カテゴリ:ボードゲーム( 279 )
年末宅会

今や造形界の重鎮となりつつあるだんご氏の来訪により、
サシ忘年会の様相を呈したボードゲーム宅会となった。

その際にプレイしたゲームの感想が以下。





■ポートロイヤル

1戦目ルール間違い、2戦目でおそらく正しいルールでプレイできたと思う。
動作は坊主めくりなのだけど、資金のリソース管理と船員のお買い物がすこぶる楽しく、
個人的にはゆるゆるなドミニオンぐらいの拡大再生産ゲームに感じた。
勝利点の天井設定も上手く、そこまでゲームは長引かないのでリピートしやすい。
結構面白かったので、今年序盤はコレを推して行きたいかも。







■プリンチパート

これまた途中でルールミスに気づいた。
当初兵站構築ゲームかと思いきや、中盤~後半は絵画購入争いゲーム。
このあたり時代の移り変わりの表現と感じたのでわりと面白かったが、
長さのわりに単調な展開に陥り易そう。
正しいルールで再戦してみたい。






■タリン

コンポーネントを無駄なく扱おうという点でデザイナー目線的に
見るべきところが多々あるゲームだと思う。なのでインスト時に各部の説明が
このゲームのピークだ。 本編は地味で最終決算がちょっとめんどい。
今年こそ拡張を導入したい。





■Mrジャック ポケット

正体隠匿とか推理っぽいパズルゲーム。
去年からうちのオキヤ枠がこれに入れ替わった。
アクションをコイントスで決めるという部分にシビレる。
ちょっとパクりたいシステムだ。
ゲーム自体はジャックを捕まえにいくというより、
外堀をジリジリ埋めて追い詰める感じ。勝利条件の設定が上手い。





■メディチ

最近リメイクが出たボードゲームの方。
二人でやるとめちゃくちゃサックりしたゲームだ。
以前多人数で遊んだことあったんだけど、その時はだいぶ値付けが悩ましかったけど、
二人だとほぼ引きゲーかな。
それにしてもボードの得点トラックがめちゃくちや使いやすくなった。
最初は50点で区切ってなんだこりゃと思ったけど、
よくある10点20点の動きを縦の移動でできるのが超便利。





■テストプレイ

もうすぐ発表予定の神聖ローマ皇帝のゲーム。
基本的な流れはできたものの、まだまだ改良の余地アリ。





■ブリュージュ

あれもしたいこれもしたいけど、その誘惑に負けず
自らの得点源システムを構築した人が勝つゲーム。
そしてあれもしたいこれもしたい誘惑に負けて点数伸びず。
勝つには強い意志が必要だよなこのゲーム。




という具合にいろいろゲームやりましたー。






[PR]
by souka_t | 2017-01-05 09:08 | ボードゲーム | Comments(0)
グラム氏による第22回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想
グラム氏による第22回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想です。




■飛行船の時代
Fireside Games今年の作品。スチームパンクの世界観で、各自飛行船の完成を目指す。同じ部位を出さなければならないルールで、展開はかなりスピーディー。3ラウンドで3人それぞれが飛行船完成。






■Animals on Board
EggertSpiele今年の作品。各自の箱舟に、動物各種が2匹ペアにならないように動物たちを乗せる。組み立て式の箱舟が目を引きます。悩ましい、いわゆる「切り分け」で難しかったです。








■SAN_GE hotarubi(サンゲ ホタルビ)
ADGさん、2016秋の新作。花園を作り蛍を探すアクションゲーム。コンポーネントを落とす、蛍(ブラックライト)で照らす、という体験が新しい。ちょうど前日に作者さんが4つの秘密を公開していたのでそれも紹介。






■カルカソンヌ農場
カルカソンヌの独立セット。道には移動ボーナス、農場(都市)には作物ボーナスがあり、修道院と草原を合わせたような小屋を配置するルールが追加されていて、ミープル運用の面では基本セットより簡単。終了後には道と農園と動物と小屋が広がっていて見た目も良いです。







