【漫画】D-LIVE5・6巻
a0011717_1731873.jpg

普段はそんなにはサンデー系、はたまた
小学館系にはお世話になっていないのですが、
最近気になる作品の D-LIVEの5巻と6巻を借りて読んでみました。

作者はスプリガンとアームズで名を馳せた 皆川亮ニ先生。
内容は、乗り物ならどんなものでもプロ級・超人級に
運転をこなしてしまう主人公のお話。

”どんなものでも”というだけあって、この漫画で取り扱われる
乗り物はバラエティ豊かです。
4輪や2輪はあたりまえ、ホバークラフトやヘリだってなんのその、
ましてや戦車や戦闘機だって乗りこなして、レースだけに飽き足らず
バトルも繰り広げる事も多々です。

今回読んだ5・6巻では、T34に乗り込んでエイブラムスとガチったり、
航空ショーでレシプロに乗り込んでジェット機とやりあったり、
片や鈴鹿8耐に出場して激アツなレースを展開したり ショベルカーで
発掘現場を手伝ったりもしてました。
いやはやホントに素晴らしい設定を打ち出したどころか、
そんな多枝に渡るメカを描く画力も見事。
前々から思ってましたが、皆川先生ってAKIRAとかEDEN系列な背景や
メカを描きますよね、自分的にはすんげえ好みなんですよ。

個人的にアームズより好きかな、スプリガンと微妙にチャンネルが同じ
匂いを漂わせるところがいいなあ~

車好き・バイク好き・ミリタリー好きあたりにはオススメなので
まだ見て無い人はぜひぜひ、 ショーナンロケッティアズオススメ漫画です
[PR]
by souka_t | 2004-08-31 17:29 | 描きつくれば漫画系 | Comments(0)
<< 【漫画】黒鷺死体宅急便 【プラモ】ゾイド・レイノス >>