【ゲーム】オブリビオン 実績1000達


久々に睡眠時間削ってまで遊んでしまったRPG、
エルダースクロール4・オブリビオン の追加DLC以外の実績コンプまでやり込みました。

いやはや面白かった、
国産のファンタジーモノと比べると、物凄く地味な雰囲気と
濃い顔立ちのNPC満載で、素人お断りオーラ全開な作品なんですけど、
自分は大好きですこういうの。

とりあえずファーストプレイはノーヒントで下見決め込むつもりでしたが、
えらく手際が良かったのか運が良かったのか、本編打開と全ギルド称号習得を
上手い事成し遂げられました。

自分の攻略ルートはこんな感じです。

■攻略ルート

速攻で1つ目のオブリビオンゲートを閉める

魔術師ギルドと闘技場を掛け持ち

本筋シナリオを少し進める

魔術師はマスターウィザード、闘技場はグラデュエイターぐらいまで進める

本筋シナリオ援軍要請で各地のオブリビオンゲートを閉める。
この時のデイダラ装備の戦利品をしこたま貯め込み、力押しプレイが出来るようになる。

闘技場でグランドチャンピオンになる。 *闘技関連はコンプ

盗賊ギルドも掛け持ち始める。

盗賊ギルドシナリオで魔術師ギルドの本部に忍び込む事になったので
先に魔術師ギルドのシナリオをすべて終らす。 *魔術師関連はコンプ

盗賊ギルドのシナリオをすべて終らす。
何気にこのあたりが一番難関でした。 *盗賊関連コンプ

本筋に戻り、大いなる門を閉める

戦士ギルドに入って、デイダラのクレイモアの威力にモノ言わせて
パワープレイで最後まで消化。 *戦士関連コンプ 

本筋に戻り、ドラゴンファイアのシナリオを終らせる。 *本編終了

最後のお楽しみに帝都で虐殺を繰り返して暗殺ギルドに加入。
ほぼ褒美条件を無視してパワープレイでクリア  *暗殺関連コンプ


あくまで一例なので、もっと賢く手際よく終らせる事が出来るはずです。


ゲーム自体の感想はと言いまと、
作り込みの深さ、特にNPC間の因果関係の表現や演出が大変面白かったです。
変にムービーを挿入せず、オブジェで済まされるような本1冊1冊にギッシリテキスト
が書かれ、装備品1つ1つのグラフィックを書き込まれていたり、容量のほとんどを
プレーヤーが動ける世界の物々に当てられている点が素晴らしいの一言。
シナリオ面では本編ラストでも、今までの苦労の最後にデカイ締めくくりを
持ってきてくれて、本当に満足しました。終りよければすべて良しすら体現できない
国産RPGが目立つ中、終わりどころか過程もひっくるめて全部良かったと
久々に思えました。

ただ、難を言うなら
ローカライズの際のフォントはいただけません、
スパイクさんも今後対応する素振りを見せているので、
多くは叩きませんが、これだけどうにかしてくれれば人にイチオシできた作品
だっただけに残念でありません。
それと、街中ではややローディングが頻繁なのがたまにキズでした。

今後これ以上に作り込まれた世界をロールプレイ出来るゲームが出るというのなら、
私はそれをプレイしない訳にはいかないでしょう。





そして 祝・神奈川県内14位、
キチガエレベルが上がりました。
[PR]
by souka_t | 2007-08-07 23:30 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 【ゲーム】THE装甲機兵ガング... タカナシマンゴー >>