「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
【玩具】リボルテック・トロ

リボルテック・トロ買って来ました。

稼動を売りとしているリボルテック、
やはりここはいろいろと動かして遊んでみなくてはっ


ブーン


こっちみんな


ハイパーオーバーヘッドだ


タイガーショットだ


なにげに初リボルテックだったんですが、
なかなかどうして、可動玩具としての完成度は高い。
間接ポイントやボールジョイントの数は多く、ポージングの幅が広いのは言うに及ばず、
最大の美点は各部の保持力の高さ。 スピーディーにいぢくり回すにはやや不向きだが、
1つ1つのポーズをキメさせるには最適すぎるほどだ。
フェイト・トロを皮切りに、今後はロボ以外のリリースの可能性も開けたので
注目のシリーズだ!! 
[PR]
by souka_t | 2007-06-25 09:39 | いと模型もおかし | Comments(5)
チーズポテト ブラックペッパー風味・ブルーサイダー


シャドウランが面白過ぎる、、
まったくもってこの一言に尽きる先週末でした。
漢のスキル・ワイヤードリフレックスでの辻斬りすること幾百人、
ようやくストリートサムライの実績を解除。
次はヒーラーとストラングルの実績あたりを狙ってみようかと思ってます。
ちなみに今ハマってるスキルは エンハンスビジョン 。

トラスティベルの二週目はもう拷問でしか無い訳ですが、
500以上もの実績ほ残している以上はやらねばならぬという義務感。
一部のイベント解禁程度じゃ二週遊ばせる為のモチベーションには足らないと
良い勉強にもなりました。 いずれロールプレイングを個人製作する際には
この経験は血となり肉となる事でしょう。


ゴッドファーザーのフィルムリールを94個まで回収しました。
必殺スタイルも残り3つ。 このあたりをカタしたらセインツロウを始めようかと思ってます。


クロムハウンズ、なんと今期の戦争は3週間目に突入。
3シーズン勲章は今夜か?明日か??


次に放送関連、
ここ最近はゲームに没頭しちゃって実況になりません。
シャドウラン熱・セインツ熱が冷めるまで本放送のみとさせていただきます。
いや、ホント おもしれーんだわシャドウラン、個人的には対戦はギアーズ以上だと思う。
なんつうかパーフェクトダークゼロを極限にまで面白くしたらこんな感じってのがシャドウラン。

ああなんかベタ褒めですねシャドウラン。
夜9~10時頃やってるからパーティー組もうぜ。
これはヒットマン・オブリビオンの7月ラッシュまでもつわー


ではお菓子

■チーズポテト・ブラックペッパー風味
ねっとり濃厚な半溶けチーズがいやらしいまでに舌を刺激する、ピザポテト系では
なかなかの一品 7点

■ブルーサイダー
量的にはいいんだが、味は普通すぐる 5点
[PR]
by souka_t | 2007-06-25 09:20 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
【ゲーム】シャドウラン感想


昨日はセインツロウとコレを買ってきたんですが、
事の他シャドウランが面白過ぎて、夕方から寝るまでずっとやってました。

このゲームはTRPGで有名なシャドウランを取り扱った対戦型FPS。
360とVISTA間の対戦を実現した初のソフトとなる。

オフラインはチュートリアル&トレーニング(ボット相手)のみで、
オンラインがメインというかオン無くしては何も残らないゲーム、
だが、オンラインでの対戦の面白さはズバ抜けていると言える。

対戦型FPSは世の中に数多く存在するが、
これほどサポート要素が充実し、それらすべてが上手く面白さに直結してる
ゲームはそうそう無いと思う。
中でもライフツリーとリザレクトのルールは良く考えられていて、
ライフツリー1つ使うにしても打ち合いの戦線の位置が動くのは面白い。
リザレクトで復活させても、使用者が死ぬと復活したプレーヤーもすぐに死ぬとか、
なんか鬼ごっこや泥警に付け加えたローカルルールみたいな発想がステキだ。


以下昨日の出来事。

買って来て早速一通りのチュートリアルを済ましオンへダイブ。
はじめはマッチングが長かったが、1度マッチングされると連戦に継ぐ連戦で
トイレに行く暇も無いほどだった。
早速スティッカムで放送に載せるも、俺のようなデモもあまりやり込まなかった素人は
ただただレイープされるのみ。 しかたないので衛生兵として俺の超執刀を
見せてやるかとリザレクタープレイに走る。 

