カテゴリ:そこはかとなくゲーム系( 1064 )
【ゲーム】探偵神宮寺三郎・危険な二人(アプリ版)

神宮寺三郎3作目クリア。

今回のスポットはなんと鈴鹿サーキットとその周辺、のちに東京。
鈴鹿にいるときより、東京での出来事の方がレーシング色が強い
というのはご愛嬌。
劇中にある神宮寺三郎のバイクシーンは選択肢を選ぶだけなのに
妙な臨場感があって良かった。

前2作ともども殺人はストレートなやり方でトリックといえるものはなく、
動機を追いかけて行く地道な聞き込みスタイルがメイン、というか
それが全て。
本作においては事件に関係する人物達が複雑な関係を
成しているため、こいつとそいつがそういう関係だったのかー
といった感じに次々と見えない部分が明るみになって
話が進展して行く様が大変良かった。
大本がディスクシステムの前後編ソフトだっただけに
ほんのり長めだったのも良い。これぐらいでもダレず遊べる。

学生時代の洋子君があすなろ会っぽいサークルのメンバー
だったのはショーック!!
わりと学生時代チャラかったのかと邪推してしまうのですが、
それでも洋子君のほどよいクールビューティーっぷりは良いです。

推理場面ことこれまでのお話クイズは
ちょっと多目だったかなー。
前2作は節目節目の大事なところとか一日の終わりとかの
ちょうど良い区切りでほどよくまとめてくれる感じだったけど、
こんかいはマメ過ぎてちょっとうるさかったかも。 
次作はどうなってるんだろう。

ということで、次は時の過ぎ行くままに に挑戦だ!








[PR]
by souka_t | 2016-06-22 21:36 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
【ゲーム】探偵神宮寺三郎・横浜港連続殺人事件(アプリ版)
神宮寺2作目のリメイクアプリをクリア。


新宿から横浜へ舞台が移ったことによって、
中華街やらベイブリッジやらと横浜感溢れるロケーションになるも、
展開は1つ前の新宿中央公園と諸所被る。
熊さんの友人・謎の電話・バー・突然の尾行者・被害者の親友・殴り合い・ヤクザ。
たぶん神宮寺シリーズの様式美なんだろう。
外国人が多く関わってくるところが領事館が多い横浜舞台らしいといえばらしい。

今回プレイしてて気になってたのが、
序盤が殺人事件ではないこと。
タイトルにある殺人事件はいつ起こるのかなーと思ってたら、
良い具合に中盤盛り上がってきました。

拳銃が重要な要素なだけあってか、
派手な展開がいくつかあったのも良かった。
前作に比べるとだいぶ盛り上がりどころ多かったんじゃないかな。

次回は危険な二人に挑戦!







[PR]
by souka_t | 2016-06-18 06:09 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
【ゲーム】探偵神宮寺三郎・新宿中央公園殺人事件(アプリ版)

数年置きにやってくるテキストアドベンチャーマイブーム。
どうやら今年がその年になりそうということで、
長いこと積んでいた探偵神宮寺三郎のDS版第一作目の
攻略を開始することにした。

この作品は、なんと初期のシリーズ4作のiアプリリメイクと
いくつかの短編がはいったボリューミィな一品。
GBA版の三郎しかやったことがない自分からすれば
とてもありがたい内容なので、この機会に1作目からやってみることとした。




という訳で早速、収録された新宿中央公園殺人事件
のアプリ版をクリアした。

うんうん、アプリ版が元だけあってか、
サクサク進む進む。 話のテンポが小刻み良い。
話の区切りで入るアイキャッチも良い。

劇中では携帯電話がちょっとした小粋な演出道具に
なってるんだけど、この原作が出たときって80年代ぐらいだったから、
たぶん現代風に大改変したんだろうなと思う。
それでもまとまりの良い話で、テキストアドベンチャーをちょっと楽しもう
って時には最適な長さで、そしてなによりこのシリーズ独特の雰囲気が良い。

昨今あるような奇抜な登場人物設定やトリックこそはないが、
念入りに捜査して推理をまとめて行く過程を充分楽しめた。


次回は横浜港連続殺人事件だ!







