【ゲーム】テイルズオブヴェスペリア・クリア感想


花見の時に借りた、XBOX360ソフト・テイルズオブヴェスペリアをクリア。
その感想をば。

このゲームはナムコの人気RPGシリーズ、テイルズの最新作。
XBOx360では初展開で、このために360本体を買った人も多い
と言われている。その後PS3での追加要素込みで移植と映画化を発表。
勢いは留まることを知らず、なお展開中のタイトル。


かなり久々の据え置き機JRPGですが、個人的には全編に渡って楽しめました。
自分のテイルズシリーズプレイ経歴は、ファンタジア(SFC)とリバースのみで、
比較するのであれば、当時のファンタジアほどの技術的な驚きはないにせよ、
造りの丁寧さでは群を抜き、物語のテーマ性は二作と同等かそれ以上に思えました。

JRPGは、まずキャラクターの魅力ありきとよく言われますが、
まさしく手本のようなキャラの立たせ方だったように感じます。
主人公ユーリとフレンの絶妙な友情具合と
ユーリ自体の任侠っぷりはなかなか良く描かれてて、
仲間達や敵役のエピソードの掘り下げや、その背景を見せる事に関しては
過保護なまでに丁寧に語られていました。
個人的には抽象的過ぎて結果的に意味不明になるより、
こういった話の立て方のほうが好印象です。最近減ってませんかね?こういう丁寧なの。

でも、人によってはまどろっこしく感じる方もいらっしゃると思います。
"そうまでして人形劇やる必要も無いだろ"って。
新しい町に着くとすぐにパーティーがバラけて、会話フラグを一本一本立てないと
次に進めない事が多く、それによって冗長に感じる事も多々あります。
しかし、どれも意味が無いものではなく。毎度事細かに仲間達の目的意識を確認し、
主人公ユーリが慎重にその舵取りをするという、まさに"まとめ役"を丁寧に
描いているんですよね。 これが上で書いた"丁寧"に繋がる訳です。
おかげで現在の目的がはっきりと示され、何のために何をしているのか
大変分かり易い。 ここまでやる事には賛否が分かれると思いますが、
個人的には伝わらないものには意味が無いと思うので、大いにその意義はあると思いました。

ゲームの中核である戦闘システムもまた高い完成度でした。
爽快なコンボや一発逆転のバーストリミットや奥義など、
煌びやかで面白く、それでいてテンポが良い。
また、オートバトルも便利で、手間なレベル上げも
何かしながらで作業出来るのが非常に現代プレーヤー向け。
自分はサイト巡回時にオートでやってましたが、
ものの数十分でその区域で充分活躍できるレベルに達してくれました。
ダンジョンに潜る時だけガチでやろうとマニュアルにしても、
元々が大変なボリュームなので、実働時間的にも悪くないプレイスタイルだと思います。

クリア後の隠し要素・収集要素・2週目以降引継ぎ要素も充実しているので、
恐らくやり込み派にも納得のボリュームです。

総評するに、PS3を買う予定が無い人には手放しにオススメしたいです。
トラスティベルでガッカリした自分には神ゲーにすら感じました。
[PR]
by souka_t | 2009-04-24 01:02 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 【ゲーム】20周年・ゲームボー... 【ゲーム】DSライトを修理に出... >>