常に関心を示していた餅つき実演。

「わあ~ わたし餅つき間近で見るのはじめてなの~」

ムギちゃんかおまえはっ!!!(実話)

餅つきなんて誰でもやったことがあるものかと思ってましたが、
大先生曰くめずらしい体験とのこと。ゆとりはみんなそうなの?


ひとしきり食事が済み、正午を回ったところでNPOの少年先導による緑地見学。

定員30名限定とのことで、その倍率の高さを予想し
キッズたちが殺到すれば我々老兵は身を引くかと半ば諦めていたところ、
参加希望者は10人足らず。余裕で我々実態調査団も参加。












あ、あれ・・・?
なんだろうこのデジャブ、と思ったら。

ここってば私が高校生の時エアガンかついで走りまわったり撃ちまくったり
していたところじゃないですか。

あのバトルフィールドが10年の歳月を経て大分整備されててびっくり。

当時、フィールド中央にあるでっかい木にカバーして撃ち合ってたけど、
その木がえらくいわくつきなものと解説されて驚きました。
準天然記念物とは知らず、バカスカ撃ちまくってたなあ。


険しい道を上り、その途上で見える"みのもんたの豪邸"
一団に従軍していた奥様も写真に収めていたのが印象深い。


帰りの激しい下り道。
途中で一般登山客に遭遇する心温まる場面も。

NPOの人が言うには、
この山を公園化する計画があるそうで、今年に申請し
来年再来年の準備期間を経て整備し公開するそうです。
もうここでサバゲーできないねー

そんな訳で以上が収穫祭でした。


総括すると、結構良いイベントだったのですが、
メインに据えても良い見学隊の希望者が少ないのはドウかと思いました。
もう少し関心を引く方法があったんじゃないかな。
内容自体はとても良いものだっただけに残念。
全体的に、新鮮な材料を使った食事を格安で振舞うから
あとは好き勝手に盛り上がってくれ的だったので、
もうちょいイベント色の強い出し物や公演が欲しいところですね。
来年の更なる内容充実に期待です。
[PR]
by souka_t | 2010-11-23 04:24 | 日々よしなし事系 | Comments(2)
ゆずぽんかん
デジタル



 
珍しく埋まった瞬間。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ショーナンロケッティアズブログは架空の湘南住まいヲタが更新している
チラ裏日記です。政治団体・宗教団体・ゆとり御用達のFPSとは無関係です。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



皆さん、コンソメ!!
一週間いかがお過ごしでしたでしょうか?

先週は近所で開催された収穫祭に行ってきました。
その詳細は明日あたりに別項で。
たまには地元のイベントに参加するのも良いものです。



■今週のガレージ大作戦の会

第十回水上ボール

PSPでタクティクスオウガのリメイク版が発売されました。
評判の程を見てみようとWEB上で批評を見てみると、
なんと成長システムが変更されているという記述が。
その内容にやや引っかかるものを感じたので、
公式サイトで確認を取ってみると(SYSTEM→UNIT)

本作では、レベルは個々のユニット単位のもので
はなく、騎士団内の各クラス単位での強さを表す。
クラスのレベルアップは騎士団全体の強化に直
結し、騎士団全体を育成することになる。
(原文ママ)


おおっと。
これはまた秀逸な成長システムですね!!
物凄い最近見た気がするシステムですね!!

冗談はさておき、これの初出ってなんでしょうかねえ。
私の記憶ではここ1~2年のものだと思うのですが。
非常に気になるのは「クラスごとにレベル」でググると
既にこの新タクティクスオウガの感想が上のほうに来ること。
数年後にこれが初という扱いになりかねないですねえ。

