【ゲーム】Batman: Arkham クリア感想


ハマっていたら、ローカライズが決まっていたでござる。
な360版バットマンの感想。

このゲームは世界で最も有名なダークヒーロー、バットマンを題材にした
3Dアクションゲーム。PS3と360の両機種で発売された。


予想以上の多彩なアクションで、大変楽しませてもらった。
いきなり最高難易度で挑んだ訳ですが、もう、凄いやり応えがありました。
程よい探索にスピーディーな格闘、パッドを握る手が汗ばむほどの
スニーク場面とボス戦。バットマンを昔のアニメでしか知らない自分でも
充分ゲームとして堪能できました。

本編は、先に進むほどにバットマンのガジェットが増えて行き、
それらのアクションを駆使して探索範囲を広げていく、
いわゆるゼルダ的なパズルアクションが中核なのですが、
これらが加減良く機能しています。ステージギミック的に
イラつかせるほどの凝ったパズルが無く、デイティクティブモードなど
の併用で大変分かりやすい造りになっています。
その分、戦闘パートが大変な難易度になってまして、
特に終盤のボス戦は何度もリトライをするほどでした。
ボス戦にはいろいろなバリエーションがありますが、
特に苦戦するのは ボス+大量のザコ敵。
パターンが組み辛く、ミスを犯すと大量に出てくるザコに
揉みくちゃにされるのが厄介。
このあたりの難しさの質は、若干レトロゲーム的です。

諸所にあるスニークシーンも面白く造られています。
敵に気付かれないように壁越しや高所から様子を伺い、
隙を見て襲い掛かったりシメ上げたりする、我慢と一瞬の判断が
生死を分ける大変スリリングな体験が出来ます。
これだけで1パッケージ分のネタになりそうな完成度ですが、
このゲームの凄いところは、それがあくまで
要素の1つだということです。

実績的には、本編のミッションで解除出来るものに限っては
かなり良心的です。なんと言っても収集物はマップを手に入れれば
すべて別画面で表示されるのが良し。若干取り方がいぢわるなものがあますが、
配置の巧みさを見ると「おおっ」と思ってしまうものが多いです。
"ただ行き難い場所に置いておく"といったよくある収集要素の
浅知恵ではないところに好感が持てます。
反面、チャレンジ系の実績はかなりハードルが高く、
このゲームの戦闘面での仕組み熟知していないと解除困難です。
(ちなみに自分は投げ出しそうです)


総評するに、人を選ぶ類の探索アクションですが、個人的にはかなりオススメしたい。
[PR]
by souka_t | 2009-10-02 17:49 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 【ゲーム】The CLUB ク... マミー秋の青りんご >>