<   2005年 07月 ( 41 )   > この月の画像一覧
【映画】鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 (ネタバレ有り)


朝一で 映画・鋼の錬金術師 を鑑賞して来ました。

早速感想をば… と行きたいところですが、今回は多分にネタバレを含みます。
ネタバレを含まないと伏字がありすぎてさっぱりわからん文になるので、
今回に至っては厳重にネタバレ注意!!


以下ネタバレ








今回はあのテレビ版ラストの続きって事で、エドの世界(ドイツ)とアルのいつもの世界
の両極面で話が展開して行った訳ですが、ドイツ側の話で 1923年 という表記で
すでにピンとキてしまった私は戦史マニアな訳で、ぜってーミュンヘン一揆で締め
くくるんだろうなあと思いました。 まあドイツパートは現にそうなった訳ですが、
やはり驚くべきは兄弟の結末、それは後述するとして。

あの一次大戦終結後のドイツっていう世界観のチョイスはホントに見事だなあと
思いました。 物語に絡んでくるジプシーやらヒューズ顔のナチ党員やら、
最たるはあのドイツ側のアルですね。
声優が違うだけでああも感じが違うのかと驚かされました、確かに絵も多少
顔を角張らせて大人びたデザインになっている所為もありますが。

あのドイツ側のアルがロケットエンジンを組むシーンが個人的に見てて
切なくなって来ました。前半の様子からして物語終盤には打ち上げが
成功して大団円だろうって思ってたんで、その予想も後押しして思ったのが
、あの当時に開発されるロケットの流用先って
あのイギリス本土をズタズタにした悪名高い V-2ロケット
ドイツ軍二次大戦末期に試作がロールアウトされたメッサーシュミットMe262
じゃあないですか!!
一ロケッティアとしてマヂにあのドイツのアルは見てらんなかった、切な過ぎる。
実際そういう技術は転用されましたって話は後日談にはないけど、
ミリオタとしてその辺の妄想はデフォルトだと思う。
たぶん平塚の映画館でそんな妄想して泣きそうになってたの我輩だけだとおもうけど・・・

実際のドイツのアルの結末に至ってはさらに切なく、
英断を下してラストバトルからドイツに出戻りしてきたエドに向かって
「おいっ おまえ 何やってんだよ!!!」 とホンキで叫びたくなった、
ドイツのアルが命を賭して飛ばしてやったおまえを どうしてっっ!!??って。
ホントもう残り時間と照合してあのラストはバッドエンドまっしぐら、
アルむこう エドこっちと また振り出し、ホーエンハイム死に損って思った。

けどけど!! あのラスト!! まぢに感動した 映画見て一番感動したかもしんないっ!!
 そーだよっ そうこなくっちゃ 良かったねエド良かったねアル
 良かったなエルリック兄弟!! ウインリィはこの際いいべ!!(!)
本当に素晴らしいラストだと思った。 更に二次大戦突入で続編作れそうな感じだし。

マスタングの活躍が最後だけとか、ラスボスのあいつ結局良くわかんねとか、
あの映画監督が普通の人だったってどうよとか、アームストロングがいつも通り
というか選挙活動に吹いたとか 土嚢戦が燃え過ぎる演出なんですけどとかとか
 もうどーでもいいじゃん!
良かったんだよっ まぢでがちでホンキで 良かったんだって 最高のラストだよ!
あのラストに至るまで 結構救いの無い展開っつーかテレビ版に負けず劣らずの
展開だったじゃん、 ホンキでエドだけ戻って来ちゃったと思ったんだってば!!
だから まぢにあのラストは良かった、 車の相乗りのオチも笑えた、
最高だったと思うハガレンの映画。

見て無いならマヂ見ろ まぢでショーナンロケッティアズイチオシ、
宇宙大戦争なんか見てんじゃねーぞまぢで。
でもエピソード3もガチ ガチだっ
[PR]
by souka_t | 2005-07-23 14:49 | 映画・ドラマの趣き | Comments(0)
【漫画】クレイモア 1~5巻