「死体はどこだ 死体だ もっと死体をっ!!」

「死ね どんどん死ね 前へ出ろ 俺が生き返らすから問題ねえ・・・」

「ヒト ヒョロ チビ ウシ どれでもいいッッ」

こんなことを連呼してる自分は相当危ないプレーヤーでした。
ただ、嬉しかったのは、

ギアーズの時は外人から 「quiet」 「fuck」 

としか言われなかったのに

シャドウランでは 「nice!」 「thanks!!」

などと良く言われるようになった事です。
なんというかサポートのし甲斐がある多人数ゲームってステキです。

そんなこんなで夜が更けると、
ピアキャスやねとらじで有名なDJじゃけんがシャドウラン配信をはじめました、
ここはギアーズの時に2回も電車から落とされた借りを返すために、
あのキコリをヤるしかねえ と思い参戦。
結局、相変わらずのリザレクターでしたが、大変楽しく対戦も協力も出来ました。

それから更に深夜までプレイ、
異常なリザレクトへの執着あってか、ついに
トリプルリザレクトとリザレクターの実績を取りました。

リザレクターになる途上で目覚めた ワイヤードリフレックス が現在のマイブームです。
ライフを消費する代わりに基本能力が上昇し、カタナを持っていれば五右衛門ばりの
剣裁きで弾を斬り返す まさにヒーローにだけ許されたスキル。
この漢のスキル・ワイヤードリフレックスで週末はカタナ100を目指します。


つかマヂにオススメだシャドウラン、
360でゴールド会員な奴は今すぐ買って来い、パーティ組もうぜ。
[PR]
by souka_t | 2007-06-22 16:29 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(2)
【ゲーム】数陣タイセン・クリア感想


ここ数日ちょくちょく進めて、ようやく物語をクリアした。
ニンテンドーDSソフト・数陣タイセン、
早速その感想をば

このゲームは囲碁のような対戦パズルゲームで、
持ち石である数字牌を繋げたり囲ったりして点数を稼ぐといった内容。

個人的にはここ最近のDSソフトの中で一番感銘を受けた。
元々ちょっとした囲碁好きというのもあるんだけど、
コレのルールの造りは見事としか言いようが無い。

牌引きや天変による運の要素も若干絡むので、詰めタイプのテーブルゲームである囲碁と例えるのは間違いなのだけど、読み合いやアイテムによる妨害・最終段階での寄せは対戦型パズルゲームとしての面白味を高濃度で凝縮してる感じだ。

組み・崩し・読み・運など、各要素が本当にバランスが良く働いてるんだと思う。
だが、それは実際に触って遊んでみないと伝わらない。
全てのルールを把握し、アイテムの内容を熟知した時に神ゲーに化けると断言できる。

公式サイトのルールをサラ読みしてピンと来た人はぜひぜひぜひ実際手にとって
遊んで見て欲しい、たしか体験版も配信されてるはず。


今回は久しぶりの文句無しのイチオシ、今年のオブザイヤー候補。
[PR]
by souka_t | 2007-06-19 14:30 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(3)
ペプシ・アイスキューカンバー


トラスティベルへのワクテカにはじまり、
トラスティベルへの落胆で終わった先週ですが、
皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか?

ロールプレイングゲームは面白くする分には難しいジャンルです。
そう考えさせられる昨今ですが、自分のようなファミコン全盛世代には
ウィザードリィや初期のDQ・FFがロールプレイングの代名詞でした。

壮絶なザコ狩りによるレベル上げ、
村人のなにげないヒントからの謎解き、
レアアイテムへの飽くなき探求、
ドラマチックな展開、
そしてボスとの死闘。

それらすべての楽しみが詰まったロールプレイングは特別なジャンルでした。

トラスティベルは何がいけなかったのでしょうか?

