カテゴリ:ボードゲーム( 315 )
グラム氏による春ゲムマ以降自宅で遊んだゲームの一言感想
グラム氏による春のゲームマーケット以降、自宅で遊んだゲームの一言感想です。



■TOKYO HIGHWAY
ITTENさんの話題作。オンリーワンの道路建設アクションゲーム。2版。一定のルールに従って、自分の車を置き切った方の勝ち。勝敗が決したので、他で見れないような角度に挑戦。





■トランプウォール
芸無工房さん、2017神戸の作品。大統領と不法入国者の、トランプを使った陣取り。時事的なテーマはともかく、ドイツゲーム的システムで普通に面白い。
本来はコピーした紙に支配地域を記入するのが推奨されていますが、手元にあったAlicematic英傑伝のトランプ兵と帽子屋の駒を使用しました。





■黄昏の辻
やづ屋さんの、2017春の新作。手札の能力を使いながらの数字当て。正直ビジュアル買いでしたが、能力を使うことが相手へのヒントにもなっていて、悩ましい駆け引きのある鋭い良作でした。





■スプラッシュ!
積み上げアクションゲーム。色か形の合ったブロックを次プレイヤーに渡して積ませ、3回崩させたら勝ち。シンプル。







■Yomi
2ndキャラから、グウェンvsペルセフォネ。ペルセフォネ優勢だったものの、グウェンの超必投げドレッドランズポータルが当たり流れが変わった。
チルベインで凍結させた直後の、回避からの超必打撃ダッシュゴーガーを当ててグウェン勝利。ウチのペルセフォネ全敗は続く。





■禁断の砂漠
2013年の協力ゲーム。以前から気になっていて、放課後さいころ倶楽部10巻で取り上げられたのを機に入手。考古学者と水筒係で、伝説の飛行船の復元に成功。






■TABLE HANABI~卓上のスターマイン~
39芸夢さん、2017春の新作。空中で棒を通す、高難度バランスゲーム。序盤を乗り越えると棒同士が摩擦でひっかかり安定してくるようです。





■つみきメイズ
39芸夢さん、木のおもちゃ入賞作。自分の駒を高く登らせるアクションゲーム。軽くて崩れやすく難しめ。





■神倭のくに
植民地戦争+αさん、オータムフェスタの新作。日本神話の国造り。多くの神を派遣して土地を広げた天照に、高床式住居で文化レベルを上げた大国主が勝利。




プレイ評/グラム




[PR]
by souka_t | 2017-10-10 05:07 | ボードゲーム | Comments(0)
2017 月曜更新第41回

月曜更新です。

ゲムマ秋の各種予約受付中です。

と言っても、2日間開催の弊害か、
早いところ2日分のサークル分布図が公式で発表されないと
参加する方も動きようがないよねー。
一応、当日参加できない方のために郵送費もろもろ+500円で
事前通販もひっそり受付ますんでご利用くださいまし~。

続いてショーナンさんから皆さんにお願い。

ボドゲーマにショーナン作品 がいくつか登録されているので、
もし、うちのゲームで遊んでちょっと感想とかリプレイ書けたら
投稿してやってくださいまし。プレイ写真うpだけでもOKです!!
まぢお願いします!!
最近ボドゲーマが検索で上の方に来ることが多いので、
内容を充実させたほうが初見さんに優しい世界になります!!
通勤中にスマホでちょこっとだけ作文でおなしゃす!!!