最近謎の用事で華麗に我輩の誘いをかわしまくり、その回避っぷりたるや
ニューガンダムに搭乗させたアムロばりな悪友・マツキチより借り受けた漫画、
クレイモア1~5巻を読破。

この作品は、月刊ジャンプで連載している八木教広先生の漫画。
中世風のファンタジー世界が舞台で、世界にはびこる妖魔を
クレイモアと呼ばれる半妖の女戦士が斬り倒していくというお話。


とりあえず5巻までの感想。
パッと見、絵柄と内容がベルセルクっぽい、たぶんそれは歴戦の漫画読みが
10人いたとしたら7~8人はそう思うところだろう。
気にせず読み進めると話の展開は非常に面白く、最初に主人公クレアの
強さをこれでもかと数エピソードに渡り見せていき、クレアがクレイモア(半妖の戦士)
になるまでのエピソードを挟み、いよいよ話の本筋が見えてきたと言うところで、
実は主人公がクレイモアの中では最弱のランクだったという5巻現在までの
読み手としてのサプライズな部分が非常に良かった。
そういった話的に面白かった反面、所々画がおいつかない感が否めない、
その体勢からナイフを投げてどうしてそう刺さるんだ とか 剣を下へ斬りつけたら
どうして2アクションを要する突きで攻撃を繋げるんだよ とか基本的にポーズの
見せ方がカッコ良くないとか、カクゲー世代だからこういう見方をしてしまうの
かもしれないけど、凄く気になる。 4巻5巻ともなってくると、妙な要領を得た
かのように1カットで身体の一部分を斬り取り、次コマで血しぶきを上げるという
スピード感を出した演出の多用が見受けられる。これが良いのか悪いのか
ちょっと分かんないけど見てて気になる。
それでも総合的に読める漫画に仕上がってるので機会があれば続きを読んで見たいと思う。

今のところちょっとだけオススメ
[PR]
by souka_t | 2005-07-23 01:02 | 描きつくれば漫画系 | Comments(0)
【プラモ】バイオラプター

ゾイドシェネシスの劇中で敵側の量産機として第1話から登場場面に
最も恵まれているバイオゾイド、バイオラプターのキットを組み立てる。


さすがはバイオシリーズになってもゾイドはゾイド、
このパーツ数の少なさがクール。
この前久方ぶりにマラサイでガンプラを組み立てたが、
あっちは逆にパーツの多さ目眩がした。 もうガンプラに戻れねぇ





造りとしてはまんまメガラプトルの小型化した感じ、
がしかし、完成品をいじった感じはメガラプトルよりゾイドらしいというか、
ちょっと前に出てた無可動ゾイドっぽい。

手動での可動に重点を置いたわりには可動範囲が狭くてイマイチな感じは
否めないが、不思議と数そろえて並べたくなる魅力を持ち合わせる一品である。



メガラプトルとの比較
[PR]
by souka_t | 2005-07-22 02:15 | いと模型もおかし | Comments(2)
【ゲーム】三国志DS
三国志DS、まだ先の9月の発売予定。

随分前に画面写真を見たんですが、その時はてっきり色使いからして
三国志4ベースかと思ってました。
どうやら三国志3ベースのようですねDS版、それなら話は別です。
というかGBAですでに4ベースが出てるからあたりまえといえばあたりまえか。

三国志4はあのクソ長い攻城戦がイヤでイヤで、当時買って一度統一したっきり
二度とやるもんかと思ってました。
ですが、三国志3なら全然今でも遊べる、なんてったって音楽が素晴らしい
未だにプレイやんに3の夜戦のテーマとか入れて聞いてます。
あとシステム面も1・2からの純粋な進化で変に行き過ぎて無い所がまたいい。

