<   2006年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧
目薬買ってきた


風邪を引けば酒飲んで寝る、腹が痛ければマクラに噛み付いて床を拳で叩き続ける、
切傷なんてツバつけときゃそのうち治る、打撲なんて我慢我慢、医療品に頼った試しが無い。

そんな souka_t こと エーオーアイさんですが、
実は、生まれてこの方ドラッグストアでクスリを買った事が無かったのです。

で、今日はじめてドラッグストアでお買物、はじめてのお買物です。

ブログをご覧の通り、重度なゲーマーな訳でさすがに目が心配になってきた昨今。
ここはひとつ目薬を1つばかり常備しておこうかと思い、先ほど近所のドラッグストア
HACへ入店。

近所に薬局がいっぱいあるというのに、このゲームキチは何を勘違いしてHACを
チョイスしたのか、あの店はドラッグストアというよりほとんど女性用の日用品のお店。
医療品コーナーを間違って過ぎて、生理用品コーナーに入ってしまい、
品物補充している店員のオネイサンと目が合って気まずくなったり、
ご婦人が大勢カウンターに並んでいて野郎が自分だけで異様なオーラを撒き散らしたり、
ちょっとボケ気味のおばあちゃんにカゴでひかれた後に鮮やかに列を抜かされて
テンパってたら店員のオネイサンに苦笑いされたり、何やら今朝からイベント満載です。

で、買ってきたのは サンテ40 というメラ安い目薬なのですが、
家に帰って目薬を差そうとしてそこからまた一乱闘。

実は自分、 目薬差した事無いんだよね

乾坤一擲、電光石火の一差し!と言わんばかりに勇んで我が目をターゲッティングした
までは良かったのですが、角度や重力の兼ね合いからしてなかなか目に当たらない。
頬に当たったりマブタに当たったりしてるうちに、
「このひゃっこいヤツが眼球に当たるだと!? オレはそれに耐えられるのか!??」
と変な恐怖感にかられる始末。かなりBKK  
十数分格闘してようやく両目に1滴づつキメた訳ですが、これがなかなかの効き目。
お目目爽やか視界クッキリですよ。
今後はゲームの長時間プレイの際には目薬を使用していこうかなと、そんな水曜日の朝
[PR]
by souka_t | 2006-05-31 11:55 | 日々よしなし事系 | Comments(2)
【漫画】ヨコハマ買い出し紀行14 (終)


12年間の連載がついに終結。
アフタヌーン連載のフィーリング漫画・ヨコハマ買い出し紀行14巻を読了。

ー以下ネタバレも含むー


 最後の結末はオーナーがさくっと帰ってきてアルファさん的に大団円~
って終わり方と12年間信じて止みませんでした。
それは良い意味で裏切られた訳ですが、なんというかさすが極まったマッタリ系漫画、
最後の最後もいつもの雰囲気。

14巻のはじまりの、マッキの急激な成長が、この物語の時の流れを雄弁に語っている
訳ですが、よもやタカヒロとの間に生まれた娘まで登場するとは、ちょっとビックリ。
前巻までアルファさんの意識が遥か上空にブッ飛んだりとかが何かの伏線かなとも
思ってましたが、そもそもが連載開始から謎だったモノすべてに説明がまったく付かず
終わったのが個人的には残念です。 まあ、そういう漫画じゃあ無い訳だな結局。

12年間お疲れ様ですアルファさん ココネさん。
[PR]
by souka_t | 2006-05-31 11:23 | 描きつくれば漫画系 | Comments(0)
フルーツポンチ・オレ


夏コミまさかの落選。
と言うワケで、今夏はショーナンロケッティアズの名義で出展は無くなりました。
もしかすると他のアテが通るかもしれないので、あわよくばそっちに委託という形に
なるかもしれません。 それよか出展物の制作が間に合って無いので、ちょっとコレは
がんばらんといかんなと、どうなるにしても今から制作は大荒わ状態です。

