【ゲーム】バトルステーションズミッドウェイ・クリア感想


一年前に買って積んでおいた、日本語ローカライズ版バトルステーションズミッドウェイ
を最近ようやくクリアしたのでその感想をば。


このゲームは、第二次世界大戦の日本軍とアメリカ軍の海戦を題材とした
ウォーシミュレーションゲーム。 リアルタイムシミュレーション的要素と
3Dシミュレータ的要素を併せ持つ怪作。日本語ローカライズするまで
大分時間が経ち、国内隔離サーバーというトドメにより、オン対戦は
全く流行らなかったのが惜しまれる。


個人的には、未来のウォーゲームってこういうのがたくさん
出て来るんだとばかり思ってました。
"あったらいいな"を本気で形にしようとした一本とでも申しましょうか、
初期のガチャポン戦士のスゲエヤツとでも例えましょうか、
昔はこういうのをプレイするのが夢でした。

戦略マップでリアルタイムにコマを動かし、
敵との遭遇時には局地戦へと操作が切り替わり、
戦闘機で空を制し、艦隊で海を制し、潜水艦で水中を制す。
それらがノンストップで展開される この興奮。

確かに欠点も多い。
操作が複雑過ぎてよく混乱するし、
日本の艦艇に変な字が書かれてたり考証的に粗もあるし、
そもそもミッション事態がギリギリの難易度のものが多い。
とてもとても素人にはオススメ出来ない。
だけど、良い
提督の決断で徹夜して、大戦略でマップエディットしまくった
歴戦のウォーゲーマーがやりたいのはこういうのなんですよ。

光栄・システムソフト・ゼネラルサポートなど
数多くウォーゲームをリリースしてきた日本のメーカーは
いったい何をしてたんですか、しっかりしてください!!と言いたい。

それと、オンが隔離サーバーという落ち目はあるものの、
ローカライズ具合は悪くない、むしろスパイク全盛期の一品。


総評するに、ウォーゲーマーにイチオシでオススメ。
けど来月あたりに新作出ます。 またシミュレーション系に慣れてない人にはオススメ出来ません。
[PR]
by souka_t | 2009-03-10 22:08 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 【同人】新作RPG製作状況03 ひろゆきと俺 #01 >>