■みんなのさいたマップ
ヴェルフェルさんの、2016秋の新作。ゆるキャラたちと埼玉を旅するゲーム。埼玉ゲーム会としては外せないとプレイ。残り山札1枚でクリア。マップカードの埼玉名物は、県民でも知らないものばかりでした。「バッグ・グロージャーって何?」。







■ラミネートラミー
四等星さんの、2016秋の新作。論文発表のゲーム、セブンのカードセットを使用。自ら査読するところがテーマに合っていないのと、合計100以上のカウントが大変なのが難点。テーマ自体や、手元に材料を集めて論文発表・過去の論文を引用して労力を減らす、という部分はフリーゲーム「PRINCIPIA」を思い出させてとても好み。






■マジカルアスリート
グランペールの能力付きすごろく、入手はゲームマーケット2006。今日まだダイス振ってないという事で。配った6人から2人ずつ出走させるルールで2レース遊びました。1レース目は人数が多いと強くなるキューピッドとドルイドの接戦、2レース目は悪魔・死人使い・ケンタウルス・セイレーンと戻す能力が集まり団子状態に。





プレイ評/グラム







[PR]
by souka_t | 2016-12-25 07:47 | ボードゲーム | Comments(0)
第3回大船ボードゲーム夜会の感想

藤沢・鎌倉・横浜の境目に存在し、
神奈川県のルクセンブルクと呼ばれた
あらゆる意味での鉄火場、大船。

我々は三度この地に訪れた。


第三回大船ボードゲーム夜会。




まずは景気付けに、
大船随一からいと噂される石狩亭のラーメンを一杯。

これに関しては別項で詳しく書くとして、
今回のゲーム感想を順番にいっとこうか。






■キューブ(仮)

PlanE氏の試作。
ブロックを動かすアブストラクト。
試験用なので汎用キューブを使用しているが、
実際はもっと大きなものになるとのこと。
ブロックを積み込んで行く前半、
ブロックを動かして3つ揃ったものを消していく後半
の二部構成で、点の取り合いや相手を行動不能にさせていく
ことを競う。
まだ根元の部分が決まった段階で、パズルはかなり出来てた。
細部のルールをどう詰めていくか注目していきたい!!
完成したら面白そうな予感。




あ~るさんによる差し入れスイーツ。
箱物はセンス
こんなもの買ってくるやつはモテ、
女泣かせにちげえねえ。




■キャピタルラックス

ドラフトしたカードを、中央の場と自分の場のいずれかに
置いていくゲーム。 こういうの何て言うジャンルなんだろうな。
これのドラフトが無い感じのゲームを以前やった覚えがあるんだが
なんだったかな。
それより、このゲームはすこぶる面白く、べらぼうによく出来てた。
場の中央に置かれたカードの合計値以内に
自分の場のカードを置いていかなくては中間決済時に消滅しちまうとくる。
かといって、遠慮がちにおいていくと、一番大きい人しか点数が
もらえないため競争に負ける。実に絶妙な平衡感覚と、
時には損切りするしたたかさも必要になってくる。
こいつはすこぶるおもしろい。








■タリン

多摩会にひきつづき御登板ときた。
純粋な昨今の新作つうと、あたしゃこれしか買ってないからね。
4人でやってみたが、やっぱりで我慢比べゲームだな。
塔ボーナス取るためには2個建てはやっぱり必須で、
はじめから意識して積み込まないと高い最大値は出せないと来る。
このゲーム、存外深い・・・。 そして、難しい。
次くらいには拡張を導入するか。





■ねことネズミの大レース

ここで、ボードゲームはじめての豆ちゃん夫妻が参加。
まずは慣らしに、カンタン・カワイイ・ドキドキ の三拍子揃ったネコネズ!
ご夫妻順調に点数のチーズにありつく中、
あっしのねず公たちは全てネコの餌食に!!
こいつぁとんだ食物連鎖だったぜ。
というか前回も全滅した気がする。意外とむずかしいぜ。






■PENG!