全部だと思います。


と言うわけで週のはじまりの月曜、みなさんこんにちわ、
まずは放送関連のまとめ。

最近は永井先生のニコ動を鑑賞しているんですが、
やはりあの方は面白い。ねとらじ時代より一層ハジケテらっしゃる。 
面白い映像配信・実況とは何なのかと考えさせられ、
その答えがそこにあったようにさえ見えました。

そんな訳で、自分もがんばってみようかと先週はスティッカムで何度か
放送を立てました。観覧者が10前後になることもありそこそこ盛況でなにより。
スティッカム自体がどちらかと言えばオニャノコがしゃべったり弾き語りとか
イケ線のがウケがいい風潮なので、ゲーム配信やヲタトーク系が少ないのが残念。
とりあえずスティッカム界隈のそっち系のジャンルの需要が増えるまで様子見
という事で、今後はスティッカムのチャットは取り払うか登録者のみにする方針です。
あと毎度名前変えてくるウザいのもいるので。 はいはい 選民主義 選民主義


で360関連。
買うんじゃなかったトラスティベル 今週のシャドウランとセインツロウが
今月のヤマです。 両方とも体験版の時点で面白い。 来月のオブリビオンまで
遊び繋ぐにはコレしかあるまい。
実績はゴッドファーザー打開でついに17000オーバー。
手持ちのソフトであと1000は取れそうなので今月も荒稼ぎの予定、
年内2万の目標も見えてきました。
クロムハウンズは戦争が間延びし、結局終戦は今日か明日あたりかな?
ついに3シーズン勲章ゲットになるか。


ではお菓子

■スティックポテト 焼き塩と黒コショウ味
やや値段が高めだが、それだけの意義があるほどンマイ。堅焼きポテトブラペ味の
クオリティに匹敵するものだと思う。 ぜひぜひレギュラー化を 8点

■ペプシ・アイスキューカンバー
話題のキュウリペプシ。 なんか後味がプールの水っぽくないか?
俺はこのソフトドリンクにこう名前をつけるね ハイポーション。 3点



・追記
コミュニケーションノートはバーチャ大会での配置換えの煽りを受け撤去されてました。
あとCCさくらでのベストソングは映画の「遠いこの街で」でド鉄板、
プラチナとか言ってる奴は田舎モノだと思う。

あとサイバーフォーミュラゼロとラジオドラママダラのサントラも
やたらニュースで使われてたよネ。
ニュースの森の開始予告の テコテコテーン はサンソフトのロゴ、
即ちアルバードオデッセイのサントラってことか。未だに持ってる。
ウィザードリィのエンカウント音 でろでろでーん が使われてたクイズ番組は何だっけ?

最後に、シルフィードのDLCくるってまぢっすか?
[PR]
by souka_t | 2007-06-18 12:24 | 日々よしなし事系 | Comments(2)
【ゲーム】トラスティベル・クリア感想


今週の話題の中心と言える一本、
トラスティベル・ショパンの夢をクリアしたのでその感想をば。


ゲーム的に凄く斬新な箇所が多い反面、やたら細かい粗が目立つように感じた。
特に気になったのは戦闘、出現時に敵がどっちにいるのかワカンネ。
視点切り替えも出来るんだけど、切り替えてる時間で行動ポイントがロスするので
不便、切り替えても敵との距離が分かりづらい時があったりでやっぱり不便。
戦闘自体はローディングがほとんど気にならず、スピーディーなのは非常に良かった、
がしかし、物珍しいのは初めだけで結局は単調なタコ殴りが永遠と続く作業。
話の合間に潜るダンジョンもやたらに長いのが多いので、シンボルエンカウント
じゃなかったら発狂する奴が出てたかも。
良さを悪さで相殺するのならシステム面での評価は良に近い可。

シナリオ面に関しては、RPG戦闘第一主義の自分でも首をかしげる内容だった。
正直アレ過ぎて人に勧められるもんじゃあないと思う。
エンディングの後に入るレオのナレーションのアレは個人的には好きだけど。

360特有の実績についてですが、クリアだけなら150前後です。
実績狙いの方は内容出揃ってから手を出すかどうか決めることを推奨します。
正直二週目やるかは躊躇する内容です。


総評するにイマイチ、俺がロープレに向かなくなっただけか?
[PR]
by souka_t | 2007-06-17 08:58 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(6)
【ゲーム】ハードごとのフェイバリット
各ハード最高のソフト (ネタ元:アルファモザイク)


どのハードも1つだけソフトを絞るのは難しいけど、とりあえず挙げてみる。

■FC ランパート
ファミコン時代においては洋ゲーアレンジの最高峰だと思う。
元々のパズル+シューティングの絶妙な融合具合もさることながら、
コナミがアレンジしたファミコン版の遊びやすさはオリジナルを遥かに凌駕していた。
対戦の熱さは半端無く、当時友人に貸したら友人の兄が勝手に旅行先に
持って行ってしまったほど。DSなどで更なるアレンジを求む。