先週は、SRPGSTUDIOに夢中だったので
さっぱりブログ手付かずでした。
明日FSSなので、今日中にもろもろ更新予定です。

SRPGSTUDIOはだいぶ使い方が分かってきた。
集団戦モーションが完成して、現在素材をモリモリ作り中。
今週中に1ステージ分の素材を仕上げたいところ。
SPGGツク95と比べると、やっぱり色パレット気にしなくて
良いのがラクだね。

平行して来年用のゲームのアートワークやってるけど、
こちらは結構凄い事になってる。
毎度分かりにくいところで新しい試みを入れてるけど
今やってるのは目に見えて真新しい。
しかも、前人未踏の歴史背景(テーマ)を扱うことになったので、
連日調べモノで大忙し。
と、そんな具合で来年以降の仕込みが進んでるんですが、
12月ゲムマリリースのウサギの火星劇団の宣伝が
さっぱり進んでないので、そろそろどーにかしたい。
レビューサイトとかお持ちの方対象に事前販売してますんで
我こそはっという方、ご連絡くださいまし。


あと、イエサブ秋葉店に
冷戦ペンギン・国連ペンギン・奉天1905・ウサギの政略結婚
を補充しましたんで、お求めの方は秋葉店を覗いてやってくださいまし。




[PR]
by souka_t | 2017-10-09 06:22 | ボードゲーム | Comments(0)
中野・オムライス&ダイニングバーkurumari


先々月、噂のオムライスダイニングバーのkurumariさんに行ってきました。

中野駅からちょっと歩いた飲食街の端の方にあります。
ウッディな店舗がなかなかシャレオツ。








この時は、日曜日だけボードゲームカフェとなってましたが、
現在はリニューアルし平日もボードゲームで遊べるようになったそうです。







店内のボドゲ棚。 これも先々月の写真なので、
現在はリニューアル。

それにしても凄い量のボドゲです。
国内で話題になった作品はだいたい取り揃えてる感じ。
大箱・小箱問わず物凄い取り揃え。ショップばり!!


そんな感じにボドゲ棚を観察していると
注文したメニューが到着。




じゃじゃーん、これぞkurumari名物オムライス。
超絶イケメンがオムライスをいただく!!






ごぼうポタージュオムライス。

ごぼうのほのかな甘みとクリーミーな味わいが実に上品。
美味い!!
こいつは中野のオシャンなギャルたちもワーキャーだぜ!!





連れはミートソースオムライス。

こちらは挽肉がどっぷり濃厚、なかなかパワフルな味わい。
こいつは男の子の味だぜ!! 美味い!!





いやはや、こんなに美味いオムライスは食ったことが無い。
オムライスというと家庭的なものを思い浮かべるが、
こいつは満足感が段違い、一線を画するオムライスだ。
中野に着たら1度はkurumariに立ち寄ってオムるべき!!





[PR]
by souka_t | 2017-10-01 10:18 | ボードゲーム | Comments(0)
【ボードゲーム】フリートコマンダー その3

フリートコマンダー 第三回は
シナリオ:深宇宙の陥穽

両端より艦隊を展開し包囲する側と
包囲される側に分かれた状況下での艦隊戦。


包囲側が6ダイスロールから開始。
一見包囲側が有利であるが、
包囲される側も艦隊が密接しているため
火力を集中しやすいという利点もあり、
互いに油断なら無い状況からのスタート。



フェーベ軍(中央)

戦艦x1 巡洋艦x2  駆逐艦x1

前回と同じく防御力重視の編成。


アミクリィ軍(手前と奥)

戦艦x1 駆逐艦x2 小型艦x4

これまた前回と同じ編成。





フェーベ軍、包囲戦ではセオリーとも言うべく
一箇所への集中攻撃で突破。左下の空域へと抜ける。

コロニーを軸にして互いの主力がぶつかりあう形に。






やや遠方で持て余しているアミクリィ軍の駆逐艦部隊が
到着する前に、早期決戦を持ち込もうとフェーベ軍の猛攻撃で
アミクリィ軍の戦艦撃沈。
だが、戦局劣勢とみるや、アミクリィ軍の駆逐艦部隊を即投入。
逆にフェーベ戦艦が包囲殲滅された。





