【ゲーム】真・らき☆すた萌えドリル 感想


書くのが遅くなったが真らきすたの感想。

このゲームは一応流行の脳トレ系で、一昨年に一作目が発売されている。
脳トレ系の便乗モノと思われガチだが、その流行に乗った時期は他と比べかなり早め。
テレビアニメなどの追い風もありつつ二作目の発売に至った。


とりあえず、チュートリアルとストーリーを3週ほどクリアした感想をば。

前作の完成度から期待していた自分にとってはかなり満足の出来でした。
まず目を引いたのが、前作の最大の欠点であった手書き認識を電卓押し形式に
変更した点、これは英断だと思う。
前作を人にプレイさせてもっとも出てた不満が「誤認識する」の一言。
正しい認識には書き順や大きさなどに気を遣わないといけなかったので、
そのあたりの問題が一気に解決しているのは大きい進歩。

次にモードの追加。
ツンデレ判断・方言問題・英文問題などなど、
どれも 人に誇る上ではなんの役にも立たない というかトンデモな出題が
なんともらきすたらしい。 ヲタならクスりとほくそえむ事が多いけど、
一般人がやったら なんだこりゃ と思う事受けあい。
ある意味敷居が高いけど、その道に足を突っ込んだ人には問題内容だけで
充分楽しめると思います。

他、今回はWi-Fiにも対応したので、ゲーム内のコレクト要素をコンプしても
充分遊び続ける事が出来ます。 

総評するに、脳トレ系をまだ1つも持ってない人には結構オススメ。
なおかつヲタ道に踏み入れた人にはイチオシ。
原作本とアニメは見て無くてもOK、むしろ自分は原作もアニメもほとんど見てないが
内容に満足した。

ちなみにこなたの声は広橋涼さんです。
[PR]
by souka_t | 2007-06-01 10:52 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(2)
Commented by 湘南のエロ at 2007-06-04 10:38 x
ぬおっ、あくまで広橋さんか!
この京アニマンセーのご時勢に、あえてキャストを元のままで貫く姿勢は評価に値します。

大人の事情炸裂じゃい
Commented by souka_t at 2007-06-06 08:58
ずっと前に収録しちゃたのかな、俺も絶対この時期に出るなら平野かと思ってた。
<< 【ゲーム】プロジェクトシルフィ... 【ゲーム】ゼビウス・実績コンプ感想 >>