お次は直接攻撃体験!!と洒落込み、HABAの怪作・パン!
相変わらず激しく他者の足を引っ張り合う展開がコミカル。
そして、カード運が爆発したところで勢いでゴールする
までがお約束。 なかなか乙なゲームや。






■アンダーカバー

お次は雰囲気があってそこそこ頭を使うゲームをと、正体隠匿の傑作
アンダーカバー先生の出番。
1986年の大賞作品、前世紀のゲームであるものの、その面白さは色褪せない。
今回はリピートして2ゲームほど遊んだが、1ゲーム目はそれぞれ欲望に素直で
コマは大きく動き、2ゲーム目は慎重になりコマの動きは鈍く常に警戒的。
カン所がわかってくると動きも変わって来る、こういうゲームは要点を抑えた
二度目が楽しいね。






■はまりたがり

ネコの毛柄かモノに合わせて一斉に自分のカードを出すゲーム。
カルタの手でとるんじゃなくてカードで取る番とでもいうか、
猛烈な反射神経が求められる。せーのっ バンっ!! ってね。
今回は1戦目毛柄合わせ、2戦目はモノ合わせ、3戦目は交互とやった。
なんとなくだけどあたしゃモノ合わせが得意かも。
ゲームはとことん反射神経の早取りだけど、
絵柄のネコ全ての毛柄に名前があることが衝撃的だった。ネコって奥が深い。




豆ちゃん夫妻からクリスマスプレゼントもらっちゃいましたーーーっ!!
ありがとうございますっ!!!




という訳で第三回大船会でした。
次回はまた半年後に!!






[PR]
by souka_t | 2016-12-24 19:13 | ボードゲーム | Comments(0)
12/18多摩市民館ゲーム会の感想

ゲムマ後初のオープン会に行ってきましたー。

久々のゲーム会参加でもあり、意気揚々ではあるものの、
いやはや冬ですね~ 肌寒い。
小田急に乗るために海岸線を歩いてたら凍え死ぬかと思いました。

公民館の空調は程よく、自宅の部屋より過ごしやすいため
ボードゲームを楽しむのには最適。
ビバ公共施設、という訳でぼちぼち感想いってみましょ。




■LIBRIUM

カメラの三脚(?)がコンポーネントというキテレツなバランスゲーム。
カードのスリットにカードをどんどん刺していくというドシンプルなルールで、
外側に差し込んだり吊るすように差し込んだりと、
一風変わったバランスの取り方をするのでプレイ感はなかなかにして独特。
完成後の形も奇妙で面白い。 カードの材質が厚みのあるプラ製だったりと
質感もかなり良い、というか良過ぎる。
展開こそは積むだけでやや単調だが、個人的にバオバブの木よりこっちのが好みかも。
なかなか乙なバランスゲームだ。





■シャングリラ

様々なスキルをもつ人材を確保しながらゴールを目指し、
ゴールでは財宝を掘りまくるゲーム。
俺、この最後のゴール後の毎ターン点数を掘るルール聞いて
最初に思い浮かべたのって「ムーミンボードゲーム」なんだよね。
しかもすごろく要素まであるから、システム上の進化系か?と
思ったんだけど、全然違った、ありもので例えるなら王への誓願すごろく。
んで、ゲームプレイに至って、まずは、突っ走ってゴールで点数を掘りまくるか
じっくり進みつつ人材パワーで拡大再生産的なあれこれで点数稼ぐかの、
どっちが有効なんだろう?という疑問にぶつかるのよ。
んでんで、やってみるとじっくり進んでも足場がどんどん減っていくから
進まずとも道のりがどんどん減っていくのね、このあたり収束性が
お見事なのだけど、ハナっから突っ走る優位性はあんまり無いような感じがした。
人材自体にも点数設定されてるの多いしね。
ダイスロールで資源の確保と進むことの両方を制御決断していくから、
すごろく系として考えると1手1手が悩まし過ぎる感はある。
ダウンタイムを考慮すると2~3人が適正かも。 なかなか面白かった。




