「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧
ポリンキーめんたい味・ファンタファンタスティックファイブ


やべ、まったく同人ゲームの製作が進んでねえ、
やべ、マップ描き直すとか無茶やるんじゃなかった、
やべ、今月中のステージ1公開とかもう無理、
やべ、360ばっかりやってるからこんな目に遭う、


やべ、マンガラジオ面白すぎる、
やべ、じとうもスティッカムでやる気満々じゃないか、
やべ、ゴールデンウイークの放送の企画なんも考えてねえ、
やべ、今度カラオケで歌う新曲がねえ、


やべ、クロムハウンズの転戦勲章ついにゲット、うはwwwもうww廃人wwwwww
やべ、ゾイドインフィニティ1000試合消化した、うはwwwもうww廃人wwwwww
やべ、アウトフィットのオフライン実績コンプ、うはwwwこれからww廃人wwwwww
やべ、シルフィードのメガトンバッチやっと半分、うはwwwまだww常人wwwww


やべ、グレンラガンなんだかんだでクオリティ戻ってる、
やべ、神雕侠侶、16年後の楊過カッコ良過ぎる、
やべ、テラへ・・・のEDテーマの歌詞が音程に合ってるように聞こえねえ、
やべ、先週のきらりんレボリューションのメガネっ娘きらりちゃんに恋☆カナ?


やべ、ギアーズTAのメンバー集まらねえ、
やべ、水曜日空いてるからリスナー誰でもいいから遊び来い、
やべ、久々にハンドガン戦がしてえっ、
やべ、七里ヶ浜のフリーマーケットは古着とサングラスしか売ってねえ



やべ、お菓子のコーナー

■ポリンキーめんたい味
ポリンキーの新作、順調にグレードアップしている感。スナックらしいスパイシーっぷり 7点

■ファンタファンタスティックファイブ
なんだろう、ファンタグレープをソフトにした感じ? 非常に面白い事になってる 8点
[PR]
by souka_t | 2007-04-30 10:44 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
【ゲーム】5月のダークホースなDS作品・ドラグレイド
6・7月の神懸かったラインナップに比べ個人的に5月は嵐の前の静けさですが、
かねてより1本ほど気になっているタイトルがあります。

その名を カスタムビートバトルドラグレイド (*音声注意)

はじめてコレを知ったのはおはスタ枠のCM。
その時点では バンプレスト・絵柄・おはスタ枠 という要素から、
なにかの玩具のタイアップモノ的なイメージでした。
が、しかし どうやら純粋なゲーム展開モノの様子。

内容は煽り文句からは音ゲー調、画面を見ると対戦アクション調、
このあたりから発されるイロモノ臭が、自分のようなバクチ買いユーザーには
ワクテカ要素で、タンクビートやジェットインパルスの発売前時のトキメキ以上です。
きっと 知られざる良作 か とんでもないクソゲ に違いない、
ゲームレビューサイト持ちにとってはネタ的には極上。

さてここから事前検証です、
エクソダスギルティーの真堂カスミ君やD-RIVEのACEメンバーのように
事前調査を欠かさずする事こそ地雷回避の近道。
コミケ前に自分のスペースの周囲のサークル内容も事細かに調査する
自分ちょっとカッコイイ、いやいや前振り長くなりました。

はてさてこのドラグレイド、発売元こそSFC版ファーランドストーリーのバンプレストですが、開発は Dimps
以前はPS2・ガンスリンガーガール3部作を手がけていた黒歴史を持つ制作会社ですが
最近に至っては、PS2セイントセイヤやドラゴンボールZなど、ファンを満足させる
クオリティで版権モノのゲームをリリースしまくってるご様子。
DSの最新作は のだめカンタービレ 、評価は難易度が低いやら対戦要素が無いやらと
欠点も多々ありつつもそこそこ好評の模様。制作会社の点では期待出来そう。

次に発売に至るまでの流れ、
このゲームは一度発売延期をしています。
記憶が確かなら、約2ヶ月ほどの延期。
何かとんでもないバグでも見つかったのか、クオリティアップのための更なるバランス調整
なのかどうかは謎ですが、2ヶ月の延期は随分と長めです。
一時は無茶して詰め込んだWI-FI対戦に不備があって、ランキングしか
対応しなくなるんじゃないかとすら思うほどの不安要素でしたが、最近の公式更新によると仕様はそのまま、とりあえず一安心。

