【ゲーム】ガンダムバトルクロニクル・クリア感想


新作発売まであとわずかのPSPガンダムバトルシリーズ。
その2作目を先ほど打開したので、その感想をば。

このゲームは、皆さんご存知のガンダムを題材とした
ガンダムゲーの1つで、たくさんのモビルスーツとパイロットを使用出来るのが特徴。


カプコンのガンダムvsシリーズに似てるとはよく聞いていたものの、
確かに似てるが、スピード感は圧倒的にこっちの方が上でした。
序盤の1年戦争編あたりはVSシリーズと同じようなスピードで戦闘が展開されますが、
0083編後半あたりからはヤバイぐらいのテンポで戦闘が繰り広げられます。
個人的に高速戦闘大好きなので、これはポイントが高い。
たまに、敵の出現が唐突で、なにがなんだか分からないうちに
フルボッコにされる時もありますが、この程度だったら大きな不満でもない。

トレーニングを半分しかやらずに本編突入したので、
0083編終盤まで必殺技の存在を知りませんでした。
バケモノのように堅いデンドロビウム相手にガーベラテトラフル改造するまで
挑み続けた程で、時間切れまでライフが削り切れないから、何かおかしいと
気づき始めてからが転機でした。必殺技を多様すると単機のボスなら結構楽に
勝てますね。 アプサラスの時に気づいていればどれほど楽だったか・・・
陸戦ガンダムのバズーカを物凄い勢いで改造して、ねじ伏せたのは良い思い出です。
必殺技に気づいてからは大幅に難易度が下がりました、それでも結構面白かったです。

シナリオは実質ゼータまでしかありませんでしたが、
エクストラミッションや対戦要素など加味すると、ボリュームはなかなかのものでした。
なにより、ミッションで得たポイントを愛用のモビルスーツに注ぎ込んで
強化していくのと着々とレベルアップする自キャラパイロットの成長要素が楽しい。
数字の加減が上手いのか、パラメータを上げれば上げるほど戦闘に
反映するのが実感出来るところが良かった。
このあたりにPCゲーで数字をユーザーにいぢらせまくるゲームを大量に
リリースしてたアートディング臭さを感じるね。

と、今回はかなり遊べるゲームに当たったためか非常に好意的な感想を書きましたが、
ガンダムゲームとしては良い意味でダメという見方もあると思います。
シナリオ再現的なところが大味だったり、フルチューンしたモビルスーツが
原作ではありえない鬼機体になったり、パイロットがあまりしゃべらなかったり、
ガンダムゲームであるべく要素が弱いです。
反面、ゲームとしてはかなり面白く作ってあるので、それらは些細な事であると
個人的には思います。


総評するにかなりオススメ、個人的にはこっちがオペレーショントロイでした。

間近にリリースされる新作でⅤガンダムが出ないのが残念、見送る。
[PR]
by souka_t | 2008-07-13 12:46 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(2)
Commented by 湘南のエロ at 2008-07-14 09:53 x
Vは相変わらず扱いが酷いようだね
同様にX,∀あたりの扱いもひどいのかな

PSPをそろそろ本当に買わねば!!
Commented by souka_t at 2008-07-14 19:04
Vは敵機がヘリに変形したりタイヤ付いてたり異様だしなあ、混ぜにくそう。 スパロボとかでWはゲキアツな待遇だけど Xとターンエーは水増しだなー。
白いPSP買おうぜ
<< 唐辛子 赤唐辛子&カレー味 と... ゴールデンパイナップル100% >>