<   2008年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
【ゲーム】ガンダムオペレーショントロイ・クリア感想


ねぎ先生よりお借りしたオペレーショントロイの
オフ実績をコンプしたのでその感想をば。

このゲームの説明は不要かな、
発表時は大きく話題になり、
2年間の発売延期と共に不安の声が増した
割と難産だったガンダムゲーム。


開始数秒、エイミングを始めた時から電撃がほど走るほどのクソゲっぷりを感じた。
感度の微妙な調整こそは出来るが、致命的に狙い辛い。
FPSはこの部分でストレス感じさせたら駄作認定で良いと思うんだよね。
ところがどっこいコレはキャラゲー、天下のバンダイ様の主力中の主力、
ガンダム版権と来たもんだ。FPSの範疇で語るのはおかしいだろ?と思うなら
以下は読み飛ばしてもらって結構。


まず、敵AIの動きが無反応過ぎる。
配置に付いて銃撃を繰り返すだけのようにしか見えない。
これなら最低限マトの役割を果たしているからいいんだが、
一層深刻な問題は、弾を当てても"当たった感"に乏しい事だ。
パチッという弱い効果音と共に崩れはするんだが、
この辺の無機質感と言ったら無い。血しぶきを上げろとまでは言わないが、
もうちょっと倒す快感ってものを考えて欲しい。
兵士だけならともかく、MS戦においても同じ。
弾が当たったらガンダムらしく"ズギャァン"とか景気良く効果音鳴らせばいいものを、
"パスッ"とか乾き過ぎた音は無いでしょう。
更にどうしようもないのは、当ててる感の逆"当てられてる感"も乏しい事だ。
MS戦において、"いつのまにかダメージを食らってる" なんて状況が多過ぎる。

武器の性質分けは、まあ、お世辞ありきで言ってそこそこがんばったと思う。
ただ性質以前の問題が多く、中でも武器の切り替えショートカットが割り当てられず、
使いたい武器に替える際には決まった順番に持ち替えなくてはいけない。
やり込むとなるとコレが意外と不便だ。

MS以外の乗り物、戦車やジープなどの車両の操作性の悪さも
かなりのものだ。MSに比べればそれこそ使用頻度は低いが、
この調整のテキトーさは同人以下。

オンライン戦についても書きたいところだが、
あまりに不満点が多過ぎて書ききれない。
とりあえず、MS戦の比重が大き過ぎて飛車と角だらけの盤上のようだ。
このバランスで本当に良かったのか?2年間考えた結果がコレか?

総評するに、
自分が人からこのゲームを進められたら、その人を絶対に信用しない。
[PR]
by souka_t | 2008-10-11 09:59 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(4)
律ちゃんいません。
MS、アイマスのキャラがしゃべる
「Windows Live Messenger」用ウインクを公開


ー本文より引用ー
ウインクは、アイマスに登場するキャラクター“双海亜美”“三浦あずさ”“天海春香”“水瀬伊織”“菊池真”“萩原雪歩”の6種類が用意されている。


律ちゃんいねえっ!!


MSばかじゃねえの
[PR]
by souka_t | 2008-10-08 21:27 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(3)
【ゲーム】レッスルキングダム


「ゲームが上手くなりたい」でお馴染みの
スポゲーの人から借りました。
早速実績1000までやり込んだので感想をば。

ソフト説明は、見てのとおりのプロレスゲー。
最近のプゲー事情はよく知らないのであまり説明できない(笑)

プゲーはファミコンの 激闘プロレス闘魂伝説(テクモ) 以来という、
かなり久々のプレイなのですが。
なんと言うか、昔の勝ちパターンってまだ通用するんですね。
パンチ・キック連打で弱らせてからダウン取ってフォール3カウント、
しょっぱいと分かりつつも勝つためにやってしまう。イカンね。

プゲーは試合で勝つ事意外の要素をもっと強化すべきだ。
このレッスルキングダムには試合中にアピールをする事で試合後に上昇する
"カリスマ"という要素があるが、これをもっと広げられなかったのだろうか。

試合中の選手の動きとかの、華の部分は申し分ない。
その分ローディングがネックになってるが、
それ以上にこれだけ多彩な動きを再現するのは凄いと思う。

核となるドラマモードも悪く無いんだが、
1キャラ全30週というのは、休日に一気に遊ぶ分にはいいが、
このゲーム自体を長く遊ぶ分にはどうだろう?と思ってしまう。
オリジナル選手のカスタマイズや育成要素はなかなか良かっただけに惜しい。