■ディスクシステム 新鬼ヶ島
ふぁみこんむかしばなしシリーズ愛好家なのでコレを挙げざるをえない。
ゆうゆうきもタイムツイストも良かったけど、やっぱり初代の鬼ヶ島が一番かな。
あの独特な昔話調のテキストと、一癖二癖あるキャラ郡は最高でした。
それと音楽の面でも個人的には秀逸だったと思います、場面場面で非常に
心に残る名曲揃いです、その点でゆうゆうきとタイムツイストは劣るかな。
次点でパルテナの鏡とファミコン探偵倶楽部。

■PCE 源平討魔伝
アールタイプと双璧を成すアーケードからの神移植。
難易度こそは若干落ちたものの、売りであるデカキャラがよく動いたり、
いびつなSEも再現されてたりと当時の自分を熱狂させた。
ノーミスクリアが出来るまでやり込んだのも良い思い出。

■CDロムロム ファージアスの邪皇帝
天外・天使の詩・ドラスレの陰に隠れてしまってか、知名度的に今一つの作品。
ストーリー・サウンド・バランス共に優れた作品だと思うのだけど、
元々の原作がマルカツPCエンジンあたりでやってた企画なので、
生まれながらにしてマイナー路線。 ドラクエ5より先に目に見える主人公の成長を
描いていただけに印象深く、非常に惜しまれる。

■MD アドバンスド大戦略
COMの思考時間の長さを差し引けば、大戦略シリーズ最高傑作であるとの声も多い。
よくよく思い返せば、あの思考時間に耐えた当時のプレーヤは寛大であったとしか
言えない。
その裏腹、兵器に対しての熱意の伝わりっぷりは凄まじく、ユニットの成長要素である
進化の一覧表を眺めるだけでもワクワクしたものである。

■S32X アフターバーナーコンプリート
サイバープロールと迷った挙句に結局こっち

■SFC ファイアーエムブレム聖戦の系譜
オウガバトル・デアラングリッサーと、SFCの神SRPGが多い中で
あえて挙げるならばこれだろう。 衝撃的な二部構成に、カップリング要素と
冒険的な挑戦をしつつシリーズの品質・品格を保たせた点においては
他の続編モノとはケタ違いに完成度が高かったと思う。
オウガバトルの戦略・戦術の幅の広さとカオスフレームの要素も傑作と呼ぶに相応しく、
またデアラングリッサーの分岐の多彩さは素晴らしいボリュームであったと言える。
後にも先にもSRPGが一番アツかったのはSFC時代だろう。

■SS YU-NO
正直サターンはぶっ壊れやすいくせに面白いゲームが多すぎる。
しかし多機種でもリリースしてるものも多いんだよね。
ガーディアンヒーローズも挙げたかったけど、あれは対戦ありきなので次点。
あえてADVからということで、豪華声優陣により彩られたサターン版ユーノ。
移植時の+アルファ要素では同級生のが圧倒的だけど、当時好きだった声優の
ことごとくが集まっている&菅野ひろゆき作品最高傑作のシナリオという事でこっち。 
次点でドラゴンフォース。

■PS パネキット
個人的にあまり思い入れがあるハードじゃないんだよね、当時サターン派だったので。
持ってるゲームはどれも「最高か?」と言われれば微妙なので、
人からやらせてもらったパネキットを挙げとく。 後で調べたらとんでもない
プレ値ソフトだったけど、確かにあれほどクリエイティブなゲームは他に無い。
10万円分ぐらいのレゴブロックを与えられたと同等な内容だと思う。
PS3で続編出せばいいのに

■N64 エフゼロX
レーシングゲームにおいては車種の数や挙動はどうでもよく、
末期なスピード狂なのでコレ。 エフゼロ最高傑作だと思う。
アメコミチックな雰囲気が濃くなったのも◎
次点で罪と罰

■PS2 アヌビスZOE2
圧倒的にコレ。 尺が短め以外に文句のつけようが無い。
少なくともあと3年はロボゲーの最高傑作だと思う。


■DC マーブルVSカプコン2
お祭りカクゲーですが、個人的には2D格闘では一番好きです。
というかストライダー飛竜が好きのでコレ

■GC 大玉
どれも多人数で遊んで面白いゲームばかりの中、
圧倒的に馬鹿げてる内容で度肝を抜かれたのでコレ。
ピンボール+SLG+マイクパフォーマンスってなんなんだよ!!!
真剣にヤっちまったゲームだと思う。

