【ゲーム】罪と罰 宇宙の後継者クリア感想


罪と罰、ようやくノーマルでクリアしました。


ー以下、ゲーム部分のネタバレ多分に含みます。ストーリーには触れてませんー











いやはや、ステージ7の馬デコ強かった。
画面狭しと弾幕を張ってくるものだから、
STG苦手な自分は詰んだかと思いました。
しかし、そのあたりはさすがのトレジャーと言うべきか、
攻撃バリエーションそれぞれに回避の抜け穴が
用意してあって、本質的には弾幕避けでは無かったと、
ハードリトライしているうちに気付きました。

やればやるほど、繰り返せば繰り返すほど
新しい発見があるのは本当に素晴らしいと思う。
造り込込みに気付き、自らの上達も実感する。
これこそがアクションやシューティングの醍醐味。
忘れられぬ体験、忘れるものかその一瞬一秒を。

印象深かったステージと言えば、
線路を走行中の車両の上で戦うところでしょうか。
後ろから追ってくる敵をバックミラー的なもので上に表示されるんですが、
最初はコレなんだろう?と思う訳です。
で、後ろから火を噴いて邪魔してくるんですが、ここで、ああなるほど・・・と。
更に連結車両を切断して、後ろの敵にぶつけてダメージを当てるんですが、
ここでも、ああなるほど・・・と。 見事なまでにバックミラーの役割で
何か可笑しかった。

それと、敵のボスにサムライガールがいるんですが。
その対決では居合い斬り合戦になって、これまた
見事なまでにソードアクション部分を生かしてるなあ、と。

ステージ7のボスラッシュもお約束展開ながら、
それぞれのボスが別物に様変わりしていて、
最後まで手抜かり無い造りに感心しました。

最後の最後は、前作の地球と戦うというほどのインパクトは無いけど、
セカイ系的な男女の物語を締めくくるには最高のシチュエーションだったと思う。
お姫様はやっぱり守るもんだろ、と。いいよアレ。
終わりの無いディフェンスでもいいよ~ っていうⅤガンダムのOPの歌詞を思い出した。


そういう訳で、今回の罪と罰には大変満足しました。
ウィーを押入れで寝かせてる方々、是非、プレイあれ
[PR]
by souka_t | 2009-11-04 07:42 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 【ゲーム】ニンテンドークラブ景... 熊出没注意・北海道限定ガラナ >>