カテゴリ:いと模型もおかし( 122 )
【プラモ】ガンダムアメイジングレッドウォーリア
プラモ狂四郎世代大歓喜!!
HGレッドウォーリア組み立ててみました。





肩の後ろに下げたバズーカと細身のスマートボディを
組み合わせたなんとも言えない独特のフォルム。
その魅力を充分活かした現代版アレンジになっています。



ファイティングポーズ!! ファイティングポーズ!!
10回相手に叫ばれると敗北!! それはどこかの対戦格闘カードゲームっ。
この腕の曲がり方は最近のガンプラならでは!
90度しか曲がらない関節とかザラだったんじゃよぅ





レッドウォーリアの特徴として、手持ちではない
腕に装着されたユニットから伸びるビームサーベル。
キットにはロングとショートの光剣エフェクトが付属してる。












付属武器が異様にでかくかっこいい。
オリジナルのレッドウォーリアにはなかった武器だが、
付け替えによるスナイパーライフルとガトリングのモードチェンジや
大小の刃が付け替えられる近接武器と、なかなか凝ってて面白い。
これはかなりアリ。

ひさびさの懐古趣味で購入したキットでしたが、
すこぶる出来がよく、満足の一品でした。
レッドウォーリア好きはマストバイですこれ!!
[PR]
by souka_t | 2015-01-15 08:49 | いと模型もおかし | Comments(2)
プラモ雑談配信


プラモ作りながらだらだらと雑談配信。
明日 日曜、午後12:30頃から開始予定。

配信終了 ありがとうございましたー
[PR]
by souka_t | 2015-01-10 19:42 | いと模型もおかし | Comments(0)
ガブニャン

プラモデルのガブニャン作りました。

バンダイのプラモデルということでBB戦士的なお値段、
素組みでも結構出来がいいとの評判を聞き、
1つばかり組んでみようかなと藤沢ビックで購入。



パーツ数はこんな具合。
アタマと胴体がボンッとある感じで1パーツがデカイ。
バンダイプラモ御馴染みのポリキャップもあるが、
使用箇所は胴体の可動部ではなくほとんどマントの可動部。


マントパーツは黒一色なので、塗装するためマスキング。


サーフェースを吹く。


吹いた裏面を赤いミスターカラーで塗装。


以下できあがりの写真。









見てくれ!! らいつべプラモコンテストBB戦士編で優勝した勇姿を!!
BB戦士ですらねえっ!!! ネタ枠好きすぎだろおまえら。 あざっす!
[PR]
by souka_t | 2015-01-10 08:28 | いと模型もおかし | Comments(0)
【ガンプラ】BB戦士ストライクガンダム ストライカーウエポンシステム


久々にガンプラ組みました。
7~8年ぐらい押入れに積んどいた、
ストライクガンダムのBB戦士です。



ランチャーユニット。
でっかいキャノンを装備した砲撃戦仕様。


ソードユニット。
でっかい刀を背負った接近戦仕様。


エールユニット。
オールラウンドのバランス型?



プラモデル的に、このキットは足の可動がちょっと変わった感じで、
やたら横に広くひらけます。他、手・ヒジ・肩の腕周りもよく動き、
ちょっと差込をゆるめれば腰も回ります。この時期のBB戦士の
可動はかなり良いです。
写真は無塗装のものですが、素組みでこれだけ色分けされてるのは
さすが1000円キットといったところですね。 さすがバンダイ
[PR]
by souka_t | 2014-12-15 10:31 | いと模型もおかし | Comments(0)
ハコミク

七里フリマでなんとなく買ってきたハコミクフィギュアです。
パッケージに「H」ってあるけど、これが正式名の略なのかな、
商品名なんだろうコレ。 とりあえずミク。 君ら大好きなミク。
玩具露店で100円で救済


開封するとこんな感じ。
けっこうかわええ



後ろはこんな。
初期のバーチャロンみたいだなっ


こんな具合に分解もでき


頭パーツをひっくりかえすと、
別表情になったりする。



おまけのシール。


七里フリマはガチなアンティーク玩具をもってくる業者か、
子供が飽きたトレカ類をもってくる一般出展が多いので、
これは結構な出物だったかも。 たまにフリマいくのもいいねーっ
年末もう一回ぐらい行くかも。


追記
一番クジのH賞でHでした!
[PR]
by souka_t | 2014-10-21 08:08 | いと模型もおかし | Comments(0)
【プラモ】マジンボーン・ドラゴンボーン

久々に旬のキットを組もうということで、
マジンボーン買ってきました。
アニメはEDテーマがキャッチーですよね!