[PR]
by souka_t | 2016-06-16 13:28 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
ユグドラユニゾンクリア感想

数年前に買って積んでおいたDSソフト
ユグドラユニゾンをクリアしたので
その感想をば。



インターフェースがタッチペンのみしか使えない
というDSでたまに見かける仕様が少し不便に感じたが
ゲーム自体は結構面白かった。

内容はひたすら発掘・戦争・褒美を繰り返し、
時折余剰メンバーの解雇という編成を行う。
至って自動的で至って簡素。
核となる戦争部分も強力なアイテムドーピング意外は
ユニット属性の得て不得手にほぼほぼ従事している。
これは前作ユグドラユニオンを彷彿とさせる仕様で、
よくあるレベルを上げまくったエースユニットでごりおしできる仕様より
一層シンプルでレベル上げの手間を省いた感じ。非常に良い。
1ステージ(1回の戦争)も10分ぐらいで終わるのも
最近らしいまとめ方で、プレーヤーがユニットの移動指示のみに
従事するゲーム性が簡素で分かりやすいと見るか
単純過ぎて底が浅いと見るかは、時代背景に依存すると思う。
このゲームが2009年にリリースされたという事実が
実に微妙なところであり、個人的には2009年のゲームとしては
まだ単純過ぎる。
が、今のゲームとしてはこのサっくり進める仕様はアリ。
それゆえに受け入れ易そうな印象を受けるのだが、
なるほどなるほど、
調べてみると本作は元々携帯アプリとして作られたゲームだったらしい。
先見の明というか、なるべくしてなった感じか。

おしむらくはタッチペン仕様が野暮ったかったことに尽きる。





全領土統一すればクリア。
一見国取りシミュレーションの体に見えるが、
することは攻め込む国を決めることだけというマッチョ仕様だ。
感覚的に毎回ステージ選択をするSRPG。








[PR]
by souka_t | 2016-06-05 07:01 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
ダンガンロンパ2 予想9

第四回裁判終了。

くやしぃぃ ぜんぜん違った。
しかも、しっかも今回は今までと違ってそこまでトンデモでもなく
はじめから注意してればちゃんと分かる事件だったのが
余計くやしい。

というか、誰か
なにげに脱出ゲームをクリアした田中くんを褒めてあげて><

動機がこれまた後出しジャンケン全快でしたが、
音のギミックは納得でしたわ。
豪華な部屋のちょっとした説明を見逃してた。
超重要だったのね。


そして、やっぱり裏切り者はソニアさんが濃厚だと思うわ。
今回田中とつきっきりだったのもソニアさんだし、
田中も散り際にああはいってるけど
ちょっと炊きつけたのソニアさんなんじゃないですかね。

あとナギトくん豹変理由は、
前のコロシアイで自分と同じ能力の学生が最も活躍したという
事実を知ってしまったからじゃないですかね。

とりあえず第5回直前まで進めます。




[PR]
by souka_t | 2016-05-05 04:16 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
ダンガンロンパ2 予想その5

2回目の学級裁判終了まで進めました。



予想ハズレたーーーっ
わかるかそんなもーーん!!!!


ゲーム内ゲームの関係性を追う推理で
最後のどんでんがえしでサトウさんは実は~
のオチにもっていく予想は物凄く自信あったのにっっ

そんな生まれついての警護人とかわかるかいっ。
2連続で共犯まがいとかしてやられた。



しかしながら、ごっそり良識枠が消えたんで、
左右田と西園寺があの中にあって比較的良識枠になるんか。
フユヒコきゅんのラスト生存フラグも完全に立ったようにも見えた。
狛枝くんも含みがありすぎるのでこれまた最後まで生き残りそう。

次あたりそろそろソニアさん回だと思うんだけど
はてさてどうなるか、ぜんぜん予想が立たない。
第3回裁判の前まですすめまっす



[PR]
by souka_t | 2016-04-24 21:13 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
ダンガンロンパ2予想 その4

2回目の学級裁判直前まで進めました。



やられたーー してやられたーー!!!
マヒルちゃん早くも退場ーーーーッッ!!!!
一番まとめそうな人畜無害枠で
最悪でも前作の朝比奈ポジションに収まると思ってた
マヒルちゃんがやられたーーーーッッ!!!!
自分の中では大番狂わせどころじゃないっすよ、
小林ゆうが「ウキャアアアア!!!」って発狂モードになって
実は裏切り者でしたってところまでギンギンに妄想を
働かせていたのに、アッサリこのざま。


今回の事件もなんだか手が込んでるというか、
複数人が密に絡んでて、どこにオチが着くのか見えてこない。
ヒヨコちゃんとフユヒコきゅんは当て馬なのは確かで、
恐らく犯人はソニアさんだと思う。

