【ゲーム】ファイアーエムブレム新・暗黒竜と光の剣クリア感想


SRPGサークルとしては、見逃す事が出来ない
ファイアーエムブレムの新作。
先ほどエンディングまで到達したので感想をば


このゲームは、ファミコン時代に発売されたSRPGの最新作。
当時はシュミレーションロールプレイングというジャンル自体が
未開の地であり、このファイアーエムブレムの登場により
一般に浸透したと言われている。
ファミコンの他にも、スーパーファミコン・スーパーファミコンの書き換え版・
ゲームボーイアドバンス・ゲームキューブ・Wiiと任天堂ハード全般でシリーズ展開した。


さてはて、今回は初代ファミコンのリメイクなのですが、
新しくなったグラフィックや、より親切になったインターフェースのおかげで
まったく古さを感じません。
キャラクターの顔グラフィックは発売前から物議を呼んでいましたが、
個人的には許容範囲。 なんというか初期のアンジェリークから
昨今のフルカラーで描かれたアンジェリークのキャラ絵の変化を彷彿とさせますね。
任天堂系のゲームで比較的女性層に支持されてるからかな。

新システムの兵種変更はなかなか面白いと思った。
これによりプレイスタイルの幅が一気に広がり、闘技場レベル上げ以外の
より鉄板な育成方針などが確立されそう。
自分はリフを魔道士にしたぐらいですが、それでもマリクより活躍したりで
なかなか乙でした。
聖戦の系譜の世代交代の前の交配要素に匹敵するポテンシャルを秘めた
システムでしたが、それに今一歩及ばないのは本編の話との
関連性が皆無だからでしょうか。オグマが僧侶になっても誰も驚かない訳ですし。

難易度は、若干オリジナルより楽になった気がします。
鬼のように強かったカミュもあっけなく倒せたし、
ある程度ボス格のパラメータ下げたのかな?
なにげに一番苦戦したのはデスマウンテンのボスぐらい。
メディウスもオグマを懐に飛ばして2ターンだった。

あと、相変わらず全般的に救済処置が多く親切な造りだなと思いました。
レベル上げの闘技場や、メリクル・グラディウス・パルティアなどの強武器、
速攻クリアには欠かせないワープの杖などなど、初代から存在したものの
SRPG初期にしてこれだけのアイディアを詰め込んで世に出してた事に驚愕します。

WiFi対戦も一度だけプレイしてみましたが、
こちらの造りは一考の余地有りと思います。
まあオマケなんですけど、グレード分けやポケモンのようなレベル合わせが
全く無いので、厨キャラ王決定戦の様相を呈してます。
個人的にはGBA版の対戦方法からレベルを排除して、
デッキ要素を濃くするよう手を加えたものを希望です。
カードヒーロー作ってるところだし・・・ネ


総評するに、SRPG好きは買うべき。オススメとかじゃなくて買うべき。
興味がある人には超オススメ、ターン制シミュレーションの入門書としても秀逸です。
[PR]
by souka_t | 2008-08-10 06:51 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 【ゲーム玩具】シューティングゲ... 【ゲーム】ザ・ダークネス実績コンプ >>