公式サイトの内容から判断するに、動画を多量に用いてシステム説明に尽力してる
節があります。 やや複雑なゲームという印象になりますが、自分のようなコア層には
むしろ好印象。 いろいろと冒険をしている企画を見るのは興奮します。

さて、そんなこんななカスタムビートバトル・ドラグレイドですが、
予定通りなら5/17にリリースです。
個人的には5月最注目の一本、 対戦検証のために誰かいっしょに か わ な い か ?
[PR]
by souka_t | 2007-04-30 04:11 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(3)
家ゲーマーらじお 第31回
家ゲーマーらじお 第31回放送終了


■掲示板

放送前・放送中の書き込みお待ちしています。
[PR]
by souka_t | 2007-04-29 04:02 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(1)
【ゲーム】チンクルのバルーンファイト

数日前に届きました。
ニンテンドークラブ プラチナ会員特典・チンクルのバルーンファイト

このゲームはファミコンで発売されたバルーンファイトのアレンジバージョン。
ゼルダの伝説のキャラの1人だったチンクルがいつの間にかソロゲーム化や
このようなアレンジ版の自機になったりと、ニンテンキャラとしての格の上がり具合を
見せ付けてくれてます。


とりあえずフェイズ99をクリア。

とにかくオマケとは思えないクオリティに脱帽。
特典と言えど抜かりの無い作りなのが流石はニンテン、今や天を突く勢いなだけある。

正直ファミコンミニのキャラ挿げ替えバージョン程度かと予想していたのですが、
しっかりと二画面使ったり通信対戦対応(しかも4人)したりと、DSであるが故の
アレンジを施しているところが素晴らしい。

バルーンファイトと言えば、昨年にそのオリジナルであるJOUSTを打開しましたが、
アレと比べてみるとバルーンの方は格段に遊びやすく仕上げたものだなと実感しました。
JOUSTの方は敵がイヤラシくて数も多い、どう見てもインカム食い潰しにかかってる
としか思えない難儀なものでした。
このチンクル版もしっかりその遊びやすさを継承しています。
いやはやプラチナ会員でよかった よかった
[PR]
by souka_t | 2007-04-27 21:08 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(2)
【ゲーム】DS大都研公式パチスロシミュレーター


レヴァナントウイングを蹴ってまで買ってきました。
大都研公式パチスロシミュレーター・秘宝伝・押忍!番長・吉宗

スロ実機は打った事すらないのですが、
押忍!番長の音盤で衝撃を受け、友人がプレイするPS2版のシミュレーターで
液晶演出を見たときの躍動を忘れきれず、いずれ番長のソフトだけでも手元に
置いておこうと思ったところにこのDS版の発表があったので好機と思い購入。

注目すべきは演出面、
とりあえずPS2版と比べてさほど見劣りはしません。
無論 ディスタンス、轟きDREAM は歌付き。
使われてる音声もオリジナルと同じだと思う。
個人的にこれだけで大満足。

ただ、おまけはかなりショボく、
ホントに定番のミニゲームって感じなのが残念と言えば残念。
吉宗はアニメ化してるけど、番長もスロ以外での展開をして欲しいと思ってる人は
多いはず。 ぜひぜひ次はDSでのオリジナル展開を希望したいところ。 

それにしてもディスタンスの時の液晶演出はホントに神懸かってるな、
スロに興味が無い自分にコレを買わせてしまうほどだ、
とりあえずオートプレイでほっといてBGM代わりにしてる今日この頃。



参照

YOUTUBE Distance(押忍!番長)
自分のスロのイメージが急変した衝撃的な液晶演出だ!!見れ

Distance ~In Your Love~ 青山操
そのうちスロ界のコトコになるからチェックだ!
[PR]
by souka_t | 2007-04-27 10:50 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
【ゲーム】アウトフィット・クリア感想


「俺はあと、何人殺せばいいんだ?」
とヒイロユイのような台詞を吐く暇も無い360ユーザーは、
昨日も今日も、そして明日も、常に戦場なのです。

このソフトは海外360タイトルのローカライズ版で、
TPSとRTSのイイところ取りをしたような作品。
舞台は第二次大戦中のヨーロッパ戦線末期。


驚いちゃうぐらい GCの突撃ファミコンウォーズ そっくり。
操作がTPS・支援要素がRTS とルール的なところから
乗り物の操作し辛さまで激似。 ひょっとして制作の根っこが同じ?

