【ゲーム】アンリアルトーナメント3・クリア感想


先週GSOより到着したアジア版アンリアルトーナメント3の
シングル・全チャプターをクリアしたので、その感想をば。

このゲームはPCゲームで人気を博したスポーツ系FPS。
オリジナルのPC版から360やPS3へと移植された。


アンリアルとか初代ぶりだったかな。
とにかく速い速い、これと比べれば他のFPSは止まってると感じるほどハイスピード。
撃てや走れ 飛べや走れ のお祭りシューターではあるのですが、
何て言うかFPSをやってると言うよりネジが外れた対戦アクションって感じで、
フラッグ戦なんかはもはやレーシングゲームでした。

操作性も快適で、ある程度ボタン配置に慣れればストレスが無い。
効果音も悪くなく、撃破時の手応えは最近の中では一番かな。
次々と敵を撃破するとホントに爽快。俗っぽく言えば 脳汁出る ってヤツですか。

核となるチーム戦においては、個々のプレーヤースキルも重要ながら、
ある程度の状況把握でポイントを抑えていかなくてはならないところが面白い。
このあたりはヘイローやシャドウランといった対戦特化のFPSとはまた一味違った
RTS的なものに感じました。

対戦FPSとしては、今年を代表するレベルに仕上がってると思いますが、
シングルプレーがただ永遠とボット相手の対戦を繰り返すだけなのが残念と言えば残念。
合間合間に入るムービーが非常に気合の入ったものだったのは印象的だったのですが、
ゲーム内ではボイス演出以外のドラマを展開出来なかった様子。
シングルまで正々堂々と無機質なチーム戦はドウかと。

反面、対戦ゲームとしての出来は個人的にはシャドウラン以来の家庭用傑作だと思います。


総評するに、オン環境が無い人には絶対オススメ出来ませんが、オンメインのFPS好きな人は絶対に買うべきだと思います、イチオシ。
[PR]
by souka_t | 2008-07-26 15:51 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 夏コミ出展物など同人活動近況 白桃オレ >>