<   2005年 07月 ( 41 )   > この月の画像一覧
屋台のヘンテコハンドガン
昨日は地元腰越のお祭りでした。

年々規模が縮小して行き、衰退の一途が視覚的に実感でき切ない昨今ですが。
今年は大河ドラマ「義経」もあってか、義経ゆかりの地なりに出し物に気合入れてた
といった印象。
でもまあマイナーな祭りなので、同時期に開催されている平塚七夕祭りとは
雲泥の差なのがまた切ないところ。

さて、ここ数年で祭りの屋台クジに変化が。
昔はプラモデルとかフエとか ピューっと伸びる変な紙棒とかが主流だったんですが、
最近は何やらエアガンが主流の様子。
1回300円のクジで ビリの5等であっても1丁のハンドガンがゲット出来る!
そこでガンマニアの筆者としても気になる品質を調査するため1回挑戦。


「FOCEGUN」のメイドインチャイナ調なロゴが眩しい5等の1丁をチョイス!

まずこのガンの名前が何なのか、パッケージ情報からさっぱり分からないのがクール。


本体。

ジグザウエルのガッチリ具合をそのままスケールダウンした感じがクール。
ストッパーやハンマーがさすがに値段相応に固定なのもクール。



パッケージに1/1スケールと表記してあるのにこの大きさなのがクール。



マガジンは意外とまとめなのがまたクール。


試射してみた感じ、そこそこパワーはあるみたい。
ホップはなさげなので飛距離はBB弾の重さにもよるけど かなり短め。
でもこのサイズでしっかり飛ぶというところにちょっと魅力を感じる不思議な一品、
そりゃまあ国産メーカーのP230とかには遠く及びませんが、冷静に考えると
300円の品です。そんなもんです。

と言う訳で屋台でゲットしたヘンテコハンドガンでしたー
[PR]
by souka_t | 2005-07-11 07:43 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
【ゲーム】SDガンダム・ジージェネレーションDS

発売日に購入し、日々コツコツと進めて今朝方ようやくクリア。
ニンテンドーDS初のターン制キャラシミュレーション・ジージェネレーションDS。

自分はジージェネシリーズはPSの初代と、PS2のネオスをかじった程度、
今回のはDS初のガンダムゲーということで記念に遊んでみましたが、
これがまた事の他遊べる遊べる。
相変わらずゲームバランスの方は調整放棄気味ではありますが、
敵のMSを捕縛したり改造したり、アイテムで進化させたりして
自分の無敵部隊を構築していくのが非常に楽しい。
戦闘システムの方もさすがカートリッジだけあってスピーディーで、部隊戦闘の
演出の仕方や洗練されたルールはゲーム的に見事なものでした。

シナリオ面も新規加入のガンダムシードとかGガンダムとか
富野ガンダムではないガンダムのルートと、ゼータやZZ・ターンエーがメインとなる
富野ガンダムルートに分けたのは正解だと思いました。
どちらにせよステージ8までは初代ガンダムの一年戦争の話をなぞっていく事に
なるのですが、 ここでシャアを主役としてシーマ・ガトー・ジョニーライデン・マツナガ
あたりがメインで活躍するというシチュエーションはマニアなガンダマーも満足な
シナリオだったのではないでしょうか。

個人的には後半のザフトとティターンズの戦端が開かれ、
コーディネーターvsナチュラルという図式に持っていこうとする話は
目からウロコでした、かなりアリだと思いますアレ。

それとハマーンと決着を付ける前に、艦内でのジュドーとクワトロの会話で
「君はハマーンとの決着をつけに行くつもりだな」
「あんたにはハマーンは殺せない」
とかいうやりとりが、見事なIF世界を演出していたと思いました、
もしもダブルゼータの劇中でシャアが同行していたらそういう会話があったろうな
って感じで良かったです。

他、サラ・ザビアロフの代わりにシロッコに惹かれるカテジナルースとか、
専用顔グラで泣きモードがあるポゥとか、見所満載。

一応宇宙世紀ルートでクリアしましたが、暇があればもう片方のルートも
遊んで見ようかと思います。 結構オススメですジージェネDS。
[PR]
by souka_t | 2005-07-08 08:08 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(1)
【ゲーム】みんな大好き塊魂