大前提として、出演してたサトウさんって
ソニアさんだと思うんだよね。

事件経緯はこうだ

まずゲームをプレイして一番最初にクリアしたのはフユヒコきゅん。
E子はフユヒコきゅんの妹で、
ゲームクリア特典を手にしたフユヒコきゅんはその記憶を取り戻す。
妹を殺した犯人役のヒヨコちゃんに接触を試みるために手紙を出す。
受け取ったヒヨコちゃんはマヒルちゃんに相談をもちかけ
いっしょにフユヒコきゅんと話し合いの場をもとうと手紙を返信。
マヒルとヒヨコとフユヒコがビーチの施設に集合。
この時ヒヨコちゃんはビーチにいるはずの女子たちに目撃
されないように施設のシャワー室窓から侵入。
一早く着いたヒヨコちゃんは物置に隠れる。
マヒル・フユヒコで話し合いがはじまったが、
フユヒコきゅんが逆上しどこぞかで手に入れた武器で襲い
マヒルちゃんにクリーンヒット、流血、この時は気絶。
フユヒコきゅん施設から退場。その後ヒヨコちゃんが現場を見てしまい
駆け出して退場。
だが、この施設にはソニアさんが隠れていた。
お面を被って、意識が戻りそうなマヒルちゃんの頭部にバットで即死の一撃。
この時何かが原因で返り血を浴びてしまいそれを隠すために
物置からウェットスーツを着用。
そのままそしらぬ顔してダイナーへ。 
一番最後にソニアさんが現れたのはそのため。
ゲーム上でマヒルちゃんの役だったカメラの子は最初の殺人の犯人であり、
殺されたのはソニアさんこと本名・サトウさん。
では、なぜサトウさんであるソニアさんが今この場で生きているのかというと
2つの説がある。
1つはゲームの内容自体が演劇である可能性。
もう1つはソニアさんは偽名を使っている通り超高校級の王女様ではなく、
超高校級の幽霊である可能性。

どうよ、我ながら完璧な予想だと思う。 今回はかなり自信がある。
殺人鬼話は今回ブラフ。 ソニアさんが事件攪乱を狙った一手。
なにせ今回は前作の展開にあえてまったく沿わないようにしてる感がある。
殺人鬼がソニアさんだーとかミスリードしてるんだろうが、もう騙されまセン。

ただ、気になるのはジェノサイダー翔が存在してる時代確定なんよね。
前作から年月がそう離れていない可能性が高い。
あの遺跡が前作の学校だったとかはありそうで実はまったく同じ時代で
1年下の後輩が本作の面々かも。











[PR]
by souka_t | 2016-04-19 20:09 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
ダンガンロンパ2予想 その3

最初の学級裁判が終わるところまで進めました。
いやはや、やられた
最初からかなり飛ばしすぎじゃあないですか。
大方の予想はあたってはいたものの、
まさか初回から犯行を誘導するトリッキー過ぎる展開。
わかるかそんなもん!!!

それにしてもナギトくんのキャラの強烈さには驚いた。
絶対ナギト君が犯人と思ってたから、
結末にはびっくり。 エロ展開要員のテルテル早くも脱落。
とても残念です。


■今後の予想

まず焦点は、ナギトくんがモノクマの言う「裏切り者」かどうか。
ここで大胆な予想を書けば、裏きり者は別にいて
人畜無害な存在を装ってメンバーの中に潜んでる。
ずばり マヒルちゃん あたりがあやしい。

主人公の能力が不明なのは、だいぶ最後まで引っ張るんかな。
なんとなくだけど既にその片鱗を見せている気がする。
当初はサイボーグ説だったけど、一応それ続行で。

次あたり死にそうなのは、
アカネ、イブキ、ヒヨコちゃん辺りと思う。
初回に男性陣2人も脱落してるのもあってか、
次は女性陣の脱落があると踏んでる。

初回の展開を見た感じ、絶対最後まで生き残りそうなのは
チアキちゃんとフユヒコ。 チアキちゃんはなにかと鋭い、
議論が変な方向にずれたら彼女が修正するというパターン
が続きそうな気がする。
フユヒコきゅんは明らかにはじめは一匹狼でだんだん
打ち解けて行くパターン。後2回ぐらい学級裁判を重ねて
ようやく意識改革されると見てる。彼は精神的に成長する。

一番どうなるか見えてこないのが田中。
こいつは思った以上に面白い。意外とライターに愛されてるっぽい。
なによりハムスターの使い勝手が良い。
まさか隠し扉を発見させるとは思わなかった。


しかしながら、今後の展開で一番気がかりはやはりナギトくんか。
ずっと生き残ってメンバーを翻弄するか、次あっさり死ぬかの
いずれかだと思うんよね。 
現段階で誰かに動機を与えられて殺されそうなのってナギトくんだよな。


というわけで次の裁判直前まで進めます!!














