【ゲーム】罪と罰 宇宙の後継者


待ちに待った罪と罰2が昨日発売しました。
難易度ノーマルでラスボスまで行ったのでその感想をば。

このゲームはニンテンドー64で発売された
3Dアクションシューティング・罪と罰の続編。
ゲーマーに高い評価を得ているトレジャーの制作で、
久々の新作。E3発表時から話題となっていた。


ニンテンドー64で最も好きなゲームを挙げよ、
と言われれば、「罪と罰かオウガバトル64」と今まで答えてきました。
全ての機種で、動的なゲーム(アクションやシューティング)で最もお気に入りの
ソフトの1つも罪と罰でした。
それぐらい罪罰を愛して止まない自分は、
今回の新作発表の時は歓喜と共に一抹の不安も過ぎりました。

「思い出を汚されはしないだろうか」

ヴァルキリープロファイル2、
ルナジェネシス
メタルサーガDS
昨今の続編モノには手痛い目に遭い続け、
和製ロールプレイングは基本的に買い控える
とまで堅く決意させられた程で、次第に
和製の続編モノ全般に興味が失せていた昨今、
まさかの罪罰続編。
いざフタを開けてみると・・・

杞憂だった。
「おかえりトレジャー」

それは圧倒的だった。
始めに一言だけ済ませるならば、"64の罪罰が好きだった人は買うべき"
Wii本体を持ってないなら本体ごと買ってもいいほどです。

物議を呼んでいたリモコンとの相性はバツグンどころじゃなく、
リモコン・ヌンチャクのために生まれたゲームじゃないかと思うほど。
罪罰初心者が操作に慣れるかどうかは別問題として、
操作性に至っては100点中の100。なんら問題無し、
問題があるとすれば、プレーヤーの処理能力と反応速度。

前作に比べ、ボリュームはかなり増えました。
道中はそこそこに、中ボスと大ボスが次々と現れて、
息付く暇も無いほど多様な攻撃で迫ってきます。
また、ボス戦後にムービーを挟みますが、
割と短めにさっぱりまとめられているので、
ゲーム全体のテンポをまったく崩しません。
むしろ、休ませてくれと思うほどハイです。

ボス戦自体は、ボスの攻撃パターンを見切って攻略するタイプの
アクションが好きな人には確実に満足できる内容です。
経過と共に変り行く攻撃パターンは多彩で、
それは、古き良きボス文化を非常に大切にしている
こだわりのようなものすら感じます。
常に挑戦を望むゲーマーならば、ボスの一挙一動だけで
ごはんが食えます。

前作もかなりクールだったカメラアングルも、
今回は更に洗練されクール。
ステージ内で視点が切り替わると おおっ!! と声を上げる
ほどにカッコイイ場面が多いです。
森の中を真っ直ぐ駆け抜けていたかと思うと
いきなりターンをしたり。飛んでいたかと思うと、
いきなり地に降りて船を八艘飛びしたり、目まぐるしいほどに変ります。

ステージのシチュエーションは、前作では空母の上で戦うなど
それはそれは衝撃的でした。
今作ではSF色が強めですが、海底や樹海や砂漠など、
ロケーションを生かした演出が満載です。

難易度はノーマルでしかプレイしていませんが、
かなり難しい部類です。
これより1つ上の難易度あるとかどんな冗談かと
思うほど難しいです。
それは歯応えがあるという意味での難しいで、
決して理不尽に難しいという訳ではありません。
挑戦を望むゲーマーならば是非プレイしてみて欲しいです。
俺つえーだけがしたいプレイヤーは、逆にやめておいたほうが無難です。
攻略を自ら組み立てていくアクションゲーム好きには圧倒的に
遊べるものに仕上がっています。


総評するに、動的なゲームで今のところ今年一番オススメしたい。
マゾなゲーマーは一早くやるべき。
[PR]
by souka_t | 2009-10-30 07:25 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 部屋片付けた。 【ゲーム】Vikingクリア感想 >>