<   2010年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
【ゲーム】SABOTEURクリア感想


今年の序盤にせいばさんより送っていただいた、
XBOX360版SABOTEURのクリア感想。

■ゲーム簡易説明■
このゲームは、第二次世界大戦中のフランスを舞台とした
箱庭クライムアクション。箱庭系には珍しい舞台設定と、
マーセナリーズシリーズで知られるバンデミックスタジオの
最後の作品となる事で話題となった。



雰囲気がドストライク。
レトロな戦時下の街並みやBGM、
それらをモノトーンで演出される様を見るのは、
本当に古き良きモノを最高の形で楽しませてもらった気分だ。

所々粗い造りこそはある、
だが、それを補って余りあるほど、
SABOTEURは魅力的な箱庭ゲームに仕上がってる。

ミッションは多彩かつ盛り上がりどころが多く、
割とサクサク進めてしまうため若干短く感じたが、
どれもこのゲームのできる事を生かした趣のある内容だった。

特徴的な要素を挙げるならば、やはり爆破だろうか。
まさにテロ活動ゲームと言わんばかりの破壊要素の充実っぷり。
フランスの街に点在するドイツ軍の兵器をバカスカぶっ壊すのは楽しい。
それと、乗り物も車両限定ながら様々なレトロカーや戦車に乗れるのは良い。
個人的には脆いながら機動性に優れたサイドカーが気に入った。

不満があるとすれば、
乗り物に運転手と砲手に分かれて乗れるものが多いのに、
砲手を担当する仲間を引き連れて歩けない事。
これは前作のマーセナリーズ2にも同じことが言えたが、
あっちはCOOPでそれを補っていた。残念ながらこちらはシングル専用。

実績的にはかなり作業になる。


総評するに、WW2モノが好物ならば買うべき。箱庭ゲームとしても上々の出来。
[PR]
by souka_t | 2010-06-12 00:10 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
【ゲーム】スヌーピー・フライングエース実績コンプ感想


スヌーピーの実績コンプ。

必勝パターンが定着する前にオン実績を片付けよう
という方針は正解だった。
オフのミッションも金メダル3つ取るのは至難で、
何度も何度もリトライするも、野良の協力部屋を立てたら
アッサリ解除。一見難しそうな実績が多いけれど、
意外と抜け道が用意されているので、誰でも時間をかければ
コンプできる気がする。
また、アバターアワード・アイコンも2つづつ用意されてる点も良い。
特に、アイコンはスヌーピーとウッドストックという有料にしても
多く買われるであろう人気キャラなのが太っ腹。
(アンロックするまでやや手間ですが)


それにしても、オフラインも面白かった。
ミッション数こそは少ないけど、種目内容が豊富で、
フライトシューティングというジャンルの懐の深さを
現した一作となってた。
[PR]
by souka_t | 2010-06-09 21:34 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
【ゲーム】バンジョーカズーイ・ガレージ大作戦の驚愕動画
ガレージ大作戦で作られた二足歩行動画を紹介。


BANJO KAZOOIE WALKING MEGA MECH
人型の歩行マシン。見事なロボッぷり

Neo Banjo: Truck Transformer
人型変形マシン。変形後もちゃんと車両に戻るスグレモノ

TRANSFORMER MECHS BANJO KAZOOIE NUTS AND BOLTS
変形マシン その2. 途中から腕の可動も

BANJO KAZOOIE SHORT MECH
旋回もスムーズな二足型。

BANNJO KAZOOIE WALKING MECH WITH JETPACK AND LAUNCH PAD
飛行ユニット付きのロボット型。 無論、歩行もする。


どれも凄過ぎる。
元々歩行させるっていう動力やそれ系のパーツが無いのに、
ありあわせで歩行を再現しようっていう発想が凄い。
探せば組み立て方の解説動画などもあります。

ガレージ大作戦自体かなり面白いので、
まだ未プレイの方は是非プレイしてみてください。
[PR]
by souka_t | 2010-06-09 00:33 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(2)
すいか
デジタル

しかし、私が実績解除の楽しさを激しく説明しようとすると、
ウチの息子達がマジコン使ってる友達に「俺の父親は痴漢だ!」
みたいなことを言ったらどうするの?と嫁に諌められました。難しい……。

************
ショーナンロケッティアズ・アバンタイトルはフィクションであり、
登場する団体・組織名・全国のパパがお子様に買い与えた夢の機械は架空のものです。
************

はい、月曜日です。
皆さん一週間いかがお過ごしでしょうか?