買ってきました 塊魂の続編、みんな大好き塊魂

このゲームは地上に散らばるあらゆるモノを取り込み巻き込んで
大きな塊を作って、その大きさや巻き込む早さを競うという
単純明快なアクションゲーム。
前作は同時期に大作群との発売がぶつかり、売れ行きが今一歩と伸び悩むも、
口コミや賞を授与したことから知名度・人気が高まり、ついには今日の続編の
発売に及んだという経緯を持つ。 ちなみにNDS版も予定しているとの噂も…

さて前置きはそんなところでファーストインプレッション。

オープニングはあいかわらずぶっ飛んだビジュアル、今回は王様だけでなく
王妃も目立ってます、えらい事になってます。
そしてプロローグ・・・

おおおおおおお 王様らしきボイスきたーーーーっっっ!!!

ちょっと前にネットで流行った ペリー提督(元ネタはテックウインの1コーナー) みたいな声に大爆笑、プロローグからこれはハッチャケ過ぎ、むしろもう買った事に満足した。

本編は相変わらず… と思いきや地球マップをテクテク移動する王子がキュート。
ミッションクリア後の王様の姿勢の態度がやたらデカくなってます、ある意味期待通り。

とりあえず触りだけ遊びましたが、前作のファン的には満足っぽい、
今夜はやり込むぞっ!!



あと おまけで王子着信マスコットが付いて来ましたー、
なにげに今年もらった初回限定の中で一番嬉しいなあ~、
ナムコももっともっと王子や王様グッズを出すべき!

と言う訳で みんな大好き塊魂ファーストインプレッションでしたー。

ー関連サイトー
新・塊魂オンザウェブ
[PR]
by souka_t | 2005-07-07 14:56 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(2)
バンドブラザーズ・追加曲キャンペーン
バーバラサマ・キャンペーン

ニンテンドーDSの初期タイトルの中でも1・2を争う傑作音ゲー
「バンドブラザーズ」 の追加曲リクエスト募集だそうです。

曲を募集するとかはともかく、驚くべきはその供給方法。
GBAカートリッジから追加曲を転送するとの事!

これってば、バンブラのソフト自体が元々ワイヤレス通信以外での
供給ができるように設計されていたって事ですよね、
用意周到と言うか至れり尽せりというか…
今後2~30曲入りの追加カートを発売し続けてくれるといいですね。

改めてバンブラの可能性を認識させられました、恐るべし!
[PR]
by souka_t | 2005-07-07 14:33 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
ショーナンロケットレイディオ 第1回
みなさんのお便り書き込みの協力もあってか、
なんとかラジオ第1回が完成しました。
掲示板を参照にしつつお楽しみ下さい。

録音のしかたが悪いのでブレスがヒドかったりしますが、
このあたりは回を重ねてどうにかとていく予定的。
初回はこの程度の事が出来るってことでー
[PR]
by souka_t | 2005-07-06 18:41 | 日々よしなし事系 | Comments(3)
【ゲーム】7月の注目
今年はゲーマー的に何やら当たり年な雰囲気。
先月 先々月とえれえ金額を注ぎ込んでしまった訳ですが、
なにやら7月もアツイ事になりそうな予感、
と言う訳で7月の注目作品の紹介。

みんな大好き塊魂7/7
いよいよ発売が明日と迫りました。
去年の前作をプレイした時の衝撃は忘れられません、
あの一本があったからこそ、自分の中でのゲーム熱が
再燃したと言ってもいいほど。
今回の続編は大掛かりな変更はなさげな様子、むしろ
基本的な部分は完成し尽くしてたので良さげ。
それにしても塊魂の曲がカラオケに入ったという朗報に
一瞬喜んだが、B-kara対応のカラオケ店なんて近くにねーよぉー

押忍!闘え!応援団7/28
ちょっと前から近所のゲーム屋で宣伝ミニポップが置かれていたので
気になってはいたのですが、紹介ムービーを見て購入決定。
このバカゲー臭いノリがたまらない、DSのインターフェースとバカゲーテイストって
ホントにゲーム界のステキな出会いだよな。
応援団自体もバンドブラザーズを制作した所が作ったというだけあって、
音ゲー的な出来具合も手堅い出来であることが期待出来る。