ゲーム自体は最初に覚える事が多々あり、常に出来る事が多い。
要領を掴んでくると 野砲で戦線を構築・車両で中央突破・イベントの遮蔽物を空爆要請
と、だいたいの局面で定石が決まっているので意外とシンプルな造りだと気づく。  
何度自キャラを倒されても復活出来る点も注目、初心者への配慮か洋ゲーにしては
ヌルイ仕様とも言えます。クリアだけならゴリ押し可ですが、テンポ良く進めるためには
それなりに技量を要します。

全体的に良く出来てるという印象ですが、自分的には野砲の活躍の場が多い事が
なんとも楽しい。 降下してくる敵兵を並べた野砲で集中砲火する場面は
迫撃マニアにはたまりません。

総評するに結構オススメ、ウォーゲームが好きな人には特に
[PR]
by souka_t | 2007-04-27 10:33 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
【家庭用ゲーム板】クソゲーオブザイヤー
家庭用ゲーム板 クソゲーオブザイヤー スレッド より転載。
----------------------------------

◆ 選 評 ◆

2006年のクソゲー市場は過去類を見ない程の盛り上がりを見せた。
ゲーム的にもネタ的にも十分な質と量を兼ね備えたクソゲーがこれでもか、と言わんばかりに投入された。 が、それと同時に商品レベルに無いと言われるような物が取り沙汰される悲しい年でもあった。

2006年はまず年明けの「FF7DC」で幕を開ける。
FF7のスピンオフ、美麗グラフィック、オンライン対戦の実装でファンを期待させ、 蓋を開けてみればTPSの基本がなってない、よってオンライン対戦も・・・、世界観ぶち壊しのGackt起用、 開発者の「ミリオンは通過点、そこからどれだけ売るかの勝負」発言、そしてヴィンセンとー!!と、 数々のネタを盛り込み、新年早々「もうこれで決まりだろう」的な空気を作り出した。


だがそんな状況に待ったをかけるべく「ガンパレードオーケストラ白(緑、青)の章」が名乗りを上げた。 「絢爛舞踏祭」等で御馴染みのシステム、反省の色が微塵も見えない開発者、明らかに分割商法の3部作構成、 ディスクの取り出しづらい限定版の箱の造り等隙の無い構成ではあったが、 ユーザーとしては概ね想定の範囲内、と言ったところであったのだろうか、今一つ盛り上がりに欠け、FFDCを追随しきれてはいなかった。

それからしばらくは対抗馬不在であったがシンプル2000の「THE男たちの機銃砲座」が登場し、スレも活気を取り戻す。 このゲームはシンプル2000ではあるものの、そのハンデを乗り越える程のカオスっぷりを見せ付けていた。 フォントがフリー素材この・・・通信は・・・電波妨害・・・されている・・・等もうちょっと考えろよ的な要素すらも些細な事である。
シューティングゲームなのに敵を撃たずに無視する事でクリア、とシューティングゲームを根本から見詰め直した斬新なゲーム性が評価された。

これらの前後に「BLEACH~放たれし野望~」、「宇宙刑事魂」、「魔砲使い黒姫」、「格闘美神ウーロン」等のクソキャラゲーが 乱発され、クソゲーが無い日が無い、と言う程の充実を得た
これだけの量のクソゲーを生産できるバンナムには頭の下がる思いである。

そして年末も近くなり、そろそろ駆け込み見切り発車のクソゲーが届き始める頃か、
と思っていた矢先にまさかの「カルドセプトサーガ」である。
わざわざXBOX360専用で開発、過去の実績、猿楽庁等の要素から考えてクソゲーであるはずが無く、 またこのスレで名前が挙がるとは誰もが夢にも思ってなかったであろうソフトだった。 このソフトを二文字で表すなら「バグ」である。
最初は熱心なファンがバグがあることは感じながらも懸命に楽しもうとしていたが、
日に日に発見されるバグの数と反比例して姿を消していった。