SLG系は、その始祖たる盤上のコマ取りゲームから、
あれやこれやのルールを追加したり簡略化したりと、
割かし工夫の積み重ねで洗練化してきたジャンルであります。
以前、知ってる限りで年代別に初出要素をまとめてみようかと
思い、初代大戦略あたりから手をつけようとしたら、
PCゲーのSLGの数が余りに膨大で、かつ既に検証できない
タイトルも満載だったので断念しました。
家庭用に絞って調べようとも思いましたが、厄介なのが
PCエンジンCDロムロム系。現物を手に入れるのも大変なら、
DUO本体が10年以上前に借りパクされて帰ってこないという
体たらく。メサイヤ系の傑作は避けて通れないので
ロムロム抜きって訳にもいかないのがSLGジャンルの辛いところ。
某板でスレ立てしたこともありましたが、事のほか地味なスレなため
詳しい人がやってきませんでした。
もし、そういった文献系の同人誌があったら欲しいぐらいです。

はい、前置き長すぎです。
ガレージ大作戦の会の詳細行ってみましょう。



第十回の参戦者紹介



■Aristell
能登麻美子と同じ石川県出身を強くアピール。
深夜の地球ノートを寝ずに最後まで聴く強者。
ところで地球ノートのOPって久石譲あたりの作曲ですかね?


■Shinone
前回、急な欠席で限界説が囁かれていたが、
再びフィールドへこの男が帰ってきた!!
ティターンズで例えるならギャプランのような男。
今回は 海上うんぱん♪ を駆り参戦。


■hyppnoss えーおーあい
現在、緋色の囁きを390ページほど読破。犯人が気になって
仕方がない今日この頃。容易に検索すまいとネット断ちするぐらいネタバレマヂ禁止。
今のところの予想は 高取俊紀&委津子共犯説。過去の回想がどう繋がるか
まだ全く見えてこない!! まだまだ読書月間。 壊せ湯太郎 で戦います。



■mikangori ロッテリア
先日は収穫祭で走りまわる幼女に夢中でした。
真性のロリコン。非現法が通ればまっ先に御用な男。
それにしても酷い紹介だ。 今回も大先生らしいシンプルマシンで参加。


●本戦

水中でボールを取り合い、自陣のゴールへと持ち帰るゲーム。
前回の大先生による衝撃発言のため、レギュレーションが
無駄に厳しくなり地味な戦いが展開されると思われた。
果たしてその結果は・・・


第一戦結果

Aristell えーおーあいチーム勝利


第ニ戦結果

Shinone ロッテリアチーム勝利

第三戦結果

Aristell えーおーあいチーム勝利



今回の試合を制したのは石川・湘南のイケメンチーム。
縛りが多いだけに稀に見るベストファイトになりました!!
そんな時に限って試合ビデオを撮り忘れ




●今回の名シーン



えーおーあいの執拗な攻撃から逃げる大先生。


まさかの反転運動で一切の無駄がない超機動を見せる石川機。


Shinone機へテトリスのように合体し後ろから破壊の限りを尽くすえーおーあい機。


次回はノールの女王(チームテリトリー)をやります!!
3回戦勝負の予定です。
偶数人揃えばチーム戦です。
新規参加者もまだまだ募集中!!
君も日曜夜の1時間を熱く過ごしてみないか!!
参加申し込みはhyppnossのタグまで。
初心者歓迎


次回レギュレーション

・動力は中エンジン1つ+小エンジン2つまで
・飛行禁止
・特殊燃料、特殊弾薬、特殊ボディの禁止
・スイツキツッキー くっつきボール スプリングの禁止
・接近戦武器以外の禁止
・種目はノールの女王





■月曜のお菓子

・ゆずぽんかん
ゆずにはほのかな苦味があるものだが、これには一切無い、
ジュース的にはかなり有り 7点
[PR]
by souka_t | 2010-11-22 19:21 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
第十回ガレージ大作戦の会
配信終了 おつかれさんでした
[PR]
by souka_t | 2010-11-21 20:10 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
【ゲーム】レインボーシックスベガス2 実績コンプ感想


ようやくコンプ。

最も厄介なのは偏ったオン人口といったところでしょうか。
デスマッチ・チームデスマッチは未だ解除に必須の6人程度なら
すぐに集まりますが、人質や起爆などの特殊任務にはさっぱり
人が入りません。長時間ホストを続けてやっと6人に達しても、
2~3ゲームしてスコアが悪いと外国人はすぐに退出してしまいます。
それを繰り返されるとさすがに精神衛生上よろしくないので、
今回ばかりはフォーラムの協力を得て解除しました。