■360 ギアーズオブウォー
今のところはコレかな。 どれも面白いから360は困る。

■Wii ウィースポーツ
まだタイトル不足は否めないなあ。

■GB レッドアリーマー
当時は一時間で打開してしまうぐらいやり込んだ。
カプコンの看板キャラだった時期もあり、そのアクション性の高さは
群を抜いてました。 魔界村や魔界島が好きだったのもあってか、
レッドアリーマーを操作できるだけで興奮モノでした。

■GBA ネットサル
育成要素の濃いフットサルゲー。
必殺技などがテクモのキャプテン翼を髣髴とさせところがアツイ。
育成したチーム同士の対戦を加味すれば、GBAにおいては最も面白いゲーム
と思うのだが、DSがケーブル対戦に対応が成されていないため、
今後の普及は絶望的なのが残念。 DSでも出せよ

■DS カドゥケウス
ワイファイ対戦ものはどれも面白いのであえてそれ以外ならばコレ。
他にも超操縦メカMGや応援団などもいいが、タッチペンを駆使して
面白さに消化したという点では圧倒的にカドゥケウス。

■PC98 ハイリワード
個人的にはSLGでもっとも面白いと思う。
ただ借金を返すという目的のために、あのテこのテで世界を帆走する
といった内容もステキだが、戦闘システムや武装勢力の要素など
充分に遊べる水準でありつつもまだまだ手を加えられる"隙"を見せ、
次の作品があるならより面白くなったであろうという片鱗を見せていた点でも良かった。
しかしあまりの知名度の無さか、家庭用ハードにすら移植されなかったのが残念、
もっと多くの人に知って欲しかった。 ちなみに同人で販売されたサントラは
家宝として保管してます。


こんなところかな、思い返すといろいろゲームやってきたなあ。
[PR]
by souka_t | 2007-06-15 17:34 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(5)
【ゲーム】ゴッドファーザー 360版感想


ショパンやセインツロウへの繋ぎとして買っておいたゴッドファーザー、
全ミッション打開しアンダーボスになるまで遊びました。
その感想をば。


プレイしてみるとやたらEAっぽかったと言うか何と言うか。
格闘スタイルの操作系統がファイトナイトラウンドっぽく、
カーチェイスはバーンアウトとニードフォー足して3ぐらいで割ったマイルドな感じで、
多対多の銃撃戦はそこはかとなくメダルオブオナーかな。
雰囲気はゴッドファーザーを取り扱ってるだけに、他のGTA系の箱庭ゲーム
と比べていささか地味ではありますが、世界に酔いしれる事が出来るという点では
かなり良かったのではと思います。

本筋のミッション自体はやや短めではありますが、
商売ゆすりやトラックジャックなど寄り道要素が非常に面白く、
ついついミッションそっちのけになることウケアイ。

なによりもファミリー間の抗争の要素が良く出来ていて、
シマを荒らしたり取られたりと常に状況が動いてる気にさせてくれるところが
上手いです。更に警官が介入したりすると路上でのカオスっぷりは最高。

また、実績も良心的で、
ほとんどが普通のやり込み要素と直結している点も◎
何と言うかライオットアクトほどスキルを要さず、キングコングよりはさすがに手間、
そんな感じ。

総評するに個人的には結構オススメ。
気になってる人は買っとけ
[PR]
by souka_t | 2007-06-14 08:38 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
スコールクインシーメロン


折角長い文を書いたのに、IEが不調で投稿失敗・書き直し。
めんどくせえ~ 

もう三行で行こう


先週はねとらじウイーク
カロリーメイト寿司は危険
ワイファイ食いつき悪いぞおまえら


こんなところだろう。
次の360三行

シャドウランはとりあえず"買い"
クロムハウンズでボコられた
ライオットのコンテンツ今頃来てんじゃねえ


こんなところだろう。

ではお菓子

■スコールクインシーメロン
夏らしい期間限定モノ。既存のメロンソーダと比べても味劣りしないクオリティだ 8点
[PR]
by souka_t | 2007-06-11 10:12 | 日々よしなし事系 | Comments(4)
【ゲーム】コミニュケーションノート設置


ふとした思い付きで、藤沢の某ゲーセンに

勝手にコミニュケーションノートを設置してきた。


続報は来週!!
[PR]
by souka_t | 2007-06-07 17:14 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(5)