結果

フェーベ軍スコア 6
アミクリィ軍スコア 10


アミクリィ軍の勝利。
このシナリオは初手から戦端が開かれるため、
終始派手な展開で楽しかった。
そして、双方とも一瞬の判断ミスが敗北へ転がるほどに
致命的なものになるため、全編に渡って1手が重い。
その分ゲーム展開が凄まじく早く、4~5ターンぐらいで
決着がつくこともままありそう。

元々、砲火が始まれば一瞬で終わるゲームだけど
それに加速して更に短時間で決着が付くシナリオだった。
なかなか良い。




[PR]
by souka_t | 2017-09-30 09:54 | ボードゲーム | Comments(0)
ゲーム合宿

秋めいてきたので恒例のゲーム合宿してきました!!
秋といえばゲーム、ゲームといえば秋。
まさに、ゲームシーズンであります。




まずは高円寺に集合し、すごろくやさんへ。
店内にはキャプテンリノスーパーバトルの立体パネルが。
なんでもすごろくやスタッフの手製なんだそーです。
HABAの販促物かと思った、まぢすげー!!




■戦国ラタック 川中島の戦い
合宿最初のゲームは、
軍人将棋の元祖といわれるラタックの戦国テーマ版。
正体不明のコマをぶつけ合って勝敗半定をする基本的な部分は
軍人将棋と同じであるものの、その判定人(第三者)が必要なかったり、
司令部が初期配置のコマの1つだったり、微妙に差異がある。





初期配置はこんな感じ。
両陣営この中の1つが軍旗。
軍旗を取ったら勝ち。





武田信玄・上杉謙信の武将コマはあらゆるコマに勝つ。
忍者コマはあらゆるコマに負けるが武将コマに勝つ。

写真は青軍の忍者が見事武田信玄を仕留めるの図。
ひじょーに爽快な瞬間。
信玄公が倒れても戦は続く!!





金堀衆はあらゆるコマに負けるが、落とし穴に勝つ。
落とし穴は動けない代わりにあらゆるコマに勝つが金堀衆に負ける。


写真は赤軍の落とし穴で囲まれた軍旗に対して
青軍が全ての落とし穴を掘り出して軍旗にたどり着いた図。
これまた爽快な場面。

互いの本拠地の所在を探すのは軍人将棋と大きく異なる要素。
このプレイ感はガイスターやドラクエダンジョンに近いものがある。
個人的には軍人将棋より好き。 結構面白い!!!






■ドンブリコ

なつかしの500円ゲームズ、その中でも当時話題になったドンブリコ。
2枚の公開カードに合計6ポイントを超えないように手札をつけて刈り入れる、
あるいは6ポイントを超えるようにつけて相手に取らせるように仕向けるゲーム。
6ポイントまで加点でそれ以上はマイナスとなる。
点数を消費して手札を裏向きで出すことも出来る。
これが良い具合にブラフ要素となって楽しい。





初手が非常に悩ましい。
大雑把に吊り上げていくと相手に取られるので、
ちょっとづつ吊り上げるか下げるて牽制するか、
点数を消費してブラフを張るか、考えどころは多い。





最後は点数のストックがわずかなところで
カードを引き取って終了。
ストック分しか加点されないため合計値が良いタイミングで引き取っても
点数伸びず。

面白い!! これはよくできてる。
いやらしい駆け引きが楽しめた!!!







■ソロモンの王国

久々に回しました。 ワーカープレイスメントの中では
かなりお気に入りの一品。
中量級のルール量で遊びやすく
テーマもなかなかイケてる。





建設重視で物資をつぎ込み着実に加点していく青、
大司教重視でその特権を上手く使い物資を溜め込む赤。

方針は真っ向に分かれた。

着実に青が建設を伸ばす一方
唯一青が立てた金産出場への橋を赤の大司教特権で
逆に利用される場面も。




青の建築で走ったとおもいきや、
最終的ターンで赤が神殿大改修を行い猛烈なブースト。

赤の逆転勝利。
猛烈な大司教プレイを見た!!