その一方、キル系実績は割と取れます。
さほどFPSが得意ではない自分でも時間をかけて取れました。
オン人口もキルを稼ぐには充分で、初心者の新規参入も
結構多いです。その日はじめて360を起動したっぽい人とかも
たくさん見かけました。
個人的には狭い通路で乱戦になりやすいキルハウスでのキル稼ぎ
がオススメです。自分はこのマップばかりやってました。
ゲーム自体もそこまでエイムに依存する仕様ではないので、
とにかく会敵の状況でどうにでもなってしまいます。
割とこういう造りのFPSは好きなのですが、日本での盛り上がりは
イマイチなのが残念です。
トムクランシーシリーズはどこか主流と違った方向に伸びようとしている
ところに好感が持てますよね。

とにかく今年中に1000達成できてよかった。
問題は1の16人ホストかな・・・
[PR]
by souka_t | 2010-11-21 10:11 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
【ゲーム】レイヴンスカッド実績コンプ感想


上の画像はリニューアルされたXbox.comのスクリーンショット。
一部マイナーなゲームはパッケージサムネイル画像に対応していないため
こんな感じになってしまいます。
海外ゲームだけかと思いきや、スパロボXOや首都高バトルも
こうなってしまいますが、うちだけじゃないですよね?
ちなみに表示はIE8です。


レイヴンスカッドの実績は、全体的に短時間で取れる物が多く、
最高難易度もそこそこやり込めばどこでもセーブできる仕様を利用して
手堅く攻略できます。実績的には悪くないと思います。

難関は遺跡現場の防衛戦ですが、実績コンプ最大の壁はCOOP実績でした。
なにぶん半端な内容と低い話題性なだけあり、日本での所持者が少ない。
野良でマッチ検索しても人がいない。

今回はせいばさんのご協力によりCOOP実現しました。
(ホント助かりました、ありがとうございます)
やってみると意外にもしっかりできていて、シングルより格段に面白い。
人が動かすと圧倒的に早く進行できて、細かい対応もバッチリできるので、
全く歯がゆさが無くて良いです。
ほぼシングルと勝手が同じですが、チェックポイントでの
途中セーブが無いため一発勝負となります。高難易度の攻略はやや難儀かもしれません。


総評するに、実績的には割とお勧めです。
COOPは100G以上振られていますのでお友達と示し合わせての購入を推奨です。
[PR]
by souka_t | 2010-11-21 09:51 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
【同人】琥珀色の動乱 トゥルーエンドフラグ公開
去年公開した琥珀色の動乱も、もうすぐ完成1周年を迎えます。
恐らくトゥルーエンドの存在に気づいた方が少ないと思われるので、
ここで詳細を公開します。

ネタバレやまだ自力で発見したい人は以下スルー推奨です。











■琥珀色の動乱 トゥルーエンドまでの道程



・第一話 アルマズの元帥
国軍に1度も戦闘をさせずクリアする。

・第二話 血塗られた経典
メポン教信者団8部隊(MAP右半分にいる隊)をセラ教団に倒させた上で
メポン側に付きパスペールを倒す。

・第三話 動乱の序曲
サフワージ兵団の敵部隊撃破数を2部隊までに抑えてクリア。

・第五話 決意と言葉
ヴァドワイズ隊の撃破。

・第六話 整い行く舞台
バーゲンブロウ隊撃破。

・第七話 北の竜騎兵
ラーテベルガー隊の防衛ステージでヴァドワイズ隊を撃破。
ヘニンガー隊の防衛ステージでバーゲンブロウ隊の撃破。

・第八話 策謀の包囲網
ヴァドワイズ隊を撃破し戦利品で砲兵隊を急編成する。
ヒューガルデン隊の撃破。
スプーキン隊とハインリッヒ隊を戦闘させる。

・第九話 軍神の覚醒
ヒューガルデン隊の撃破。



第二話だけが必須条件で、
戦利品の"裏商会の会員証"は最後まで所持していてください。
他の条件はいずれか6つをこなせばトゥルーエンドフラグが立ちます。
第九話終了時にシリーズお馴染みの追加シナリオが展開され、
意味合いの変わったエンディングが見れます。

