「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:同人ゲーム制作( 335 )
【同人製作】ウサギの政略結婚 製作ノート3 アートワーク編


製作ノート、ラストはアートワーク編。

ウサギのテーマを乗せるからには、いつもどおりドット絵全開です。
今回はもう一段階キャラクター性を強めようと思い、
パッケージ絵と複数枚のカードにいろんなコスチュームを着た王子
と姫君が使われています。



上の画像のように、中世規格に沿ったコスチュームをたくさん用意し
ゲームのそこかしこに使われています。
この他にもマスカレイドスタイルやゲームで使われなかったイスラムスタイル
などもあります。 そのあたりはピクシブなどでも小出ししたりしてます。

王子と姫君以外のキャラクターも中性スタイルになっています。
ウサギの黄金時代の次の次の時代ということで、
現実の16~7世紀あたりがモデルとなっています。





続いて背景。
今回もっとも注力したのが背景。
過半数の背景がこのような風景絵画風となっています。
これらは従来のゲーム的な背景ドットの手法ではなく、
一枚絵を打つ手法で作成し、大変手間隙をかけています。
西欧的な背景から豪華な装飾の宮殿内など大変美しく仕上がりました。





カードに仕上げるとこのようになります。
円形で背景を切ってフレームを付け、
その手前にドットキャラを配てしてます。
かなり攻めた構図にしたため、実物のカードを
手に取った時の印象は今までよりもインパクトがあるものに
なっています。

以下、カードの各装飾部の解説

効果欄の背景にあしらわれたエンブレム。
これらはウサギシリーズの設定で定められた
王子の国の家紋(左)と姫君の帝国の家紋(右)です。
王子の家紋は西洋の紋章学を参考にして
代を重ねるごとにマークが増えてこのようなレイアウトになった設定で、
姫君の家紋は代を重ねるごとに皿の上に模様が盛られ食器が
付いた設定。 互いにウサギマークがあるのは、
先祖を辿ると同じ大国に行き着くからという設定。
これらの経緯はウサギの本1巻で詳細が記載されています。


カードナンバーなどに使われている紋章。
これはハプスブルクの紋章である大鷲のシルエットを元に
2匹のウサギが向かい合ったものとなっている。
これぞ王子と姫君が後に築く二重帝国の紋章で、
その経緯は本作と同時リリースのウサギの本3巻に詳細が
記載されています。



本作は政略結婚をテーマにしているため、
本作では世界一政略結婚で勢力を伸ばしたハプスブルクを
モチーフにしています。前述の紋章もですが、このカード背景も
ハプスブルク家にまつわる教会などによく見るモザイク模様を
採用しています。




カードの裏。
これもハプスブルク家に関連する教会の家具に
描かれた模様を参考にしています。




このようにウサギの政略結婚のアートワークは作られています。







[PR]
by souka_t | 2016-11-05 17:49 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
ウサギの政略結婚Tシャツ

ゲムマ秋新作・ウサギの政略結婚に合わせて
記念Tシャツを作りましたー。
いずれも各種サイズ・レディース&トートバッグを取り揃えてます!



   王子と姫君Tシャツ 
超絶キュートな2匹をあしらったラブリーなアイテムです。
各種カラーリングも取り揃えてますのでペアルックや
ファンシーなものが好きなあの子へのプレゼントに最適です!!
通販はこちら



一見シュールなオモシロ系のTシャツです。
愉快なあなたの個性を更に引き立たせ、
まわりのお友達から「なにそれ!!」と注目されることウケアイ。



冬はショーナンウサギシャツでレッツジョイ!!







