カテゴリ:ボードゲーム( 327 )
グラム氏によるぶうねん会のゲーム一言感想
ふうかさん主催のボードゲームブロガーの忘年会、通称ぶうねん会に参加してきました。


■ヤバラックス
けがわさんの2017秋新作。高難度四目並べ。仕込みに集中してうっかり即死。


■真言カルタ
さくらっこ商会さんの2017秋新作。真言を読み上げて仏像を取るカルタ。観戦しましたが予想通りの高難度。なんとか馬頭観音と迦楼羅を取れたところで終了してました。


■あつトリっ!!
月の会&タルトゲームズさんの2017秋新作。メイフォローのトリックテイキングで、熱と盛が揃うとトリック中に得点化される場合がある。トリックテイキング自体苦手なので難しい。


■ぽんこつファクトリー
一年中未来さんの2017秋新作。大怪獣コトバモドスのアルファベット版、バラバラになった4文字の英単語3つを復元。そもそも出題の段階で英単語が出て来ず。


■ストリームス
すごろくやさんの2011年作品。ランダムに公開される数字をなるべく昇順に並べる。ぶうねん会恒例だそうで、軽く食事しながら全員でプレイ。結果は4位入賞、景品はズーロレット拡張。


■キャプテン・リノ
HABA社の2010年作品。片隅で行われていた名勝負を観戦。参加者がほぼブロガーなので、最後の壁を置こうとしているシャッターチャンスを全員で狙ってました。


■8ビットモックアップ
さとーふぁみりあさんの2017春作品、ゲームマーケット大賞。与えられた同条件で、各自より高得点のマップを目指す。運要素が高く、プレイ感はストリームスに近いかも。


■ウサギの権謀術数
ショーナンロケッティアズのマル秘メニュー。超短時間に鋭く凝縮されたあやつり人形。ドラフトに慣れが必要なよう。各役職の効果一覧が欲しいという意見が出ました。


■ウサギのロストレガシー:聖杯探索
2017秋の拙作。ふうかさんがリクエストしてプレイ、ライセンス作品の中でも簡単で遊びやすいという評。

その後、”ボードゲームを開封・紹介するウサギ”あっきぃらびっとさんに声掛けさせてもらって、”ボードゲームを製作するウサギ”ショーナンさんの火星劇団を紹介。
聖杯探索を1シナリオ遊んでもらい、名刺もいただきました。



本文/グラム



[PR]
by souka_t | 2017-12-17 09:18 | ボードゲーム | Comments(0)
ウォーハンマーストアでペイント体験してきました。

ゲムマの翌日ににウォーハンマーストアに行ってきました。

都内に数店舗展開してる中の1つ、高田馬場店です。
駅のビックボックス口から出て徒歩数分のところにあります。

グーグルマップだと野菊ビルの一角に見えるので
テナントの1つに入ってるのかな~と思いきや、
そのちょっと先に店舗がありました。




記念撮影

この日はちょうど外に展示しているジオラマの入れ替えを行っていたため、
写真では無いですが、通常は超かっちょいいウォーハンマーの展示ケースが
外に置かれています。






店内にはシェイドスパイアの塗装済みミニチュアが!!

基本ゲームワークショップ製品の販売店なのですが、
店内には大き目の作業机がありこういったミニチュアが置かれていたり、
ゲームの体験ができたりします。

ボードゲーム屋のプレイスペースのようなものとも言えますが、
もっと柔軟というか、なんかこう面白い空間です。





この日はペイント体験ということで、奥の作業机を使わせていただきました。
シタデルカラーが机狭しと並んでます。




筆を洗う水入れとして使ってたマグカップもシタデル製!!
他にも塗装用水入れなどもシタデル製品であるそうです。






シタデルベースカラーで濃い赤を下地に塗り、
各所にシタデルレイヤーカラーで明るい赤を塗り、
上からシタデルシェイドをかけ、
装飾や小物など細部を塗り込み、
またシェイドをかけ、
エッジに明るめのレイヤーカラーを塗って
こんな感じになりました。

いやはや、乾くの速いから何色塗るか決まれば作業がすぐ進む。
こりゃ塗装が楽しい。
今回のようなしっかりした手順のレクチャーを受ければ、
ほぼほぼ流れ作業、何色に塗るか考えるだけで、
手先の技術はそこまでなくても見映えする物ができる。
塗装経験ゼロでも、ここからはじめても良いってぐらいだ。




こちらは隣で初塗りに挑戦してたあらかた先生の作品。

雪山の行軍 に見えますよね?
本人はドライブラシ入れ過ぎたと思ったのか
上から塗りなおしてたけど、初めてでも
これだけ雰囲気があるものができちゃうんだよ。シタデルすごくない?