そんな状況の中でも沈黙を守り続けるバンナムの姿に怒りで震える購入者の声は届かず、 真っ先に謝罪したのがハード会社のマイクロソフト、というなんともやるせない惨状に、 現代の歪んだ社旗情勢が反映されていると言えるであろう。
開発者がmixi内で、本人かどうかの確証も無いが、「アレがサービスの最底辺」と発言しており、 もはやダイスすらまともに作れていなかった事などほんの瑣末な事と言える。
余談ではあるが後(2007年)に発売される攻略本が発売直前に回収されるという離れ業をもやってのけた。 年末には10数年ぶりのナンバリングタイトル、物理演算搭載、発表当時は次世代機の物とも思われていたグラフィックで 期待を一身に背負っていた「聖剣伝説4」が見切り発車ミエミエ、バランス調整放棄、ストーリー詰め込むのマンドクセ、の出来で発射され、 「クソゲーすぎる、、どうなってんだ、、?」との名言を生み出し、2006年を最後まで盛り立てた。

そんな中で見事大賞を受賞したのは「ファンタシースター ユニバース」 PSOのノウハウ、実績を引き下げた新たなオンラインRPGに誰もが期待していたが、 いきなりのサーバーダウンや発売後に有料ベータテスト化、初期はログインするのが既にゲーム、等 これまた開発の粗末な対応にファンは振り回される。
オフ部分についても、「オフだけでも大作RPGです。」「オフはオンのチュートリアル。」と開発にも迷いがあったようだ。 ゲーム部分もPSOから大幅に退化しており、PS2版は泥人形と揶揄されるキャラクタ、ただ連打するだけの戦闘、 不可解な味方AIの行動、何をするのにも微妙にストレスの溜まる造りに呆れかえるファンの姿があり、 見ているだけでいたたまれない気持ちになる。 時間を掛けて開発したが時の流れは残酷である、という事を購入者に知らしめた功績は大きい。 このゲームは上記クソゲーと比べて突き抜けたクソという訳では無いがこのソフトを取り巻く環境や状況が 昨今のクソゲー市場を端的に表している、と言う意味で今年のクソゲーを代表すると言えるだろう。


最後にシリーズを悉く潰していき、次世代機でもクソゲーを乱発するバンナム、
ゲームを着飾る事に溺れているスクエニ、
過去を振り返る事の出来ないソニックチームに以下の言葉を贈ることによって
2006年クソゲーオブザイヤーを締めくくりたい。
 
                              
全 て の ク ソ ゲ ー を 過 去 に す る。

----------------------------------



2006年度を上手くまとめた文章だと思う。
確かにFFDCのスタートダッシュと年末の阿鼻叫喚っぷりは凄かったです、
それに比べると今年はまだまだ静かな流れですね。
[PR]
by souka_t | 2007-04-25 09:43 | げーむ系2chログ | Comments(0)
OH!チップスリッチコンソメ味・シントー バナナとメロン


先週はスピーディーなアクションを期待して購入した
ペーパーマリオでしたが、事の他アドベンチャー要素が濃く、ゲンナリしてます。
決してつまらなくはないんですが、期待してたものと全く違ったという印象は拭えません、
中盤からアクション色が濃くなってくれるといいんですけど・・・

360においては、借り物のファイトナイトラウンド3打開の後に
更に借り物の  アウトフィット を始めました。
こちらは予想以上に面白く、体験版では難しいという印象でしたが製品版を
初めからガッチリとプレイすると、その奥深さや圧倒的な面白味に気づかされます。
フレンズでネット対戦をやれば必ず盛り上がる事間違いなし、
ベガス買わないで自分でも買おうかと思ってしまった程、
つかホントにベガスとアウトフィットなら中古アウトフィット数本買って布教したいぐらいだ。
つかおまえら買え!対戦やろうぜ

対戦と言えば、ねとらじギアーズ大会
まだ応募0人、 どいつもこいつも腰抜け揃いです、
これならじゃけんと遊んでた方がいいな、 君らにはガッカリです。
所詮俗人DJどもですね。 いっそDJの参加は全面的に無しでリスナーのみとしますか?
でもリスナーに罰ゲームさせてもつまらんのですよねえ。

ガッカリと言えば、先週の神更新で起動するようになったKOFでしたが、
やはりネックはコントローラー。 360のはFPSを遊ぶようには出来てるが
カクゲーをするようには出来てない事をマジマジと痛感させられました。
でもクリアしたんだもん。