お土産の御菓子もらっちゃいましたーっ
比叡山といえば焼き討ち!!
だから焼絵菓子なのだろうムフフ と一人にやけとりました。





■エンデの建国者

今日一。
8点を取るあるいは城を建てれば勝ちで、
点数を得るルートは多義に渡る。この辺りはよくよくユーロゲーを研究した跡があり、
なんとも小賢しい造りだ。思った以上に初期の資源所持制限が効いてくるため、
倉庫の建設は必須なのは分かったけど、戦争に関しては勝ち筋として有用なのかは
やや疑問かも、ためしに戦争やってみたけど資源消費が激しすぎる。
よっぽど相手の石をカウンティングして突付かないと大損なので、
戦争の起こしどころは難しい。あとは、城建築勝利ってホントにできるのかな?
今回初プレイだと城建ててるうちに誰かしら8点に届いちゃいそうだった。
意外と先建てボーナスとか孤島の黒資源確保とか蓄積されるし、
そもそもの資源周りの良さとあいまって中盤からばんばん得点できちゃうんだよな。
そんな具合でいろんな疑問が残ったけど、もう一度やってみないと分からない
疑問なので、やってみたい事が多いという意味でリプレイ性は高い。 すこぶる面白かった。





■娘は誰にもやらん!

ゲムマが浅草からビックサイトに移行するかしないかぐらいに
旧版が出てたと思った。 評判良いから気になってた。
自分の娘を1人決め、男カードを引いて他者の娘に縁談を勧めるゲーム。
手札から男にどんどんダメな属性を付けて行くところがゲスラブを彷彿とさせた。
プレイ感は縁談を承諾するか断るかのイエスorノーなところがごきぶりポーカーに
近いと思うんだけど、ブラフゲームとしてはこちらのほうが状況証拠があるため優れてる。
テーマ的にも大変楽しいので、どこでも出せそうかつ人数の融通も利く良いゲームでした。





■タリン

私の持ち込み。 同じ構成の10枚のカードを持ち合い、
ひたすらカードを半ざしして横列を作っていくゲーム。
とてつもなく地味なので、所有感の面ではそうとうアレなんだけど、
ルール自体はかなり秀逸。パワーコントロールが悩まし過ぎで、
わりと1手が重い、それでも最大10手なので
5~10分でゲームが終わるという、ミニマルここに極まれり。
短時間ゲーマーズゲームってこういうこと? わりと模範としたい。






■シャドウハンターズ

ゲーム会ラストは全体ゲームということでおなじみシャドハン。
今回はヴァンパイアで序盤から積極的に殴りに行くも、
シャドウ軍全員討ち死に。
面白いけど、相変わらず情報が揃う頃には大勢が決してしまうかな。
ダイス運も関わるから立ち回りも難しい。 一筋縄ではいかないゲームだ。




という訳で久々のゲーム会でしたー。
今月と正月はどんどんやってくよー!!





[PR]
by souka_t | 2016-12-20 21:04 | ボードゲーム | Comments(0)
グラム氏による第21回埼玉ゲーム会の一言感想

グラム氏による第21回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想です。



■新作テスト
ショーナンロケッティアズ最新作のテスト。初見で遊んでもらったところ、4つの得点源をうまく取り合って接戦。システムは完成しているようです。






■ALTER
遊坊やさん、2016秋の新作(ガーデンゲームズさんに委託)の500円ゲーム。未来を視るか変えるかの二行動で、軽く遊べて好評。カード質が悪いものの、ほとんど手に持たないゲームなのであまり気になりません。