個人的には5もかなり好きなのですが、こっちはPSPに持って行かれてしまった、
願わくばウインドウズ版の5パワーアップキット付きの廉価版を出してくれませんかね
KOEIさん、ホンキで頼みまする~。
[PR]
by souka_t | 2005-07-21 09:30 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
【漫画】虹色ラーメン 4巻


一人積み漫画崩し期間突入と言う訳で、買っておいて読むの忘れてた
虹色ラーメン4巻 を読む。

この漫画は週間少年チャンピオンで連載していた作品で、
生まれてからラーメンを一度も食べた事が無かった主人公・榊太陽が
一杯のラーメンで感動し学校にラーメン部を設立し、ラーメン作りに没頭
して行くと言うお話。

連載末期はタガが外れたが如くのトンデモラーメン漫画に変わってましたが、
この4巻ではまだまだ普通のラーメンを題材とした料理漫画。

内容的には学園祭で生徒会の妨害にあいながらも仲間達とラーメンを作り挙げていく
王道な学園モノ展開に、狂牛病問題を取り扱った牛ガラスープラーメンの話、
そしてテレビ出演でラーメン対決をしたりと展開のバラエティーに飛んでます。

最近の料理漫画の中では、ベクトルがまったく違う大使閣下の料理人と共に
オススメの一作です。
ブックオフとかでそろそろイイ値段になってそうなので、まだの方は是非!
[PR]
by souka_t | 2005-07-21 03:05 | 描きつくれば漫画系 | Comments(0)
今週のドッツ

ヴィンセント (16*16)

ディグダグセットのみで組み立てました。
最近はジゴロウの面白さって結局中の人の黒幕が占める所が大きいというか
8割以上があの黒幕トークに依存してただけのような気もして来た、
正直今朝の火の鳥の話には吹いた。 ヴィンセントでもいいや


キングオブプリングルス(16*16)

ただプリングルス食ってたらそのパケ絵を再現しよって話になっただけ。
あいつイイ表情してるよな、勝ち組の風格があるよプリングルス。

来週もなにか作るぞ おー!
[PR]
by souka_t | 2005-07-20 12:28 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
魔神英雄伝ワタル・プラクション再販
魔神英雄伝ワタルプラクションシリーズ魔神コレクション復刻版BOXセット!

ワタルのプラクションの再販いよいよ来た~!!
いやはやラインナップを見ると、当時ほとんど持ってたという事実に我ながらオドロキ。
玩具をしまい込んだ家の倉庫を発掘すれば、ほとんどあるんじゃないかなあ、
大半が残骸になってるんだろうけど…

この再販ラインナップに入って無いDX龍王丸が唯一未だに部屋に飾ってあるのが
ちょっとした自慢。 邪虎丸もほしかったなあ

で、結局我輩がこの再販に手を出すかどうかと言うと、
当時に後悔が無いってぐらい組み倒したからもういいや、ホンキであの頃は
週一個のペースで買ってたし。通常の龍王丸だってノーマルカラー・メッキカラー・
ブラックカラーとか限定モノまで結構押さえてたからな。
ワタル1の時でそんな勢いだったせいか、2になってからはとんと買わなくなった。
何故か甲竜伝説ヴィルガストのガチャを回す事にこづかい全力投資だったよその後、
うーんなつかしい~ぃ
[PR]
by souka_t | 2005-07-19 19:30 | いと模型もおかし | Comments(0)
【グッズ】逆転裁判マグステージ
逆転裁判マグステージ 予約開始

たのみこむ から突然メールが来たんでナニゴトかと思ったら、
どうやら我輩のような逆転裁判サウンドトラック化運動で暗躍していた者達へ
配信されていた様子。

個人的にはゴドー検事とイトノコ刑事があったら購入を迷ったかもしれないが、
今回はスルー。

9月にいよいよDS版が出るということで逆転の再燃が巻き起こりそうな予感、
おそらく1のリメイクに引き続き2・3と追加シナリオ付きでリリースされて行き、
土曜朝に放送してるロックマンとビューティフルジョーのカプコンアニメ枠に
満を持して逆転のアニメをぶち込んでくると大予想をするのだが、果たしてどうなるか。


