【ゲーム】GUNクリア感想


今週毎晩コツコツと進めていたGUNをクリア、
そして記念すべき今年60本目の打開ソフトとなりました。


このゲームは360の海外向けタイトルで、
西部劇の世界観を題材とした箱庭系アクションゲーム。
ちなみにPC版もリリースされています。


メインとサブミッションすべてをクリアするところまでやり込みました。
全体的にほどよいサジ加減といった感じで、
ミッションの長さ・数・種類・難易度のどれをとってもマイルド。
難し過ぎもせず簡単過ぎもせず、短過ぎもせず長過ぎもせず、
一重に悪くない出来。

アクション面では、このゲームのキモである「クイックドロー」が面白い。
ただスローモーションになってFPS視点に切り替わってエイミングするだけの
システムなのですが、このゲームの題材である西部劇のガンマンに
大変マッチとていて良い。
敵へのヘッドショットが決まって帽子を散らすと凄く興奮します。

箱庭系のゲームで重要な要素に「ナビゲート」の親切さがあります。
このゲームは海外タイトルなので無論すべての表記は英語なのですが、
単語の拾い読みするだけでも次の行動が分かるので、結構親切な方だと思います。
(ハンティングミッションは若干のヒアリングが必要)

総括するに、全体的にTPSなので日本人の趣向にもあってそう、
故にオススメです。 西部劇やガンマンやインディアンが好きなら是非プレイ。
実績的にもかなり美味いです。
[PR]
by souka_t | 2007-10-13 14:49 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< しあわせのショコラオレ 【ゲーム】ヒットマン・ブラッド... >>