[PR]
by souka_t | 2016-11-03 06:45 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
【製作】鉄片の記憶 進歩01

時間的余裕ができてきたので、
久々にSRPG製作に着手です。

デジタルはよっぽど自分を追い込まないと
製作が進まないので、進歩を逐一掲載していきます。





まずは背景です。
草原と荒地。

ゲームのシナリオ上市街地戦メインなので、
このあとおびただしい数の市街地背景が必要に
なりそうです。 今年中に背景出揃えばいいなあ。




[PR]
by souka_t | 2016-11-01 06:49 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
【同人製作】ウサギの政略結婚 製作ノート2 システム編


ウサギの政略結婚 製作ノート2 
今回はシステムについて語っていきます。


「2人用協力ゲーム」という大枠が
はじめに決まっていたものの、
どのようにゲームが動くか?という
仕組みの部分でだいぶ停滞しました。

協力ゲームといえば、
やはり自分の中でパンデミックであり、
なにかこう、感染が広まるように
脅威が押し迫る要素があると楽しいだろうと
思い、そういった要素が表現しやすいシステムを
模索しつつ、いろんなテストモデルを試みました。
数ヶ月繰り返したものの、
どれもパッとせず、しばらくサジを投げていたところで
出会ったのが、ギロチンというゲームでした。

ギロチンは死刑囚カードの列を作り、
手番ごとに最前列を処刑していくという、
とてもブラックユーモアに溢れたゲームです。
テーマの時代背景などいろんな意味で
お気に入りなのですが、このゲームの根幹である
列処理がとても印象的。そして、もう1つ
自分はこれと同じ仕組みを持つゲームを持っていたのです。
それが ファミリービジネス。


パケ買いした2つのゲームが似たシステムという偶然に
少し運命的なものを感じつつ、次第にこのシステムでもっと面白く
ならないかなと考え始めると、そういえば協力ゲームを寝かせてたから
それと組み合わせてみては・・・となりました。

列処理で最前列がどんどん消費されていき
また最後尾に増えていく、このベルトコンベアようなシステムって
普通なんて呼ばれてるんでしよう?
さておき、この動きが非常に面白く、なにかこう脅威がどんどん迫ってくる
という雰囲気に合致していると思いました。

押し迫るカードの大半には脅威を蓄積する処理をする。
それを10回ぐらい通してしまったら負け。

こんな具合に、終了条件のうち敗北条件が決定しました。
では次に逆の勝利条件を決めようとなり、
じゃあ逆に10点ぐらい勝利点を集めたら勝ちにしようと
したところ、その得点にはメインのプレイングとなる
ワンクッションが欲しいとなって、結果的に前作である
ウサギの黄金時代のような資源回しをイメージし、

2種の物資と1つの状況を2人で回して
勝利点10点ぐらい集めたら勝ち。

といった感じに、図らずとも前作を踏襲する形となりました。
物資も普通に貯める蓄積物資と2人で最大合計値が決定してる
総和固定物資を採用となり、これまた過去作のウサギの都市計画の
ウサギニウムの要素復活となりました。



当初のテストモデルが上の画像。



こちらが完成品。

物資2種の仕様は早々に決定し、だいぶ原型が残ってます。
状況要素の「現在地」はテストを繰り返すうちに
6箇所から4箇所に減りました。


勝利条件と物資周りが決まると、
次はプレイ時のメインとなるカード周りの効果を決める段階です。

まず、今回のカードの要素は
・列処理の際の効果
・カードプレイの効果1
・カードプレイの効果2
・カード絵



当初のテスト用がこんな感じ。
実際にプレイした時、カード内に3つの効果があると
視認性の面でどうなるか心配でしたが、
この第一版でそのあたりは問題ナシだったので、
この構図はほぼほぼそのまま完成版まで採用されました。

効果の内容が実はこのゲームの一番難産だった部分で、
協力ゲームとはどの程度難しくしてよいものだろうかと
常に問い続け調整しました。
時にはある程度運に恵まれないとクリアできないぐらい難しくしたり、
緩和し過ぎてカンタンになりすぎたり。
テストをやればやるほど熟練度が上がってしまうため、
どこまでが難しく、どこまでがカンタンなのか
分からなくなってしまうことって多々あるんですよね。
テストを内々だけで完結できない理由がまさにそれなのですが、
毎度のことながら、いろんなところに持っていってご意見いただきました。
その結果、版を重ね続けてライト寄りの
楽しく遊べる調整になったと思います。