■SAN_GE hotarubi(サンゲ ホタルビ)
ADGさん、2016秋の新作。花園を作り蛍を探すアクションゲーム。今回の「見て即座に購入を決意した」枠。花カードを落とす段階で出遅れても、蛍の群れを発見できれば逆転できます。







■スワンデート
decmeeさん、2015秋作品。井の頭公園でスワンボートに乗って写真を撮る2人協力。今回は3ヶ所目での弁天様の妨害が激しく、5ヶ所目に着いてすぐ山札切れ。それでも「負け」というわけでもなく、結果で占いができるのも良いです。





■バハムートゲート+拡張Attack from Hades
かぼへるさん、2016春(基本)、2016秋(拡張)の作品。vsバハムートで拡張イージーモードを適用、ある程度余裕を持ってクリア。拡張ボスのケルベロス・ノーマルモードではあと2手ほど足りず敗北。






■インフェルノ
元は2005年のクニツィア作、今年の新版。1枚目と同じスートか数を出せなかったらマイナス点、UNOのような軽いプレイ感でした。






■すずめのお宿
うなぎのものさしさん、2016秋の新作。6つの宿を取り合うバッティングゲーム。コンポーネントがかわいい反面、得点を稼ぐにはある程度バッティングさせて仲間を増やす必要があるようです。




ゲーム評/グラム





[PR]
by souka_t | 2016-12-18 05:50 | ボードゲーム | Comments(0)
ゲームマーケット2016秋であったこと
帰ってきたのでゲムマでの話~。





毎度モノレール湘南江の島駅から出発するんですが、
いつの間にか駅の中にシミュレーターが設置されてました。
電車でGOみたいなマスコンで速度を調整するゲームで、
計器類がリアル!!
今年の湘南モノレールはなにやらいろいろ動きがあって、
駅内店舗でグルメインベントやったり、キッズのお絵かきコンテスト
とかガチめな写真コンテストやったりしてます。





乗った車両も黒ラインの新車両。






ゲムマ朝の設営時間。

今回はド寒い中かなり回りくどい入場をしてホール入り。

2ホール使用するとか、ゲムマも大きくなったもんだよねー。
浅草の頃は1ホールの半分もなかった。
一日で全て見回るのは困難やね。



自ブースに到着すると早速展示ブツを展開。
見よ!! このキュート&クールなディスプレイを!!
今回もあらかた先生渾身のディスプレイであります!!

そんなこんなで開場時間になりゲムマ2016秋スタート。

場所が非常に良く始終途切れず人通りがあってか、
12時半ばには完売。
あと10部づつ作っても良かったかなとも思いつつ、
余剰を生み出さない手堅い生産方針こそが継戦第一主義の大前提。
うちはメールやDMで一報くれれば送料込みの本体価格+500円ぐらい
でよっぽどのことがないかぎり自前通販で日本中どこへでもお売りしますんで
転売品を買ってはソンデース。 もう自前通販はじまってマース。

今回は全体的に好調だったんじゃないかな。
午前中完売看板立ててるところいっぱいあったと思う。
皆見せ方が上手くなったというか、
よくわからないものを売ってる人が少なくなった印象。
事前にノウハウがいろいろと飛び交ってたから、
それぞれが堅実にやってる感じだ。
それは残念でもある。
YbYみたいな鬼才が現れにくくなったのではなかろーか。
もっとこう即売会がゆえの暗黒面を突くような出展もあってほしいね。




ディスプレイだけでなくお昼のお弁当もつくってもらっちゃいました。
劇辛オムライスおにぎりです!!
良い具合にスパイシーで辛く食いでもある。美味い!!





むらまささんから今回もアメの詰め合わせもらいました!!
今まさに舐めながら書いてます!!





お得意様の大さんからスイーツの差し入れも!!!
あらかた先生がもりもり食ってました!!!