2009年末の時点で造られた新エンドという事を踏まえて、
2011年のショーナンロケッティアズの活動に照らし合わせれば、
一層お楽しみいただけると思います。
2010年とは、そのための準備年といっても過言ではありませんでした。
[PR]
by souka_t | 2010-11-19 06:14 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
【プラモ】BJPMギミックスティールズ VOL.8

先月末に玩具マニアさんに頂きました。
ポールジョイント式ブロック玩具・BJPMです。

以前、アトリエ彩から出てたBJPMを1つ組んだことがありました。
その時はあまりにもパーツ同士の組み合わせが悪く、
粗い成型に唖然としましたが、果たして今回のBJPMはどう改良されているのか。


コレがセット内容。なかなかのパーツ数。

マニュアルによれば、2つの機体と1つの小型機が組めるとの事。
だいたい同じランナーが2セットづつ入ってますね。


はじめに驚くのは、ランナーにパーツナンバーが入ってない事。
BJPM自体がブロック玩具なので、その自由度を活かした
創作性を促しての処置か、はたまた、良い感じのパーツが完成したから
作例は後付で考えたのか。


だがマニュアルにはしっかりナンバーが振ってある。
ガンプラとかに慣れているとちょっと戸惑う仕様ですが、
慣れれば割とアリ。


完成しました。
肩の装甲がゴツイ、両手にナックル装備のハードパンチャー機です。
ちょっと写真からでは分かりにくいですが、細身のフレームに
いろんな小物がくっ付いてます。


ナックルパーンチ


下段パーンチ


上段キーック


ガードスタイル


いろいろいじくり回してみましたが、なかなかの可動範囲です。
これは可動マニア納得のアイテムでしょう。

懸念していた組み立ては、彩の頃に比べ劇的に組み易くなってました。
ここ数年で何があったかは知りませんが、凄い進歩です。

唯一の欠点は、エッジこそは抑えてあるものの
パーツが大変細かいため、遊んでいると凸凹が指に刺さり
痛いことでしょうか。
もう一回り大きくていぢり易いロボットブロック玩具が出れば
最高なのですが、ゾイドブロックスがそうなるはずだったのに どうしてああなった・・・。


総評するに、結構イイです。売ってるところは限られてますが
2~3箱買えば存分に組み換えが楽しめそうです。
[PR]
by souka_t | 2010-11-18 08:07 | いと模型もおかし | Comments(2)
【ゲーム】大空軍クリア感想


ここ最近一番紹介したかったゲーム。
毎日ちょっとづつアメを舐め回すようにじっくりプレイし、
ようやくシングルミッション全てをクリアしたので、その感想。


■ゲーム簡易説明■
元々は随分前からネット上に存在するPCのフリーゲームで、
一部のフリーゲーム愛好家とミリタリーマニア・WW2空戦マニア
の間で話題となった知る人ぞ知る作品がオリジナル。
昨年、このPSPソフトとしてリメイクされた。
グラフィックの3D化と視点変更など新要素を追加し、
ゼロ戦のゲームで一部有名なメーカー・GAMより発売された。
携帯ゲーム機のソフトとなったが、それでもマニアックな内容なため、
話題性は薄くマイナーな一品である。



いやあ、これについて早く書きたかったんだよなあ。
PCゲーム版は自分が最も感銘を受けたゲームと言っても過言じゃない。
まだプレイした事が無い人は、まずここからDLしてみるといい。
低スペックマシンでもバリバリ遊べるんだこれが。

PSP版は、まさにPC版の面白さにプラスアルファを加えたモノで、
言ってみればファミコンのスカイキッドのすげえヤツって感じ。
ジャンルで区切るならば平面の全方位シューティングなのだけど、
フライトシミュレータの面白い要素を上手くデフォルメ化して
取り入れた快作なんだ。
それでいて第二次世界大戦の実機にだけ絞ったマニアックな造り。
レシプロ好きは買わない理由が無い、レシプロ好きなら言われるまでも無く
持ってるだろ的な一品と言ってもいい。というか実は皆持ってるんだろう?
とりあえずどんな作品かは一見にしかずなので、動画を張っておく。