久々どころか10年以上ぶりのプゲーだったが、
良い部分もあり変わらない部分もありと言った感じ。
悪くなった部分はさすがに無かったかな。
ファイヤープロレスリング全盛時代からすれば、だいぶ面白くなったんじゃないかな。

総括するに そこそこオススメ。実績はかなり美味い。
[PR]
by souka_t | 2008-10-08 21:13 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(3)
トロピカーナ・いちご味のスイートブレンド


昨日の話どこからしようかな、
とにかく内容満載な一日だった。

事の発端は、初登場平均実績日本2位にランクインを果たした
グループ・ショーナンロケッティアズのスポーツゲーム狂ロッテリア氏が
先週なにげなく発した切実な一言。

「もっとゲームがうまくなりたい」

その場では笑い事で片付けられたが、
この男、あろう事か実績6万台をマークする神奈川有数のポイントゲッター。
COD4のマイルハイクラブやGTA4のハト200匹を片付ける作業を
越えてポイントを積み重ねてきた戦士たちからすれば、
ゲームがヘタですボクで許されるものではない。

今後の事を考え、もうちょっと自信を持ってもらおうと画策したところ、
やはり勝ち味を知ってもらうために、よりゲームがヘタな当て馬を
連れてきて勝たせるしかないと思い、お馴染みのあの男に白羽の矢が当たる。

オカルト板を追放された怪人、玩具購入資金を確保するためなら
塩飯上等の玩具狂、我らの DJねぎ先生 である。

すぐ飽きる・すぐ投げる・すぐ売る・最後までやんない の
ステキ過ぎる駄目要素が揃った先生を置いて他に
この大任が務まる者もいまい。

高度な政治的取引の結果、
クロムハウンズのスカッドメンバーに復帰する事を勝利条件として
先生をマッチメイクさせる事に成功する。

さすがに、この男に負ける事はまずあるまい・・・
決戦の日日曜までその確信は揺るがなかった。

当日、要するに昨日。

プリキュアの放送時間後半に先生登場。
仲良くイナズマイレブン・ワンピース・絶対可憐チルドレンを視聴した後に
久々の玩具で遊ぶ配信を決行。
さすがは玩具に命を賭けている玩具狂の先生なだけあり、
見事なトランスフォーマー紹介プロモとなった。
一般公開をしていない閉鎖配信だったので観客1人と
非常にシークレットな放送だったが、内容が内容なだけに保存しておけばよかったと
惜しまれる。 そのうちニコ動うp用にまたやる予定。

そしてしばらくすると、今回の主賓・ゲームが上手くなりたい男ロッテリア氏登場。
日曜クロムハウンズ部と昼食を同時にこなし、いざゲーム対決!!

の前に、武侠ドラマタイム。
最近チャンネルネコで始まった 雪山飛孤 がヤバイぐらい面白い。
主人公がちょうど成長するエピソードに差し掛かり、盛り上がり最骨頂。
詳しい感想は別項で。

いよいよ対決。
ゲーム種目は以下のとおり。

1.鉄拳5  3ゲーム先取マッチ
2.THE 戦車 3ゲーム先取マッチ
3.ガングリフォン スコアアタック
4.エンジェリックコンサート スコアアタック
5.サイバーフォーミュラ4 10周レース
6.レッドカード 1試合
7.エアフォースデルタ スコアアタック
8.功殻機動隊 3ゲーム先取
9.ガンダムシード 3ゲーム先取
10.MOTO GP 3レース
11.カラス スコアアタック
12.ポケモンスナップ スコアアタック
13.スターソルジャー64 スコアアタック
14.ファミスタ64  1試合



そして、驚くべき結果が
以下のとおり


■第1戦.鉄拳5
お互い弱パン弱キック連打という開始早々の塩試合を展開するも、
ねぎ先生が6タテという序盤から比類なきKYっぷりを発揮。 ロ0 - ネ1

■第2戦.THE 戦車
戦車が故の独特の操作法にどちらが先に順応するかが勝敗を分けると思われた
一戦であったが、両者共に即適応。 接戦ながらねぎ先生が勝利する。
空気読めひろゆき。 ロ0 - ネ2

■第3戦.ガングリフォン
ロッテリア氏の得意とするスポゲー2本に対し、バランスを取るために
組み込んでおいた先生の得意とするロボゲーであった。
高度な適応力を見せつけ華麗にスコアを稼ぐ先生が圧勝かと思われた
この戦い、よもやまさかの大番狂わせ。建物をせこく壊し続け
地味にスコアを上げたロッテリア氏がまさかの勝利。 先生の3タテを防いだ。
ロ1 - ネ2