[PR]
by souka_t | 2016-04-14 19:09 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
ダンガンロンパ2予想 その2

最初の学級裁判直前まで進めました。


キャラが立ちはじめた奴から消えて行く。
まさしくシャシャり出した十神くんが最初の犠牲者。

そして、主人公が殺人現場にいた初のケースじゃないかな。
前作は誰かの一報で既に現場ができあがってるパターンだけだったから、
今回はその場で事件が起きてライブ感満点。
ほとんどのキャラが同じ広間にいたわけだけど、
現時点ではキャラ間の関連性やら背景がほぼほぼ不明なため、
動機は無いようなもの。
学級裁判でなんらかの事件背景が語られない限り、
モノクマの言う裏切り者がいきなり動き出したっぽい。

では予想行ってみよう。
今回はかなり自信がある


まず、犯人はナギト君のはず。
彼にしか現場のトリックのセッティングが出来ない。

経緯はこうだ。
ナギトは自ら用意したクジによって掃除係りとなるが、
この時点で既に仕込み。
旧館にいち早く入った彼は調理用の長串を確保し床下に隠す。
この時彼は床下に広間のどこかからか侵入できることを発見し、
その進入穴を絨毯で被せ隠蔽。
11:30ちょうどに停電を起こすためにアイロンで電力調整
した上にエアコン2箇所をタイマー操作。
11:30になるとブレーカーが落ちる仕組み。
犯行実行時の経緯は、
まず停電を起こし、テーブルクロスを被って絨毯下の穴を使い床下へ。 
床下に隠しておいた長串を構え、近づいた誰かを殺すために行動を開始
するものの、いち早くジェラルミンケースからサーマルゴーグルと
護身用サバイバルナイフと蛍光塗料を取り出した十神くんに発見される。
その際にジェラルミンケースの位置から床下に隠れるナギトへ一直線に
突貫したため、十神に当たったミカンちゃん転倒。
十神くんはサバイバルナイフで応戦しようとするが、
長串のリーチに届かず一方的に刺されまくる。
瀕死の中蛍光塗料で相手の位置を明らかにさせようとするも絶命。
十神君を殺害した後、ナギトくんは返り血を浴びたテーブルクロスを
倉庫に始末し、広間に戻る。この時電源回復。
また、旧館のトイレが使えなかったのはペコちゃんの
お腹の調子が悪かったためペコちゃんが占有。

基本的にあの旧館の構造を熟知していて
セッティングの時間がないとできない犯行であるため、
下準備ができる掃除係りのナギトくん意外に犯行は不可能。
テルテルにもできそうではあるが、やはり床下の仕掛けを
用意するまでの時間は無かっただろう。
女性陣が悶絶する姿が見たいから料理に下剤を仕込んだ
ぐらいはしてそう。そのほうがペコちゃんのトイレ占有も説明がつきやすい。

問題は防火扉か。
これだけなんの伏線がわからん。

十神くんの部屋の手紙もナギトくんの仕込みじゃないかな。
これで夜全員を集める企画に誘導してうんぬん。

やはり動機付けが弱過ぎるし手口が周到過ぎるため
ナギト君が裏切り者だった可能性が高い。
記憶の話といい今回は前作の終盤のネタを序盤でやってしまおう
という脚本家のメタな計らいなのだろう。


さあどうだ、自信あるぞ!!
次は学級裁判が終わるところまで進める



[PR]
by souka_t | 2016-04-13 07:37 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
ダンガンロンパ2予想

釘は熱いうちに打て、ということで、
先週から引き続いてダンガンロンパ2のプレイ開始です。
とりあえずプロローグ終了まで進みました。
前作は全編施設内でしたが、今度はアウトドアですね。
ファミコンのスパイVSスパイの1から2への変わりっぷりを彷彿とさせます。
今のところ軽いキャラ紹介のみでまっっったく先が見えない段階ですが、
あえて各キャラの展開と死期予想。死にそう度は5段階評価 