ランナー数はこれぐらい。



このように折りたたんでパーツを組合わす部分がいくつかあります。



素体が完成。
この時点で可動範囲の広さが凄いことになってます。
ヒジ・ヒザ間接が完全に折り曲がる!



スーツを取り付けて完成。

以下ポーズ












スーツを付けるとヒザ間接の可動範囲が若干狭まるけど、
それでも充分すぎるほどよく動く。
アクションフィギュアとしての完成度が非常に高く、
ついいろんなポージングをさせたくなるだけに、
簡易でいいからスタンドなどの固定パーツを付属してほしかったかな。
いやー 良いキットですわマジンボーン。
バンダイのプラモデルはすげえわー
[PR]
by souka_t | 2014-06-19 06:50 | いと模型もおかし | Comments(0)
レジェンドBB戦士・サザビー

久々のプラモ作り。
今回は、レジェンドBB戦士シリーズの新作・サザビーです。



BB戦士だけにパーツ数は少なめ。
素組みなら30分もがんばれば完成する量です。



なんとなんと、マニュアルコミックは
20年以上前に出た旧サザビーの続き。

よもや、あの続きが描かれるとは・・・っ
旧BBファン必見。


マニュアル自体の内容にも驚きました。
写真から分かりますでしょうか?
パーツ絵が全て3Dモデリングに!!

前に作ったナイトガンダムの時はまだ線画でしたが、
これは、いつごろから切り替わったのでしょうか。
プラモデルの進化系統的に結構重要な変化だと
個人的に思うんですが。


まず、頭を組み立てる。
モノアイはおデコ部分のパーツを取り外すと動かせます。
ちょっとめんどうなギミックですね。


胴体。




腕とバックパック追加。

既にその体格の良さが表れています。


下半身。
旧キットとの一番大きな違いはこの足でしょうか。
頭身が少し伸びてスタイリッシュになりました。


完成。









思った以上に、頭パーツとバックパックのファンネルポッド部分と肩が
干渉するため、頭の可動が厳しい。
胴体→頭 のジョイントが 〇〇 なので
せめて 〇□〇 と合間にわずかな首が存在すれば
よかったのかなとか、いやどうだろう・・・。

あとはシールドもかなり肩と干渉してしまうため可動させずらい。
これは腕パーツ組み直しの苦肉の策でどうにかしてます。
このあたりの面倒さが若干プレイアビリティを低下させていますが、
おおむね良キットです。




しかしながら、
ニューガンダムより先にレジェンドキットになるなんて、
よっぽと人気があるのでしょうか。

旧キットサザビーも20年以上前に出たものですが、
ジージェネシリーズとかで何度かパーツ追加などのリニューアル
がほどこされてたりします。
旧キットも何度が作ったことがあり、わりとお気に入りでしたが、
今回のレジェンドでは完全に刷新された思いです。
いいですよこれは。

私の大好きなバウもこんな感じにBB戦士化してほしいですねえ
[PR]
by souka_t | 2013-06-11 23:15 | いと模型もおかし | Comments(0)
リボルテック・ビックバイパー

通常版のジェフティ以来
久々のリボルテック購入です。

藤沢ビックカメラの会計がゲームと統合されてて戸惑いました^^;
店頭価格もアマゾンの送料を考えると、ちょっとお得でした。



人型の状態。
腕自体が刃形の武器になっているので、
細身な身体も相まってカマキリっぽいです。


スラッシュエフェクト。
かっくいー!



このスリムなシルエット。
ちょっとアプターブリンガーっぽくない?

ビックバイパーはヒールが無かったり腕が異型だったりと
大胆にヒューマンフォルムを崩してるので、なにかGTMっぽい。
ヒューマンシルエットに依存したメカは見飽きたので
最近はこういうのがたまらん。メカメカしいぜビックバイパー



変形飛行形態。
ビックバイパーの名のとおり戦闘機に。
シューティングゲームの自機として名をはせただけあり、
今までの設定画でも幾度かバージョンアップされてきましたが、
スカイガールズの前進翼を採用したビックバイパーあたりから一皮剥けて、
このアヌビス版では一気に進化した感じですね。
写真は横からですが、正面からだと主翼と変形後の腕の福翼が
エックス字になって見えるところがまた美しい。



