【ゲーム】ヘイローウォーズ・クリア感想


今話題沸騰のっ!! と書きたいところですが、
スト4に比べるとイマイチ日本では盛り上がってないヘイローウォーズ。
最高難易度レジェンダリーでクリアしたので、その感想。


このゲームは、世界で最も有名なSF系FPS・ヘイローの外伝的な作品で、
ジャンルはリアルタイムストラテジー。 エイジオブエンパイアの制作陣が
携わるという事前情報で、その筋のユーザーに大きく期待された。


発売日からずっとプレイしてますが、未だオフのみ。
オフの最高難易度から始めてしまったので、大変苦戦してしまいましたが、
個人的にはオフだけでもこれだけ遊べるなら満足。
物語もヘイロー本編前の外伝的なものかと思いきや、かなり重要な内容っぽく、
例えて言うなら、後出しのスターウォーズエピソード1みたいってとこでしょうか。

以下オフ部分の感想。

RTSのオフと言えば、ほとんどチュートリアル的なもの主流ですが、
このヘイローウォーズも例外にもれず、チュートリアルとしての機能を果たした内容になっていました。
使用できるユニットや施設が増えていく過程はチュートリアル的で、各種ステージのクリア条件や増援の演出などのオフミッションだけの要素も多く盛り込まれています。

難易度イージーでプレイすれば、全15ステージは物足りないかもしれません。
難易度レジェンダリでトライアンドエラー繰り返した自分にとっては、満足のいく量でした。
オフミッションの中で、2つほどハマり所があるので、ヒロイック以上でプレイされた方は、恐らくその2つでつまづくと思います。異常に難しいというか、ステージ展開の流れや敵の配置を熟知する必要があるのは元より、ある程度の手の早さや効率化も必要です。

RTSとしての出来は、全く対人戦をこなしていないのでまだ評価し辛いですが、
ルールの覚えやすさに関してはなかなかだと思います。
歩兵・車両・飛行の三すくみや、物資供給とテクノロジーの兼ね合い、
MACブラストや爆撃の支援要素、などなど、要素は数ありますが、
1つ1つはシンプルなものです。
大味と誤解される方もいらっしゃるようですが、
今のところ常勝戦法が無いところを見ると、それなりに奥深いようです。


総評するに、RTS初心者にこそオススメしたい一本です。
熟練のプレーヤーには賛否が分かれるかもしれませんが、家庭用RTSの中では
群を抜いて良作だと思います。



■オマケ ステージ4と10の簡易攻略

・ステージ4
序盤
積極的には戦わず、物資を集める。
輸送機1の右上に展開されている敵のローカスト隊は危険などで近づかない。
ある程度物資を手にしたら、マップ中央あたりの安全な場所で車両待機。
この時点で車両二台生存は必須条件。くれぐれも戦わせ過ぎて壊されない事。

中盤
輸送機3はイベントで落ちるので無視。
1か2に飛行隊を配置しスパルタンを援護。
スパルタンが敵車両を奪ったりするので、その際は回復してやるのもいい。

設営命令が出たら、安全なところに退避しておいた二台の車両で手分けして二箇所に基地構築。リアクター2基と物資パットをたくさん建てたら、あとは戦車か飛行機かお好きな方の量産を目指してシムシティ。途中兵士をいくつか生産し、各所のスナイパータワーを制圧出来ればかなり楽。後、歩兵は対空能力に優れるので、敵の飛行隊に備えるには有効。

終盤
とにかく作ったものを輸送機近辺に運ぶ。
ローカストが来ても怯まなくなれば楽勝ムード。


・ステージ10

序盤
何気に一番大事なのが最初期。
最初の敵の攻撃を凌いだ後に速攻で、右上にあるリアクター(後でグレムリン配置するところのすぐ上)を占領する。
基地は基地自体ののアップグレード・リアクター1基・あと物資パット全振り。
リアクターのアップグレードが済み、テクノロジーが合計3になったところで、
車両パッドわ構築。 戦車と対空砲のアップグレードを済ませたら量産体勢へ。
兵舎を作らず、車両の火力に全振りするのがミソです。
グレムリン配置命令が出たらすぐ配置する事。

中盤
3箇所の部隊救出のうち、下段は全滅するのでほっといても良い。
車両を数揃え、退路確保戦に及ぶときは、支援の冷凍砲を上手く使うとやや楽。
味方を巻き込まないようにする事。

終盤
最終局面で要人を基地周辺に連れ出す時、敵の部隊もどこからともなく
基地周辺に沸いてくるので注意。基地側にも兵力置いておくのが理想。
とにかく突破さえしてしまえば終わる。
[PR]
by souka_t | 2009-03-02 21:29 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< かっぱえびせん明太子味 れん乳バナナオレ >>