次回はアートワーク編



関連リンク




[PR]
by souka_t | 2016-10-19 21:46 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
ウサギの缶バッジ第二段

業者から缶バッジが届きましたー。


今回はちょっと手違いで、最初に頼んだ業者で希望通りの
細かいオーダーが通らず、慌てて二件目三件目とあたって、
よーやく完成しました。
なにげに業者によって発注個数の融通が全然違いますね。


そして完成品は以下




この4種が今回のウサギのバッジセット2になります。
とことんキュートな仕上がりをご覧下さい!!
ウサギ王国の王子と、ウサギ帝国の姫君が描かれた
ペアバッジとなっていて
新作・ウサギの政略結婚に合わせたグッズとなっています。

仲の良いお友達に配るもよし、
彼氏彼女と分け合うもよし、
愛人にプレゼントするもよし、
セフレに贈るもよし、
同性愛の相手とペアアクセしちゃうもよし、
なんでもござれだ!



10セットぐらいしかないため、予約で全部無くなってしまう
場合がありますので、ご予約はお早めに!!


予約サイトはこちらです




こちらはゲーム2品以上お買い上げの方限定で
1個ランダム封入する特典バッジになります。
こちらも大変数が少ないため、早期予約の早い者勝ちとなります。
絶対欲しい人はお急ぎ下さい!!!


予約サイトはこちらです










[PR]
by souka_t | 2016-10-11 15:23 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
【同人製作】ウサギの政略結婚 製作ノート1

2016年後期の作品にしてショーナンロケッティアズ33番目の作品。
ウサギの政略結婚です。


気づけばボードゲーム製作6年目、
6なだけにジューンブライドで結婚、
だからウサギの政略結婚!!

というわけじゃありません。
思い切り今考えました。


実は今回、システムから考えたので、
テーマは後付けだったりします。
自分最近はものすごーーくおぼろげで大まかなゲームイメージを決めてから
システムをこねくり回します。システムが完成してから
具体的なテーマをのせます。
例えば、
「2人戦闘モノにしよう」 から始まった煙血鋼撃
「サツバツでいこう」から始まった冷戦ペンギン
「女児になりてえ」から始まったシラストピア

こんな具合に折角自由奔放な同人なので
やりたい方向性をドンとはじめに押し立てるワケです。
それで、今回はどんなイメージからはじめたかと言うと

「ギスギスしないゲーム」


これまで明確にプレーヤーの勝敗を決してしまうものばかりを
デザインしてきたので、今回はプレーヤーの優劣を決めない、
競わないゲームを作ってみよう、という所からはじまりました。
理想を言えば、仲良くありたい人と遊び、遊び終わった後はもっと仲良くなる、
そういった勝ち負けを超越したモノを目指そうと思いましたが、
それはあまりに崇高な目標だったので、

安直に「2人用協力ゲーム」を作ることにしました。


30作品以上作ってきたものの、協力ゲームは初めてです。
これまで自分の中で協力ゲームに対して自分で製作するほどの
価値を見出せなかったのですが、2人用ゲームを多めに作ってる
うちに、2人用という縛りで協力ゲームというのも面白いと思える
ようになり、ギスギスしないというイメージにもぴったりハマるので、
初の挑戦に至りました。

協力ゲームの大御所といえばパンデミックですよね。
あんな具合に脅威が拡大していく中で、
なんらかの目標を達成するという大枠を元に、
システムを構築していきました。
この話は次回のシステム編で詳しく書くとして、
話はシステムが完成した後にテーマを乗せる段になります。

何のテーマを乗せるか物凄く悩みました。
初期案では食べ物系ゲームにしようと思い、
次から次へと運ばれてくるご馳走をどうにかするといった内容でした。
次の案はミリタリックで、敵の猛攻を防ぎつつ作戦を遂行するといったものでした。

ありふれてる
実にありふれてる!!