一端色を落とさず塗り直したのが上の写真。
何事も無かったかのようにできあがってる。
シタデルすごくない?



そんなこんなで4時間ぐらいペイント体験してきました。
最近日本市場へ物凄く売り込んでるウォーハンマーですが、
このペイント体験はその入り口として最適だと思います。
現在は無料体験となってますが、もしかすると宣伝に力を入れてる
今だけかもしれないので、近くにウォーハンマーストアがある人は
絶対に1度行ってみることをオススメします!!!

一人で行くのはちょっと心細い、
ミニチュアがいっぱいあるしあたしもロウ人形にされちゃうかも
って人は、絵心があるお友達や彼氏彼女を誘って
いっしょにペイント体験を受けるのもいいかも。半日楽しめます。

ボードゲーマーは、このペイント体験を受けて、
面白かったらその場でシェイドスパイアを購入してみてほしいですね。
拡張セットなどがいかにコスパの高いセットかが分かります!!





[PR]
by souka_t | 2017-12-13 17:22 | ボードゲーム | Comments(0)
アイアンスカルの野郎ども 塗装1

シェイドスパイア・エキスパンション アイアンスカルの野郎ども
の塗装を開始しました!!

この躍動感溢れる造形。たまらんです。
攻撃的なウォーバンドということで、ゲームで使用するのも楽しみ。



塗装はまずはこいつ、ハッカ。
左手に斧 右手にサーベル、見るからに戦闘狂。
鉄人28号みたいなアゴがウイークポイントかな。





ベース・レイヤー・シェイド・エッジを施して
ここまで塗った。
あとはベースをどう塗るか・・・

週末に仕上げたいところです。

つづく



[PR]
by souka_t | 2017-12-09 09:15 | ボードゲーム | Comments(0)
ゲームマーケット2017秋レポート

ゲームマーケット2017秋に出展してしてきました。
早朝、路線に影響が出る人身事故が起きたため、
京浜東北線が牛歩運行になってかなり焦りましたが、
サークル入場時間には余裕で間に合いました。
なにごとも予定を前倒しして行動すると後悔は無いですネ。





早速ブースセッティング。
今回も立体ポップや大階段を新方先生が作ってくれました!!
今回は1作品のみなのでだいぶ凝ったディスプレイになりました。

かなり人がカメラで撮影していたので、
SNSや個人サイト各所でも載ってるかも。

それから開場して、
じわ売れして2時頃完売。
ブースG周辺は客足が絶えることはなかったが、
大きな波は一度も来なかった印象。だいぶ苦戦してたと思う。
以前は午前に売れなかったらゼツボー的だったのが
午後からでも結構売れたのが印象的。
朝一で来る気合の入ったギーグと逆の、
午後からふらりと来るカジュアル購買層が結構いた感じ。

とりあえず完売したものの、
新旧5作品も予約して取りにこれなかった方が1人いました。
一週間ほど待ちますので一報下さいませ。
連絡がない場合はしかるべき所にメアドを提出ということでひとつ。



そしてミニチュア系の展示を見学


フロストグレイブ






ウォーハンマー


1/1 黒スペースマリーンもいました。
随伴していた金髪のオネーさんが流暢な日本語で話してたのが印象的。



ゲームワークスのシタデルペイント体験もしてきました。


2~30分ほど談笑しながらペイントしました。
これは大変楽しい。
誘ってかなり面倒くさがっていたあ~るさんが
ペイント体験開始数分で、ここ十数年見たこと無い笑顔です。
ビリヤードスティックの次はシタデルセットで散在確定でしょう。


そして、帰りは完売祝勝会。
FSSでお馴染み
ピエール・エルメのイスパハンを伊勢丹で買って帰りました。



んまい!! 文で説明できない甘酸っぱさ。
濃厚かつ繊細。食ったことが無い味だ!!