見た目こそチープだが、
このゲームはグラフィックが全てではない事を大いに体現している。
自機こそ戦闘機のみであるものの、ステージ上では陸軍・海軍・空の友軍機が
所狭しとリアルタイムに作戦行動を取る様がなんともミリオタ心を
くすぐるんだ。 日本ではバトルステーションミッドウェイのような
ゲームは生まれてこないと絶望したのも記憶に新しいが、
こういう形に落とし込んで戦場を表現するのは全然有りだ。
こういった工夫こそゲームだと自分は思う。

ゲーム自体のプレイは、はじめに操作性が障害となる。
アレックスキッドでピンと来る古参ならばまだしも、
現在では非常にユニークな操作スキルを要する。
やりはじめは離陸するのにも苦戦するだろう。
だが、それはとても懐かしい苦労なんだ。
フライトシミュレータで離陸に失敗を繰り返したあの思い出を、
こういったデフォルメ表現上でもう一度体験するとは思わなかった。
非常にノスタルジックだ。

操作に慣れて、シングルミッションをこなしてみよう。
すると、このミッション1つ1つが味わい深い事にすぐ気づく。
史実ミッションの状況の再現性は、それだけで"ストーリー"なんだ。
ミリオタゲーマーは分かるだろう?アドバンスド大戦略で
敵ユニットの配置や地形、友軍の挙動、それが俺達の"ストーリー"で
あって、長々してムービーやクドくて長い文章は不要なんだ。
余談だが、シミュレーションゲームも物語るべきは
そういった配置の妙だと自分は思ってる。プレイしていて
その時の敵の挙動が既に物語なんだ。着飾る事に溺れて、
その辺のこだわりを捨てている物が多くなっている事を
自分は懸念している。

史実ミッションとは別にIFミッションという架空のミッションもある。
これまた味わい深く、史実では困難だった状況を、
量産に至らなかった試作機を駆って戦況を覆していく様は本当に爽快だ。
B-29の大編隊を震電改やキ-94で次々と打ち落としていく事に興奮を覚えない
ミリオタなんているはずがない。あえて性能の低い機体を使い続ける
こだわりプレイだって出来る。ずっと隼やユンカースに乗っていたっていいんだ。

そして、本作品の最も目玉と言えばアペンドミッションだろう。
これは公式サイトから配布されているツールを使って、
PC上でオリジナルミッションを作成できるというもの。
言ってみれば本体に飽きなければ無限の遊びを供給できる仕組みだ。
既に公式では大量のミッションが公開されている。
これを遊び尽くすだけでも膨大な時間を要するだろう。

最後にチャレンジモードについても触れなくてはなるまい。
本作で最も面白くなる可能性を秘めたモードだったのに、
どうしてオマケ的な扱いなのだろう?という唯一の疑問が残る要素でもある。
どんなモードか簡単な説明をすれば、限られた資金やポイントをやりくりして
戦闘機を購入したり開発に投資したり修理をしながら連続したミッションに
挑むといった内容。
こういう継続性の強いモードが一番一般ウケがいいと思うんだが。
個人的にはオマケとは思えないほどのポテンシャルを感じた。
できるものならこれをベースとした、
国選択で史実を通した分岐ミッション込みの小隊経営ゲームがやってみたい。
チャレンジモードを大幅進化させた2出してくださいまぢで。

おっと、音楽についても書かなくちゃね。
このゲーム、何気に音楽も良いんだ。
物凄く雰囲気に合ってる。全く奇をてらわず、全くブレてない。
これでもかってぐらいド直球なBGMなんだ。
そこがいい、それでいいんだよ、こういうのでいいんだよ。
上の動画でも本編のBGMが使われているので聞いてみて欲しい。


総評するに、イチオシ。PSPで一番面白いゲームだと個人的には思う。
5年後ユーゲーみたいな本に取り上げられてプレミア化するゲームだと思うわー。
[PR]
by souka_t | 2010-11-16 06:04 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)