■ドラゴンイヤー17

続いて初ドラゴンイヤー。
不吉な辰年12ヶ月間をいかに乗り越えて得点していくか競うゲーム。
とにかくマゾい とにかく死ぬ とにかく苦しい








あまりに死ぬもんで途中から割り切って
全滅覚悟の特権プレイにシフトした青が超僅差で勝利。

これは生き残らすのはいろいろムリだろ・・・
と思ったが、後日、ルールミスが散見され、
そこまでインセインモードじゃなかったことが判明。
干ばつが宮殿の高さも関係するでプレイしてたので
そりゃ死ぬわー







夜は酢豚作りました。
行程を減らすため使ってる肉がチキンからあげなので
酢鳥です。 これがまた意外と美味い。
手間がかかりそうな中華だけど、酢豚の元使えば
実質、野菜を刻んでチンしたからあげと一緒にフライパンで
炒めるだけなので結構ラク。
味はなかなかのものでしたぞ!!







■マハラジャの遺産

翌日はマハラジャの遺産からスタート。
先日すごろくやで購入してきた一品だ。

ゲームはお金を取るか品物カードを買うかというシンプルなプレイ。
お金を取れば次の相手は品物を安く買えてしまうというジレンマ。
品物の品種によってお題カードが獲得できて更に点が伸びたり、
最終的に1色につき2つ以上品物がないと破棄になったりと、
シャハトらしい点数ルールが良い。





初戦は通常ルールで2人プレイ。

序盤はとりあえず手頃な品物を数揃えて行き、
ある程度お題のコレクションンカードの射程圏内に入ったら
選り好みしていくといった感じのプレイイング。

なかなかサクサクと進んで楽しい。
ヴァリアントもあるから2人で通常ルールはちょっと地味かもと
思ったけど、これはこれで結構良い感じ。





つづいて2人用ヴァリアントでプレイ。

こちらはコレクション入手時に追加効果がある。
中でも場のカードを引き払ってラウンド強制終了してしまう
効果がなかなかハデで、ゲームのスピード感が一気に増した。
だいたい通常ゲームの2/3ぐらいの尺になるので
序盤から年密な計画で加点していかないとアッサリ終わる。
こりゃああおもしれえ!!

マハラジャの遺産2人用ヴァリアントかなり良いです!!
お気に入りの小箱になるかも。







■ソロモンの王国

2日目2戦目は再度ソロモン。
今回は大司教の強さを思い知った青が
中盤から大司教を争う展開に。
終盤に大司教権を手放し、再度建設にシフト。
逆に大司教争いにリソースを割き過ぎた赤が僅差で敗北。
なんと今回は大神殿完成エンドだ。

なかなかこのゲーム奥が深い。
フォーチュンカードが今回猛威を振るわなかったが、
事と次第によってはカード運も絡んでくる。
建設・神殿司教・カードの三要素の絡み合いが熱い傑作だ。
また機会があればプレイしたい。






■ドラゴンイヤー17

ドラゴン2回目。 この時はまだルールの間違いに
気づかなかったのでドマゾモードでの戦い。





再び特権買い込みに走る青。
ある程度まで点数を伸ばし、最終ラウンドまではわずかにリードしていた・・・





赤は踊り子を囲い込みながら、
最終ラウンドで僧侶を雇い、まさかの最終決算大逆転。

最後の僧侶点が結構デカイ!!
なかなか奥深いゲームだった。
これはまた正確なルールで遊びたい。 めちゃくちや苦しくて面白い!!苦しい!!