こんなありふれてるテーマを自由奔放な同人で作る意味は無く、
唯一無二のショーナンさんが作って良いテーマじゃないと思ったので、
ゲムマ春の頃はホントにどうするか考えに考えてました。

ゲーム自体の出来が大分良い感じになりそうだったので、
いっそのこと虎の子ウサギシリーズのテーマを乗せてみよう、となり、
自らが製作したウサギの設定資料・ウサギの本のウサギ年表から
まだゲーム化していない年代のネタを探し、いろいろと検討した結果、
ウサギ王国の王子とウサギ帝国の姫君が政略結婚をするイベントを
チョイスし、それをテーマとして乗せることとしました。
実はコレ、決めたのは女性で、
自分が年表範囲を狭めて、「ここからこの間でどのイベントがよさげと思う?」
と聞くと、"王子と姫君の婚姻"の部分を指定しました。
なるほど、そこをゲームにするか!!と目からウロコ。
おかげさまで新著ウサギの本4でその辺りの設定背景が
面白いことになりました。 こちらもお楽しみに。


この時はまだダイナスティが話題に上がってなかったので
「政略結婚というテーマはしてやったり!」と
内心ホクホクでしたが、よもや同じテーマが浮上してくるとはびっくり。
完璧に絵が上がった後だったので、ショーナンさん涙目です。
その珠玉のアートワークに関しては第三回あたりに語るとして、
第一回はこんなところでしょうか。
次回システム編



関連サイト






[PR]
by souka_t | 2016-10-05 21:55 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
イエサブオンラインショップ補充
イエローサブマリンオンラインフラグショップで
ウサギの黄金時代 戦列ペンギン ウサギのタロット 煙血鋼撃
が補充されました。






    


   



いずれも補充は少数かつ店舗在庫と共有となっています。
お求めの方はお急ぎくださいませ!
12月以降まで補充の予定はありません!!










[PR]
by souka_t | 2016-09-08 20:46 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
カレーウサギ・信玄Tシャツリリース

カレーウサギ信玄Tシャツの通販始まりましたー。

戦国武将・武田信玄のコスプレをしためちゃカワなカレーウサギです!!





他のデザイン一覧はこちら







[PR]
by souka_t | 2016-07-16 07:49 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
煙血鋼撃Tシャツリリース

煙血鋼撃のTシャツ2種がリリースしました。




ガスマスク&バイクという異様な外見と
ゲーム中のトリッキーな活躍が人気な攪乱兵です。




巨大機体・重四脚型です。
半面に書かれたスペック表示がクールなデザインとなっています。


本夏到来の前に、クールなTシャツいかがすか?





[PR]
by souka_t | 2016-06-29 15:16 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
煙血鋼撃 制作その5
煙血鋼撃制作最終回。

ラストは歩兵アートワーク編

煙血鋼撃のアートワークはメカの内部構造から
無駄に造りこんでいると前回紹介したが、
歩兵もあらゆる部分で造り込んでいる。



これが実物のカードデザイン。
アイコン類もだいぶ手間隙かけて作り込んであるが、
構図のメインに添えてある歩兵グラフィックを
今回解説して行こう。





全ての基本は戦闘歩兵の素体から派生して作成されている。
上の1セットが戦闘歩兵を構成するパーツである。
このように武器やバッグ・ポシェットを組み合わせて
あらゆる歩兵に派生する。

こういった素体を設定しさまざまなオプションを作る作業は
ひじょーーに楽しい。 
例は歩兵だけだが、これが様々な職業のユニフォームに広がり、
老若男女の派生になり、次第に人以外の生物、背景や小物にも及ぶと
それは世界となる。 絵で世界を作り出すとはそういった作業と
あくなき探究心から生まれるのだ。 一枚の絵など平面に過ぎない。
自らが創造物で溢れた時にようやく世界となるのだ。
みんなもいろんなものに興味を持って、いろんなものを創造し、
自らの世界を成そうではないか!





