【ゲーム】Vikingクリア感想


今週コツコツと進めていたXBOX360用ソフト・Vikingを
実績コンプまでやり込んだのでその感想をば。

このゲームは、海外で発売された3Dアクション。
海賊バイキングを題材とした北欧系ファンタジーな世界観が
一部で話題となった。


一見、無双系か、それに順ずる多対単の大立ち回りゲームに
見えますが、むしろその逆。
「一人じゃどうにもならない事もあるんだぞ!!」
という人生教訓をプレーヤーに知らしめるぐらい、
マンパワーが重要なゲームです。
とにかく敵が数でこられるとどうにもならなく、
そこから生まれるゲーム性が非常に面白かった。

基本的に敵のキャンプを順々に潰して、仲間を救出したりキーアイテムを
ゲットしたりしていくのですが、意外なほどにスニーク要素が高く、
正面から攻略すると裁き切れない数の敵に囲まれたりする事が多いので、
背中から一撃必殺を狙ったり、やり過ごしたり、小分けに誘い出して
少しづつ潰したりと、工夫しないといけない場面が結構ありました。
個人的にはそういった小手先な戦法を試行錯誤していくのが
楽しかったですが、人によっては煩わしく感じるかもしれません。
結構意見の分かれるところだと思います。

このゲームの最大の特徴は、
大きな砦や敵の一軍キャンプを攻略するハイライトで、
味方の軍勢も参戦して大乱戦を展開する場面です。
まさにロードオブザリングの戦争シーンのような感じで、
それがリアルタイムで展開される様は、現世大機の
パワーを感じさせます。

アクションと演出は共に申し分ないものに仕上がっていますが、
前半でゲームの流れや、対処できる敵の数、戦闘に勝つコンボパターンを
掴んでしまうと、若干作業的になってしまうのが欠点です。


総評するに、ちょっとオススメ。スニークに心得がある人に是非。
[PR]
by souka_t | 2009-10-29 20:08 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 【ゲーム】罪と罰 宇宙の後継者 【ゲーム】halo3:ODST... >>