江戸もの7/7
7日戦線でのダークホース。破格のバカゲーオーラを放ってる一作。
微妙にハメを外した実写とかヤバげ和ゲーなノリが気になる、こういうのに弱い。

じゃじゃ丸Jr.伝承記 ~ジャレコレもあり候~ ベストバリュー版7/14
本当に御求めやすい価格になった。 これなら買っても良いと思う。

3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!完全版7/28
以前にも紹介した金八完全版。 7月末はこの一本で決まりだな。

他、いよいよ登場の戦国BASARAやら、映画便乗作品でありつつも良作との噂がささやかれるレゴスターウォーズなどなど。
七月戦線は荒れ狂う様相であります
[PR]
by souka_t | 2005-07-06 04:44 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(2)
東南アジアより愛を込めて。
久方ぶりにブログで日記らしいの書こうか、
ちょっと面白い事があったんだ 聞いてくれ。

事は先週末、2本目の制作ゲームが一段落して狂ったように
NDSのジージェネレーションDSで敵ユニットを根こそぎ鹵獲
することに悦びを覚えていた時の事さ。

ふとPCのメールボックスをチェックして見たら複数の受信メールが届いてた。
大半が今流行りの30代の女性から逆援助されるとか言ういかがわしい内容で、
その中に混じってウチのゲームの購入希望メールが1通。

読んでみると、何かいつもと違う類の購入希望者らしい。
内容的には、"海外に住んでいるから、その場合の購入方法を教えてくれ"
と言った感じ、文末には現在シンガポールにいると記入されてあった。

これだけ見ると、日本人の海外在住者がウチのゲームを求めている と取れる、
現にそのメールを読んだ時はそう信じて疑わなかった。

あくる日、対応するために海外郵送についてあれこれ調べた。
まさか自分のゲームを海外に居てまで遊んでみたいだなんて、一作家としては
これほどに嬉しい事は無い。 顔知らぬ海の向こうのファンのために、
少しでも希望に答えよう、努力しようと思った、そんな日曜日の昼下がり。

うちのゲームはイベント価格500円、通販価格600円となっている、
物事を短絡的に捉える若いユーザーからは「無料にしてくれ」とかたまに言われる。
彼らも大人になれば100円以上1000円以下という値段設定の意味が
分かる日がきっと来るだろう、だからそのテの要望には動じない。
どことは言わないけどRPGツクールで作った作品を1500円とかで売りさばく
サークルも世の中にはある訳だ、全然良心的だろう なあ?
話しが突っ走り過ぎた、クールじゃないから話を戻そうか。

ようするに通販本体価格600円に設定しているものを、
更に1000円近い送料を相手に払わすという海外郵送に踏み切る事が出来なかった。
こいつはクールじゃない。

そこで、サーバーにアップロードして受け渡す事をシンガポールの相手に提案した。
600MB近い容量を誇るうちのゲームの完成版だ、もしも相手がアナログ回線だった
としたら大変だ、だから 返信メールに
「こっちでアップするからダウンロードしてくれ、海外からうちのゲームを求めるその
気持ちだけで充分だ お代はいらないから」
と書いて送信した、我ながら超クールだと思った、その日の夜は気持ち良く寝たさ。

次の日、ようするにこれを書いてる時点で昨日の事ってやつ。
そう 増田ジゴロウが降板した日だな。

仕事の合間にメールチェックをすると、例のシンガポールの人から返信が来た。
内容はこんな感じだ

「日本人では無いので日本語がおかしかったら許してほしい、
海外郵送の事で悩ませてすまない、ダウンロードの方法はお任せしたい、
日本に行く機会があったら、またはシンガポールまで遊びに来ることがあったら、
そのときお礼させてくれ。 」
Thank you very much and Good Day,



そのメールを読んだ時、言葉を失った。
沈黙の中PCの駆動音だけが響き渡る、空間は時の流れを失った。

うちのゲームはすべて日本語で話が作られてる、
完成版を求めるということは 無料版をかなり遊び尽くした人に違いない。
うちよりビジュアルが綺麗なフリーゲームソフトなんか星の数ほどある、
うちより遊び易いフリーゲームソフトなんか星の数ほどある、