■第4戦.エンジェリックコンサート
PCゲームでは名門の工画堂スタジオの傑作音ゲーであるが、
コンシューマーにおいては一部の声ヲタと好事家にしか知られていない一本。
まさに音ゲーへのセンスが問われる一戦であったが、ねぎ先生が空気を読まず
圧勝。ロ1 - ネ3

■第5戦.サイバーフォーミュラ4
アナログコントローラーが何故かこのゲームだけ認識せず勝負が流れる。

■第5戦仕切りなおし サイバーフォーミュラ2
可変機であるアスラーダで10勝負。レースゲームの適応力が勝敗を分ける
一戦となったが、このゲーム自体があまりに独特なため2人とも最後まで
微妙な走りを見せ付ける。 後半若干レースゲー慣れをしているのか、
ねぎ先生が距離を稼ぎだし終には圧勝。
ただロッテリア氏のレースゲー適応力の無さをただただ露呈した戦いであった。
PGR4はなぜ買ったの?と問いただしたくなったが、あまりの完敗っぷりに気の
毒になりそっとしておいた。 ロ1 - ネ4

■第6戦.レッドカード
いよいよロッテリア氏の本懐、スポゲーである。
先生がここでKYっぷり全快で先取2点というブック破り行為に及ぶも、
スポゲー紳士としての意地を見せつけ見事にロッテリア氏逆転する。
今回のベストバウトと言っても過言ではない一戦であった。ロ2 - ネ4

■第7戦.エアフォースデルタ
両者苦手なフライトシューティング。
こういったメカニカルなものは若干ねぎ先生有利かと思いきや、
ここでまさかのロッテリア氏勝利。勝因はよく分からないがいよいよ1ポイント差に
ロ3 - ネ4

■第8戦.功殻機動隊
TPSらしいすさまじい戦闘を見せつけ盛り上がり最高潮となった。
互いに接戦を演じ、ドローも交えて4戦目に突入するも、
ショットガン無双に調子付くロッテリア氏に対しKYなグレラン無双を
かまして先生勝利。ひろゆき空気読め。 ロ3 - ネ5

■第9戦.ガンダムシード
あまりに華麗な操作にねぎ先生が圧勝。
先生が倍のポイントをゲット・・・か?と思いきや、
ここでロッテリア陣営より物言いが付き先生の八百長疑惑が発覚。
リスナー同意の下無効試合となる。ロ3 - ネ5

■第10戦.MOTO GP
再びレース戦。曲がらない2輪での対決にお互い芝刈り機になるも、
やはりレースゲーは先生が一枚上手であった。ひろゆき空気読め
ロ3- ネ6

■第11戦.カラス
ここで勝負を落とすとロッテリア氏に後が無い。
まさに崖っぷち、背水の陣。
そして
見事に転落。 先生の優勝である。
ロ3 - ネ7

■第12戦.ポケモンスナップ
■第13戦.スターソルジャー64
■第14戦.ファミスタ64
先生がKYなポイントの取り方をしたので無し。ひろゆき空気読め。

最後に武士の情けでファミスタ64だけ思い出試合として実施。
ここで見事にロッテリア氏が先生からコールドを取るという快挙。
スポゲー紳士の面目は確かに守られたが、ゲーマーとして
もっと多くの何かを失った勝負であった。

あの男、万に一も先生に敗れることなどはありえないと思っていた
自分の考えが余りにも甘過ぎたのだ。
鉄板のレッドカードに五分の勝負が出来るはずのエンジェリックコンサート、
ポケモンスナップと来てラストをファミスタ64でシメるという
半ばブック的な布陣にしたのにも関わらず・・・だ。
この結果に対して、今回実況を受け持ったえーおーあい氏のコメント

「なん・・・だと?」

黒崎さんもびっくりである。
なぜならば、先生の勝利は先生がスカッドに戻る事を意味するからだ。
昨日のクロムハウンズ部配信をご覧頂いた方ならばお分かりになったと思われるが、
味方誤射・命令無視・敵の的・駄目構築・ウザボイチャと
全てにおいてぬかりのない足枷っぷりを発揮する男である。
アルファベット2文字で先生を表すとするならば、KとY。
恐るべき怪人の入団である。 各メンバーはノークレームノーリーターンでお願いします。
いや、むしろリターンというかクーリングオフしたいDETH!!

この後始末、あのスポゲー狂にどう付けさせたものかと思案する所であるが、
既にこのオトシマエを付けさせるべく予防線を張っておいてある。
近日それが明らかになる事であろう。 乞う御期待!!

次回 ブレイドストーム


はい、月曜です。
書いてたら日をまたいでしまったyo!!

