【ゲーム】ブレイドストーム・実績コンプ感想


昨日、ようやくブレイドストームの実績コンプ。

やはり最後の2つ、火薬の書と工作の書が重作業でした。
恐らく実績が無かったら、片方のエンディングを見て
このゲームをやめてた事でしょう。

エンディング後の経験値稼ぎは本当に作業でしかなかった。
意外と続けざまにイベントが起きたりして、飽きさせない工夫は
見えるんですが、いかんせんやる事はひたすら戦場に出ることだけ。
レベル上げのためにいろいろと兵科を使い込む事は、
このゲームを深く知る事として悪くは無いんですが、
その兵科にして露骨なアタリハズレがあるのがいただけない。
いくら育てても弱い兵科はとにかく苦痛だった。
ぶっちゃけそれさえどうにかしてくれれば、苦痛の度合いは半分以下だったと思う。

ただ、レベルに合わせて戦場のランクが変動してくれるのは良かった。
ランクが上がりっぱなしだったら新規兵科や疎かにしていた兵科を
育てるのが困難を極めるので、この配慮には助かった。
しかし、そこまでしてレベル上げさせる気満々なら、
もっと育てやすい穴を1つづつ用意して欲しかった。
正直 弓騎兵と斧と棍は投げたくなる。
槍と長槍分けるとかもドウかと思ったな。

アイディアはいろいろと悪くないんですが、
そこかしこにセンスの悪さが見える一本でした。
[PR]
by souka_t | 2009-07-30 12:48 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< ガリガリ君ソーダ味 エッセルスーパーカップ・日清豚キムチ >>