クロムハウンズは絶賛継続中。
今期は タラキア国 に移籍と相成りました。
今期からはいよいよ期待出来そうなルーキーが我がスカッドに参戦、
ドルアーガの塔を2週し、ときたまエロフィギュアを原型するというスゲエ奴です。
これでようやく俺の スカッド貢献率73% とかいう自慢にもならない
独り相撲ポイントをドウにかしてくれそうです。
つか まあどうでもいいがヘッドセット買えよボケナスが、
もしいっしょに戦場に出たとしたらコンパス取る意味ねえだろうがッッ!!!!!
はいはい 随時隊員募集中 スカッド名:shownn  所属:タラキア
今ならアクティブ要員が少ないので 好きなRTでの参加可。


ようやく佐川が持ってきた チンクルバルーンファイトは今夜開封という事で、
お菓子のコーナー。

■OH!チップスリッチコンソメ味
カルビーのコンソメの牙城を揺るがすクオリティに敬礼、イイヨイイヨこれ 7点

■シントー バナナとメロン
久々にとんでもなく美味いのがキタ。 超オススメ、レギュラー化希望 9点
[PR]
by souka_t | 2007-04-23 11:16 | 日々よしなし事系 | Comments(2)
【ゲーム】DS・きらりんレボリューションなーさんといっしょ クリア感想


よもやこのタイトルのインプレを書く事になるとは・・・。

このゲームは、アニメで2年目に突入し更に加速するアイドルストーリーが
魅力の きらりんレボリューション を題材としたゲーム第二段。
主役はネコのなーさん!


はてさて、とりあえずファーストプレイで


↑このように 「にんき」以外のパラメータをカンスト。
ラストのアイドル大賞で3部門受賞したので恐らくグッドエンドであったと思われる。
(でもエンドロールが無かった)

1週回してみての感想はと言うと、非常に丁寧に作られている感じがした。
中でもテキストスキップ回りは素晴らしく、これはどのメーカーも見習って欲しい所。
二画面の使い方もまた良く、下画面でなーさんを操作しつつ上画面で常にきらりちゃん
を監視できる構成は上手い。

ゲーム自体はミニゲームや町の中の探索を繰り返して、きらりちゃんのパラメータを
上げていくのが目標。
肝心のミニゲームはコナミだけあってか、音ゲーのようなものやタイミングを計るような
ものが多い印象。 ただ、どれもライトユーザーをターゲットにしてか難易度がユルユル
なのが賛否の分かれる箇所だと思われる。
逆を言えば、初心者に安心して遊ばせてあげれるバランス調整とも言える。

なんにせよ、女児向け作品としての完成度はそこそこ高いので、
お子さんや従兄妹や孫娘がいる方は是非プレゼントの1つとして考慮しても良いかと。
[PR]
by souka_t | 2007-04-23 10:27 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(6)
【ゲーム】ファイトナイトラウンド3


キングコングに並ぶともそれ以上とも言われた実績ソフト
ファイトナイトラウンド3をコンプ。

このゲームはEAお得意のスポーツゲームの1つで、ボクシングを題材としたもの。

以下感想。


リリース的に乏しい5月を越すために人から借りたソフトだったので、
ゆったりとプレイし実績1000ポイントを目指そうかと思いきや・・・
ドハマりして数日でコンプしてしまいました。

このゲーム自体は相当クセがある代物で、初めはボタンを押してからのボクサーの
パンチモーションが長ったらしく感じ、「ひょっとしたらクソゲなんじゃないか?」とすら
思いましたが、試合をこなして自分なりのスタイルを確立して勝ちパターンを
発見するようになってきたら大変面白くなってきました。
操作方法も非常に独特で、これもまた慣れるまでには苦労しましたが、
思うようにパンチを繰り出す事が出来るようになると、複雑な操作設定も納得。

ボクシング好きの方には360の性能を如何無く発揮されたビジュアル面で
食い付きが良さそうですが、まったく興味の無い人やマイクタイソンパンチアウトが
好きだった人ぐらいでは面白味のエンジンがかかるまでが長そう。

あ、あと ラウンド看板のビキニのオネーチャンが不気味の谷。


総評するに、結構オススメしたいが人を選ぶのでススメられないもどかしさ。
[PR]
by souka_t | 2007-04-21 18:36 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(2)