かぶりつきゼリーinピーチ
アナログ

目に見えるものだけを信じるな

中学生になると、男の子というのは大人ぶりたくなるもんでして。
趣味の変化の著しかったこと著しかったこと。
代表的なところで音楽ですかね。
ミュージックですよ、死神も大好きミュージック。
自分の中学の頃となると、アニソン大好き!!と言うのも
大変はばかられるというものでして。
言ってみれば、覚悟のあるヲタの最初の足切り場って感じだったでしょうか。
自分の時代、色気づいた男子のミュージックと言えば、
最大勢力のTMネットワーク、
まあ普通なTRF、ザード、ビーズ、ワンズ
通振った一派のエックスジャパン、ラルク
と、まあだいたいこんな感じだったかな。
音楽番組の話題だけで日常が動いてたってぐらい、
会話にミュージックが溢れていた時代の話。

けどね、自分は昔からこの世で最高のミュージックは、
ゲームサウンド だと信じて止まなかったんですよね。
いや、今もそう思ってますけどね。

「いつもどんな曲聞くの?」で長い会話が成り立っていた時代に、
「俺ゲームミュージック好きなんすよねー 」って素で答えると、
「え?あのピコピコした音?」と奇異の目で見られつつ反応されるのがオチで、
マシなところで、すぎやまこういちのドラゴンクエストで話が続くぐらいでしたか。

あの当時、自分が欲しかった反応というのは
そんなもんじゃあなかった。

ファイナルファンタジーでどの戦闘曲がいいかなんていうのも、
自分の中ではニワカの話だった。サガでも聖剣でもそれは変らない。
スクエニミュージックなんていうのは、アニメ好きがガンダムについて
話すようなもんで、それはもう通じゃなくて、空気。

古代無くしてどうしてゲームミュージックが語れようか、
Zoomはやっぱりジェノサイドスクエアだよな、
任天はゼルダ・パルテナに始まるディスクシステム時代の音が至高、
コナミ矩形波は5年先の未来に生きてやがったがアレンジはアレだ、とか。
あの時はそういう話がしたかったんだ。

今でこそインターネット上で、そういった話は溢れている。
だが、ネットが流行る前、ゲームサウンド好きに出会うのは、
アニヲタ仲間を見つける事の比ではないほどに難しかった。

そもそも、ちゃんとサントラを発売していたゲーム会社なんて一握りだ。
要するところ、曲を知っている=しっかりプレイした に等しかった。
アニソンカラヲケに行って、曲を知ってるがアニメ見たこと無い奴とか
最近たくさんいるだろう? そういうのがいると自分はうんざりするぐらい
ガッカリなんだが、ゲームミュージック好きに至ってはそういうのは
ほとんどいないだろう。屈強にして精鋭なんだよ、胸を張れゲームサウンドファン。

しかし、まあ、幅利かせてたJPOPもビジュアルバンドもざまあねえな最近は。


はい、月曜日です。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

先週は、皆がベヨネッてるんで、
自分も流行りに乗ってベオってみるかと思い。
ベオウルフのプレイに夢中でした。
1週なかなか快調に進んだので、今週中にでもコンプ目指したいところです。

あとは、CODMW2のオプスを超がんばってました。
本編がオマケだったんじゃないかってぐらい、オプスベテランはやり応えあります。
今年はODSTのファイアファイトでも激戦を繰り広げましたが、あれと
同じぐらいの思い出に残るゲーム体験になりそうです。

実績合宿の時のゲームボーイ・レアゲープレイしまくりに感化されて、
GBAソフトを若干振り返ってプレイ中なのですが、
エフゼロクライマックスが面白くてヤバイ。
これのコースエディッターやもろもろの要素を受け継いだ続編出ないですかねえ、
マリオカートよりエフゼロがしたいんですよねえ。
GCのも良かったけど、反応速度がついていけねえ。ゲーセンのハンドルで
まともにプレイ出来た人いるのかアレ?


■月曜のお菓子
・かぶりつきゼリーinピーチ
巨大な果汁は確かにかぶりつくの名を冠するに相応しい。
そして、彼は再びストローに果汁を詰まらせるであろう。 8点
[PR]
by souka_t | 2009-11-24 00:46 | 日々よしなし事系 | Comments(2)
Commented by SaZa at 2009-11-24 18:45 x
ジェノサイドスクエアはZOOMでは・・・?
ゼロディバイドも含め同社の楽曲群はまさに神。人間を砕きます。
Commented by SOUKA_T at 2009-11-24 18:49
そうだった。以前も間違えてた気がする。
ゼロディバイドの曲もかっこいいんだよなあ
<< クリスマス既に終了のお知らせ。 【ゲーム】ベオウルフ・クリア感想 >>