【ゲーム】シャドウコンプレックス・クリア感想


XBOXライブアーケードのシャドウコンプレックスをクリアしたので、その感想。


~ゲームの簡易説明~
このゲームは、ギアーズオブウォーで有名な
EpicGamesとChairEntertainmentが制作したアクションゲーム。
アンリアルエンジンを使用した3Dグラフィックと、
レトロチックなアクション性という面白い組み合わせで話題を呼んだ。



面白くも奇妙なアクションゲームだった。
3D的な背景に奥行きがあるのに、移動は平面的。
なのに、敵との銃撃戦ではしっかり奥行きのある射撃が行われるという、
何と言うか、変な感覚。
プレイ自体はレトロゲーマー的に馴染み深いモノがあって、
それこそ、古くから飛んだり跳ねたりするアクションゲームが好きな人には、
ドストライクな調整に仕上がってる。
造り自体も大変丁寧で、このテのアクションにおいては模範的。
洋ゲー特有の細かいバグはほっとけと言わんばかりの
粗は少ないように感じた。また、ローカライズもしっかり吹き替えされており、
日本のユーザーの事もしっかり考えて造られた印象。

最近良作が増えて、若干の質のインフレを見せているライブアーケードにあって、
屈指の傑作と言っても過言じゃない。鉄板だと思う。


総評するに、最近では珍しく幅広い層にオススメ。特にアクション好き。
[PR]
by souka_t | 2010-01-22 07:52 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< デスレイン 【ライトノベル】扉の外1~3巻 感想 >>