アバンタイトル長すぎたんで募集告知だけ簡単に。

■ゲームリレー走者募集
条件
・ウェブサイト持ちでプレイ日記が書ける
・プレイステーションを所持してる
・日本国内に住んでる
・意外とめげない
ーーー備考ーーー
メモカとソフトを郵送してデータを引き継ぎ、
代わる代わるプレイし、そのプレイ日記の
面白さとリレー形式を利用した突飛な行動
を競い合います。決してテクを競うのではありません、
故に課題ソフトのプレイ経験は無いほうが好ましい。
詰んでしまっても怒られませんが笑いものにはします、
むしろ面白さを競う点で有利です。
最終的に各人の記事をリンクしこちらでまとめます。



■月曜のお菓子
・トロピカーナ・いちご味のスイートブレンド
なんかいちごというかアップルっぽくね?結構味が濃いね、
多くは飲めないが多少インパクトはある 7点
[PR]
by souka_t | 2008-10-06 23:50 | 日々よしなし事系 | Comments(4)
【ゲームリレー】ワイルドアームズ リレー 4走目
ロッテリアさんのホームページ より
ワイルドアームズ リレー日記のバトン引継ぎ。

ワイルドアームズリレー2回目の引継ぎがやってきました。
前回はホントに普通のプレイ日記だったね、
今回はやっちゃうよ?やらかっしゃうよ?
さあ、行ってみようかっ!


早速引継ぎデータをロード。
どうれ、あいつめどれぐらいレベルを上げたかな・・・

ザック LV12
ロディ LV11
セシリア LV10


ん??

俺のが前回 8.9.8 で終わってたから

ザック LV 8→12
ロディ LV9→11
セシリア LV8→10


舐めてんのかっ!!平均にすると3も上がってねえっ
ふざけやがって!!
ヤロウ・・・そのうち目に物見せてやる、とりあえずゲーム開始だ、
どんどん進むぞ!!


まずは消耗品の補給。
回復アイテムの確保はロープレの基本ですよねー、
ある程度ドカ買いして、強い敵の出現ポイントでキャンプ張るとか
皆やるよね?


引継ぎの際に"塔へ行け"とか言ってた気がしなくも無いが、
とりあえず現状で一番デンジャラスなエンカウントゾーンへGOだ。
今回の開始の街セント・セントールからずっと東の
エルゥのほこらに行き、見知らぬ地へとワープ。


少し歩くと港町ティムニーに到着。
レベル稼ぎのついでに下見するべく次のイベントを街中で探すと、
船長のバーソロミュー氏がお困りの様子。
近くの砂漠地帯のどこかにある"壊死の迷宮"で
"すいしょうのはな"を取ってきて欲しいらしい。
頼まれたワケじゃないが、目の前にイベントがあれば全力投球、それが俺達の正義。
稼ぎ場は砂漠で決定だぜ!!GOGO


砂漠で合宿開始。
なにやら1撃で3割近くもってかれる敵が普通に出てくるんですけど・・・
ヤケに強いザコだなと思いつつ、狩り狩り狩り。


ある程度成果があったので、そろそろ壊死の迷宮へdive in!!
石造を動かして通路を確保する仕掛けはかなりeasyでした、
これなら小学生にも安心な難易度だねっ



最深部ですいしょうのはなゲット。
しかし、突然迷宮が崩れだす!
脱出タイムリミットイベントがやってまいりました、
以前も制限時間内に何かするイベントあったよねー。
FF5のカルナック城の火の中を潜ってきた俺にはなんともないぜ



バーソロミュー氏にすいしょうのはなを渡す。
なんとすいしょうのはなとは、この地方では婚約の証なのだそーです!
パーソロミュー氏のライバルであるドレックが早速子分を連れて冷やかしに現れる。
なんと、あろうことか婚約相手はその場の勢いで
俺達のアイドル姫君・アシリアタンをご指名。唐突ってレベルじゃねえぞおい。



バーソロ船長の招待で船へ、そして線上で一晩過ごして
あくる日に結婚式。 超展開、
何故かクイズ形式の式進行。


誓いのキスを交わすまさにその時、
颯爽と仮面の紳士・ゼット登場。
まさかのボス戦突入に、こちらの備えが甘く一度全滅。
二度目で圧倒するも、話の上では捕り逃す。
近々仮面の紳士再来の予感?!


更に敵のボス4人衆の1人レディハーケンが登場。
威勢良く斬り込んだザックの高速剣が通用せず、
船に積んであったガーディアンの像を破壊して去ってしまう。
残るガーディアンの像は1つ、なんとしても死守せねばと意気込むも、
この流れは明らかに次も・・・


一方、敵の本拠地では、
4人衆によるガーディアンの像破壊作戦が着々と進められていた。
ベルセルクとレディハーケン意外のメンツとの対決も近い?