月曜のお菓子。

■フルーツポンチ・オレ
去年も一昨年もこんなのあったよね。オレ系は大概美味しいんですけど、
これも例に漏れずまろやかかつフルーティーな味わいがグッド。 7点



おまけ今週のジャンプ感想

・ナルト
サスケの草薙の剣って、前にオロチ丸が口から出したあれかしら?
今回の流れからすると、来週は内なるナルトに忍び込んできたサスケが
ナルトの力わ解放→尻尾また増える→サスケと痛み分け って流れと予想してみる。

・テニスの王子様
キッペイどんまぢがんばれっ!!
無我の境地に3段階あるとかまたまたインフレキタコレ。
[PR]
by souka_t | 2006-05-29 16:07 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
【ゲーム】Wii 18000円! サクセス
Wii サクセス価格18,000円



まるしー横山光輝。


まだ慌てるような時間じゃない。
[PR]
by souka_t | 2006-05-29 00:23 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(2)
NEWスーパーマリオの対戦を試した。
今日は久々にピザ食い放題のシェイキーズで昼飯を取ってきました。

メンツはBダッシュの中の人と湘南のエロの人で、
ピザむさぼり食いながらニンテンドーDSでの対戦を堪能しました。

テトリスDS・マリオカートDS・このクイズ野郎・ボンバーマンDS・ぷよぷよフィーバー
の対戦モノの定番ときて、昨今界隈を賑わせてるNEWスーパーマリオ
の対戦も試みる事が出来ました。

特に面白かったのがNEWスーパーマリオ。
1人用は良作級でミニゲーム集としても優秀な1本といった見解でしたが、
対戦モードであるマリオvsルイージの面白さは異常でした。
ループステージ内でのスターの取り合い・奪い合いがガチ楽しく、
特に奪い合いの直接対決を決行するとどことなくクッキングファイター好の
料理対決に通じるものがあるエゲツなさっぷり
がステキ過ぎ。
ファイヤーマリオの容赦無いファイヤーボールの撃ち合いや、
巨大マリオにおっかけられる恐怖感ときたらもう…。
NEWスーパーマリオを持ってる方は是非とも1度は対戦を試みて欲しい。

他、始めてマリオカートDSでCPUを交えたチーム戦を決行してみましたが、
これがまた微妙にゲーム性が変わってきて面白かった。
普段ならば純粋にドライバーズポイントを競うものが、チーム戦では
チームポイントを稼ぐために同じチームのカートをいかに上位へと昇らせるか
の工夫をしなくてはいけなく、その感覚たるやサイバーフォーミュラー・ゼロの
加賀が新条直樹を先行させるために大立ち回りをするアジアグランプリのそれ。
一部のOVAヲタにしかわからんたとえだな(´>`)""""

結果、対戦はゲームごとに3者3様に強さを見せつけた形になりましたが、
「このクイズ野郎」においては連戦で自分がマイナスポイントだったのが心残り、
自分が持参したのにッッッ!!!(;´ < `) ワールドカップが近いからって
ランダム出題なのにサッカー問題ばっかりッテナニヨッ このカート空気読みすぎ。

とりあえず対戦スゲエ面白かったです、各員乙であります。


さあ、次回はメトロイドDSのWi-Fi対戦だ!

私信:セーブどっち消してもおk
[PR]
by souka_t | 2006-05-28 23:34 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
【ゲーム】家ゲーマーらじお第9回
ラジオ第9回放送終了

来てくれた30人のリスナーの皆さんマヂありがとうっ!

録音無しのリアルタイム配信ですので、後日のファイル配布はありません。
ウチのマシンがロースペックなので録音カンベン(;´ < ‘)

■リスナー掲示板はここ

配信前に書き込まれたものは7:00から読み上げます。
振るって書き込み下さい
[PR]
by souka_t | 2006-05-28 02:00 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
【ゲーム】ユーゲー6月号の円丈師匠


あまり有名所の批評文を読むと、知らぬ間に自分もオウム返しして
物事を語ってしまうので、普段からこのテの雑誌はあまり進んでは買わない派なのですが、
個人的にどうしても見たいインタビューが掲載されると聞きつけたので購入に及びました。
はじめて買ったユーゲー・トレジャー特集以来ですね。