・日向くん
死にそう度:3
超高校級の能力不明とか既に怪しい位置からのスタート。
前作では主人公が死にこそはしなかったものの
かなり危ういところに追い込まれはしたので、
今回ばかりは主人公死もありうる。
冒頭で眩暈がする時バグったような描写があったので、
もしかするとサイボーグなのでは説。超高校級のサイボーグ。

・アカネちゃん
死にそう度:5
パワーキャラ枠だが、アスリート系というところがネック。
だいたいこのテの運動部キャラは、
その脚力で早く走った距離とかをトリックに利用されやすい。 
殺す方にも殺される方にも適してる。まず死ぬだろう。


・ナギトくん
死にそう度:5
前作の主人公を彷彿とさせすぎるがゆえに、
あっさり死ぬほうがインパクトがある。
今のところ主人公に対するガイドキャラだが、
それは前作の舞園さんと被る。
脚本家はおそらくこう思っているんだろう
"これから終始お世話になりそうな親切なキャラほど殺すとみんな驚く"
なのであっさり死ぬ。 
前作の主人公との関連性は恐らくご想像にお任せ程度にぼかされると予想。


・チアキちゃん
死にそう度:1
この子はどうも"新しい"。
全体的にダンガンのキャラ群というのはキャラ記号が古臭い。
決して薄くは無く、むしろ濃いのだが、絶望的に古い。
その中にあって、どうも彼女の「ゲーマーヒロイン」という
記号がどうも新し目に感じるのだ。 
今回の正ヒロイン枠と予想します。 花澤香菜ちゃんだし


・ソニアさん
死にそう度:5
今回のセレスさん枠。
世間知らずの王女様とみせかけてとんでもない
動機を与えられて2キルぐらいしそうである。
殺す側に回るとこういうやつは映える。
おしおきで死ぬだろう。
そして、案外ニセ留学生なんじゃないかなと踏んでる


・十神くん
死にそう度:5
こいつも前作のキャラほ彷彿とさせ過ぎる。
しかも外見以外プロフ丸被り。そこで気になるのがゲーム上の時系列だが、
恐らく1の過去。予想で1の十神白夜の先祖か兄。
白夜の名は長男が襲名するうんぬんで、
もしかしたら今回の白夜が死んで1の白夜が受け継ぐとかそんなの。
だから死ぬ。



・田中
死にそう度:5
こんなキャラが立ちすぎてる奴は間違いなく死ぬ。 
今回のイシマル・山田枠。
2キルされる時についでに殺されるとみた。


・ヒヨコちゃん
死にそう度:1
いかにも過ぎてこいつは生き残る。


・ソウダくん
死にそう度:3
島にいろんなギミックがありそうなため
メカニックの出番が無いはずが無い。
まず即死は無い。 ステージが開放されてきた3回戦目以降が危うい。
なにかしらの容疑はかけられそう

・マヒルちゃん
死にそう度:4
恐らく今回のモノクマ側の人。
超高校級の絶望。だって小林ゆうだよ? 

・ミカンちゃん
死にそう度:1
保険委員という肩書きはどう考えても今回の検死係り。
最重要スキルの持ち主なので生き残らないと話にならない。
茅野くんだし豹変アリってことでまさかのジェノサイダー枠?


・テルテル
死にそう度:5
ソニアさんに利用されて殺される未来しか見えない。
即死は無いが2回戦目以降が危うい


・猫丸くん
死にそう度:4
既にキャラが立ち過ぎてる。
こいつと田中はライターが持て余して殺される。


・イブキちゃん
死にそう度:5
ソロ活動になった背景を語られて動機付けで死ぬとみてる。
名前がネタ過ぎていろいろ危ないので早々に死ぬだろう。
初回死亡はありうる


・フユヒコ
死にそう度:0
ナマイキショタ枠が死ぬはずが無い。
今回の真の十神君枠。はじめギスギス 後半デレデレ

・ペコちゃん
死にそう度:4
恐らく潜入捜査官かなにか。
最終的に重要な情報を入手し主人公に託し死亡する流れと予想。
だいぶ後半に死ぬ。



こんなところか。
それじゃ学級裁判直前まで進めたらまた続きを書く!!

[PR]
by souka_t | 2016-04-10 23:07 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)