【ゲーム】ストラングルホールド・クリア感想


先週バーンアウトの新作を買おうと思いきや、
偶然平塚冒険島に流れ着いていた所を確保したストラングルホールド。
日曜に打開したのでその感想をば。

このゲームは、香港映画で有名なジョン・ウー監督が携わった
ハードボイルドなTPS。映画で使われるようなスローモーション演出が
多様されている点が特徴的。

プレイした感じの第一印象は"動きがやたら柔らかい"。
自キャラが素早くウネウネ動くので操作感は結構良いんじゃないかな。
ステージ内オブジェクトに対してキャラの動作が数多く設定してあって、
アクションボタン1つで机に這い上がったり、配膳台に乗って滑り込んだりと、
なかなか仕掛けが凝ってる。

スローモーションになるテキーラタイムはこのゲームのキモとなる要素だけど、
ここ一番で使うんじゃなくて、とにかく多様しまくりで傍から見るとバカゲーっぽくて
かなりトンデモ。 プレイヤーとしてはそのスローモーションの中で
常に正確なエイミングを求められるので結構ガチTPS。

テンポが良いせいか、ステージ数が若干少ない気もしなくはないが、
オフラインはとりあえず面白かった。

オンラインも10~15戦ぐらいプレイしました。
1戦ごとのロードがやや長く、日本人同士でもラグのせいか
ホストが圧倒的に有利な感じでした。
ゲーム自体は悪く無いのが惜しまれる、追加実績の際にその辺り修正されなかった
様子なので、改善は無い・・かなあ

総評するにややオススメ、もうすぐローカライズされるので
香港ノワール系とTPSが好きな方は是非プレイあれ
[PR]
by souka_t | 2008-02-25 07:42 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(2)
Commented by kensin at 2008-02-25 14:59 x
こんにちわ!!
香港のTPSですか・・・やってみたい
Commented by souka_t at 2008-02-25 19:42
日本でも発売するからやってみて!!
<< 青森りんご ふじ王林 【玩具】figma長門 >>