■煙血鋼撃 拡張テスト

新兵科・遊撃兵と光学装兵、新機体・対人2足型
を使用した対戦。
互いに兵士殲滅を想定した編成。

一進一退の中、対人車両の近接2体攻撃がキマったり、
工兵の待ち伏せ攻撃がキマったりと旧兵科の活躍もめざましく、
決定打は光学兵の全域攻撃と対人2足型の中遠広範囲攻撃。
なかなか良いデータ取れた。

来年出すかも




最後はミスドでモーニングして解散。
ハロウィンでクロミとコラボ中!!
なんかオーダーメイドのハロロウィンドーナッツが作れる
キャンペーン実施中とのことです。 ミスドもあのテこのテでようやりまんなっ!





[PR]
by souka_t | 2017-09-30 08:39 | ボードゲーム | Comments(0)
2017 月曜更新第39回

3日ほど家を空けるので、1日早い月曜更新です。


ショーナンロケッティアズ・ゲームマーケット2017秋新作
ウサギの火星劇団 と その設定資料集 ウサギの本5
の予約スタートしましたー。
予約サイトはこちら
遠方でゲムマに来れない方は事前通販もひっそりやりますんで、
件名に「事前通販希望」と書いて送ってください~。



先週はもう 俺屍どっぷりモードクリア これに尽きる。
今年分のデジゲー養分を摂取したってぐらいたっぷりやった。
遊ぶとチャージされるのが創作意欲で、
いやはやそろそろデジタルの方の同人ゲーム制作に本腰入れたい。
PCもようやくXPを脱却できそうなので、今年中がようやく始め時かなって
具合で、やっぱりやるならSRPGスタジオでSRPGかな。
おスシ先生のゲームの話をきいてるとRPGもいいなとは思うけど、
ヘタに手を出すと一番エターナりそう。




ドラゴンイヤーのサマリー作りました!!



まだプレイしてないので実際の使い心地はわからんです。
なのでとりあえず公開です。
自分用は裏面に拡張込みの進行サマリーがありますが
こちらはマニュアルの内容に大きく触れてしまうので未公開。


(9/27修正)


というわけで、今日から出先でばりばりドラゴンイヤーやってくるぜ!!
ところで最近フェルトづいてきて ヨーヴィック も気になってるんですが
あれもおもしろいんですかね?







[PR]
by souka_t | 2017-09-24 08:47 | ボードゲーム | Comments(2)
ぷうびっつ宅会

久々にぷうびっつ夫妻のお宅にお邪魔しました。

しばらく見ぬ間にお子さんもだいぶ大きくなり、
その成長具合を拝見しながらの
乙なゲーム会となりましたッ。




■村の人生

まずはでかいゲームからのスタート。
ラウンド毎に回数制限があるアクションを先取りする
半分ワーカープレイスなゲーム。
点数源が多義に渡り、その中でもワーカーが寿命で
名鑑に載っていくことで得点する部分が特徴的。

はじめ聞いたときは何から手を付けたものかと思ったけど、
1ラウンド目が終わる頃にはばっちり見通しが立ち、
かなり濃厚なアクションの取り合いが楽しめました。
アクション選択時に物資1つ取るというワンクッション置くだけで
ここまで悩ましくなるとは、これはなかなかシビレルユーロ。


得点トラックを指差し、大好きな数字を発見するお子の雄姿!!
果ては数学者か、はたまたマーケティングコンサルトか!!





午前中いっぱい村の人生だったので小休止。
北極ラーメン中本のカップメン。
本場中本に比べるとだいぶマイルドながらほどほどに辛美味い。





■自作ロスレガ

それからグラム氏自作のロスレガをさくっと遊ぶ。
写真後者のウサギのロストレガシーは既に印刷所に入稿済み
みたいなのでもーすぐ公開かも? 
なんか予約取らないとか不穏なこと言ってたので
ゲムマ当日分のみになるっぽ。
取り扱いはイリクンデぷうびっつスペースなので要注意。



嬉々としてアイパッドを自在に使いこなすお子!!
お気に入りの曲を絶妙なインジゲーター操作で華麗にローテ。
生まれながらにしてアップル信者かっ!!