そんなこんなでゲムマお疲れ様でした。
戦利品とか細かいエピソードなどは次の月曜更新や今月のFSSのコーナーで。





[PR]
by souka_t | 2017-12-07 14:01 | ボードゲーム | Comments(0)
シェイドスパイア 塗装
シェイドスパイアのミニチュア塗装完了。
はじめての塗装ですけど、
だいぶ楽しめました。 これはちょっと新しい趣味の扉を開いた感じ。



スティールハートの勇士たち。
シタデルでやってる皆さんと比べると恥ずかしくなっちゃうような
出来ですけど、自分では満足。
ベースカラーに黒を塗り、その上から銀・黄・金と
塗り重ねたので、面白い感じのゴールド表現になってます。
写真で見るのと実物とだいぶ違う!!
というか太陽光と照明じゃ塗料の見え方が全然違いますね。
(写真は太陽光)

台座は隊長だけ溶岩、隊員は草原。
それにしても台座のモデルめちゃくちやかっこいいな。



ガレクの略奪団。
ストームキャストより先に塗ったから、
こっちのブラッドリーヴァー達の方が思い入れがあるかも。
みなさんエネルギッシュな肉体美を強調されているので、
自分は薄気味悪さや不気味さを強調。
すみれ色をベースにあれやそれしてこうなった。

台座のガイコツも一応塗り分けてるが、もう一工夫欲しかったかな。


基本セットは塗り終わった。
これで同じウォーバンド対戦でも見分けが付く。

あーはやく 拡張のオルクとスケルトン塗りたーい。
店舗予約したのはやくこないかなー。




[PR]
by souka_t | 2017-11-27 17:33 | ボードゲーム | Comments(0)
グラム氏による自宅で遊んだゲームの一言感想

グラム氏による自宅で遊んだゲームの一言感想です。



■禁断の砂漠
2013年の協力ゲーム。禁断の砂漠で伝説の飛行船を探す。今回は気象学者と探検家で、砂嵐を抑えて危なげなくクリア。




■文絵のために
カナイセイジさんの新作、2017春のベータ版。2017秋の製品版を入手する前にプレイ。何度かの挑戦の後、なんとか死の運命を回避。




■時代劇3600秒
近未来時代劇を作る、伝説の同人ゲーム。「金さん先生捕物帳」「来航 仮面ライダーにゃんまげ」「エレキ桃太郎八百八円月殺法」「大黄門の軍団」「暴れん坊」の5番組。
早々に魔界転生の天草四郎が出現、ペリーの艦砲射撃も効かず風車の弥七や柳生十兵衛も倒され、沖田総司が病に倒れたり、中村主水が切腹したりと今回も珍事連発。
順調に事件を解決し反響もよかった「エレキ桃太郎~」が42%の高視聴率。





■キャプテン・リノ
HABAの積み上げドイツゲーム。初級と上級で1回ずつプレイ、どちらもあまり積み上がらず。





■超高校級の人狼
ダンガンロンパをモチーフにした人狼。最低人数だったのでワンナイト勝負に。占い師の江ノ島さんがジャスティスロボに守られていて、不二咲のクロ発覚。




■∞怪談+万怪談
おいしいたにしさんの怪談作成ゲーム、今回のお題は「幽霊を見た話」。
霊感のある隣のTさんがその時ばかりは見えなかった話や、手足のない霊が木に吸い込まれて消えた話、うっかり返事をしてしまってどこへ行くにも人形が見える話、などが完成。




■マジカルアスリート
グランペールさんの、特殊能力すごろく。サイレンと同じレースに出たキューピッドが独走したり、悪魔・死霊使い・商人で全体的に失速したり。




■キングオブトーキョー
IELLO社の、怪獣がトーキョーの支配を目指すゲーム。5人戦なのでトーキョー湾も使用。街喰らいと毒吐きを習得したコングが、5ダメージのレッドスターミサイルから流れをつかんで勝利。




プレイ評/グラム




[PR]
by souka_t | 2017-11-27 15:02 | ボードゲーム | Comments(0)
シェイドスパイア

今話題のミニチュアゲーム・シェイドスパイアで遊んでみました!