唐突ですが、シュータのネット対戦における武器やキャラの
アンロック要素ってあるじゃないですか。
分かりやすい例を挙げるとCOD・MWとかバトルフィールドの武器。
やればやるほどポイントが溜まって、新しい武器がアンロック
されて行き、それがやり込み要素に繋がるっていうアレのソレです。
新規参入のプレーヤーを考慮してか、さほどかけ離れた性能を
発揮するアンロック武器は無いと思うのですが、それでも
選択できる幅が新規とでは変ってくるのが事実。
かと言って、始めから用意されたもので戦うというのも、
やり込み途上の変化に乏しくなる。
故に、アンロック派と全解放派というのは議論の耐えない
話題の1つだと思われます。

そこで、1つの別解があった事を思い出しました。

いわゆる"コスト制"です。
ゲームの始まりに全員に同じだけの資金ポイントが渡され、
それを好きな物と交換し、自らのステータスとする。
即ち "シャドウラン" で採用されている売買システム。
始めから全てが買えるという訳ではなく、
展開される戦況を読んで買い取る(アンロック)し、
かつそれはその1ゲーム内だけでリセット。
活躍によってはすぐに必要な物が揃えられ、
活躍できなくても数ラウンド節約すれば大抵のものに手が届く。
なんとも考え抜かれたシステムです。

シャドウランは、武器やガジェットの組み合わせによって
千差万別の性能を得る事が注目されがちですが、
その道具を供給するルールに於いても群を抜いた発想が
盛り込まれています。

やはりあれは、5年先を進んでいた不遇なFPSだと思います。



■ゲーム進行状況

・スヌーピー
配信4日でフライングエース。
やり過ぎて指が痛い。けど超面白かった。

・SABOTEUR
とりあえずシナリオクリア。
おまけ要素をちょこちょこ埋めていきます。
クリア感想は明日あたりに

・ダークセクター
インフェクションを少し消化。明日もやるぞ!!

・ヘイローウォーズ
消化不良。経験値稼ぎ誰か頼む
1回単位で随時募集中。

・ブラウザ三国志
城攻兵器量産化の成功により、2国ほど滅ぼした。
隣の国が同盟に参加し、現在同盟2人+支配下2人。

・君に届け
風早君に誘われたクリスマスに行けなかった。


トムクランシー強化月刊ということで、
今週からレインボーシックスを始める予定。
スヌーピーのオフ埋めとサボチャーの破壊活動も平行。

第4回ボードゲームの会もそろそろ計画したいが、
大先生のゲーム完成待ち。1作目の壁は厚いね。
かれこれ2ヶ月は経った。作り始めるのは誰にも出来て
作り終える事は難しい。完成は腕ではなく人間性だよ。

FE新作発表されて、若干同人の方も士気が高まってきた。
しかし、また暗黒竜時代の話なのか・・・ FEも安全策を取ってきたもんだ。

ゼーガペイン・ブルーレイ化おめでとう!!!
みんな買ってくれー 俺はPS3を買ってから検討する キリッ




■月曜のお菓子

・すいか
まさにスイカの汁の味。カブトムシの気持ちになれる 7点
[PR]
by souka_t | 2010-06-07 18:05 | 日々よしなし事系 | Comments(3)
【ゲーム】XBOXLIVEアーケード・Snoopy Flying Ace オンライン感想


久々に本気でやり込んだゲーム。
ライブアーケード・スヌーピーのオン感想。

■ゲーム簡易説明■
このゲームは、タイトルどおりスヌーピーを題材とした
フライトシューティング。ライブアーケードには無い
フライトゲームの登場でかつ高いクオリティを予感させる
スクリーンショットやPVで話題となった。



最近間違いなく熱いのはライブアーケードだけど、
これは予想以上だった。
フライト版マリオカートとはよく言ったもので、
スヌーピーというキャラクターを用いたライトな雰囲気と
群を抜いて簡略化された操作性とは裏腹に、
展開される戦闘はとても奥が深い。

そうたらしめているのは、やはり、各ウエポンの性格付けが
異常なほど丁寧かつ大胆な発想の上に成り立たせているから
だと思われる。どれも一長一短があり、特徴を学習すれば
初心者でも簡単には撃墜されないようになる。
その学習の敷居の低さが、このゲームの間口を大きく広げている。
これほど遊びやすいフライトは今までお目にかかったことが無いほど、だ。

自分は初日にDLして、暇さえあれば寝食を忘れて
オンラインモードだけをプレイしつづけ、昨日ようやく
フライングエース解除・オン実績コンプに至った。
それまでに見てきた、使用ウエポンのトレンドが変化していく過程が
非常に面白かった。
最初期は長距離誘導ミサイル無双の時代があり、
次第にそれは回転やSスプリットで容易に凌げる事が広まり、
一部の初心者狩り以外ではその時代は終焉に向かった。
次に、接近戦時代の幕開けによりラッパ銃・レインメーカーの需要が上がる。
腕に覚えがあるパイロットの間では一撃必殺のハンマーを愛用した者も多い。
だが、接近戦時代もまた、ケツに付かれたら機雷系の置物で返り討ちする戦法や
前方から挑んできたらシルバーブレッドなどの直進一撃必殺系で狩る、
いわゆるイロモノウエポンの再評価時代に突入する。
自分が見た最後の流れでは、EMPを用いた中央突破&一撃離脱戦法と
タレットの再評価が検討されている様相だった。