そういえばウインドウズ信者ってもう死語なムードっすよねっっっ。





■ぷうびっつ試作ゲーム

前者は視線の要素を取り入れたインディアンポーカー調のゲーム。
後者は紙をちぎってゾーンに当てはめるお絵かき+ちぎりゲーム。
いずれも数字的な呪縛から解かれた感覚を利用した内容が
印象的で、なるほど、子の親になるってのはこういうことか と
勝手に納得してしまった。このセンスは凄い。
ゲムマに間に合うか!?








■ドワーフのネックレス

手札2枚のうち1枚を使用して宝石を取ったり
ネックレスに宝石をはめたりするゲーム。
ついついコンポーネント構成に目が行ってしまう。
ビーズや器具を取り揃えつつ、ゲームデザインで
カード枚数をここまでに抑える。見事だわー。
カード1枚にいくつかの効果をブッこんでるけど、
1つ1つが簡素で拗れてないので見やすい。
ナインガチだわー。



そして、アンパンマンパズルを華麗に組立てるお子!!
だいたい1~2才でトーマス派かアンパンマン派に分かれるけど
アンパンマンはほぼほぼ鉄板。
丸みか?丸みなのかっ??






■飛行船の時代

びっくりするほどスピーディーな飛行船構築ゲーム。
そのスピーディーな理由は他者が置いたパーツの部位と
同じ部位のパーツを全員出さなくてはいけないマストルール
なんだけど、いや早い いやはや早い 飛行船は一日にして成る。
まじで3~4巡ぐらいで1ラウンド終わることがある。







■フリートコマンダー

グラム帝国軍はカワサキ星系へと侵攻し
そこで共和国の艦隊と遭遇。
果たして戦いの行方はいかに
2戦やった内容はフリコマ特集で掲載予定。



おさんぽより帰還したお子は数字を求める。
あの本を取り この本を取り その本を取り
中からひたすら数字を探す!!
そして気づいてしまった、ページ数という
ページの数だけある数字に!!!
興奮が止まらないっ




■ひらがなトランプ

場札と手札を組み合わせて言葉を作るゲーム。
なんとなく意味がある語が並べばそれでOKという感じに
それぞれ天衣無縫に言葉を紡ぐため
なにやら昭和大正の怪盗じみた脅迫状になる。
江戸川乱歩臭がする。





■ナンジャモンジャ

名前をつけるゲーム。
名前をつけるといえばディクシットもだけど、
こっちはもっともっとカジュアル。パッと名づけてサクサク進むカンジ。
なんとなく画と微妙にかけ離れた唐突なネーミングが笑いを誘う気がする。
すごろくやとかドンキで推してるだけあってか、
すっげ分かりやすいゲームで、個人のセンスが如実に現れるのが楽しい。






誕生日直前だったのでケーキいただいちゃいましたー!!
めちゃうま!! まじありがとうございますっ!!!







■そっとおやすみ

出ました、帽子を揃えるゲームというタテマエがありつつ、
その本質は早抜けアクションゲーム。そっとおやすみ!!
今回3人でプレイしたので、ちょっと錬度が上がると
容易に全域を見渡せるため判定が難しい僅差閉じが連発。
5人ぐらいが適正かもしれない。





■ダンジョンオブマンダムエイト

最後はマンダム。鉄板のチキンレースゲー。
今回は一度もダンジョン制覇ならずでしたー。



ここで解散。
最後はお子にバイバイと手を振ったらギャン泣きされました。
そんなにこのお兄さんとお別れがさみしいなら
いつでもまた来るぜ!!