シェイドスパイアとは、
ウォーハンマーという最大手ミニチュアゲームシリーズの1つ。
本来ゲームをするためにいろいろと用意しなくていけない
ミニチュアゲームであるが、
1パッケージで対戦可能で広いフィールドも不要で、
ボード上で遊ぶ設計となっている。
そして、カードプレイを主としたゲームシステムが特徴的。

言うなれば、ミニチュアゲームでありながらも、
そのシステムはユーロ系のボードゲームのようであり、
カードプレイに用いるデッキの構築はTCGの如く、
それでいて、ダイスロールの醍醐味も充分の造り。

すなわち、
ミニチュアゲーム・ボードゲーム・TCG
の良いところ取りという1パッケージだ。





これがミニチュア。かなり精巧にできている。
重装甲のストームキャスト3体、
暴徒のブラッドリーヴァー5体 付属されている。

このいずれかの1チームと1デッキをセットにして
対戦ゲームが展開される。

また、拡張は1チーム分(4~7体)のミニチュアと
1デッキ分60枚のカードが付属する。




これがダイス。
全面専用アイコンが描かれていて、数字要素は無い。
これらは攻撃成功判定に使用する。

戦闘の処理はこのダイスロールで一括処理するが、
ゲームに勝利するためには戦闘だけ行い戦闘だけに勝てば
良いというものではなく、あくまで戦闘は1つの手段でしかない。
それがシェイドスパイアの面白い点の1つでもある。





ゲームではこのように
ボードとボードを繋げて、フィールドを形成する。

1ボードが自分の陣地で、
お互いの陣地に目標物と呼ばれるタイルが配置されている。
これらは勝利点を得るためにミニチュアを動かし
確保する要素でもある。
シェイドスパイアではさまざまな得点源があるが、
カードで指示された目標物を確保し点数化するというのが
わりとありがちな得点法である。

目標カードで様々なアクションを指示される
部分が非常にボードゲームっぽい。
ボードゲーマーならばグッとくる部分である。





ゲーム自体は1アクション交代でターンを進め、
4アクションづつ行ったら1フェイズ終了し、少決算が行われる。
これを3フェイズ分、合計12アクションづつプレイしたら終わる。
おおよそ30分で終わるこの収束性もボードゲームっぽい。
大変小ざっぱりしたルールながら、
その合間に繰り広げられるカードプレイ戦は非常にアツイ。




基本デッキで数回プレイしてみたが、
これはすこぶるよくできてる。 
というか、ほぼほぼボードゲームといっても良いほどのプレイ感。
基本デッキの他にも構築用の追加カードが付属されているので、
このパッケージだけでもだいぶ遊べる。
どちらのチームでも使える共通カードをドラフトして
即興構築で遊んでも面白いかもしれない。



そして、ミニチュア塗装もやってみた。
元のモデルが凄まじい精巧さなので、塗らなくても全く問題無いぐらい
かっこいいのだが、簡易的に塗装してもだいぶ映える。
ミニチュアモデルの出来が異常に良いのもシェイドスパイアの特徴
かもしれない。


基本セットだけで物凄く満足だが、
満足したがゆえに、更なる可能性を多く感じる。
たぶん、これを買って遊んだほとんどの人は拡張の
新チームセットに手を出すんじゃないかな。
2パッケージ分のボードがあれば最大4人で遊べるというのも
ポイントで、絶対に陣営が多い方が盛り上がる。

今年一番のアナログゲームはおそらくこれになりそう。
イチオシです。 持ってる方いましたら遊びましょう!!



[PR]
by souka_t | 2017-11-24 19:06 | ボードゲーム | Comments(0)
グラム氏による植民地戦争+αゲーム会で遊んだゲームの一言感想
グラム氏による植民地戦争+αゲーム会で遊んだゲームの一言感想です。



■ウサギのロストレガシー:聖杯探索
ゲームマーケット2017秋の拙作。ロストレガシーライセンスを使用した2人用協力ゲーム。試しにシナリオ1つ2つ分だけ遊んでもらいました。




■ロストゲムマ
まどりやさん、2015秋のロストレガシーライセンス作品。遺跡を5×5に配置して遺産を探索。2017秋には「ロストゲムマダブル」としてリニューアルされるとか。




■ぶくぶく
2001年のドイツゲーム。日本語版。2位になると大きなデメリットのあるトリックテイキング。初心者でも結構どうにかなるようです。




■クラウド9
1999年のドイツゲーム。ダイスの出目に合致するカードを手番プレイヤーが持っているかどうかで、気球に乗り続けるか決めるチキンレース。気球のカゴ型のコンポーネント良し。




■漢字博士No2
奥野かるた店さんの漢字あわせ。めくったカードで漢字が成立したら獲得、2×2に配置できたら勝ちというハウスルールで。それでも引きが悪いと結構長引きます。