だが、異国の人であるにも関わらず、彼はうちのゲームを選んでくれた。

きっとゲーム内のテキストも翻訳しながら 一生懸命遊んでくれたに違いない、
その中でつたない作りであるにも関わらず うちのゲームの本質を理解してくれた
に違いない。

4年近くゲーム制作をして来たが、これほど感動した事は無い。
本当に、本当に個人制作でここまでやってきて良かったと思った、
一度はやめようとも思った、一度は人にすがろうとも思った、一度は
エロゲーの方がウケるとか友人に言われてモチベーションをどん底に
落とされた事もあった。 だか、続けてきて本当に良かったと思う。

その日の夜は、オヤジがベッドの下に隠していたビールをくすねて
冷凍庫でキンキンに冷やして、一人で寝る前にペヤングとヤった。

ーそんなショーナンロケッティアズのほんのりいいハナシー
[PR]
by souka_t | 2005-07-05 16:20 | 日々よしなし事系 | Comments(2)
【プラモ】マラサイさん

ゼータ熱があるうちに… と言う事で、HGUCのマラサイを組み立てました。

マラサイと言えば劇中ではハイザックに毛が生えた程度に強い
ティターンズのMSという印象でしたが、個人的には思い入れの深い機体でした。

こいでたく先生の漫画「ダブルゼータくんここにあり」をご存知でしょうか?
その作中に出てくるマラサイが異常に格好良くて、当時小学生高学年だった
自分に多大な印象を残してくれました。
おそらくあの漫画を見て、一部でマラサイの評価が急騰した時期もあったんじゃ
ないかなあ、こいでたく先生 今何やってるんだろう。


と言う訳で 長年の祈願である リアル・マラサイさん を制作。


どうだッッ!!

これがやってみたかったっ


ちなみにこれが実際のマラサイさん↑
[PR]
by souka_t | 2005-07-04 07:56 | いと模型もおかし | Comments(0)
【アニメ】ゾイドジェネシス 13話

ルージ・コトナ・セイジュウロウがディガルドの占領地に潜入。

なにげに占領地の事が描かれたのってゾイドアニメ初なんじゃないかな、
特に旧ゾイドと言えば共和国と帝国の果てしなき戦争、領土の取りつ取られつ
の戦記物語だった訳ですが、ここに来てジェネシスが占領地の話を持ち出した
所に個人的に大きな期待が持ててしまう。


新たな伏線。
ルージきゅんゾイド乗り特性無し!??

さてこれが今後どう関係してくるか~


相変わらずモルガは噛ませ扱い ひどいよぉ


キットのモルガ。
ゼンマイゾイドの傑作の1つで、劇中よりもいやらしく生物的な動きをする
走行ギミックは今現在でも色褪せない。
最近の歩行ギミックは安定性こそは向上してますが、このモルガのような
趣きに欠けている気がします。


と言う訳で13話でしたー
[PR]
by souka_t | 2005-07-04 02:52 | ものぐるおしけれアニメ系 | Comments(0)
【ゲーム】メタルサーガ クリア!


レベル110を超えて一区切りするつもりが、このゲームの妙な魅力に
取り憑かれたのかズルズルと継続し、先ほどようやくラスボス撃破。
クリアレベルは147。

エンディングで今までの賞金首とまだ見ぬ賞金首とか出るんですけど、
倒してない賞金首がまだ10人(匹)近くいました。
このゲームってば強制イベントが皆無なので、気づかないうちにいろんな要素を
スルーしてる事多々。 半ば隠し要素的なものまであるので、ゲーム全体の
ボリュームはなかなかの物ではなかろうかと思う。

それにしても賞金首のティアマットが上手く倒せない~、
あとわずかという所までダメージを与えるのに、寸でのところで逃げてしまう。
あと戦車も全然揃わない~、自宅ガレージの駐車場から推測するに
あと4台以上はどこかに隠されているはずなのだが・・・ うーん。

wikiとかに頼れば速攻だろうけど、そこはさすがにショーナンのクールゲーマーを
自負しているだけに譲れない所だ、クリアするまで攻略本には絶対頼らない主義。

あ クリアしたからいいか。


と言う訳でメタルサーガでした。 購入を迷ってる人は プレステ2が初期型
じゃなければ買いだっ(゚ロ゚)/ たぶん初期型とかだとフリーズ多発
[PR]
by souka_t | 2005-07-03 15:35 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)