そんなこんなで久々の宅会でごさいましたー。






[PR]
by souka_t | 2017-09-13 02:02 | ボードゲーム | Comments(0)
【ボードゲーム】フリートコマンダー その2


フリートコマンダー 第二回は
シナリオ:小惑星帯の攻防

4つの特殊スペース・アステロイドがうごめく中、
行われる艦隊戦である。

追加ルールはお互いターン開始時に
ダイスロールにより任意のアステロイドを動かす。
これにより、常に変化し続ける地形の中で
よりアグレッシブな戦闘が展開される。



フェーベ軍(手前)
戦艦x1 巡洋艦x2 駆逐艦x1

火力・防御力に偏った小部隊編成。
小細工無用の力押しの方針


アミクリィ軍(奥側)
戦艦x1 駆逐艦x2 小型艦x4

駆逐艦に寄ったやや火力重視なバランス編成。
固まって相手の出方に対応して動く構え。






序盤~中盤

フェーベ軍戦艦を前面に押し出し一気に火力を集中し短期決戦のムーブ。
その決断が功を奏したか、アミクリィ軍の主力たる駆逐艦2艦撃沈。

耐え難い打撃を受けたアミクリ軍は、
起死回生の戦艦で決戦に挑む。





終盤

アミクリィ軍の戦艦獅子奮迅、砲門が唸る。
攻撃の後アステロイドに隠れるという地形を活かした戦法に出て
フェーベ軍の戦艦と巡洋艦に大打撃を与えるも撃沈に至らず。

フェーベ軍は戦艦決戦の決断に迫られるも、
ここで敵の小型艦一掃にシフト。

ダイス目が奮い駆逐艦4艦を次々と撃沈し
フェーベ軍勝利。




結果

フェーベ軍スコア 8
アミクリィ軍スコア 0


フェーベ軍の完全勝利。
アステロイドはぶつけ合うより防御手段として利用する方が有用。
特殊目による地形ダメージはさほど期待できないようだ。
勝因はおもいきった戦艦運用に尽きる。
良い形で戦艦が前面に出た時の戦果は非常に大きい。
もちろん逆に包囲される恐れもあったが、
アステロイドの動きが微妙に作用しアミクリィの駆逐艦の機動力を
殺したという効果もあった。

アステロイド戦、実に面白かったです。






[PR]
by souka_t | 2017-09-05 05:31 | ボードゲーム | Comments(0)
【ボードゲーム】フリートコマンダー その1

最近お気に入りのボドゲ、フリートコマンダーです。

なかなかまともな対人戦の機会が得られないので、
ソロ回しでシナリオ演習を決行です。


シナリオ1「正面対決」

最初はマニュアルの例でも使われている12ポイントマッチ。
拡張の特殊スペースや特殊兵装込みでプレイです。




フェーベ軍(手前)
巡洋艦x2 駆逐艦x2 小型艦x2

あえて戦艦を編成に入れず、
艦隊の平均的な質を上げて挑む。
別働隊を置き二方面から攻める構え。


アミクリィ軍(奥側)
戦艦x1 巡洋艦x1 駆逐艦x1 小型艦x3

基本的な艦を揃えたバランス編成。
固まって相手の出方に対応して動く構え。


特殊地形は中央にブラックホール、
その隣接したところにアステロイドとコロニー。



序盤戦、
ブラックホールを中心に右回りに戦線が動く。
数ターン砲火を交えた結果、
フェーベ軍 駆逐艦1撃沈
アミクリィ軍 巡洋艦1撃沈

フェーベ側優勢に展開したものの、
アミクリィ軍の戦艦の砲が荒ぶり、右側戦線を維持していた
フェーベ側のもう一艘の駆逐艦が中破状態。

左回りで挟撃を試みるフェーベ軍・巡洋艦が戦線到着するも、
アミクリィ軍の小型艦戦隊押さえにかかる。


そしてブラックホールに光が溜まり、あと1つで活性化する状態に。
両軍ともブラックホール周辺に艦隊を展開しているため、
スリリングな展開に。



後半戦、
アミクリィ軍の戦艦はフェーベ軍の駆逐艦を撃沈。
返す刀で反転して左側宙域のフェーベ軍別働隊・巡洋艦を攻撃開始。
右回りに展開していた戦場は一転して左側に集中。

