【ゲーム】デッドスペース・クリア感想


クラナドといっしょにかつを節氏よりお借りした、
XBOX360用海外ゲームソフト・デッドスペースを一周クリアしたので
その感想をば。

このゲームは三人称視点のホラー系シューターで、
新規タイトルながらも過度のゴア表現や高いゲーム性が
評価され、一躍話題となった。


現代の家庭用ゲームに、オン対戦・オン協力・画面分割協力が
なくてはならないものか?と問われたとして、
もしも、デッドスペースをプレイしたのなら、答えはNO一択。
真に完成度の高いゲームの前にはオン要素など些細なものに過ぎないのかもしれない。
本当にそう思わせるほどにデッドスペースというゲームは力に満ち溢れてます。

まず、驚くほど突然現れ恐怖を与えながらも、
これでもかと五体バラバラになる敵モンスター。
戦闘に欠損表現を用いるゲームは昨今多いですが、
その中でも凄い部類。
見た目が凄いだけではなく、全編に渡って
ほとんどムービーに頼らずアクションとして消化してる事が素晴らしいです。
トドメを刺すムービーといったものがほぼ存在せず、
勝手に死ぬのは生身の人間ぐらい。そこに造り手の異常なこだわりを感じます。

次にウエポン。
弱い火力の万能型、高い出力の近接型、予備行動が長い高火力型など、
性格付けが非常に上手く、武器自体のアップグレード要素も上手く盛り込まれています。
どれも使ってて爽快感があり、相手によっては得手不得手があるのも面白いです。

操作はTPSの中では若干独特なものになってます。
同時押しを多様するため、人によっては慣れるのに時間がかかるかもしれない。
また、カバー・しゃがみ・ガードなどの守りの行動がほぼ存在せず、
攻めの行動に特化している事にもこのゲームの方向性や思想が伺えます。

最後にパズル要素。
最初の頃は単純に物を動かすだけの仕掛けですが、中盤あたりから
何をどうしたらどうなるか初見では良く分からない仕掛けがいくつかあります。
ほぼノーヒントでこれらを解かなくてはいけないんですが、
昨今のゲームの中ではかなりいぢわるな部類です。
人によってはピタゴラスイッチを完成させる前に憤慨するかもしれません。
しかし、一昔前のゲームのいぢわるな謎解きに比べればまだまだ許容範囲です。
トゥームレイダーを楽しめるぐらいなら問題ありません。


総評するに、とにかく面白かった。ザハイバルアクション好きにはイチオシしたい。
[PR]
by souka_t | 2009-05-31 09:06 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< マンゴー&キャロット 【ゲーム】クラナド・コンプ感想 >>