何が読みたかったかと言うと、上の写真の
「サバッシュの生みの親・三遊亭円丈師匠PCゲームインタビュー」

芸能界には数多くの自称ゲーマーがいらっしゃるらしいが、
経験も年季も知識も到底この円丈師匠には及ばないであろう。

円丈師匠と言えば、本職の落語はもちろんの事、あのPC雑誌ポプコムで
容赦の無い辛口批評家として我々オールドゲーマー界で名を馳せた御人。
その活力は舌先と筆先に留まらず、ゲーム批評家が講じてPC88・98の傑作RPG
ザバッシュを制作してしまうほどの猛者。
近年ではドラゴンクエスト8を打開したとの報を師匠のサイトで見て、
ついつい自分も師匠に感想と応援のメールを送ってしまったほど。
(その後気さくな返信メールも頂きました、超イイ人だった)

その敬愛する円丈師匠のインタビューが6ページも載ってるとなるとユーゲー買うしかッ
な訳で、その内容もまた大変面白いものでした。

特に面白かった部分を箇条書きすると…
・独演会でつい「ドラゴンスレイヤー」と口走って場を凍りつかした。
・PC88伝説を指して「これせこいソフトばかりじゃないですか?」とか言い放ったり。
・伝説の奇ゲー「HARAKIRI」を”やり込んだ”と言ったり。
・打開を妥協したゲームに「マイト&マジック」を挙げたり。
・初代信長の野望の出来の時点で「光栄は倒産してもおかしくなかった」と言い放ったり。
・4~5年前にFM-7を求めたら「在庫が無い」とフジツーに言われたり。
・ダンジョンマスター2が大好きです な師匠。
・イース・ソーサリアンの時点でファルコムは「ワケわからなくなった」
・ルーチンをめぐってプログラマーと喧嘩した事があるとか
・最近打開したゲーム「ウォークラフト3」


師匠、サイコウですっ!!


■関連サイト
三遊亭円丈落語の世界
[PR]
by souka_t | 2006-05-27 16:10 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(2)
【ゲーム】PS2版ミステリート・ファーストインプレッション


ショーナンロケッティアズ的には久方ぶりのギャルゲADVの感想。

このゲームは、DOS時代の18禁ゲームで名を馳せた菅野ひろゆき氏(旧:剣乃ひろゆき)
がシナリオを手掛ける作品で、 PSやDCでも発売したエクソダスギルティーや探偵紳士
と同じ世界設定・人物設定を共有するお話。

2~3年前に発売したウインドウズ版を当時既にクリアしているので、
今回はその原版と比較したインプレッションを書こうと思う。

まずは変更点である3DMAP画面の廃止
これは各段にゲーム自体を遊びやすくする事に貢献してる。
正直、原版の3DMAPの面倒臭さと言ったら著しくゲームテンポを損ない
目も当てられなかった。
これは素晴らしく思い切った改善点だと思う。

中核のADVのシステム面でも、過去ログ観覧や細かな音声カスタマイズ、
テキストの自動送りなど、昨今では基本的な事ながらも必要な機能がしっかり
用意されている。このあたりは原版からよくよく丁寧に移植されていると言った感じ。

そして極めつけはフルボイス化
原版をプレイした人ならば誰しもがボイス入りでやってみたかったという感想を持つ
と言っても過言ではないミステリート。 その期待に充分に応えるキャスティングと
演技のクオリティを実現している。
個人的には結末を知ってる身としては七尾がちょっと子供っぽすぎる声かなあと
思いましたが、八十神かおる:緒方恵美の神演技が素晴らし過ぎる。
かおるの小生意気さからして、自分はコナンの高山みなみあたりを想像していたんですが、
逆に緒方恵美の凄さを目の当たりにしたって感じ。
主人公かおるは普段は凄腕の探偵少年で、事件に合わせて女装をして捜査をするという
トンデモ探偵なのですが、その緒方恵美さんの演技分けが本当に素晴らし過ぎる、
たとえるなら、少年声はエヴァの碇シンジ君をすげえ生意気にした感じ
(蔵馬ほどにはクールじゃない)、女装声はレイアースのエメロード姫(豹変前)の声。