ブラックホールもいつ活性化するか分からず、
両軍警戒しなくてはならない状況ながら、
アミクリィ軍は恐れずブラックホール周辺に小型艦戦隊を
進め執拗な艦隊戦を仕掛ける。

ブラックホールが活性化すればフェーベ軍の勝ち、
活性化しなければアミクリィ軍が巡洋艦を仕留めてポイント勝利
というサドンデスな状況になる。

これを制したのがアミクリィ軍であった。
見事ブラックホールの脅威に打ち勝ち、巡洋艦撃破。




結果

フェーベ軍スコア 5
アミクリィ軍スコア 8



ブラックホール中央配置は
かなりエキサイティングで、
戦場自体もブラックホールを軸に考えてしまうほど。
インパクトのある特殊地形でした。
アミクリィ軍の勝因は戦艦の運用で、
戦線の軸にもってきて火力を集中し、
戦果を上げたのちに逆側戦線をすばやく構築した
戦艦機動の妙と言えます。 見事な采配でした。

シナリオ2につづく




[PR]
by souka_t | 2017-09-01 21:43 | ボードゲーム | Comments(0)
グラム氏による第28回埼玉ゲーム会一言感想

グラム氏による第28回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想です。





■ウサギのロストレガシー:聖杯探索
拙作の最終テスト。マニュアルが理解できるか、チェックしてもらいました。







■マルポ航路
ワンドローさん、東京ボードゲームコレクションの新作。航路カードを配置し、自分側の大陸から遠い島に繋げるほど高得点。航路の俯瞰図ができ良いです。






■みかんdeキャッと!
堀場工房さんの2017春作品、東京ボードゲームコレクションで入手。みかんを積み上げるアクションゲーム。手作りコンポーネントのゆるさの反面、積み上げる難度は高め。







■サクラハント
JUGAME STUDIOさん、東京ボードゲームコレクションの新作。桜の名所4箇所で、満開を狙って花見。「チップを置いた場所にカードを置けない」記述がないですがそういうルールで遊びました。








■LastSevenDays
ManifestDestinyさん、2015秋のループアドベンチャーソリティア。以前から気になっていたという事で、ルールを解説しながら試しプレイ。続編NextSevenDaysも紹介しました。







■SAINO-MEN
TRYGOODさんの2015秋作品。4人のヒーローがサイ1つで侵略者から街を守る。侵略者は全滅させたものの、余波で街に少し被害。







■Alicematic探偵世界
ManifestDestinyさん、2013春のソリティア。驚異の引き運でスピード解決、今回の犯人は歌姫アリス。







■ロストレガシー:最終決戦
ワンドローさん2014秋のロストレガシーレジェンドから、2人対戦のカードセット。旧作のレガシー総登場で豪華。壮絶な打ち合いの末、本人不在にも関わらずカナイさんの勝ち(探索失敗すると「両者敗北でカナイセイジの勝ち」とマニュアルに書いてある)。




■ロストレガシー:星を渡る船
最後のロストレガシーからの流れで、一番最初のロストレガシー。2013春。「襲撃」を「待ち伏せ」され、見本のような敗北。





■ロストレガシー:空中庭園
最初のロストレガシー、もう1セットの方。「呪い」の的中勝ち。






■ロストレガシー:けものばけもの
ロストレガシーライセンス祭2017で配布された、中村誠さんの協力ロストレガシー。サーバル、ライオン、トキの活躍でばけものを3体とも封じ込めてクリア。





■ロストレガシー:不思議な箱
ゲームマーケット2014秋で配布されたロストレガシー。ダンジョン奥の箱を取ってくるソリティア。早々に地雷の罠で探索失敗。





プレイ評/グラム



[PR]
by souka_t | 2017-08-20 05:39 | ボードゲーム | Comments(2)