【ゲーム】バトルファンタジア・クリア感想


ギターヒーロー3の延期でしばらく買うものが無くなってしまったので、
先週なんとなくバトルファンタジア買ってきました。
ストーリーモードを半分以上のキャラでクリアしたので、その感想をば

このゲームはアーケードで稼働していた格闘ゲーム。
設置店がかなり少なめだったとの話も有り、プレイ人口こそは少ないようですが、
一部の格闘ゲームファンではそこそこ好評であった一作。


3Dで描かれた背景に3Dモデリングされたキャラが大立ち回るんですが、
プレイしてみると驚くほどに2D格闘。
これは自分のような格闘ゲーム黎明期・最盛期・衰退期と傍から見てきた世代にとっては
良い意味で2D格闘なのだけど、現役バリバリの格闘ゲーマーからすれば
物足りない意味で2D格闘かもしれない。

しかし、個人的には予想外の面白さで気に入りました。
1キャラのコマンド技がだいたい4つ+超必、コマンドも波動拳系か前後上下タメ系
で覚えやすい、というかスト2世代なら指が覚えてる。故に大変分かりやすい。
2種類の防御などの要素を見る分には、シンプルさ故の奥の浅さであるという
訳でもなく、結構な駆け引きがあって面白い。

なによりも特筆すべきは、360のパッドでも技が出しやすいように
上手く調整されている点。 こういうところを徹底的に調整してくれるのは
家庭用パッド派としてはホントに好印象です。
一瞬のコンマ数秒の駆け引きの差が出るまでやり込むならアーケードスティック類
が必要になるかもしれませんが、実績厨の自分はパッドで充分です、今のところは。

あと、ストーリーモードの会話場面の造り込みには脱帽します。
ボイスだけならともかく、キャラの立ち絵のアニメーション具合やら
背景物の動き、コミカルな内容、何気にある分岐、
これまた予想外の楽しさで、元々どのキャラにも愛着はありませんでしたが、
この造り込みのおかげでどのキャラにも愛着が持てそうです。

そうそう、家庭用版のストーリーモードではアーケードと違った声優を使っている
キャラが数名います。 特にマルコの声優・今野宏美さんが
良いクソガキ演技を放ってましたが、調べたところ
現在放送中のゲゲゲの鬼太郎の 猫娘役 の声優さんでした。

そう、センチメンタルグラフティの 山本るりかちゃん ですねっ!!

サターン版をフルプライスで発売日で買った自分とか今思い出しても涙目。


総評するに、2D格闘好きにはかなりオススメ。
[PR]
by souka_t | 2008-06-03 22:07 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< パイオニアのヘッドフォン 沖縄パイン >>