そんな具合で予約者の受け渡しが終わって
3時には撤収。
ホントももうちょっと残ってても良かったんだけど、
個人的にここからが今回の本番。




そう!! 行ってきました!!! 新宿・春水堂!!!!

そうです!!ファイブスターストーリーズのラキシスが飲んでた
タピオカミルクティー鉄観音のお店!!!

夏頃に都内に行くついでに立ち寄ろうとしてたんですが、
なんと改装工事中だったんですね。
それで先月だか今月に新装オープンして、ようやく行けました。

すごいすごいっ めっちゃ並んでました、
女子高生からOLのオネイサン、はたまたカップルでいっぱい!!!
大人気なのなッ、だいぶ並んだ気がする。
ゲムマでは一度も並ばなかったんだけど、こっちでめいっぱい並んだ。

店舗はテイクアウト専門ということで、店舗の回りにぞろぞろ人の列ができ、
カウンターの横はガラス張りで製造中の様子が丸々見える。
これがまたかなり人の手による手間隙かけた製造工程。
美味しくないわけが無い!!期待が膨らみます。




ついに飲みましたとも!! タピオカミルクティー鉄観音!!!

美味いっ 美味過ぎるっっ!!!!
今まで飲んだことが無い味がした!!!!

飲み物専門店とかどんだけお高くまとまってやがるんだと
内心ちょこっとだけ思ってましたが、
こいつは納得の専門店の味。 ここでしか味わえない!!
ここまで書いといて、これについては後ほど別項で詳しく書こうかと思います。
この日一番の衝撃でした。
みなさんもゲムマの後はぜひ春水堂へ、横浜にもあるみたいヨ。



ゲムマの戦利品。

プラモデルつくりたいマン。





[PR]
by souka_t | 2016-12-14 09:35 | ボードゲーム | Comments(0)
【ボードゲーム】グローバル不動産王

ダイソーのおもちゃコーナーに置かれてるコレを買ってきました。
なんか2種類ぐらいあったんですが、なんとなくワールドワイドな感じで
こっちに。





ボドゲによくあるスペック表示もある!!
対応人数もよくある幅で時間はそこそこ長め、らしい。




内容物はこんな感じ。
例えるなら、テレビマガジンとかテレビ君の付録みたいな感じ。
ボール紙のカードやボードとペラ紙の紙幣がどっさり。




マニュアルはなんと日本語と英語の2枚付属!!
さすがグローバル不動産王、グローバル世界だぜ!!





実際に1人まわしでプレイしてみました。

だいたいモノポリーだけど意外と楽しい。
基本は物件を買い付けて、自分のトラップマスを増やし
相手がそのマスに止まるのを待ち受けるんですが、
止まるか避けるかはダイス運なところに一喜一憂できる感じ。
ちょっと冗長さや若干のコンポーネントの扱いづらさはあるけど、
100円でこれだけ遊べるなら悪くない。

ダイソー恐るべしな一品でした。






[PR]
by souka_t | 2016-12-09 15:00 | ボードゲーム | Comments(0)
グラム氏による11月に遊んだゲームの一言感想
グラム氏による11月に自宅で遊んだゲームの一言感想です。





■あるみ缶
高難度と話題になった、みかんの神経衰弱を今更入手。多少紛らわしい程度であまり難しくなかったのが残念。純粋な難度の「キになるクリスマスツリー」や、異次元の難しさ「くるりん動物園」等には及ばず。






■バハムートゲート
かぼへるさんのGM2016春作品。基本セットをクリアまでプレイ。vsキマイラ、ぎりぎりのところで巨人がHP1を残した自爆、見事撃破。vsカオスヒュドラ、最序盤に倒した首に汚染されたエルフが倒れたものの、おおむね順調にクリア。レゴラスとギムリの相性がよかったかも。vsXXX(基本セット最終ボス)、1/6で成功のはずの封印が3回連続で成功、危なげなくクリア。