取替え用のマニュピュレータパーツ。
ますますメカメカしい。


待ちに待ったビックバイパーでしたが、大変満足の一品です。
[PR]
by souka_t | 2013-05-15 18:36 | いと模型もおかし | Comments(0)
【プラモ】レジェンドBB・騎士ガンダム

数年ぶりのBB戦士です。
最後に作ったのはゼータガンダムかノイエジールあたり。

おもえば初代ガンダマンからのフリークだったので、
BB戦士シリーズの息の長さを実感する昨今です。

一番ハマってた時期にお気に入りだったのが
GアーマーとDXバーサルナイト。
末期ではV2ガンダムがことのほか気に入り、
今でも未組み立てのストックがあるほど。

今回はなつかしいの初代ナイトガンダムをリニューアル
ということで、久々の懐古買い。
元々のナイトガンダムも上手いこと商売に乗せられたもので、
通常・三種の神器版・デラックス版と当時買ってました。
完成品フィギュアのSDX版を触ったのも記憶に新しいですね。

昨今のバンダイのプラモデルがどれほど進化したか見ていきましょう。



ランナーと取扱説明書

ジージェネシリーズからスプリングギミック抹消傾向でしたが、
その方向性まっしぐらですね。
元々BB戦士のBBって、BB弾を撃ち出すバズーカギミックありきの
ネーミングで定着していたような感じでしたが、昨今はもう
発射ギミック自体無しの様子。
電磁スピアの先端ってスプリングで飛んだんですよ昔!

ポリキャップの進化は面白いことになってますね。
私の記憶が確かなら、ガンプラにポリキャップが導入され
はじめたのは逆襲のシャアシリーズの前後あたりだった気がします。
BB戦士にポリキャップ技術がフィードバックされるのは
やや遅れて、初代武者ガンダムあたりからかと思いました。
BB戦士フルアーマーZZあたりは動かせば動かすほどゆるゆるに
なってしまった記憶があります。
さて、現世代のポリキャップと言えば、
球体ポリキャップによる球体ジョイントで大幅な可動範囲を実現。
昔は肢体の根元で縦横1回転しか可動しなかったものが、
今やフレキシブルに斜めへも可動します。
なんと素晴らしいことでしょう。
私ぐらいともなると、このポリキャップの生み出す可動範囲だけで
飯三杯はいけるものです。

ランナーにも一工夫されていて、
切り取る根元が極細になっているため、
もぎとっても綺麗に作れます。
これは確かダンボール戦機のプラモでも見た工夫ですな。
それでもニッパーで綺麗に切る!

ランナーのカラー分けも、昔に比べればえらいことです。
成型色がよほど気に食わないかぎり、大掛かりな塗装は不要です。




ちょっとがんばればすぐ完成します。
オプションは腕2個とケンタウロス形態用パーツ。
剣はシールドに収納でき、スピアは背負うことが出来ます。
マントは3パーツ可動式。以前はマニュアルの一部を切り抜いて
マント紙にしたり、布製だったりしましたね。あの工夫も好きでした。



バッシュザブラックナイトッぽいポーズ

モーターヘッドっぽいポーズ

鎧の置物っぽいポーズ

マスター!ベイルアタック行きます!のポーズ


ケンタウロス

ナイスガイ


男の背中

最前線君



BB戦士はやっぱり楽しいです。
レジェンドシリーズは武者ガンダムもあるから
みんなもチャレンジだ!
[PR]
by souka_t | 2013-01-09 07:59 | いと模型もおかし | Comments(0)
【プラモ】HGダンバイン

久々のプラモ作りです。
今回は、かれこれ7~8年は積んでいたHG・ダンバインを開封。



HGシリーズなので、そこそこの手間で完成します。
MGクラスともなるとパチ組みだけでも大変ですが、
HGクラスだと気軽にやって1時間ぐらいで完成するのがいいですね。



表面にペーパーを軽くかけてスミ入れを施してあります。
これだけでもそれなりに見栄えします。


オーラショットは爪に引っ掛けて腕に取り付けます。
ちょっとゆるゆるな感じで安定感に欠けます。
両面テープとか一工夫入れたいところです。


背面。
マントのようなバックパックと、
クリアパーツがかっこいい





こんなポーズもできちゃう。
割かし可動範囲広めで、ポージングで楽しむ分にはなかなかのキットです。





と言う訳でひさびさの積みプラモ崩しでした。
HGダンバイン、なかなか良いキットです。
[PR]
by souka_t | 2012-09-30 09:24 | いと模型もおかし | Comments(0)