船から下り、船長からお礼にアイシア用の杖アイテムを貰う。
次なる地へ行くため、港町のどこかにあると噂されていた
ほこらのカギ"デュプリケイター"を回収。

いざ、次なる大地へっ



ほこらの扉のカギを開けて台座へ進み
ワープ完了、と思ったら、もう1つカギが必要な扉が・・・。
そういえばデュプリケイターは2つあるって街の人が言ってた。

しぶしぶ来た道を戻る事に



今回のスタート地点であるセント・セントールに戻る。
2つ目のデュプリケイターは厳重に保管されてるらしく、
どうやら何かのイベントをこなさないと入手できないらしい。
街の中でいくつか話題に出てた東の塔がとてもあやしいので
行ってみることに


塔に入れねえっ!!

何か見落としが無いものかと、
港町とセント・セントールを往復してフラグ探しに帆走する事に・・・

そういや、データ引継ぎの時に
塔が何たらって言ってたよな。
むしろ最初の狩場でやたら敵が強かったのって、
イベントをいくつかスキップしてきちまったんじゃね?

ー非常に大変な事態となるー


だいたい港町とセントールを3往復ぐらいした時か、
どうもフラグらしきものが見当たらない。
こいつはおかしいと思い、奴のプレイ日記を参照してみる事に・・・

http://milky.geocities.jp/mikangori/wildarmsb.html
ー<引用>ー
外壁全体がモンスターを受け付けない結界となっているセント・セントールへ。
警戒がすごく神像に近づけないが聞きまわると神隠しがおこるという。
街の保安官から怪しげな塔の探索を二つ返事で受けとり鍵も受けとる

ー<引用>ー



鍵も受けとる

( ゚д゚ )


俺の2時間を返せ!!
なんとも、かんとも、よりとも。
塔のカギは元々持ってたというオチ ふ ざ け っ



塔の内部は、落ちる床やニセ階段などコジャレた仕掛け満載。
そして、ついに新アームを入手!!
敵1グループに損害を与えるスグレモノ(になるはず)だ。
現時点では大金を投じたハンディキャノンの方が火力的に考えて頼りになるが。



頂上では敵4人衆の1人アルハザードとご対面。
主人公らの行動を封じ、モンスターを残してセントールに向かってしまう。
久々のボス戦闘になるも、どうやらイベントをこなす順番
がおかしかったらしく、超絶楽勝。




モンスターを始末するも、行動は未だ封じられたまま。
そこへ、賞金稼ぎのお嬢様カラミティとその執事が登場。
多額の金銭を要求され泣く泣く支払い、解放される。


セント・セントールの街に戻ると、
そこには人影の一切が消えてゴーストタウンに・・・
そして、最後のガーディアン像もやはり壊されてしまう。



人がいなくなった事をいいことに、2つ目のデュプリケイターをゲット。
ゴーストタウン化した街を後に、敵の本拠地である北の大地へと攻め込む
覚悟を決める2人の渡り鳥とお姫


港町方面のエルゥのほこらを経由し、再び新天地に続くほこらへ。
2つのカギは揃い、ついにワープ。


水の町ミラーマに到着。
いやはや ここまで長かった、今回はここまでたどり着いて終わりとしたい。



最後に道具屋で不要な物資を処分し、
新兵装の プリズムレーザー に全投資。
他、いろいろなケアを施し、バトンタッチ。

第5走者へとつづく


アシリア LV16
ザック LV17
ロディ LV17

[PR]
by souka_t | 2008-10-04 16:57 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
きむぺバッチたい!!


ねとらじで毎週木曜絶賛放送中の"きむぺたい!"
そのDJきむぺ氏よりバッチが届きました。

氏の放送はかれこれ2年ぐらい聞いてますが、
レトロPCゲームネタや海外番組ネタなどは
非常に自分の趣向と被るところがあり、
時には笑い、時には唸らせられました。

放送自体も、トーク放送だけではなく
プ実況やゲーム配信などの多く挑戦に満ち溢れ、
ねとらじDJの中でも特に学ぶべき事の多い方です。
自分のキャッチフィーリング参入も
きむぺたい!あればこそでした。

今年は3年目に突入しましたが、
それでも毎週木曜夜のペースを崩さず
続けられています。

ねとらじリスナーの方で、まだきむぺたい!を聴いた事が無い方は
是非、木曜夜の定例放送を聴いてみてください。
ラジー登録キーワードは"きむぺ"でたぶんひっかかります。
[PR]
by souka_t | 2008-10-03 17:25 | 日々よしなし事系 | Comments(2)