たった数日で激変するトレンドの推移は本当に面白かった。
永遠に初心者狙い決め込むリーチ使い、
ケツ堀に夢中なレインメーカー使い、
とにかくカオスな空間にする流星・毒ガス使い、
工作活動に夢中な置物作業員。
みんなみんな一癖二癖あって良かった。
ここまで各々にプレイ色がでるフライトゲーは無かったと思う。
800MSPでこれは安過ぎる。

フライトゲーフリークにはイチオシしたい。
[PR]
by souka_t | 2010-06-06 10:37 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
【ボードゲーム】同人ボードゲーム紹介・ハニカム


我らの大先生が、ゲームマーケットにて大量購入してきた
同人ボードゲームの紹介。

最初の1品は ハニカム
製作者様のサイトはこちら




セット内容は、蜂の巣が描かれた盤面1つと、ハチミツ・女王蜂が描かれたチップが大量。
割とシンプルながら、市販品と見まがうばかりのパッケージングが好印象です。

ルールは、隣り合うハチミツの色と違う色のハチミツを次々と配置して行き、
最終的に置けなくなったほうが負け、という大変分かりやすい内容。
また、女王蜂のチップで配置ルールが反転し逆転のチャンスもあります。

数回プレイした感想では、
気軽にセッティングできて、気軽に遊べて、すぐ終わる
というリプレイ性が大変高い所が良かったです。
とにかくシンプルで分かりやすく、第三者にも説明しやすいという
パーティーに持参するに適した軽さ。ほぼ相手を選ばなくてもいい
というこの汎用性こそが、まさにボードゲームの美だと思います。
ゲーム内容的には、持ちチップの揃い具合に若干左右されはしますが、
工夫や読み合いで打開できる要素は多分にありました。



オススメ度: 猫猫猫猫
熱中度: 火火
シンプル度: 龍龍龍龍
個人的お気に入り度: 雀雀

[PR]
by souka_t | 2010-06-05 08:38 | ボードゲーム | Comments(0)
【ゲーム】Undertow実績コンプ感想


2年ぐらい寝かせていたXBOXライブアーケードソフト・Undertowの
実績をコンプするまでやり込んだので、その感想。


■ゲーム簡易説明■
このゲームは海底を舞台とした対戦型全方向シューティングゲーム。
拠点の占領やポイントの奪い合いなどの戦略性要素も盛り込んだ
最大16人対戦が売りであったが、奇しくもXBOXLIVEのトラブルで
利用者に謝罪の品としてバラ撒かれた事で広まった。



対戦シューティングとしてのアイディアは目を見張るものがある。
正直、これで終わらすには惜しい。
対戦型のシューティングという括りに於いては、
フルプライスの旋光の輪舞より遥かに意欲的な要素が詰まってる。
2D的でありながら、得られる興奮はFPSのチームテリトリーと
同等のポテンシャルがあり、コープも対戦もという充実具合。


がしかし、多くの人がこの自機の挙動に不満を持っただろう。
海底戦闘という設定を受け入れないとカバーしきれないものがあるのは事実。
もっと高速でレスポンが良く、いっそ宙間戦闘であったのなら
どれだけ白熱度が上がったであろうかという妄想が止まない。

こんなに面白くなる要素がめいっぱい詰まっているのに、
どうしてこうしてしまったのか。
力を入れるべきはムービーではなかったという、反面教師の例がここにある。

念を押して言わせていただければ、
Undertowは決してクソゲでは無い。
むしろ、古典的な全方位シューティングという形を以ってして、
現代的な対戦・協力プレイを再現した意欲作と言える。
この埋もれてしまった面白味は高く評価すべきなのだけど、
舞台・デザインという最初の段階と、調整という最終段階で
全てを見誤ってしまった感が強い。

どうにかしてもう一度機会を与えられないものだろうか。
携帯機に移ってもいい、自分はどうにかして
海底モノではないUndertowの進化形をプレイしてみたい。
Undertowは着飾ることに溺れるゲームではなかった。
アンリアルエンジンで見栄を張るゲームではなかった。
もっと面白くなるどころか、ライブアーケードで一番面白くなるはずのゲームだった。

"なぜこうした"

ただ、ただ、そう思わせるゲームだった。
[PR]
by souka_t | 2010-06-02 07:19 | 日々よしなし事系 | Comments(0)