原版では文章のみで声色ネタが多かったので、このフルボイス仕様でようやく完全版
に仕上がったという印象だ。

逆にはじめから原版でフルボイス仕様で出してくれって言うのが不満点と言ったところだろう。

肝心なテキスト自体はそんなに変更点が無い様子なので、菅野ファン的には問題無い、
初老の執事キャラである米村がメガネっ娘メイドに変わってたのには正直驚いたが。

とりあえず1話途中までの感想はそんなところ。
[PR]
by souka_t | 2006-05-27 05:25 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(2)
【ゲーム】NEWスーパーマリオ・クリア感想


毎日少しづつ進めようかなと思っていたNEWマリオ、
あまりに面白過ぎてやめるにやめられず、ついついクリアするまでプレイしてしまった。

はじめに総括してしまうと、DS持ってる人で2Dマリオが好きだった人は絶対買い。
懐かしさの中に新しさ有り、新しさの中に懐かしさ有り、NEWマリオの中には
明かに2Dマリオの系譜が受け継がれていた。そんな感じだ。

自分のようにただクリアするだけなら、少しアクションが上手い人なら
5時間かからないぐらい、FC時代からのアクションゲーマーなら3~4時間ぐらいで
打開してしまうぐらいの難易度でした。
携帯機というだけあってか、クリアルートには理不尽なほど難しいステージは無く、
かと言って寄り道的・やり込み的なゲーマー向け要素はかなりありそうな様子だった。

その反面、これが据え置き機での新作マリオならば、
少し物足りなさがあったかもしれない。
がしかし、どこでも気軽に遊べる携帯機用という事を考えれば、これが
最良の落とし所だと思う。

本当に残念だったのは、ファーストインプレッションでも書いた通り
マリオの新バリエーションが期待したほどに面白味が無かった事ぐらい。
あとはおおむね期待通り、ミニゲームや対戦がある分オトクだと思う。

ショーナンロケッティアズ的にはお勧め!
[PR]
by souka_t | 2006-05-26 04:23 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
【ゲーム】NEWスーパーマリオファーストインプレッション


待ちに待った5/25戦線。
朝も早からいつも通りの藤沢シータへ新作ハント。


■今回の購入物
・NEWスーパーマリオ(NDS)
・大戦略DS(NDS)
・ラジルギジェネシック(GC)
・ミステリート(PS2)

他 別所で漫画本多数購入

最近思うんだが、俺っていい客だよな、明かに人気無さそうなものも手を出してる訳で



早速ニュースーパーマリオを2-1までプレイしたのでインプレッション。

まず驚いたのはおまけのミニゲームの充実っぷり。
十数種類あるんですが、どれも単純ながらもスコアアタック性の高いものばかり、
競う事が好きで好きでしかたない人にはミニゲーム集としてもこのNEWマリは
合格点だと思う。

さて、ここからが肝心の本編1人用の感想。

1ステージは導入部分である事もあってか、非常に初心者に対して丁寧に
造られている。 それはもう初代スーパーマリオからの伝統と言ったところ。
進むごとに段階を経て難易度を上げていくサジ加減は相変わらずの絶妙さ。

新たに追加されたマリオのバリエーション
巨大化・マメ・甲羅など、これらもよくよく性格(性能)分けされてて面白い。
が、個人的には今のところは大空を滑空した4のマントマリオほどのインパクトは無い。

そして、今回最も賛否が分かれると思うのが
マリオ自体の操作性に関わってくるマリオの挙動。
これがまた多数の絵を組み合わせてよく動く、
それはもう気持ちが悪いほどによく。
良くも悪くも無駄に枚数使ってるせいか、やや変な操作感覚。
人によってはじれったさを感じるかもしれない。
この点が今回のNEWマリオの意見の分かれるポイントだと思う。

ファーストインプレッションはそんなところ、クリア感想はまた数日後。
とりあえず今のところは旧ファンも新規ファンも楽しめる良アクションだと個人的には思う。
[PR]
by souka_t | 2006-05-25 11:49 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)