■ヴァノスギア
OZplanningさんのGM2015春作品。カード1枚とトランプ1組が1キャラの超能力バトル。第3弾が出ると聞いたので第1弾と第2弾でプレイ。山札切れのタイミングを見誤り、3人目がすぐ敗北。






■X-Live
ManifestDestinyさんのGM2013秋作品。音ゲーのカードゲーム。仮面ライダーエグゼイドに音ゲーのライダーが出たので久々にプレイ。勘を取り戻すためにキャラランダムでメルトラン、Sランク達成。







■パニッククランインバイター
トロイホースさん、GM2012秋の500円ゲーム。エルフ、ドワーフ、フェアリーといった種族混合の部隊を作るパーティーゲーム。軽さとテーマが魅力。






■飛行船の時代
スチームパンクの世界観で、各自作成する飛行船の完成を目指す。妨害カードも含め、手札運が強いパーティーゲーム。飛行船活劇漫画「レッドスプライト」にちなんで買ったのにその週で打ち切りに。




プレイ評/グラム







[PR]
by souka_t | 2016-12-04 08:16 | ボードゲーム | Comments(0)
グラム氏による昨今プレイしたゲームの感想
グラム氏が最近プレイしたゲームの感想です。



■Alicematic新作(仮)
ManifestDestinyさん、2017神戸予定の開発中ゲーム。アリス軍団による陣取り。前回から少しルール調整が入り、魔物の森からも得点が入るように。2回目のプレイですが、見通しが立てやすく、あまり重くないので遊びやすいです。





■LastSevenDays
1人用、ループアドベンチャーカードゲーム。ネクストセブンデイズ発売記念に再挑戦。神代さんのGoodEndには到達したものの、月見里さんと石動さんを助けられなかった。




■カルタッチョサッカー
国産カードゲーム。運のみとはいえ何となくサッカーをしてる感があり、カルタッチョシリーズでは一番のお気に入り。風邪をひいた日に、ストレス解消に軽く遊んだ一作。



■プロムナード
ManifestDestinyさんの、GM2013春作品。社交ダンスカードゲーム。最近話題の漫画「背すじをピンと」にちなんでプレイ。パートナーと息を合わせてステップを進めるあたり雰囲気があっていいです。2人で高得点を目指す協力ルールを作りたいところ。





■バトルライン
クニツィアの名作2人用ゲーム。戦術カードなしとありとで続けてプレイ。手軽ながら適度に苦しく良いです。フラッグ2対4からの逆転も。





■バハムートゲート
かぼへるさんの、GM2016春作品。拡張が出るのでその前に基本セットをプレイ。レゴラスとギムリの気分でマザースライムを撃破。




プレイ評/グラム







[PR]
by souka_t | 2016-11-12 22:31 | ボードゲーム | Comments(0)
グラム氏によるMD会の一言感想

グラム氏によるManifestDestiny会で遊んだゲームの一言感想です。




■テストゲーム(仮)
ショーナンロケッティアズ最新作のテスト。初見では難しく、慣れると駆け引きできそうとのこと。





■THEY WHO WERE 8
エッセンの新作。神の信者になり、隣のプレイヤーと共同で最も信仰を集めた神コンビのうち、弱い方の神の担当プレイヤーが勝ち。引き運が強いようですが、個人的には嫌いではないです。





■THE VAMPIRE, THE ELF & THE CTHULHU
エッセンの新作。共同で小説を作るという設定のゲームとの事。Alicematicテストの人数が揃ったので、概要説明のみでプレイはせず。




■Alicematic新作(仮)
ManifestDestinyさん、2017神戸予定の開発中ゲーム。アリス軍団による陣取り。5人プレイ、インスト込みで1時間半ほど。カードを1枚出し、エリア1つを攻撃するだけと簡単ながら奥深い。




プレイ評/グラム





[PR]
by souka_t | 2016-10-23 06:21 | ボードゲーム | Comments(0)