【ゲーム】THE 悪魔ハンターズ・~エクソシスター~ レビュー



◆この記事は『THE 悪魔ハンターズ・エクソシスター』レビュー企画に参加して書いております。本企画の参加にあたり金銭の授受、記事の内容に対する関与は一切受けておりません。


コミケ出展作業の合間に、ちょこちょことプレイしての感想。

始めはとても操作に苦戦しました。
それは旧PSPの構造的なやりづらさもあるものの、
上手く視点が定まらない事が最大の原因と思われます。
慣れれば結構平気になりそうですが、大抵の人が気になるところでしょう。

キモとなるモンスターとの戦いもまた、始めはやたらに敵が硬く、
爽快感が得難いものに感じます。
しかし、地道に敵を倒し、アイテムを集めて強い武器を合成していけば、
次第に敵を圧倒できるようになります。
このあたりのサジ加減は好みが分かれると思いますが、
RPGのレベル上げのようなものと割り切れば、結構楽しめます。
見た目の無双ゲームっぽさとは裏腹に、強化系要素の強い
アクションゲームといったところでしょうか。
キャラの強化に気を配りつつ進めていくと、意外と面白いです。

個人的には、序盤から油断すると死ぬバランスは、
それなりにやり応えがあると思います。
また、アドホックモードでの協力プレイも出来るため、
2人でプレイすればサクサク進んでしまうような気もします。

数ステージほどの感想ですが、
つい熱中してしまった場面もあったので、悪くはないと思います。
クリアまでがんばりたい。
[PR]
by souka_t | 2009-12-30 19:33 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< コミケ2日目編 エピソード0 ポテトチップスのりしお・明治フ... >>