組合わすとこうなる。 戦闘歩兵のカードのうち後衛に配置されている
戦闘歩兵の立ち絵だ。



そして下半身を修正ししゃがみパターンを作る。
更にもう1つの戦闘歩兵用の武器を組合す。
一目ではわかりづらいが、前衛後衛の武器は
まったく違うものとなってる。
モデルはG3とAK47。


全般的に歩兵はこのように仕上げられている。
以下、よもやま話




これは重火器兵の前衛。
自分がサバイバルゲームにハマってた頃、
一晩民宿でお泊りの大会に行ったんですよ。
そこで相部屋になった人が日本軍マニアで、
そりゃもう上から下までカーキ色の日本陸軍の恰好してて、
足は地下足袋、獲物は三八式とこだわりの装備で
えらい衝撃を受けたんですが、その人が2日目の
閉会式だか開会式でこだわりの参加者コーナーみたいなので
ピックアップされて、そこでインタビュー受けた後、
最後に出したのが この迫撃砲
セッティングやらなにやらでいろいろ手間がかかるので
サバゲーではまったく実用的ではなかったのだけど、
それを手間隙かけて発射するところを見たらえらい格好良くて、
その頃から迫撃砲が好きになりました。
あのイメージあればこその、このアートワークです。
みんなもゲームやったり飲食店でくっちゃべってばっかりしてないで
いろんなものに目を向けて、いろんなものに触れてみるといい。
けど俺のゲームはやりまくれ!!!




次に工作兵の対人ドローン。
アートワークではちょこんと浮遊してるやつ。
煙血鋼撃では通信妨害や電波障害が激しい
世界という設定があるが、このドローンは実は
ピアノ線ばりのほそーーいファイバー繊維線で
有線コントロールされている。いわゆる有線ドローンだ。
ドローンと言えばトムクランシー作品のゲーム。
中でも自分はゴーストリコンとエンドウォーが大好きで、
あの近未来戦闘設定からの影響をかなり受けてる。
歩兵は強いのだ。

そうそう、自分のこの系統のミリタリデザインは
実は初出が"慈悲なき大地の大君主"だ!
カードデザインは実質2種類しかないゲームだが、
アートワークから煙血の前身である所以を感じ取れるだろう。
設定上は煙血鋼撃の前時代でもあり、視点はグローバル。
そして、本作では最前線という非常にミクロな視点となっている。
そのあたりのテーマ性の違いも楽しんでいただきたい。




最後にカードフレーム。
実は煙血鋼撃で使われるカードの枠は二種類ある。
鉄板をイメージしたものと、通信機器をイメージしたもの、その2つだ。

鉄板は距離に関わる命令系統と回収に使われ、
通信機器は配置された部隊への命令系統に使われている。
ちょっとした視認性向上のための工夫が施されているのだ。




これが通信機器のフレーム。
あらゆる無線製品を参考にして創造してみた。我ながら渋くて格好良い。
一見ドット絵に見えるかもしれないが、実はコレ、ドット絵ではない。
驚いたろう? フフッ
ドット絵では無いのにドット絵っぽい、
俺ぐらい究極最強のドッターともなると、
ドット絵を打たずしてドット絵を相手に想起させることなど容易なのだーッ!!

じゃあこれはなんなのか、 そりゃおまえ、企業秘密だよ。
買って確かめろーいっ。


という訳で、煙血鋼撃制作でした。
もう通販の在庫少ないけど、近日中にイエサブに補充するんで
みんなどーんと買ってくれよな!! 






[PR]
by souka_t | 2016-06-15 10:29 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)