■ジャンドウィッチ
しのうじょうさんの2017春作品。パンと具材で3枚役2組を作る麻雀風ゲーム。今回は引きが偏り、1巡する前に決着するラウンドばかり。




■マルポ航路
ワンドローさんの今夏の新作。航路を配置し、遠い島ほど高得点。先攻後攻のバランスを手札枚数で調整しているのが珍しい。




■時代劇3600秒
King's Courtさんの、伝説の同人ゲーム。豪華ゲスト演じる悪の回船問屋が、登場人物を2人退場させる大活躍。
クライマックスでは暴れん坊将軍を呪殺した平将門を遠山の金さんが撃破するも、背景に電柱が見えていた。



■貨モッツァ
新ボードゲーム党さんの、2012秋作品。各自選んだ港に荷物を送り、合計が船の積載量以下なら出荷成功。他人の荷物で見えるのは個数だけで、駆け引きが難しい。





■樹ブロック
植民地戦争+αさんの積み上げアクション。崩したら負け、3対3のチーム戦でプレイ。
また、別卓では「ヌビア~ナイルの古代王国~」「8bitモックアップ」「横濱紳商伝」などが遊ばれていました。


プレイ評/グラム






[PR]
by souka_t | 2017-11-20 08:18 | ボードゲーム | Comments(0)
【ボードゲーム】フリートコマンダー その4
フリートコマンダー 第四回は
シナリオ:捕縛司令

フェーベ側が戦力の低い状態で四方を囲まれ、
さらに外交船を逃がさなくてはならない
過酷な任務。



フェーベ側中央配置で8ポイント編成。
アミクリィ側は12ポイントで外周に配置。
外航船はマップ中央にあり、
これをマップの四隅まで運べばフェーベの勝ち。
それを阻めばアミクリィの勝ち。
4戦力の差でかつ包囲状態という一見フェーベ側が大分不利な
状況からスタートとなる。


フェーベ軍(中央)

駆逐艦x2 小型艦x2

ポイント8で出来るだけ多くの艦を揃える構え


アミクリィ軍(四方)

戦艦x1 駆逐艦x2 小型艦x4

四方にバランス良く配置編成。





やはりフェーベ側は一点突破の一択。
比較的戦力が弱い右上隅を狙って進軍。
アミクリィ主力の戦艦が到着する前に決着を付けられるか?




アミクリィの戦艦が迫ってきたものの、
時既に遅し。 端の2艦を一気に包囲殲滅し、見事外交船をエスコート。


結果

任務達成でフェーベ軍の勝利。


居合い斬りのようなシナリオです。
3ターンぐらいで終わっちゃいました。
これまた一見包囲されてる側が不利に見えますが、
包囲する側はいずれかの脱出ポイントの戦力を弱めると
集中的に叩かれるので、分散して迎え撃たざるを得ない。
そしてヘタに動けない。これはむしろ包囲する側が難しい。
短期決戦ながら編成配置が物凄く悩ましい一戦でした。




[PR]
by souka_t | 2017-11-09 18:20 | ボードゲーム | Comments(0)
グラム氏による第30回埼玉ゲーム会の一言感想。
グラム氏による第30回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想です。



■ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン
話題のミニスーファミ。マリオRPG、ゴエモン、超魔界村、マリオカート、ストⅡなどをプレイ。シショーくんは初見。






■神倭のくに
植民地戦争+αさん、オータムフェスタの新作。日本神話の国造りワーカープレイスメント。101対99対97の僅差。






■TABLE HANABI~卓上のスターマイン~
39芸夢さん、2017春の新作。空中で棒を通す、高難度バランスゲーム。難しくてリタイア。





■キングオブトーキョー
怪獣バトルロイヤルゲーム。装甲+鎧+毒トゲのキャプテンフィッシュが完全破壊勝利。対戦相手は、子供と仲のいい双頭クラーケン、双頭でテレパス使いのシェリフ。





■禁断の砂漠
砂漠で伝説の飛行船を探す協力ゲーム。登山家が探検家を引き連れて砂山を登り、探検家の8方向デューンブラスターで一気に砂を除去するコンボが強力。無事にクリア。





■ウサギのロストレガシー:聖杯探索
今回ラジオ収録も行った、2017秋予定の新作。1プレイして黄色ウサギのシナリオを達成。
アートワークで参加・ショーナン



プレイ評/グラム





[PR]
by souka_t | 2017-10-30 06:37 | ボードゲーム | Comments(0)