そーいえば、ホームドラマチャンネルでドラマ「花村大介」が放送されているんだけど、
これのオープニングがヤバイ、逆転裁判って花村を絶対キービジュアルにしてるだろ、
あの突き出した指使いが逆転の元になったようにしか見えねえ。
あと主人公の弁護士がガチンコ探偵まがいな行動を引き起こす所とか、
ネタ元がここに見え隠れしてる、 というか面白いです花村大介。
ユースケサンタマリアは真下より花村だとマヂに思った。
[PR]
by souka_t | 2005-07-19 18:56 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(2)
【食】キリンレモンブラック


恒例のジャンプ立読みついでの駄菓子レビュー。
今回は最近コンビニ各店で出まわっている黒くてニクイあんちくしょう事
「キリンレモンブラック」

要する所、美しく透き通った通常のキリンレモンをアンドゥで戻せないぐらい
漆黒に塗りつぶした飲料水。 まさに旬のアナキンのダークサイドへの取り込まれっぷり
を連想させずにはいられないほどの変わり様。

ただホントに黒くなっただけなので、味はまんまキリンレモンです。
色で錯覚してコカコーラを飲んでる感覚に陥るところが面白いというかなんと言うか、
でも後味に残る酸っぱさはやはりキリンレモンのレモンたる由縁。

だから美味いのか?とか言われてもキリンレモンなわけで、、、
はいそんなとこ。


ジャンプの感想。
■ナルト
サクラちゃん攻撃力は目覚しい進化を遂げたが、動きにはまだまだムラな
ありそうな感じだわな。前回のあの一撃で見せ場が終わってしまうとは思えないが、
チヨばあさんの凄さのほうが今のところ読み手としては目に付く感じ。
今週ラストの二択はおそらくサクラちゃんを選んだと見たね。
サクラちゃんをクグツでかばう→チヨばあはくらって瀕死
→ようやくサクラちゃんの真の見せ場
と言う展開になることを願いたい。

■テニスの王子様
ぜっってーー人気投票で勝敗決めてるべーーーー!!!
前はダブルスキャラだった忍足をあえてシングルに持ってくるところに
クール大先生のクールな計算を感じずにいられない。
むしろ氷帝が全国大会出場の恩恵に預かる展開からして・・・ いや言うまい。
[PR]
by souka_t | 2005-07-19 12:16 | 日々よしなし事系 | Comments(3)
【アニメ】ゾイドジェネシス 15話
占領地編もいよいよラスト!
今回はこれでもかってほどのバトルシーンラッシュでしたー


アツくなるルージきゅんに、現在の仲間の結束関係を冷静に解くロン。


ラ・カンに食って掛かるルージきゅんに激怒するミィ様。
初期の頃の体術のキレも無く、お子様殴り炸裂


「味方にどれだけ被害が出てもかまわん!!」
破格のヒールっぷりを見せ付けるゲオルグ、本気で容赦の無い追撃戦を展開する


でるわでるわでるわのラプター群、ゲオルグの用兵術炸裂


パンブリアンの背中のアレにはメタルG属性の弾が仕込んであった様子。


と言う訳でえっれえ長くバトルシーンを取ってました今回、
フューザーズでは新商品を売る気あんのかってほどアニメ本編での
扱いが微妙でしたが、今回のジェネシスでは雑魚であるラプターですら
輝いて見えました。 売れるといいなあ 更に次に繋がるといいなあ
勢いで旧ゾイドの再販も頻繁になると直いいなあ
[PR]
by souka_t | 2005-07-18 19:34 | ものぐるおしけれアニメ系 | Comments(0)