【ゲーム】ヒットマン・ブラッドマネークリア感想


購入してから随分と時間が経ってしまったヒットマン、
ようやく全ミッションクリアしたので、その感想をば。

このゲームはクローン人間の暗殺者を主人公とした箱庭アクション。
前作「サイレントアサシン」の高い難易度が見直され、今作では
比較的遊びやすくなったとの事。


このシリーズ初プレイもあってか、最初のステージですら
自分のせっかちっぷりがイヤになる、事を急げばすぐに警戒度が上がり
警備員から発砲されまくる。 まさに初回ノーヒント攻略はトライアンドエラー、
根気が無い人はすぐさま心が折れてしまう事だろう。

だ が そ れ が い い 。

この絶え間ないリアルタイムな緊張感こそが、このゲーム醍醐味なのだ、
殺りに行くからには常に殺られる覚悟があってこその暗殺者、潜入ミッション。

このゲームの特筆すべきは、プレーヤーによって千差万別の攻略手段が取れる事。
無難に変装を繰り返して進み深部の目標を仕留めるも良し
物陰に隠れながら目標に近づき毒を盛るも良し
爆発事故を起こして周囲の注意を逸らして一気に目標に近づくも良し
全てのミッションにおいて思わぬ所から攻略の糸口が発見されるのが実に面白い。
自分などは、初回の通しプレイで多々力押し攻略を行ってしまったので、
後で攻略関連のサイトを覗いた時は、あまりの自分のアタマの固さに呆れたほど。

ステージ数こそ若干少なめな感があるが、
どのステージも見事なほど個性的で完成度が高いので満足感はある。

感覚的にはバイオハザードの探索とメタルギアの潜入アクションの間を行く
ような感じだが、古いもので例えるならファミコンのマニアックマンションに近い。

総評するに人を選ぶがイチオシしたい。


映画すげえ見たい><
[PR]
by souka_t | 2007-10-11 12:48 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 【ゲーム】GUNクリア感想 リプトンマンゴーティー ポテリ... >>